ママチャリ パンク修理のついでに自作ハンドルスタンド

前回の記事「ママチャリ内装5段 ブリジストン キャスロング 買っちゃった」でちょこっと書きましたが、内装5段のママチャリを納車してすぐに、今まで乗っていたシングルギアのママチャリがスローパンクしました。
まるで、新しいママチャリを妬んでいるかのように・・・(^^;

ママチャリパンク

まぁ、幸いにも新しいママチャリがあるので、パンク修理が終わるまでは新しいママチャリで通勤することができ、ノンビリとパンク修理をすることが出来ます。

今回のパンク修理で作成した自作道具は、自転車ハンドルスタンドです。
家にあった2つの固い木材の片方の端を半円形にくり抜きました。

自作自転車ハンドルスタンド

私のママチャリは、前カゴよりも低いため、ママチャリを引っくり返したときに、前カゴで自転車を支えることになります。
そして今回のように、フロントタイヤを外した場合、バスケットブラケット(前カゴとハンドルポストを繋いでいる金具)にモロに車重がのしかかるのを防ぎたかったのでした。
まぁ、どの自転車でもひっくり返した場合、この自作ハンドルスタンドがあれば、自転車が安定するので便利だと思います。

自作ハンドルスタンド

しかし、今回のパンクが週初で自作ハンドルスタンドを作成したのが週末近くだったため、4日間ほど自作ハンドルスタンド無しでママチャリを引っくり返したままの状態でした。

それにしても、よくよく考えてみるとフロントハブのグリスアップは久しくやっていませんでした。
記録を見てみると、2012年11月にグリスアップしてからはやっていませんでした。
まぁ、記録と言っても、私が記録を付け忘れているだけなのかもしれませんが、それにしても近年ママチャリのフロントハブのグリスアップした記憶がありません。

ママチャリのリム磨き

と言うことで、パンクしてフロントタイヤを外した機会に、フロントハブのグリスアップもしました。
グリスは黒く変色していたものの、嫌な銀色で混じってなかったしグリスも結構残っていたので、思っていたよりも良い状態でした。
写真はありませんが・・・(^^;
ついでに、リムを消しゴムみたいなヤスリでピカピカに磨きました。

ママチャリのパンク修理

そしてパンク修理は、パンク穴がなかなか見つけにくかったのですが、なんとかパンク穴を見つけてパッチを貼って終了。

2重リムテープ

最近マイブームになっている隠しアイテム「2重リムテープ」
特に通勤自転車では、パンクなどのリスクは極力取り除かなければいけないと思っています。
それに、どうも私は、何グラム軽くなったと喜ぶタイプではありませんので・・・(^^;

タイヤのマークとバルブの位置を合わせます

タイヤのマークとバルブの位置を合わせます。
ちょっとズレてしまいましたが・・・
タイヤのマークとバルブの位置を合わせるのは、バルブの位置を早く発見するということもあるかもしれませんが、私はパンクの時にチューブに開いた穴の位置からタイヤに異物がまだ刺さっていないか探す時の目印だと思っています。
今回は異物がタイヤに刺さっていないか、くまなく探しましたが、異物は見つかりませんでした。

ママチャリのパンク修理終了

こうして書けばサクッとパンク修理やグリスアップをしたように見えるかもしれませんが、実際には会社から帰宅後のちょっとした時間におこなっていたので
1日目:フロントタイヤを外し、パーツをクリーニング
2日目:リム磨き
3日目:リム磨き
4日目:グリスアップ・パンク修理
5日目:自作ハンドルスタンド作成
6日目:フロントタイヤ取り付け
と、ほぼほぼ1週間を費やしてました。
まぁ、休日におこなえばもっとまとまった時間がとれますが、休日まるまるママチャリの修理やメンテに潰れるのも嫌だし、これでちょうど良かったのだと思います。
ある意味、自転車三昧の充実した1週間でした。

シングルギヤのママチャリと内装5段のママチャリ
シングルギア ママチャリ メンテナンス等記録
2003年頃購入ママチャリ コーナン商事 EX-LADY購入(親父)
2011年 8月メンテナンスママチャリ再生
2011年 8月パーツ取外しリヤキャリア取外し
2011年10月メンテナンスフロントハブのグリスアップ
リヤハブのグリスアップ
2012年 1月パーツ交換フロントブレーキキャリパー交換
ハンドルバー交換
シートポスト交換
2012年 7月カスタマイズハンドルバーのカット(48cm)
2012年 9月パーツ交換LEDライト交換
2012年11月パーツ交換リヤタイヤ交換(IRC CITY POPS 超快適)
サドル交換(DAHONボードウォークのサドル)
2012年11月メンテナンスフロントハブのグリスアップ
リヤハブのグリスアップ
2013年 6月メンテナンスBBのグリスアップ
リヤハブのグリスアップ
2013年11月メンテナンス前カゴ補修
2015年 3月パーツ交換フロントタイヤ交換(シンコー DEMING 耐摩耗 SR199)
2015年 7月メンテナンスチェーン洗浄
リヤハブのグリスアップ
2015年 7月パーツ交換シートクランプ交換
2015年 8月パーツ取付自作ライトホルダー装着
2015年 9月パーツ交換ペダル交換(VP-ONE VP PIPER)
2015年 9月パーツ取付リヤキャリア装着
2015年 9月メンテナンスリヤタイヤのパンク修理
チェーン洗浄
BBのグリスアップ
リヤハブのグリスアップ
2015年11月パーツ交換ハンドルポスト(ステム)交換
前カゴ交換

リヤタイヤ交換(シンコー DEMING 耐摩耗 SR199)
2015年11月メンテナンスリヤハブのグリスアップ
2016年 1月メンテナンスフロントタイヤのパンク修理
フロントハブのグリスアップ

タグ : 自転車 ママチャリ パンク修理 グリスアップ 

寒い季節は自転車のメンテナンス

いや~、寒いですね。
こんな寒い時期は自転車に乗って、一汗かこう!!

とは思わなくなった私です。(^^;
と言うことで、この寒い季節は自転車のメンテナンスに限りますね。

まずは自転車メンテナンスの基本とも言えるチェーン洗浄です。
今回は牛乳パックの一面を切り取り、チェーン洗浄の時にポタポタ垂れる洗浄液(私はパーツクリーナー)の受け皿にしました。

牛乳パックの受け皿

牛乳パックの受け皿の作り方は写真を見てもらっても分かるとおり、牛乳パックの一面を切り取るだけです。
その牛乳パックの受け皿を2つ用意します。

チェーン洗浄
チェーン洗浄

牛乳パックの受け皿を、1つはリヤディレイラーの下にセットし、もう1つはチェーンリングの下にセットします。
後はチェーンクリーナーをセットして、クランクをクルクル回せばチェーンが綺麗になりました。

せっかくなので、ロードバイクだけでなくミニベロ2台のチェーンも洗浄して、牛乳パックの受け皿にはクリーナー液がポタポタと溜まっていきました。

特に牛乳パックから洗浄液(パーツクリーナーの液)が漏れるということもありませんでしたが、このまま放置して乾燥させるなら、万が一漏れ出しても被害が出ないようにステンレスの容器などに入れておいたほうがいいかもしれません。

チェーン洗浄後の牛乳パックの受け皿

簡単ですが一応チェーン洗浄も終わったし、久しぶりに10速化したダホン ボードウォークでも磨いてやるかと思い、ワックス掛けしました。
ワックスを掛けたのはいいのですが、どうもリヤホイールとブレーキシューが時々接触することに気付きました。
まぁ、今まで気付かなかったのもどうかと思いますが・・・(^^;

どうもリヤホイールがフレているようで、そのためリヤホイールとブレーキシューが接触するようです。
クイッ、クイッっとスポークの貼り具合を変えてみましたが、所詮素人です。
適当にやってみたところでホイールのフレは取れませんでした。
取れないどころか、縦ブレも作ってしまったかもしれません。

と言うことで、困った時の町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)にゴー!!
町ジテ大浦街道店に行くと、運良く「振れ取りの神様」ことヨコちゃんがいて、そのヨコちゃんにフレを取ってもらいました♪

町ジテスタッフ ヨコちゃん

この写真は数年前のヨコちゃんですが・・・(^^;
さすが「振れ取りの神様」です、素早く正確に振れを取ってくれました。

振れ取りは、なんと言ってもその人の力量が出るところですので、安心して任せられる人がいいですね。
ただ、いくら技術があっても、忙しい春頃の時期では嫌がられると思いますので、自転車屋さんに振れ取りを依頼する場合は、春先を避けたほうがいいのかもしれません。

部屋でホイールのグリスアップ

ここまでしたら、ミニベロのホイールのグリスアップもしないといけないと思い、グリスアップすることにしました。
町ジテで「振れ取りの神様」ことヨコちゃんにも指摘されたし・・・(^^;
よく考えてみると、ダホン ボードウォークの10速化してから1度もこのホイールにグリスアップしたことがありませんでした。

寒いので部屋でグリスアップしたのですが、グリスアップの記事は以前にも書きましたので、グリスアップするのでしたらそちらを参考にしてください。
注意点は作業のなかで球(ボール)を触るときは、球の数を数えて紛失しないように注意することですね。

ハブのグリスアップ

今回のグリスはそれほど汚れてはいませんでした。
まぁ、それほど走ってなかったと思いますが、それでも思っていたより綺麗でした。

古いグリス

古いグリスを最初からパーツクリーナーを使うと、グリスが広がって綺麗にするのに余計に手間が掛かってすまうので、綿棒ですくっていきます。
元々入っていたグリスはかなり粘度があるようで、まるで粘っこい鼻くそ(^^;のようでした。

玉押しの虫喰い

玉押しの虫喰いは、それほどありませんでした。(^^;

外したパーツ

外したパーツはパーツクリーナーで綺麗にして、100均のステンレスシャーレに入れていきます。
特に球(ボール)は、左右の球が混ざらないように別々のシャーレに分けておきます。
球がちょっと磁気を帯びてますね。

グリスアップ

いつものように私は過剰気味にセラミックグリスを塗っていきます。
シャフト部分はサビ止めの意味で、セラミックグリスよりも粘度が高いデュラグリスを塗ってます。

グリスアップ終了

外すときに注意して見てなかったのですが、ワッシャーの位置はここだったかな?と思いながらこんな感じで組んでいきました。
なので、ワッシャーの位置がここだったのか全然自信がありません。
そのため、スッキリしないままリヤホイールのグリスアップは終了しました。

フロントハブ

リヤホイールのグリスアップが終われば、残るはフロントホイールのグリスアップだ!と思ってフロントホイールを外してみてビックリ!

ハブの外し方がわからん。。。
と言うより、これ外せるのか?という構造のフロントハブでしたので、フロントホイールのグリスアップは諦めました。
(写真が黒くて、わかりにくくてスミマセン)

タグ : 自転車 ロードバイク ミニベロ メンテナンス グリスアップ 振れ取り チェーン 洗浄 

ママチャリメンテナンス その3 リヤハブのグリスアップと組み立て

前回、ママチャリを組み立てて試乗したところ、「ガガガガ・・・」と異音がして、リヤブレーキが効かなくなりました。
そのため、前回1度組み立てたママチャリのリヤホイールを再度取り外しました。

リヤハブ
ダストカバーリング

ブレーキが効かなくなった原因はコイツでした!
このダストカバーのようなリングがキッチリはまってなく、そのままホイールを取り付けてしまっていました。
そのため試走でダストカバーリングが嵌まり込んだので、そこに隙間が生じて、その隙間がホイールとローラーブレーキを離れさせて、ブレーキが効かなくなったのでした。

「ママチャリメンテナンス その3 リヤハブのグリスアップと組み立て」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス グリスアップ グリス セラミックグリス 玉押し  工具 ブレーキ 

ママチャリメンテナンス その2 パーツ洗浄とBBグリスアップ

前回の記事はママチャリのパーツを外すところで終わっていました。
今回は、そのママチャリから外したパーツを洗浄してグリスアップして、パーツをママチャリに組み立てることをします。

クランクシャフト

ママチャリから抜いたままのクランクシャフトです。
実はこの写真、後で撮っておいて良かったと思うことになりました。

「ママチャリメンテナンス その2 パーツ洗浄とBBグリスアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス クランク シャフト  ボール セラミック グリス グリスアップ 

ミニベロ ダホン ボードウォークのリヤハブ グリスアップ

ここまでくると勘の鋭い人は、もうお分かりかと思いますが、この3連休のうち天気の良かった2日間は、2日間とも自転車に乗らずに、自転車のメンテナンスをしていました。
だって、気が乗らなかったので・・・(^^;

ということで、要らなくなった食器洗いケース(と言うのかわかりませんが)にホイールを乗せて、その上でハブのグリスアップ開始です。
まぁ、食器洗いケースでなくても良いのですが、作業中はハブのボール(球)が転がって無くさないようにしないといけませんので。

グリスアップ開始

そして、このような作業に必要なステンレスのシャーレ。
100円ショップの調理用具のコーナーにありました。
なかなか、このシャーレはいろいろと使い勝手が良いです。
なんだか、いまから手術するような感じです・・・。

リヤホイールのハブ

ハブに付いているゴムキャップを外すと、真っ黒になったグリスが出てきました。
この色は、なんだか嫌な感じ。

グリスはタップリ塗っているので、古いグリスは綿棒ですくってウエス(古タオルなどの切れ端)に塗り付けて、ある程度まで古いグリスを掬い取ってから、ウエスで綺麗にしました。

ハブのゴムキャップ

手が一瞬で真っ黒になります。(^^;
ゴム手袋を嵌めれば良かったと後悔しましたが、このままゴム手袋を嵌めると、ゴム手袋の中まで汚れてしまうので、今回はあきらめました。

グリスは意外と汚れていない

玉押しをハブスパナで外してみると、球(ボール)は意外に綺麗でした。
あの真っ黒なグリスは、いったいどこの汚れなのか?

玉押し

玉押しに虫喰いは無さそうです。
フロントは虫喰いだらけだと思いますが、それはナイショです・・・。(^^;

球(ボール)

先端に磁石がついたピックアップツールで球を取り出します。
無くさないように注意していても、ピックアップツールから球を外すときに、2個ほど転がり落ちました。
磁石が強力すぎる。。。

球の洗浄

フィルムケースに球を入れて、パーツクリーナーで球を綺麗にします。
最近は写真を現像することが無くなったので、フィルムケースがなかなか手に入りにくくなりました。
今となっては貴重なフィルムケースです。

「ミニベロ ダホン ボードウォークのリヤハブ グリスアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク ハブ グリスアップ グリス スプロケ ホイール シャーレ 

メンテナンス日和

いよいよ梅雨らしくなってきましたね。

午前中から昼にかけて、うちのパグ犬 銀次郎の爪切りなどで車で出掛けたり、銀次郎のシャンプーをしていました。

パグ犬 銀次郎のシャンプー姿

雨は午後になって更に激しさを増したようです。

こんな天気の日は、自転車のメンテナンス日和にうってつけです。

そこで、少し前から違和感を感じていていたミニベロ(ダホン ボードウォーク)のBB(ボトムブラケット)などのクランク周りをメンテナンスしようと思います。

なぜ違和感を感じていたのかと言えば、トルクを掛けて自転車を漕いだ時に、時々「ギコッ」とBB付近から音が鳴っていたのでした。

自転車メンテナンス作業場所

とりあえず持っている工具を総動員させ、初めてのBBの取り外しです。
雨が降り込んできて、駐車場の車の後ろの狭い作業場所が更に狭くなっている所での作業です。
まぁ、狭くても雨の日の作業場所があるだけマシなのかもしれませんが・・・(^^;

ペダルレンチでペダルを取り外し

クランクを抜いた後からペダルを外すのは大変なので、クランクを抜く前にペダルレンチを使ってペダルを外しておきます。
ペダルを外す際に注意しなければいけないのが、左右のペダルによってペダルレンチを回す向きが違うということです。
特に回転系のパーツは回転する方向によって緩みにくいような作りになっています。
と偉そうなことを言ってますが、どこかのサイトでそう書いてました。(^^;
まぁ、それはともかく、右側のペダル(チェーンリングがある方)は正ネジで反時計回りに回せばペダルを外すことができ、左側のペダルは逆ネジで時計回りに回せばペダルを外すことができます。

フィキシングボルトの取り外し

ペダルを外したら、8mmのアーレンキー(六角レンチ)を使ってペダルの軸にあるフィキシングボルトを外します。
このフィキシングボルトは左右どちらも正ネジで、反時計回りに回せば外れました。
(自転車によって違うのかもしれませんので注意が必要です)

コッタレスクランク抜き工具(自転車専用工具)でクランクを取り外し

フィキシングボルトを外したら、コッタレスクランク抜き工具(自転車専用工具)でクランクを外します。
必ずフィキシングボルトを外した状態で使用します。
フィキシングボルトが付いた状態で使用すると、クランクなどが壊れたり大変なことになるみたいです。(^^;

引掛スパナでBB左側ロックリングを取外す

いよいよここからが初めての作業になります。
BB左側は引掛スパナで正ネジ(反時計回り)でBBロックリングが外れました。

BB右ワン計測

BB右側を測ってみると36mm。
私の持っているモンキースパナはMAX30mmですので、今回BBの完全取り外しは諦めました。

BB左ワンの取り外し

BB左ワンはマイナスドライバーを溝に当てて、ハンマーで軽くマイナスドライバーを叩くと回りましたので外すことができました。

BBクランク軸の取り外し

これでようやくクランク軸を取り出すことができました。
クランク軸左側のリテーナーのグリスが銀色です。
これは金属が擦れた証でしょう。

リテーナーから球(ボール)が外れた

しかもリテーナーを持ってみると、リテーナーから球(ボール)がポロポロ外れました。
パーツクリーナーで綺麗にしてみると、どうやら球が破損して球の径が小さくなったから、リテーナーの隙間から球が外れたようです。
また、球の破損したものが粉々になってグリスが銀色になっていたようです。

こうなってはお手上げです。
次回何かの機会にBBを交換したいと思います。
余計な出費です・・・。

BB長:68mm
軸長:115mm

ホイールのハブもムシ喰いなので、ミニベロを購入してまだ1年経っていませんが、ムシ喰いは小径車の宿命なのでしょうか。
まぁ、酷使し過ぎなのかもしれませんが・・・(^^;

おそらく、これが原因でトルクを掛けて自転車を漕いだ時に「ギコッ」と鳴いていたのだと思います。
まぁ、不良箇所を発見できただけでも良しとしましょう。

パーツクリーナーで外したパーツを洗浄

外したパーツをパーツクリーナーで洗浄して、各所にグリスを塗りながら外した時と逆の手順で組み立てていきます。
BBのリテーナー部分にはセラミックグリス、それ以外はデュラグリスを塗りました。
ペダルはクルクルと良く回っていたので、特に何もせずにそのまま取り付けました。

グリスを塗ってパーツを組立て

自転車のメンテナンスは時間との勝負ですね。
特に自転車初心者の私のように、メンテナンスに時間がかかる場合は。。。
まぁそれでも、経験を積んで少しでも早くメンテナンスできるようにしたいです。

自転車メンテナンス完了

「メンテナンス日和」の続きを読む

タグ : 自転車 メンテナンス BB ボトムブラケット 分解 クランク 取り外し グリスアップ セラミックグリス デュラグリス 

パンクネ申 降臨

先々週の先週のピンクリボンサイクリングでムシゴムが劣化していると思ってムシゴムを交換したのですが、実はパンクでした。

そこで、先週の京奈和自動車道開通記念サイクリングの前日にDAHONボードウォークを購入した「ちゃりんこルート26」でパンク修理をしてもらいました。

実は京奈和自動車道開通記念サイクリングの帰り道に、フロントタイヤの空気圧がなんとなく気になったのですが、気のせいかも?という能天気な私の性格から、そのままにしていたのでした。

そして京奈和自動車道開通記念サイクリングから1週間後の今日、DAHONボードウォークを見てみると、フロントタイヤがまたしてもペシャンコになっていました。
ムシゴム交換直後なので、パンクである可能性は濃厚です。

それにしてもDAHONボードウォーク購入後、9ヶ月間ノーパンクで過ごせてきたのに、今月は2週間連続でパンクとは、パンクの神様に好かれたみたいです。

とりあえずフロントホイールごと車体から外して、パンク修理をしやすくします。
なにせパンク修理は今日が初めてなので・・・(^^;

パンク修理

今回初めていつも携帯している空気入れを使ってみました。
バルブのセットが上手くいってないのか、空気がバルブから漏れているようです。
少なくとも、規定の空気圧まで入れるのは、このままでは無理そうです。

パンク修理

パンク穴は1ヶ所だけのようですが、バルブの近くでちょっと嫌な場所です。
とりあえず紙ヤスリで削って、ノリを付けて乾かします。
ノリってボンドのようなイメージだったのですが、思っていたよりもサラサラで、こんなのでくっつくのか心配なくらいです。

ガラスの破片

まぁ、ノリが乾く間にタイヤに刺さった異物探しです。
最初にタイヤの内側に手を当てながら探しましたが、全然わかりませんでした。
仕方が無いので諦めて、タイヤの外側に目をやると、なんか埋まってたので、それをほじくり返すと2mmほどのガラスの破片が出てきました。
どうやら、このガラスの破片でパンクしたようです。
前回、自転車屋でのパンク修理のとき、ちゃんと異物を取ってくれたのかと疑心暗鬼になります。(^^;

パンク修理

パッチを当てて、タイヤレバーでゴシゴシ。。。
パッチの説明書は英語なのでよくわかりませんが、その説明書の絵ではカナヅチで叩いているようですが、逆にタイヤを痛めそうです。
でもカナヅチで叩いたほうがいいのかなぁ?
そんなこんなでフロントタイヤのパンク修理は適当に終わらせました。

ハブのグリスアップ

ホイールを外したついでにハブを見てみると、半年くらい前にグリスアップしたグリスが特に汚れは無さそうでした。
グリス(セラミックグリス)が半透明になっていてカエルのタマゴのようでいい感じになっていましたので、グリスを足しておくだけにしました。

「パンクネ申 降臨」の続きを読む

タグ : パンク修理 グリスアップ チェーン交換 チェーン清掃 チェーン洗浄 サビ止め 自転車 ダホン ボードウォーク メンテナンス 

ママチャリのリヤハブのグリスアップ

前回のママチャリのフロントハブのグリスアップに続いて、今回はリヤハブのグリスアップです。

ママチャリのリヤのグリスアップは、フロントと違って構造が複雑で、思っていたよりも時間がかかりました。
グリスアップに時間がかかるというより、リアの分解や組み立てに時間がかかり、半日(数時間)では終われませんでした。
特に今回は初めての作業(リヤの分解や組み立て)ということと、デジカメで撮影するということにも時間がかかりました。

自転車のメンテ作業中は、手が汚れやグリスなどで汚れているので、その手を綺麗に拭いてデジカメで撮影するというのが、意外に時間がかかります。
そして、最初は撮影ポイントがわからないので、いろんな工程でデジカメを撮るので、それも時間がかかる要因です。
ちなみに、このリヤハブのグリスアップでの撮影枚数は200枚を超えています。
ピンボケやアングルなどを考慮して1カット2枚以上撮ることが多いのですが、それにしても無駄な撮影が多いですね。。。(^^;

ママチャリのベルを緩める

まぁ、余談はさておき、ママチャリをひっくり返しての作業になるので、ママチャリをひっくり返しても安定性が良いように、ハンドルから少し飛び出しているベルを緩めてずらしておきます。

ママチャリをひっくり返す

そして、下にダンボールを敷き、ママチャリをひっくり返して、チェーンを外しやすいようにチェーンカバーの前と後ろの外しやすいところを外しました。

ブレーキ関連の計測

とりあえずママチャリにとって厄介なリヤブレーキを外す前に、チェーン引きの引き代やブレーキ関連の計測です。

ブレーキ関連の計測

これは組み立てる際の目安となるそうです。
が、結局は役立てることがありませんでした・・・(^^;

ブレーキを外す

ハブ軸のナットを緩める

ブレーキを留めているナットとブレーキワイヤーを外して、ハブ軸のナットを緩めれば、リヤホイールを動かすことができます。
ただこのままではチェーンが掛かっているので、リヤホイールを外すために、一旦リヤホイールを前に寄せてチェーンを弛ませます。
と言っても、自転車が傾斜しているので、また戻ってきましたが・・・(^^;

チェーンを落とす

まぁ気にせず、(ペダルの方の)チェーンリングをドライバーなどでチェーンを手前に外すようにします。
手でチェーンを外そうとすると(手前ではなく)奥にチェーンが落ちてしまいそうになり、奥にチェーンが落ちると、今度チェーンを掛ける時に苦労しそうです。

リヤホイールを外す

チェーンを外してしまえば、リヤホイールを外すことができました。
リヤホイールさえ外してしまえば、後はグリスアップするだけで楽勝です。。。

スパナのサイズが合わない

と、楽勝と思っていたら、厚さ4mmの極薄スパナでも厚すぎてハブ軸のナットに嵌めることができませんでした。
やっぱり、専用のハブスパナが必要なようです。

リヤハブのグリスアップは中断

ということで、リヤハブのグリスアップ作業は一旦中断です。
ママチャリはしばらく乗らなくても困らないので、せっかく外したホイールは外したままで、取り外したパーツは無くさないようにしておきました。

「ママチャリのリヤハブのグリスアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス ハブ グリス グリスアップ ボール ブレーキ 取り付け 取り外し 

ママチャリのフロントハブのグリスアップ

天気の悪い休日は自転車をメンテナンスするのが楽しくなってきました。(^^;

ママチャリ

ということでママチャリのフロントハブのグリスアップをしようと思いました。
本当は折りたたみ自転車DAHON Boardwalkのグリスアップをしたかったのですが、なにせ自転車のメンテナンスなどしたことがなかったので、まずはママチャリでグリスアップの予行演習です。

ママチャリのフロントハブ

フロントハブが脱輪しないように留めている重要なパーツです。
他のサイトには、この止め具が左右で形状が違うと書かれていましたが、このママチャリの止め具は左右同じでした。

パーツクリーナー

1缶数百円のパーツクリーナーです。
どういう成分のものなのか知りませんが、あっという間にフロントホイールハブの汚れが簡単に落とせました。

ママチャリのフロントハブ

フロントハブの内側のナットは薄型13mmのスパナがはまりました。
外側はモンキーレンチなどで比較的苦労せず合わせられます。

ママチャリのフロントホイール

グリスアップで注意しなければならないことは、ボール(金属球)を無くさないようにするのと、左右の球を混ぜてはいけないと、どこかのサイトに書いてました。
そのため、作業するホイールの下に不要になった食器受けを敷いて、ピックアップツールで左右片方ずつ鉄球を取り出しました。
古いグリスは、まるでボンドのように粘着質になっていて、初めてグリスを触った私には驚きでした。

「ママチャリのフロントハブのグリスアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス グリス グリスアップ クリーナー パーツクリーナー サビ取り 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集