ロードバイクのポジション変更と試走

以前からロードバイクのポジションに違和感がありました。
なんと言うか、ロードバイクに乗っていると微妙にサイズが合ってなくて、なおかつハンドルに体重がかかりすぎて腕が疲れるのでした。
まぁ、ポジションを悪くしていったのは自分自身なのですが・・・(^^;

ロードバイクのポジション変更

それに、クランク長172.5mmのクランクを手に入れることが出来たので、そのクランクを試してみたいという気持ちがあったので、この際ポジションを変えてみようとしました。
自分でロードバイクをいろいろ変えるには、工具もないし、経験もないし、自信もなかったので、以前から自分のロードバイクを見てもらいたかった町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店の店長に預けました。

ステム変更

ステム長100mmから60mmに変更したステム

シートポスト変更

オフセット0から35mmくらいに変更したシートポスト
(ロードバイク購入当初に付いていたシートポストに戻した)

クランク変更

クランク長165mmから172.5mmに変更したクランク

わかる人にはピンとくるかもしれませんが、ステム長・シートポストのオフセット・クランク長とロードバイクのポジションを決定付ける箇所をすべて変えたのですから、以前とはまったく別物のロードバイクになったと言えなくもありませんので多少の不安はありました。

ロードバイクは出来上がって、この天皇誕生日の祝日は午後から雨予報ということで、午前中は絶好のロードバイクに乗るチャンスでした。
そして、いざポジション変更したロードバイクに乗ってみると、前からの不安は一切感じられないし、それどころか気持ちいいくらいに自分にジャストフィットしてます。
町じて貴志川店の店長には特に何も言ってなかったですが、ハンドルの角度、シートポスト長など、まるで何度か乗ってみて決めたかのようなくらい気持ち良くセッティングされていました。
クランク長が165mmから172.5mmに変わったのと、シートポストのオフセットが0から35mmくらいに変わったので、シートポスト長を以前より下げてくれていたのですが、その下げ具合が気持ちよく自分にジャストフィットしているのでした。

トレビアン

いつ雨が降ってきてもいいように、近くの雑賀崎をロードバイクで試走することにしました。
それに、雑賀崎に行くまでの築港ストリートでは、高速巡航(とは言っても貧脚なのでそれほど速く走れませんが)が試せるし、雑賀崎ではそれなりの上り坂を試せる絶好の試走ルートなのでした。
ただ、あまりにも近くなのと、工場から出る化学臭が嫌で、雑賀崎に行くのは久しぶりすぎて以前走行した時の記憶が曖昧です。

築港ストリートの高速巡航では、やはりクランク長が165mmから172.5mmに変わったことで、ペダルを回す感じが随分変わりました。
ただ、クランクを回しにくいと感じることはなく、むしろペダルに力を入れやすくなって、ギヤの選択の幅が広がったような感じです。
しかし、調子に乗ってギヤを上げていくと、貧脚の私の足は疲れてきました。

雑賀崎

雑賀崎の登りですが、以前とは比べ物にならないくらい楽に坂道を登ることが出来ました。
以前はヒィ~、ヒィ~言いながら登っていた坂道を、ウンショ、ウンショと登れるくらいに変わりました。
まぁ、それなりにしんどいですが・・・(^^;

ネクストステージ

そして以前からヨッシーさんがよく行く自転車屋さん「ネクストステージ」がどこにあるのか気になっていました。
ネクストステージは見つけたものの、今日は休みなのか行った時間が早く開店前だったのかはわかりませんが、店は開いていませんでした。

これはもしや?と思い雑賀崎を引き返して、今度はアウターでも登ってみましたが、なんとかアウターで登ることが出来ました。
その途中、Y'sレーシングチームの方々に遭遇して挨拶すると、にこやかに挨拶を返してくれました。
その後、ギヤをインナーにして雑賀崎の灯台に行き、ロードバイクの試走を終了しました。

雑賀崎の灯台

クランクを長くしたことにより坂道を楽に登れるようになったことは確かだとは思いますが、それ以上にダイエットで体重が15kg減ったことによる影響も大きいので単純に比較は出来ませんが、以前よりは随分楽に坂道を登れるようになったのは確かです。

タグ : 自転車 ロードバイク ステム シートポスト クランク セッティング 試走 

ママチャリのメンテナンス メンテで自転車の寿命が変わる

ママチャリの前カゴ

前回の記事花咲かGタンククリーナーに数日間漬けたママチャリのパーツですが、小さな部品の錆は落ちたのですが、前カゴとクランクの錆がいまひとつ落ちていませんでした。

ママチャリのクランク

DAHONヘリオスのフロントフォークの錆取りをした後の使い回しで、あまり期待していませんでしたが、どうやら前カゴとクランクの材質が悪くてパーツ内部にまで錆が浸入してしまって、その錆がなかなか取れない原因だと思います。
前カゴとクランクをもう数日間花咲かGに漬けておけばいいのかもしれませんが、ママチャリは通勤に使う自転車なのでこのまま組み立てることにします。

前カゴの補強

ママチャリに取り付ける前に、前カゴのコーナー付近などをインシュロック(結束バンド)で補強しました。
ステンレスの前カゴに換えたほうがいいのかもしれませんが、とりあえずこれで使えるところまで使います。

ママチャリの前カゴの補強
グリスで防錆・固着予防

自転車を組み立てるときは、あらかじめグリスを塗って、錆の発生を防いだり、固着するのを予防します。
このペダルやクランクを付ける際に、今回外さなかった右側のペダルやクランクを確認したところ、ペダルが少し緩みかけているのを発見しました。
確認してみるもんですね。

タイヤに刺さった異物

確認ついでにタイヤに何か刺さっていないか見たところ、フロントタイヤに怪しい物体ハケーン!!

小さな小石のような欠片が刺さっていることが多いのですが、その異物を小さなマイナスドライバーなどで穿り出してみると、金色に輝く細長い金属でした。
ピンボケ気味ですが・・・(^^;

タイヤに刺さった異物

長さは2mm弱くらいでしょうか。
こんな小さなものでも、何かの拍子でチクッっとチューブに刺せばパンクしてしまうことでしょう。
今回のタイヤチェックでタイヤの寿命が少し延びたかも?(^^;

前輪のタイヤはこの金属以外にも多くの小石の欠片が刺さっていましたが、後輪のタイヤは小石のかけらすら刺さっていませんでした。
後輪のタイヤは、ちょうど1年ほど前に新品に交換したばかり(?)だからなのかもしれません。
と言うことは、前輪のタイヤはママチャリ購入当初から付いていて、もう10年近く経っているということでしょうか。(^^;

錆取りしたペンチ

錆取りの時に、一緒に錆びたペンチも花咲かGに漬けていました。
ペンチの外部の錆は綺麗に取れました。
KURE CRC556を吹きかけると、ペンチの内部から錆が滲み出てきました。
まぁ、今まで動きが渋かったペンチが、スムーズに動くようになったので、これでOK!

今回のメンテナンスは、ママチャリのフロントフォーク内側に付いたブレーキの汚れがきっかけでしたが、結果的にタイヤの異物除去やペダルの緩みの発見など大きな成果がありました。
また、記事では特に取り上げていませんが、フロントブレーキの調整や、ダイナモの取り付け位置の調整などもおこないました。

メンテナンスしたママチャリ

時々は自転車を磨いたり、メンテナンスしてみるもんですね。
自転車を点検やメンテすることで、自転車の寿命が延びたり事故を未然に防げると思います。
まぁ、私のような自己流のメンテナンスでは怪しいかもしれませんが・・・(^^;

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス 錆取り 前カゴ クランク タイヤ 異物 点検 寿命 

ママチャリのメンテナンスと錆取り

鈴鹿8時間耐久レースに持っていくロードバイク

いつものように町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)に行くと、ロードバイクで溢れてました。
店の外も店内も2階にもロードバイクでいっぱいです。

鈴鹿8時間耐久レースに持っていくロードバイク
トラックに積み込むロードバイク

どうやら11月3日(月)祝日での鈴鹿8時間耐久レースに持っていく皆さんのロードバイクです。
そのロードバイクを大きなトラックに積み込んでいました。
トラックの荷台は上下2段にしてロードバイクを積んでいて、全部で56台のロードバイクだそうです。
町ジテ和歌山組だけでこれだけものロードバイクの数ですから、町ジテ貴志川組も合わせると凄い数のロードバイクですね。

汚れたママチャリのフロントフォーク

そんなことを思いつつ皆さんの綺麗なロードバイクを見た後に、私の乗ってきたママチャリを見ると、フロントフォークの内側が汚れていました。
最近通勤で雨に降られることが多かったからですね。
それにフロントブレーキレバーの引き代も大きくなってきたように思います。
雨の日に走行すると、ブレーキが効かないのにブレーキシューは良く減るのかもしれません。

「ママチャリのメンテナンスと錆取り」の続きを読む

タグ : 自転車 鈴鹿 耐久 レース ママチャリ メンテナンス 前カゴ クランク 錆取り 秋のつるべ落とし 

ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り

会社の方から貰った折りたたみ自転車2005年モデルのダホン ヘリオスですが、8年近く経過していることもあり、譲ってもらったそのままの状態では快適に乗れません。
そのためヘリオスのメンテナンスをしていこうと思いますが、その前に譲ってもらったままの状態を観察していきます。

DAHON HELIOS P8(2005)

タイトルにも「その1」と書いているように、いくつかの記事に分けて紹介していきたいと思います。
記事がいくつになるかは今のところ私にもわかりませんが、気長にお付き合いくださいませ。

DAHON HELIOS P8(2005)

フレームはキズや汚れはあるものの、アルミフレームのおかげか思ったより綺麗です。

折りたたみ自転車の心臓部の折りたたみ機構は外見は特に問題無さそうな感じです。

DAHON HELIOS リヤディレイラー付近
リヤディレイラー

リヤディレイラー付近です。

SRAMのリヤディレイラーも(表面的には)サビは見受けられず、なかなか優秀です。
シフトワイヤーも最近換えたような綺麗さです。
その割には、変速できずディレイラーがローギヤに張り付いた状態なのはなぜ?という疑問が浮かびますが・・・(^^;

リヤVブレーキ

リヤのVブレーキです。
ブレーキワイヤーを留めるネジ(正確にはネジとは言わないと思いますが名前がよくわかりません)が少し錆びています。
まぁ、この程度ならなんとかなりそうな錆です。

ブレーキの効き具合を調整するネジも錆びています。
ここもそれほど酷い錆ではなさそうです。

スタンド

ダホンヘリオのスタンドです。
軟弱なスタンドですが、とても軽いスタンドです。

スタンドのボルト

スタンドを取り付けているボルトも錆びていますが、これくらいなら六角レンチが掛かりそうです。

折りたたみ式ペダル

折りたたみ式のペダルです。
折りたたみ式のペダルは強度面でどうなのでしょうか?
私は基本的に折りたたまないので、そのうちペダルを交換しようと思います。

チェーンリング

チェーンリングです。

フィキシングボルトやチェーンリングを留めているボルト(5ピンと言うのかな?)の錆が結構進行していて、クランクからチェーンリングを外すのがちょっと厄介そうです。

8年間雨ざらしの割には足回りは比較的「マシ」と言ったところでしょうか。

これがホームセンターに売られているようなミニベロだったら、もっと酷い状態だったと思います。
これがダホンクォリティーかも?

まぁ、あんまり信頼しすぎるのも良くないですね。

[ ミニベロ再生計画 関連記事 ]
1.ダホン ヘリオス がやってきた♪
2.ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り
3.ミニベロ再生計画 観察編 その2 フロント回り・折りたたみ部分
4.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り
5.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その2 フロントフォーク錆取り&塗装
6.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その3 オイル汚れ洗浄
7.ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換
8.ミニベロ再生計画 問題点の洗い出し

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ヘリオス DAHON HELIOS Vブレーキ クランク ディレイラー チェーンリング 

ママチャリメンテナンス その2 パーツ洗浄とBBグリスアップ

前回の記事はママチャリのパーツを外すところで終わっていました。
今回は、そのママチャリから外したパーツを洗浄してグリスアップして、パーツをママチャリに組み立てることをします。

クランクシャフト

ママチャリから抜いたままのクランクシャフトです。
実はこの写真、後で撮っておいて良かったと思うことになりました。

「ママチャリメンテナンス その2 パーツ洗浄とBBグリスアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス クランク シャフト  ボール セラミック グリス グリスアップ 

ミニベロ ダホン ボードウォーク10速化

他のサイトなどでダホン ボードウォークなどのフロントがシングルのチェーンリングをダブル化しているミニベロをたまに見かけますが凄いですね。
私はそこまで凄いことは出来ませんが、それでもちょっとでも楽に坂道を登りたいと思っていました。
それに、ダホン ボードウォークに付いていたホイールは精度がそれほど良くなくてセンターがずれていたり、リムの繋ぎ目の処理が全然ダメでした。
ホイールのセンターがずれているため、ブレーキをかけるとホイールが歪められ、自転車が曲がったような感じを受けます。

また、四角テーパーのクランクシャフトではBBベアリングのボールがよく潰れるのも悩みのタネでしたので、ホローテックIIなどのクランクにしたいと思っていました。

ということで、ダホン ボードウォークの気になる箇所を改善するためにパーツ交換の構想を練ることにしました。
まず、目標(目的)を決めないと焦点がぼやけたり、違う方向に行ってしまうといけないので・・・

とりあえず、目標を決めました。
・ホイール交換
・10速化
・ホローテック化(ホローテックII)
・ギア比(ロー側)を充実(ワイドギヤ)

ホイールはボードウォークの上位機種のSpeed P8やMu P8などに付いているホイールにしようと思います。
A-Classなんかのハブが付いたカッコイイホイールも素敵ですが値段が高いので却下。
ホイールの性能はよくわかりませんが、今のホイールよりも少しでも精度の高いホイールならそれで充分です。
今のホイールの精度が悪過ぎ。。。(^^;

私のダホン ボードウォークに付いるのは、チェーンリング(フロント)52T、スプロケット(リア)12-28Tです。
今のタイヤ(20 x 1.75)の場合、ペダル1回転での進む距離は、
7速 52T-12T 6.81m
6速 52T-14T 5.83m
5速 52T-16T 5.11m
4速 52T-18T 4.54m
3速 52T-21T 3.89m
2速 52T-24T 3.40m
1速 52T-28T 2.92m
と、計算上はこうなります。

ロー側で、ペダル1回転1.9mが私の理想です。
できるだけ1.9mに近づけたいと思っています。

SHIMANOのサイトを見ていると、10速11-36Tというワイドなスプロケットを発見。
このワイドなスプロケットにしたいと思いました。
(フロントW化はせずに、今まで通りフロントはシングルでいきます)

そこで、このワイドなスプロケットと仮定して、フロントのチェーンリングのギア数を考えます。
今の7速(ペダル1回転で6.81m)は、私の脚ではまともに踏むことは出来ません。
なので、トップ側は今の6速と7速の中間くらいで良いと思っています。

ということで計算してみると、フロントのチェーンリングは46Tがベストということになりました。
46T-11Tで、今のタイヤ(20 x 1.75)の場合ペダル1回転で6.57m、将来的に20x1.5のタイヤにした場合はペダル1回転で6.31mという感じです。
また、フロントチェーンリング46Tの場合、スプロケット36Tのロー側ではペダル1回転で2.01mと、理想の1.9mにかなり近づけることができます。

10速 46T-11T 6.57m
9速 46T-13T 5.56m
8速 46T-15T 4.82m
7速 46T-17T 4.25m
6速 46T-19T 3.80m
5速 46T-21T 3.44m
4速 46T-24T 3.01m
3速 46T-28T 2.58m
2速 46T-32T 2.26m
1速 46T-36T 2.01m
将来的にタイヤを20x1.5にすると考えると、10速で6.31m、1速で1.93mになり、ほぼ理想のものになります。

最後にクランクですが、他のサイトを参考に見ているとクランクはトリプルクランクを使用している方が多かったです。
たぶんチェーンラインやチェーンリングがチェーンステーに接触しないようにするためにトリプルクランクにしていそうです。

ここまで決まったので、いつもの町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店に注文しに行きました。

注文した(交換する)パーツ
・Fホイール(DAHON純正・オプション) [DAHON Comp for P8]
・Rホイール(DAHON純正・オプション) ]DAHON Comp for P8]
・カセットスプロケット(11-36T) [XT CS-M771-10]
・シフトレバー(10S)右のみ[Deore SL-M591]
・Rディレイラー(10速対応リアスプロケット・最小最大11-36T)[Deore RD-M593]
・BB(ホローテックII)[Dura-Ace 7900]
・トリプルクランク(クランク長165mm)[105 FC-5703-L]
・チェーンリング(46T・PCD130)[SUGINO]
・チェーン(10S用)[Dura-Ace 7900](最終的に7800のチェーン+ミッシングリンクにしました)

基本的には価格を抑えるために下位グレードのパーツですが、BBやチェーンなどそれほど値段の変わらないものや、カセットスプロケットなど大きく重量が変わるものは上位グレードという感じにしました。
ただ、これだけでもDAHONボードウォークがもう1台買える金額になってしまいましたが・・・。(^^;

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)なので腕は信頼していますが、ミニベロの小径車にロングアームのリヤディレイラーというところがちょっと心配でした。

Rディレイラー(10速対応リアスプロケット・最小最大11-36T)[Deore RD-M593]
対応リアスプロケット最大:36T
対応リアスプロケット最小:11T
フロントギア歯数差:18T
トータルキャパシティ:43T

「ミニベロ ダホン ボードウォーク10速化」の続きを読む

タグ : 折りたたみ 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク 10速化 クランク チェーンリング シマノ スギノ 

梅雨の合い間の行動パターンは同じ

梅雨の合い間なのかどうかわかりませんが、久しぶりに晴れました。
しかし、事情があり、遠くまで行くことが出来ませんでした。

この写真の中にヒントが・・・

遠くまで行けない事情があったのです。。。
大人の事情があったのです。。。(^^;

なので、午前中はスポーツジムに行きましたが、ジムを終わってジムの前で待っている間に何人ものローディが通り過ぎて行きました。
そのうち半数ほどは八咫烏(やたがらす)マークのカッコイイチームジャージを着たローディでした。
うん。うん。オイラはチームジャージを着れるような人間じゃないな。(^^;

まぁ、それはさておき、先日DAHON BoardwalkのBBリテーナーを交換してからまだ1度も走行してなかったので、午後から散髪ついでにボードウォークで出動です。

とは言っても、散髪屋まで往復1kmくらいなので、散髪後はいつもの町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)和歌山店に行きました。

それにしても暑い。。。

ブラクリ丁

屋根があって日陰の商店街を走行して、出来るだけ日光を避けたドラキュラルートで町ジテに行きました。

和歌山2丁目商店街

町ジテに着くと、それほど忙しくなかったみたいで町ジテスタッフさんたちと情報収集という名の雑談タイム。
まぁ、雑談とは言っても、スタッフさんたちは自転車を組み立てたり修理したりして、手を休めることなく働いてました。

町のじてんしゃ修理屋さん(町ジテ)和歌山店

さすがプロですね。
自分だったら、不器用なので作業中に話しかけられるとミスしてしまいそうです。

しばらくするとお客さんがやって来て、忙しくなりかけたので情報収集は終了。
秘密兵器の情報収集の成果はまずまずと言ったところ。

そこに、いつものNAKAGAWAのクロモリロードに乗ったオッチャンと、マウンテンバイクに乗ったニイチャンが時間をおいてやってきました。
私も含め、みんなヘルメットではなく帽子を被ってラフなスタイルで、それにみんな散髪してました。
みんな行動パターンは同じということか。。。(笑

クランクフィキシングボルトの増し締め

今日はそこそこ早めに町ジテを後にして、帰宅してからクランクのフィキシングボルトの増し締め(締め増し?)です。
このリテーナー交換で、異音がしなくなったのはもちろんですが、以前に比べて1割ほど楽に自転車を漕ぐことが出来るようになりました。
ちなみに、ハブのグリスアップした時は、以前に比べて3割ほど楽に自転車を漕ぐことが出来るようになりました。
まぁ、感覚的なことですが・・・(^^;

ダホンボードウォークのタイヤの溝

タイヤの溝が少なくなっている箇所を発見。
急な下り坂で、フルブレーキをかけた痕なのかも?
今度からフルブレーキ時には気をつけよっと。

タグ : 自転車 DAHON Boardwalk ミニベロ ダホン ボードウォーク クランク フィキシングボルト 散髪 ラフ 

メンテナンス日和

いよいよ梅雨らしくなってきましたね。

午前中から昼にかけて、うちのパグ犬 銀次郎の爪切りなどで車で出掛けたり、銀次郎のシャンプーをしていました。

パグ犬 銀次郎のシャンプー姿

雨は午後になって更に激しさを増したようです。

こんな天気の日は、自転車のメンテナンス日和にうってつけです。

そこで、少し前から違和感を感じていていたミニベロ(ダホン ボードウォーク)のBB(ボトムブラケット)などのクランク周りをメンテナンスしようと思います。

なぜ違和感を感じていたのかと言えば、トルクを掛けて自転車を漕いだ時に、時々「ギコッ」とBB付近から音が鳴っていたのでした。

自転車メンテナンス作業場所

とりあえず持っている工具を総動員させ、初めてのBBの取り外しです。
雨が降り込んできて、駐車場の車の後ろの狭い作業場所が更に狭くなっている所での作業です。
まぁ、狭くても雨の日の作業場所があるだけマシなのかもしれませんが・・・(^^;

ペダルレンチでペダルを取り外し

クランクを抜いた後からペダルを外すのは大変なので、クランクを抜く前にペダルレンチを使ってペダルを外しておきます。
ペダルを外す際に注意しなければいけないのが、左右のペダルによってペダルレンチを回す向きが違うということです。
特に回転系のパーツは回転する方向によって緩みにくいような作りになっています。
と偉そうなことを言ってますが、どこかのサイトでそう書いてました。(^^;
まぁ、それはともかく、右側のペダル(チェーンリングがある方)は正ネジで反時計回りに回せばペダルを外すことができ、左側のペダルは逆ネジで時計回りに回せばペダルを外すことができます。

フィキシングボルトの取り外し

ペダルを外したら、8mmのアーレンキー(六角レンチ)を使ってペダルの軸にあるフィキシングボルトを外します。
このフィキシングボルトは左右どちらも正ネジで、反時計回りに回せば外れました。
(自転車によって違うのかもしれませんので注意が必要です)

コッタレスクランク抜き工具(自転車専用工具)でクランクを取り外し

フィキシングボルトを外したら、コッタレスクランク抜き工具(自転車専用工具)でクランクを外します。
必ずフィキシングボルトを外した状態で使用します。
フィキシングボルトが付いた状態で使用すると、クランクなどが壊れたり大変なことになるみたいです。(^^;

引掛スパナでBB左側ロックリングを取外す

いよいよここからが初めての作業になります。
BB左側は引掛スパナで正ネジ(反時計回り)でBBロックリングが外れました。

BB右ワン計測

BB右側を測ってみると36mm。
私の持っているモンキースパナはMAX30mmですので、今回BBの完全取り外しは諦めました。

BB左ワンの取り外し

BB左ワンはマイナスドライバーを溝に当てて、ハンマーで軽くマイナスドライバーを叩くと回りましたので外すことができました。

BBクランク軸の取り外し

これでようやくクランク軸を取り出すことができました。
クランク軸左側のリテーナーのグリスが銀色です。
これは金属が擦れた証でしょう。

リテーナーから球(ボール)が外れた

しかもリテーナーを持ってみると、リテーナーから球(ボール)がポロポロ外れました。
パーツクリーナーで綺麗にしてみると、どうやら球が破損して球の径が小さくなったから、リテーナーの隙間から球が外れたようです。
また、球の破損したものが粉々になってグリスが銀色になっていたようです。

こうなってはお手上げです。
次回何かの機会にBBを交換したいと思います。
余計な出費です・・・。

BB長:68mm
軸長:115mm

ホイールのハブもムシ喰いなので、ミニベロを購入してまだ1年経っていませんが、ムシ喰いは小径車の宿命なのでしょうか。
まぁ、酷使し過ぎなのかもしれませんが・・・(^^;

おそらく、これが原因でトルクを掛けて自転車を漕いだ時に「ギコッ」と鳴いていたのだと思います。
まぁ、不良箇所を発見できただけでも良しとしましょう。

パーツクリーナーで外したパーツを洗浄

外したパーツをパーツクリーナーで洗浄して、各所にグリスを塗りながら外した時と逆の手順で組み立てていきます。
BBのリテーナー部分にはセラミックグリス、それ以外はデュラグリスを塗りました。
ペダルはクルクルと良く回っていたので、特に何もせずにそのまま取り付けました。

グリスを塗ってパーツを組立て

自転車のメンテナンスは時間との勝負ですね。
特に自転車初心者の私のように、メンテナンスに時間がかかる場合は。。。
まぁそれでも、経験を積んで少しでも早くメンテナンスできるようにしたいです。

自転車メンテナンス完了

「メンテナンス日和」の続きを読む

タグ : 自転車 メンテナンス BB ボトムブラケット 分解 クランク 取り外し グリスアップ セラミックグリス デュラグリス 

ショートクランク導入

以前の記事「チェーン清掃マジックリン作戦」でチェーン清掃後の「なんだか変だよクイズ」の正解です。パンパカパ~ン♪

「そんなクイズ名誰も言ってないよ」

正解は、チェーン清掃前と清掃後ではクランクが変わっていたんです!
前回の記事の最後のほうの画像を見ると、ペダルが無かったり、プラスチックのチェーンリングカバーが写ってたりして、いかにも不自然でした。

クランク変更

以前にネットオークションでチェーンリング一体のショートクランク(クランク長160mm)を落札していました。
そこで、今回そのショートクランクに付け替えました。
実は今回のメインはチェーン清掃ではなく、このショートクランクを取り付けたかったのでした。
チェーン清掃はそのオマケでした。(^^;

ネットオークションで落札したショートクランク(チェーンリング付き)

アサヒのオフィスプレスは、元々フロント48-38-28Tのトリプルチェーンリングでしたが、今回のショートクランクのチェーンリングは42-34-24Tです。
ペダル1回転の進む距離は、最大7.5m最小2.2mから最大6.5m最小1.9mくらいになりました。
変更前のアウター・トップは下り坂くらいでしか使うことが無かったので、あまり必要性を感じていませんでした。
それよりもインナー・ローが2.2mから1.9mに短縮されることのほうが貧脚の私にとっては都合が良かったのでした。
もちろんクランクを換えた1番の目的は、160mmのショートクランクにしたかったので、このチェーンリング一体のクランクは一石二鳥でした。
とは言っても、160mmのショートクランクが自分にとって未知の領域で、このショートクランクで良いのか悪いのかは、いろんな所を走ってみないとわかりません。

160mmショートクランク

じゃじゃ~ん。
160mmショートクランクの登場で~す。

「CHILD USEって、子供用のクランクじゃん。プププ・・・」

そう私のような純粋な心の持ち主専用クランクなのです。

「オッサンが、何言うとんねん。」

そんなことはさておき、さっさとショートクランクとペダルを装着しました。
現在装着されているクランクの取り外しです。
クランクを外す前にペダルを外します。
クランクを外した後に、ペダルを外そうとしても外れないそうです。

クランク抜き(コッタレス抜き)

クランクを外すのには「クランク抜き」(コッタレス抜き)という専用工具でクランクを抜きます。
クランク抜きの使い方は簡単なのですが、実際にやってみないと頭だけではどういう仕組みの工具なのか理解できませんでした。(^^;
注意点はクランクを留めているボルト(クランクフィキシングボルト)を外してからクランク抜きをしないとクランクを痛めてしまいます。
ということで、クランク抜きを使って簡単にクランクを外すことが出来ました。

外したクランク

「ショートクランク導入」の続きを読む

タグ : 自転車 シティサイクル アサヒ ASAHI オフィスプレス クランク チェーンリング ショートクランク インプレッション ディレイラー 

オフィスプレスがやってきた

前回の記事最強のシティサイクル アサヒ オフィスプレスの続きですが、現在の私の自転車保有構成は、

ダホン ボードウォーク(折りたたみ自転車)
・晴天時の通勤
 折りたたみ自転車なので、雨(サビ)による劣化をできるだけ防ぎたい。
・休日のポタリング(サイクリング)
 現状(駆動系はノーマル状態)のままでは、走行距離50km程度が限界

ママチャリ(変速機なし)
・雨天時の通勤専用
 しかし、現状は雨天の場合、車で通勤しているため全然乗っていない。

の2台です。

ここで
・多少雨に降られてもいいような、曇りの時に乗る通勤自転車
・走行距離50km以上走れる(走れそうな)自転車
という現状2台の中間的存在のもう1台が欲しくなってくるのです。

そこで、どうしてもオフィスプレスが欲しくてアサヒ和歌山店に行ってきました。
アサヒ和歌山店でオフィスプレスが置いてあり試乗させてもらいました。
やはりクランク長170mmは身長167cmの私には少し長いかもしれませんね。

アサヒ オフィスプレス

オフィスプレスのボディーカラーはブルーとシルバーの2色があるのですが、アサヒ和歌山店にはブルーのオフィスプレスだけしか置いていませんでした。
ブルーの自転車は、サイトで見ていると、なんか"もっさい"紺色なのですが、実際にブルーの自転車を見ると、メタリックが入ってサイトで見るよりもずっと綺麗なブルーの自転車でした。
しかし、実は私の会社の自転車置き場にブルーのオフィスプレスが置いてあるを先日発見し、誰のオフィスプレスかわかりませんが、なんとなくカブるのが嫌だったのでした。

アサヒ オフィスプレス

そこでアサヒ紀ノ川店に電話で聞いてみると、ブルーとシルバーの2色があるということだったので、さっそくアサヒ紀ノ川店に行って来ました。
もちろん、狙いはシルバーのオフィスプレスでしたので、一番上に飾ってあったシルバーのオフィスプレスを店員さん(たまたま店長でした)降ろしてもらい、ジロジロ眺めていました。

アサヒ オフィスプレス

どうもサイトで見ていたシルバーのオフィスプレスと違ったのが、泥除けの色でした。
泥除けの色が違うだけで雰囲気が違って見えるのが不思議です。
しかしよく見ると、その泥除けの色だけでなく、形やサイズや泥除けステーなども違っていたので、店員さん(店長)に聞いてみると、泥除けが割れていたので別の泥除けを付けたとのことでした。

アサヒ オフィスプレス

標準で付いている泥除けよりも、幅が狭くてカラーもブラックでカッコイイと思いました。
唯一気になったのが、リヤの泥除けが、BB付近まで達していないということでした。
クランクにはフロントディレイラーが付いているので、それが汚れて動作不良の原因になったら嫌だなとは思いました。
しかし、柔らかくて加工のしやすいプロポリピレンなどで泥除けを延長すればいいと思い、店長さんはもう一台のオフィスプレスに付いている(純正の)泥除けと交換してもよいと言ってくれていましたが、ブラックの泥除けのほうが良いと言ってシルバーのオフィスプレスを購入しました。

アサヒ オフィスプレス

オフィスプレスを購入したら自分でハンドルを上下逆に付け替えようと思っていたのですが、横着心が出てきて店長に聞いてみると快く引き受けてくれましたので、やってもらうことにお願いしました。

アサヒ オフィスプレス

自転車を家まで運ぶのに軽トラを貸してくれるということでしたが、時間も無かったし、元々自分の車(ステーションワゴン)に積んで帰るつもりだったので、カゴを外してもらうようにも頼みました。
まぁ、カゴが無いほうがハンドルの向きを変えたり、ハンドル位置を変更するのに作業しやすいし。

アサヒ オフィスプレス

オフィスプレスDH700cA 34,800円
サイクルメイト    2,700円
合計         37,500円
でした。

アサヒ オフィスプレス

とりあえずオフィスプレスを車に積み込み、自宅に着いて乗ってみると、何か後輪に挟まっているような感触。
フロントをアウター(3速)やミドル(2速)にしてリアをトップ(7速)に入れると、フロントディレイラーから何か擦れているような音がする。。。
この日は仕事があったので、買ったばかりのオフィスプレスはとりあえず置いて、天気が悪そうだったので車で会社に行きました。

翌日、アサヒ和歌山店にオフィスプレスを持っていくと精悍な顔立ちの店員さんが対応してくれて自転車を見てくれました。
時々チーフのような職人気質的な人にも見てもらっていました。
私が気になっていた、フロントディレイラー付近の異音はフロントディレイラーの調整で直ったようです。
完璧に擦れが無くなった訳ではありませんが、後は好みの問題だと言われたので、おそらくこのフロントディレイラーの性能では仕方なかったのでしょう。

そして店員さんから、リアのチェーンカバーの取り付けステーがトップギアにした時に、少し擦れているということを告げられ、私の了承を得られればそのチェーンカバーのステーを外側に曲げるということだったので、即答でお願いしました。
ついでに、気になっていたリヤフレームの振れを言うと、それもきちんと見てくれて、製品上問題ないレベルだと言いつつもリムの振れ取りをしてくれて対応がとても親切で気持ちよかったです。

「オフィスプレスがやってきた」の続きを読む

タグ : 自転車 シティサイクル アサヒ ASAHI オフィスプレス OFFICE-PRESS インプレッション ダメージ クランク 走行距離 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集