アイウェア(メガネ)の曇り止め対策

私は寒い時期にフェイスマスクをしています。
フェイスマスク自体は冬の冷たい風を防いでくれて大変助かるのですが、信号待ちなどで停車していると自分の吐く息の熱気でアイウェア(メガネ)がすぐに曇ってしまいます。
走り出せばそのうちメガネの曇りも取れていくのですが、信号待ちが長くなるとメガネの曇りが取れるのも時間がかかり、ほとんど何も見えない状態で交差点を渡ることになり結構危ないです。

そのため、フェイスマスクをした時は、アイウェア(メガネ)を浅く掛けて、なるべくメガネと顔面を離すようにしていました。
しかし、それでもあまり効果はありませんでした。
まぁ、しないよりは多少はマシな程度でした。

フェイスマスク

そこで、アイウェア(メガネ)の曇り止め対策を施すことにしました。
ちなみに、「曇り止め対策」って言葉は変ですかね?
まぁ、意味は通じると思いますので、「曇り止め対策」でいきます。(^^;

そもそもフェイスマスクに小さな穴(通気孔)が開いているのですが、その通気孔以上に自分の吐く息の量が多く、鼻と頬の隙間から熱気が上がってアイウェア(メガネ)を曇らせてしまいます。
まぁ、わざわざこんなこと書かなくても、わかる人にはわかると思いますが・・・(^^;

そこで、いくつかアイウェア(メガネ)の曇り止め対策を思いつきました。
・アイウェア(メガネ)に曇り止めのものを塗る
  → 面倒だし、曇り止めを塗ったことによって視界が歪みそう。
・鼻と頬の隙間を無くす
  → フェイスマスクに器具を取り付けるのが面倒。
・フェイスマスクの穴(通気孔)を大きくする
  → 今回はこれに決定♪

ということで、お金もかからず効果的そうなフェイスマスクの穴(通気孔)を大きくすることにしました。
ただし、穴が大きくなるため多少の保温性は機能ダウンします。
しかし、フェイスマスクをしていると息苦しいと思っていた私には、穴を大きくすることで通気性が良くなり一石二鳥になります。

フェイスマスクをハサミでカット

さっそくフェイスマスクをハサミで穴を広げていきます。
フェイスマスクの穴(通気孔)を大きくすると言うよりは、穴を目印にして穴と穴の間を切っていきました。
センターは四角く、サイドは三角に切りました。

穴(通気孔)をカットしたフェイスマスク

ちなみに、フェイスマスクの穴がわかりやすいように、フェイスマスクの中に白いビニール袋を入れて写真を撮りました。

前回の自作防寒シューズカバーと同様に、ただハサミで切るだけのお手軽さで出来上がりました♪
ただ、ハサミで切るよりカッターナイフで切ったほうが綺麗に仕上がるかもしれませんが、もうハサミで切った後にそう思いました。(^^;

穴(通気孔)をカットしたフェイスマスク

穴(通気孔)を大きくしたフェイスマスクを被ってみると、吐く息のほとんどが広げた通気孔から出て行き、メガネ(サングラス)に上がってくる熱気が激減しました。
まったくメガネが曇らないということではありませんし、実際に自転車で走ってみないとわかりませんが、以前とは比べ物にならないくらい改善されたように思います。

アイウェア(メガネ)の曇り止め対策の確認

写真写りのせいかもしれませんが、フェイスマスクの穴はほとんどわかりません。
それにしても、洗面台の鏡が汚い。。。(^^;

タグ : 曇り止め 対策 アイウェア メガネ サングラス フェイスマスク  通気孔 ハサミ カット 

ママチャリよ、牙を剥け!

晴れた日は通勤で活躍しているママチャリです。
ところが先日、そのママチャリのライトが点かなくなりました。

ライトを見ると電球が黒くなっていました。
どうもフィラメントが焼け焦げたようです。
ときどき原チャリと勝負にならない1人バトルを夜な夜な繰り広げているからなのかもしれませんが・・・。(^^;

しばらくは、折りたたみ自転車から取り外した電池で光るライトをママチャリの前カゴに入れて使っていました。
でも、固定もせずに前カゴに入れているだけなので、自転車の振動でライトの方向はすぐに変わってしまうので不便でした。

そこでいつもの町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)和歌山店までママチャリで行き、「ライト切れてもた」と言うと、すかさず「気のせいちゃう?」と・・・。さすが冴えてますねスタッフGさん。(^^;
フィラメント球を買うついでに、CATEYEライトのアタッチメントも購入しました。
CATEYEライトのアタッチメントをママチャリに付ければ、ライトを折りたたみ自転車と共有させることができます。

フィラメント球が切れたことによってライトが点かなくなったとは思うものの、もし別の原因でライトが点かなくなっていたとしたら、町ジテに通うのが二度手間になると思い、念のため町ジテでプラスドライバーを借りてその場でママチャリのフィラメント球を交換しました。
やっぱり、フィラメント球を交換したらライトが点きました。

家に帰ってから、以前からやりたかった、ママチャリのハンドルバーのカットとハンドルポジションの変更をしました。

ママチャリ改造

まず、ハンドルに付いているグリップやベル、ブレーキレバーを外しました。
グリップはなかなか外れませんでしたが、均等に力を込めて引き抜くと、一気にスポッと抜けました。
以前、町ジテでエアーを使って抜いてもらったので、比較的抜けやすくなっていたのだと思います。

ママチャリ改造

とりあえずハンドルバーを逆向きにセットしました。
これでハンドルポジションを数センチ下げることが出来ました。
ハンドルポストは元々めいっぱい下げているため、これ以上下げるにはハンドルポストを短いものに交換しないといけないのですが、そこまでママチャリにお金を掛けたくないし、下げたら下げたで前カゴとブレーキのクリアランスの問題も出てくるので、お金を掛けずに少しだけハンドルポジションを下げるこの方法にしました。

ママチャリ改造

ステンレスパイプカッターでハンドルバーを左右3cmずつカットしました。
なかなか真っ直ぐに切れ目が入れられず苦労しましたが、最終的には力任せで合わせました。(^^;

ハンドルバーのカット

カットした後は、素手で触っても怪我しないようにヤスリをかけました。
ただ今回はハンドルカバーで隠れてしまう場所なので、それほど気合を入れてヤスリ掛けしてません。

ハンドルバーのカット

ハンドルバーの端から橋までメジャーで測るとちょうど48cm。
ということはセンターは24cm。
ハンドルバーだけでなく、ブレーキレバーの位置などもメジャーで測りながら取り付けて、最後にグリップをはめ込んで完成。

ママチャリ改造

ハンドルバーをカットしたことで、フロントブレーキ側のブレーキワイヤーが目立って余ってきていたので、ワイヤーカッターでブレーキワイヤーをカットしました。
リヤブレーキ側は元々ブレーキワイヤーが長いため、途中のどこかに吸収されたみたいで、それほど気になる余り具合ではなかったので、リヤブレーキ側のワイヤーは何もしませんでした。

ママチャリ改造

より空気抵抗軽減となる前傾姿勢となり、ハンドル操作も以前に比べてクイックになり、良いことずくめです。
唯一、見た目がちょっと違和感のある変態チックなママチャリとなってしまいましたが、乗ってしまえば気になりません。

ママチャリ改造

シングルギアのママチャリなのでスピードはそれなりですが、一生懸命自転車を漕ぐつもりはなくても、いつの間にか夢中で自転車を漕いでいるような、自転車に乗っているのが楽しくなるママチャリになりました。
プラシーボ効果の素晴らしいママチャリ改造(カスタマイズ)です。(笑

タグ : 自転車 ママチャリ 改造 ハンドル ポジション ハンドルバー カット 

DAHONハンドルポストのカット

前傾姿勢をとるために、前からハンドルの高さを一番低くしていたのですが、ハンドルポストがつっかえて、それ以上(以下?)下げることが出来ませんでした。
ならば、ハンドルポストをカットしてやろうということになりました。

DAHON Boardwalk

まぁ、ハンドルポストのカットをするまでに、ナンチャッテアヘッド化などいろいろ考え抜いた結果、ハンドルポストのカットに決めました。
ナンチャッテアヘッド化にすると、いろいろ問題が出てくるので・・・。
・アヘッドステムやシュレッドレスコンバーターなどを別途購入しなければならない
・シュレッドレスコンバーターの重量が重い
・身長がそれほど高くないのでステムでこれ以上ハンドル位置が遠くなると運転に困る
・自転車をきちんと折りたたむことが出来なくなる(たぶん)
などなど・・・。

DAHON Boardwalk ハンドルポスト

6cmくらい下げられそうです。
まぁ、ハンドルポストクランプ部分だけでハンドルポストをホールドする構造なので、もっとカットしても良さそうですが、後述するハンドルポストの回り止め対策のため、ハンドルポストを底に着いた状態がベストなので、6cmカットすることにしました。

ハンドルポストのカット

ハンドルポストが真円ではないためパイプカッターでは無理そうなので、ノコギリでハンドルポストを切断しました。

カット断面をヤスリがけ

そのままでは手を怪我しそうなので、カットした断面を鉄工ヤスリで滑らかにしました。

クリアランスOK

自転車にハンドルポストをセットしてみました。
クリアランスも数ミリ程度を残して良い感じになりました。

アルミの削りカス

ハンドルポストの削りカスは、アルミなので風で飛び散らさないようガムテープで取って捨てました。

DAHON Boardwalk ハンドルポストカット前後

ハンドルの高さを6cm下げることができました。
これで以前より前傾姿勢で乗ることができます。

家の近所を数十メートルほど自転車に乗ってみましたが、前傾姿勢で以前よりハンドルで体重を支える比率が増え、元々クイックな小径車のハンドルですが、低速では更にクイックになった印象です。

DAHON Boardwalk

<おまけ>
ハンドルの位置を低くしたことで、前カゴがきちんと着けられなくなりました。

DAHON Boardwalkの前カゴ

原因は前カゴとハンドルポストのクランプがちょうど当たっているからでした。

DAHON Boardwalkの前カゴ

今度、前カゴの当たる部分をカットしよ~っと。
いつになるか、わかりませんが。。。(^^;

[追記]
前カゴをカットしなくても、カゴのステーを長いほうを使うように向きを変えるだけで解決しました。

タグ : 自転車 DAHON ダホン Boardwalk ボードウォーク ミニベロ 改造 ハンドル ポスト カット 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集