贅沢なラーメンライド

紀ノ川サイクリングロード付近の看板

いつもの紀ノ川サイクリングロードで、私がいつも勝手に紀ノ川CRの始点としている紀ノ川大橋のR2.0です。
そのR2.0付近にラーメン屋の大きな看板があるのが以前から気になっていました。
特に夜は、看板がライトアップされているので、明かりの少ないサイクリングロード付近ではかなり目立っているのでした。

ラーメン屋の看板

大好きなラーメンなのですが、自転車に乗っていると、あまりにも近いラーメン屋は敬遠しがちになります。
そこで、考え方を変えて、近くのラーメン屋さんに行くのに、遠回りして遠くのラーメン屋に変えてしまうのです。
なんて おバカな 贅沢なラーメンライドなのでしょう!(^^;

贅沢ラーメンライドスタート

と言うことで、いつもの紀ノ川サイクリングロード始点の紀ノ川大橋です。
ここから数百メートル先にあるラーメン屋に行くのに50km以上走って行きます。
ちなみに写真は、前日に下見に行った時に撮ったものも混じっています。
って、2日連続して同じようなコースを走ったのでした。(^^;

紀ノ川サイクリングロード川辺橋付近

いつものママチャリダイエットで走行している紀ノ川サイクリングロードの川辺橋付近で一般道に出ます。
ここは車が飛ばしやすい道にもかかわらず路肩が狭く自転車には優しくない道路です。慎重に走行します。

雄ノ山峠入口付近の大本山霊現寺

雄ノ山峠の入口付近にあるお寺「大本山霊現寺」。
ここから登り始めます。

雄ノ山峠
雄ノ山峠の急坂

この色の変わったカーブから、短いですが急坂です。
激坂とまでいきませんが、普通のママチャリのギヤ比だと天国に逝けます。(^^;
あいにく私のママチャリは普通ではないので、なんとか登れました。

山中渓駅

下りはバンプ(段差)に気をつけながら下っていきます。
まぁ、ママチャリのゴッツイタイヤなので、それほど神経質に下ってはいませんが、なにぶん重量がありますので・・・。

ピチピチビーチ(箱作海水浴場)入口
ピチピチビーチ(箱作海水浴場)
海岸沿い

海岸沿いの濡れた落ち葉は、滑りやすくてとっても危険です。
急加速や急ブレーキ、急ハンドルでなくても、ツルツル滑ります。
おまけに、ガードレールが無い箇所もあるので、下手すれば自転車ごと海へダイブしかねません。

「贅沢なラーメンライド」の続きを読む

タグ : 自転車 和歌山 ママチャリ ダイエット 雄ノ山峠 大川トンネル ラーメン 丸源 肉そば 鉄板玉子チャーハン 

メリハリをつけて走る あらぎ島

今日はネコさん(黒ビヤンキ姐さん)からのお誘いがあり、月曜ハードポタに参加させてもらいました。
当日まで誰が参加するのかわからないドキドキサイクリングです。
当日集合場所に現れたのは、ネコさん、マルフクさん、ミカちゃん、Neko-Tokyoくん、自分の5名でした。

黒沢へ

出発してしばらくすると、背後から「アロハー!!!」っと。(^^;
なんと海南高原のトレーニングを終えたMI君が満面の笑顔でいました。
どうやら、私の黄色のロードバイクが目に止まったようで、追いかけて付いて来たのでした。

黒沢頂上付近

MI君が偶然にも合流して一緒に黒沢裏ルートへ。
初めてのルートでしたが、なかなかトレーニングには良さそうなアップダウンの坂道でした。
まぁ、トレーニングには良くても、これからどこかへ行くのには、普通の黒沢ルートのほうが良いとも思えましたが・・・
それにしてもMI君は、以前とは見違えるほど坂道を登れるようになっていました。
そんなMI君とも時間の都合上黒沢の頂上付近でお別れ。今後が楽しみです。

未開拓ルート
未開拓ルート

その後は、探険家ネコさんの未開拓ルートを走行。
工事中だったり、相変わらず道が悪く、パンクしないかとヒヤヒヤしながら慎重に走りました。
今回は無事だったようです。(^^;

480号線
二川ダム

R480号線に入って、二川ダムが見えてくると、もうすぐ今日の目的地「あらぎ島」です。
あらぎ島を見に行く前に、まず道の駅「あらぎの里」で昼食です。

冷やし韃靼蕎麦定食

「冷やし韃靼蕎麦定食」を注文。
この夏はざる蕎麦的な蕎麦を食べてなかったので、それが食べれて良かったです。

あらぎ島

昼食後は、少し登ってあらぎ島です。
この柵がなかなかの曲者で、自転車とあらぎ島両方が写る撮影ポイントが決まりません。

19号線

その後は、あらぎ島から最短ルートでR379号線に戻る19号線を走ります。
この19号線が結構大変でした。
道は悪い上に、木々が生い茂り、落ち葉が湿って、コケが生えているところもあります。

19号線

上り坂はまだいいにしても、下りは大変でした。
フルブレーキを掛ければ、フロントタイヤが滑って転びそうになるので、リヤブレーキ中心で下っていきますが、傾斜がきついのでリヤブレーキだけではスピードをそれほど落とせませんので、慎重なブレーキ操作が必要になってきます。
しかも道幅が狭く見通しが悪いのに、時々車が通るので停車しなければいけません。
ヒヤヒヤしながら19号線を通ってきましたが、いくら最短ルートでもあまり通りたくないルートでした。

キミノーカ

そんなこんなで食後のデザートを「キミノーカ」で。
「干し柿白ワイン」と「つゆあかね(梅ソルバ)」のダブルと、「自家製 山椒エール」を注文。
山椒エールは、最初の飲み味と最後のほうの味が違うのが面白かったです。

「干し柿白ワイン」「つゆあかね(梅ソルバ)」「自家製 山椒エール」

プロのNeko-Tokyoくんから、いろいろ走り方など教えてもらい、とっても勉強になりました。
そのなかでも、安全に気をつけて走るところではスピードを落として走る、いわゆる「メリハリをつけて走る」ということが印象に残りました。
速さだけを追求するのではなく、安全も、環境も、いろんなことを考えて走らなければいけないと改めて思いました。
走行距離は120kmくらい。

タグ : 自転車 和歌山 ロードバイク 黒沢 あらぎ島 韃靼蕎麦 キミノーカ 安全 環境 

異次元の走りの白浜ライド

今回は黒ビヤンキ姐さん(通称:ネコさん)のお誘いで、ブルベの女王ミカちゃん、やっくん、私の4名で・・・
と、思っていたのですが、待ち合わせ場所で待っていると、見覚えのある強力馬力自転車屋のライダージャージが・・・
そう!強力馬力自転車屋のリーダーも飛び入りの参加でした。
やはり強力馬力メンバーが多いと心強いです。

白浜ライド出発
黒沢牧場
しらまの里
白浜ライド
白浜ライド
白浜ライド
白浜ライド
白い彼岸花
白浜ライド

ルートはいつものように他人任せ(^^;
リーダーが先頭を引っ張って行きます。
リーダーは時々スイッチが入るようで、付いていくのに必死になることも・・・
そんなこんなで、いつの間にか白浜に着いてました。(^^;

「異次元の走りの白浜ライド」の続きを読む

タグ : 自転車 和歌山 ロードバイク 白浜 反対 タマゴ 海鮮 勘八屋 追い風 異次元 

終始牽いてもらった高野山ライド

茶屋 雨山の郷

今回もやっくんに誘われて、紀北変換所と高野山に行ってきました。

彼岸花

雨は降っていませんが曇り空で、前日の雨の影響で所々路面が湿っています。
ロードバイクが汚れるので、綺麗好きなやっくんには精神的ダメージ大といったところでしょうか。(^^;

濡れている路面

夏の暑さも落ち着いたようで、そのためあまり休憩をとらなくても走ることができました。
とは言っても、この時期のウェアは悩みました。
寒いのが苦手で、寒さで体調を崩しやすい私は、夏の服装に上下とも薄いインナーを足したウエアで行くことにしました。

紀北変換所の坂道

R480号線の志賀トンネルの手前を左折して紀北変換所の坂道を登って行きます。
やっくんはその脚力を生かしてスイスイ登ってゆきますが、私はスットコです。
まぁ、いつものことですが・・・(^^;

紀北変換所
紀北変換所

その後は昼食のため(?)高野山に登ります。
ここでもやっくんは、あっという間に私の視界から消えてゆきました。
後から聞いたところ、フルアウターで登ったとのこと。

高野山の大門

高野山の大門前は撮影ポイントなので、多くの人がいました。
大門前は多くの人がいるため、なかなか自分達だけの撮影というのは難しいので、ここでも秘密の(?)撮影ポイントで悠々と撮影。

とんかつ定
スタミナ定食

やっくんは初めてということで、やっくん念願の「とんかつ定」へ。
やっくんはオーソドックスな「とんかつ定食」を注文しましたが、私はいつもトンカツを食べていたので、たまには違った「スタミナ定食」を注文。
いろんな種類の肉なのでしょうか?ニンニクの風味が効いたスパイシーな味でした。

高野山からの帰路

やはり高野山だけあって寒かったので、持っていた薄いウィンドジャケットを着て高野山を下りました。
その後は、やっくんがハイペースで前を牽いてくれました。
なんでもロングライドに向けた練習だとか・・・
途中に何度か私が前を牽こうと思ったのですが、やっくんに付いていくのが精一杯な状態でした。

終始やっくんが前を牽いてもらったお陰で、夕方早くに到着したので町のじてんしゃ修理屋さん紀三井寺内原店に寄って帰りました。
今回もやっくんがいろいろ面倒を見てくれたお陰で楽しいライドになりました。
またお世話になります。。。(^^;
走行距離は130kmくらい。

タグ : 自転車 ロードバイク 和歌山 紀北変換所 高野山 とんかつ定 スタミナ定食 ハイペース 

継続は力なり・・・

「継続は力なり」という言葉がありますが、継続するにもパワーがいるんですね。

つい最近、私がコッソリ拝見していたトレーニング系のブログが更新を停止してしまいました。
ルーチンワークの記事だらけで面白みもないという理由とのことでしたが残念です。
まぁ、何の関わりもない私がとやかく言うことではないでしょうが、不定期でもかまいませんので気が向いた時にでも更新してもらえると有難いと思います。
なんたって、カメラワークが衝撃的でお手本にさせてもらったブログだし・・・
って、そこかい!って言われそうですが・・・(^^;

ママチャリで護摩山

話は変わりますが、ヨッシーさんのブログを見ていると、猿坂峠にゴミが多過ぎるとのこと。
この週末はどこからも声が掛からなかったので、これは猿坂峠にゴミ拾いに行かなければと思いました。

ママチャリの積載能力は凄い
めでたい電車
猿坂峠のゴミ

猿坂峠に来てみると、確かにタバコの吸殻が目に付きます。
今ではタバコを止めた私ですが、ちょっと前まで人生の2/3をタバコと共に生きてきた自分として、気持ちが分からなくはないだけにやるせない気持ちです。

拾ったゴミ

・タバコの吸殻
・タバコの空き箱
・ペットボトル
・オニギリの包装
・ロケット花火
・爆竹
・釣り糸
などのゴミが落ちていたので拾っておきました。
コレくらいのゴミだと、何も大げさな道具など不要で、ゴミ袋やビニール袋と軍手さえあればゴミ拾いが出来ます。

ゴミ袋と軍手
ゴミ拾い後の猿坂峠

時間にして10分くらいゴミ拾いをしたら、ある程度綺麗になりました。
ただ残念なことに、道路から少し外れると、タイヤなど不法投棄されたゴミがあり、これを取り除くには個人ではちょっと厳しいかな?という印象でした。

不法投棄されたゴミ

その後、トマト坂を登りましたが、ゴミ拾いの目線でトマト坂を見ていくと、トマト坂の広範囲において植え込みなどで発泡スチロールのような容器やペットボトルや空缶が目立ちました。
また、同じように紀ノ川サイクリングロードでは、川辺橋の下にもタバコの吸殻が多くあったのも気になりました。

トマト坂

ゴミ拾いをした後は、なんとなく清々しい気持ちになりました。
しかし、このゴミ拾いを今後どう継続していくかが問題です。
ゴミ拾いをするにも、ゴミ拾いを継続するにもパワーがいります。

タグ : 自転車 和歌山 ママチャリ 猿坂峠 ゴミ タバコ 吸殻 ペットボトル 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集