ロングライド後のチェーン洗浄

先日のロングライドで新宮市のWHEEL Actionに行った際に、店長さんに自転車をいろいろ見られました。
自転車屋さんに自転車を見られると言うことは、すぐにこの人はどのような自転車の乗り方をしているのかが分かると言うことです。

ダホン ボードウォーク

言葉では「カッコイイ自転車ですね。」とは言ってくれたものの、汚れきったチェーンは見て一発でわかることなので、汚れたチェーンを見られるのが恥ずかしかったです。(^^;
と言うことで、ロングライド後のミニベロのチェーン洗浄をしました。

ミッシングリンクでのチェーン切り

まずチェーンを外すためにチェーンを切ります。
チェーンを外しやすいようにミッシングリンクを付けていましたので、外すのが楽です。
しかもゴールドなので、ミッシングリンクを見つけやすい。(^^;

ビニール袋でチェーン洗浄

汚れたチェーンをビニール袋に入れて、そこにパーツクリーナーに吹きかけてチェーンの汚れを取ります。
ペットボトルなどを使う人もいるようですが、ビニール袋のほうがチェーンを取り出しやすいと思います。

ビニール袋でチェーン洗浄

ビニール袋でのチェーン洗浄を2,3回繰り返した後は、チェーンをブラシで擦りながらマジックリンできれいにしていきます。

マジックリンでチェーン洗浄

まぁ、ある程度チェーンが綺麗になりました。
水でチェーンを濯いだ後に、パーツクリーナーを吹いて水分を飛ばしてチェーン洗浄は終了です。

洗浄後のチェーン

スプロケにもパーツクリーナーを吹きかけて簡単に洗浄しました。
本当ならスプロケを外して洗浄すべきなのかもしれませんが、手抜きしました。(^^;

パーツクリーナーでスプロケ洗浄

ホイールが付いた状態でスプロケを洗浄するときは、汚れたパーツクリーナー液がボタボタ落ちるので、それを何かで受け止めるようにしています。
その際、汚れたチェーンの入ったビニール袋で受け止めていれば効率よく洗浄できたのかもしれませんが、手順が逆でチェーンは既に綺麗にした後でした。
頭悪いですね。

チェーン洗浄終了

後はチェーンを繋いで、チェーンオイルを注して、雨の中を走行したので(気休めかもしれませんが)防錆効果を狙ってフレームとフロントフォークの水抜き穴にCRC5-56を吹きかけておきました。
まぁ、チェーンはすぐに汚れてしまいますが、それでもチェーンを綺麗にした後は気持ちがいいですね。

チェーンオイルを注してメンテナンス完了

タグ : 自転車 ミニベロ チェーン 洗浄 パーツ クリーナー マジックリン チェーンオイル スプロケ CRC5-56 

ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り

さて、貰ったダホン ヘリオスの観察も一通り終わって、これからメンテナンスに入っていきます。

ダホン ヘリオスのフロントフォークはクロモリ(鉄)ですが、ボディーフレームはアルミなので、まぁ多少は安心かな?
ということで、まずは何と言っても、8年間雨ざらしだった自転車パーツのサビ取りです。

ネットでいろいろ検索していると「花咲かG」というのがサビ取りに良いようなことが書かれていました。
「花咲かG」は、ネーミングこそおちゃらけていますが、バイク(単車)業界では結構知られているそうです。

花咲かGタンククリーナー

「花咲かG」にはピカールのような研磨剤などいろいろ種類があるのですが、サビ落しには「タンククリーナー」というものが良いそうです。
花咲かGタンククリーナーは、本来バイク(単車)のガソリンタンク内のサビを落とすものですが、それを自転車パーツのサビ取りに使うことにしました。

花咲かGタンククリーナーは1リットルで値段はそこそこしますが、20倍まで水やお湯で薄めて使うことが出来ます。
花咲かGの隣のビンは100円ショップで買ってきたガラスのビンで、目分量ですが花咲かGを7倍くらい薄めました。

クランクボルト(5ピン)のサビ落し

サビでアーレンキー(六角レンチ)が入らなかったので、その部分にティッシュを詰めて、そのティッシュに花咲かGを染み込ませました。

フィキシングボルトのサビ落し

数時間経つとサビが柔らかくなっていたので、花咲かGを染み込ませた綿棒で柔らかくなったサビを取るとアーレンキーが入るようになりました。

フィキシングボルトにアーレンキー(六角レンチ)が入った

数時間ではサビを完全に取り除くことは出来ませんでしたが、とりあえず自転車のパーツを外せれば良かったので目標は達成できました。

錆びたフィキシングボルト

その後は、取り外した自転車のパーツを15倍くらいに薄めた花咲かGに漬けて置く事にしました。
これは漬けて1日経った写真です。
花咲かGの液体は黒ずんでいて、サビが落ちていそうです。

自転車パーツのサビ取り

花咲かGの中のパーツを取り出してみると、サビが酷かったものはいまひとつでしたが、サビの程度が比較的軽かったパーツは完全にサビが落ちていました。
その後は、その他の錆びたパーツと一緒に2,3回(2~3日)花咲かGに漬けることにしました。

花咲かGでサビ取りした自転車パーツ

その後、水洗いしながら金ブラシで擦って、最後に綺麗な花咲かGで数時間漬けた結果がこれです。
サビによる腐食は修復できませんが、サビは完全に落とすことが出来ました。

花咲かGでサビ取りした自転車パーツ

花咲かG、なかなか気に入りました。
自分が遊んでいる間も、寝てる間も、仕事している間も、せっせとサビを落とす働き者にちょっと感動しました。

[ ミニベロ再生計画 関連記事 ]
1.ダホン ヘリオス がやってきた♪
2.ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り
3.ミニベロ再生計画 観察編 その2 フロント回り・折りたたみ部分
4.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り
5.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その2 フロントフォーク錆取り&塗装
6.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その3 オイル汚れ洗浄
7.ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換
8.ミニベロ再生計画 問題点の洗い出し

タグ : 自転車 パーツ サビ  取り 落し 花咲かG タンク クリーナー 

お手軽チェーンクリーナー作戦

え~っと、「いつまで去年の記事で引っ張るんじゃい!」と言われそうですが、年末大掃除として折りたたみ自転車DAHON Boardwalkのチェーン掃除をしました。
2月は寒くてそれほど走ってないので、今まで溜め込んでいたブログ記事を暖かくした部屋の中でチマチマ書くのにちょうど良い時期なんです。
寒い時でも自分を鍛えるために北風を斬って走る崇高なローディとは違って、オイラは軟弱ポタラーなので・・・(^^;

ローディとは違うのだよ。ローディとは。

遠目には、それほど汚れて無さそうなBoardwalkですが、先日の霙(みぞれ)や雨の中を走行しのもあり、よく見ると砂や汚れが自転車にこびり付いてます。

DAHON Boardwalk

ダホン ボードウォーク

ダホン ボードウォーク

まぁ、砂などは湿らせた使い古しのタオルなどで拭けば落ちるのですが、問題はチェーンオイルの汚れです。

チェーンリングカバーのオイル汚れ

チェーンリングカバーの汚れは、汚れたチェーンオイルがズボンの裾に付き、その汚れたズボンの裾がチェーンリングカバーに付いたものなので、大元のチェーンを綺麗にしなければいけませんね。

チェーンのオイル汚れ

崇高なローディが見ると気絶しそうなくらい汚れたチェーンです。

チェーンクリーナー

以前の記事「チェーン清掃マジックリン作戦」ではマジックリンと歯ブラシによるチェーン清掃は書きましたが、今回は秘密兵器チェーンクリーナーの登場です!
フィニッシュラインTOS045というチェーンクリーナー を買ってきました。

チェーンクリーナーとマジックリン

ディグリーザー(清掃液)などが付いたタイプもあるのですが、専用のディグリーザーが無くてもマジックリンでなんとかなるだろうと思い、ディグリーザーは買いませんでした。

「お手軽チェーンクリーナー作戦」の続きを読む

タグ : 自転車 メンテナンス チェーン 掃除 清掃 チェーンクリーナー クリーナー マジックリン お手軽 汚れ 

ママチャリのフロントハブのグリスアップ

天気の悪い休日は自転車をメンテナンスするのが楽しくなってきました。(^^;

ママチャリ

ということでママチャリのフロントハブのグリスアップをしようと思いました。
本当は折りたたみ自転車DAHON Boardwalkのグリスアップをしたかったのですが、なにせ自転車のメンテナンスなどしたことがなかったので、まずはママチャリでグリスアップの予行演習です。

ママチャリのフロントハブ

フロントハブが脱輪しないように留めている重要なパーツです。
他のサイトには、この止め具が左右で形状が違うと書かれていましたが、このママチャリの止め具は左右同じでした。

パーツクリーナー

1缶数百円のパーツクリーナーです。
どういう成分のものなのか知りませんが、あっという間にフロントホイールハブの汚れが簡単に落とせました。

ママチャリのフロントハブ

フロントハブの内側のナットは薄型13mmのスパナがはまりました。
外側はモンキーレンチなどで比較的苦労せず合わせられます。

ママチャリのフロントホイール

グリスアップで注意しなければならないことは、ボール(金属球)を無くさないようにするのと、左右の球を混ぜてはいけないと、どこかのサイトに書いてました。
そのため、作業するホイールの下に不要になった食器受けを敷いて、ピックアップツールで左右片方ずつ鉄球を取り出しました。
古いグリスは、まるでボンドのように粘着質になっていて、初めてグリスを触った私には驚きでした。

「ママチャリのフロントハブのグリスアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス グリス グリスアップ クリーナー パーツクリーナー サビ取り 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集