ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その2 フロントフォーク錆取り&塗装

錆びたフロントフォーク

ノンビリとやっているミニベロ再生計画です。
今回は、メンテナンス編としてフロントフォークの錆取りと塗装です。

フロントフォークが錆びていると言っても、私の見た目ではそれほど深刻なサビでは無さそうです。
とは言っても、これ以上錆びさせては良くないと思いますので塗装します。

フロントフォークのヤスリ掛け

取り外したフロントフォークの錆びている部分をペーパーヤスリなどで削ります。
グラインダーがあれば、マグネット取り付けの出っ張った部分を取り除きたかったのですが、グラインダーを持っていないのでそのままにしました。
ヤスリは耐水ペーパーかと思っていたら、普通の紙ヤスリ(布ヤスリ?)だったみらいで、水に漬けるとヤスリがフニャフニャになってしまいました。

フロントフォークのサビ取り

フロントフォークを簡単にヤスリ掛けした後は、以前に使用した「花咲かGタンククリーナー」に漬けてフロントフォークのサビを取ります。

最初はパイプの穴を塞ぎ、花咲かGをフロントフォーク内部に注いでみようとしましたが、液が漏れてきて上手くいきませんでした。
仕方が無いので、勿体無いですがプラスチックの衣装ケースにフロントフォークが浸かるくらい花咲かGをドボドボ注ぎました。
一生かかっても使い切ることは無いと思っていた花咲かGですが、これで半分ほど使ってしまいました。

花咲かGはキツイ臭いではありませんが、それでも無臭ではありませんので、家の外に数日置いておきました。
ケースにラップを巻いているのは臭い対策と言うよりも、乾燥させない(気化させない)ためです。

フロントフォークのマスキング

花咲かGでサビを取った後は、ドライヤーでパイプ内部をよく乾燥させてから、スプレー塗装するためにマスキングしました。

フロントフォークのスプレー塗装

マスキングテープでマスキングした後は、スプレーします。

スプレーのコツは1度に綺麗に塗ろうとするのではなく、何回にも分けて薄く吹き付けることとは頭の中ではわかっていても、やっぱり厚く吹いてしまって少し垂れてしまいました。

まぁ、目的は錆させないようにコーティングすることなので、この際綺麗さは求めないようにしました。
と、自分に言い聞かせる言い訳でした。(^^;

塗装後のフロントフォーク

充分乾燥させた後です。
サビのところが汚いですが、これでコーティング出来たように思います。

補修したフロントフォーク

DAHON Boardwalkを購入した際に付いていたリペア用の補修剤(マニキュアのようなもの)を錆びた部分に塗って更にコーティングしました。
この後、これがなかなか乾燥しなくて、そこに触れてしまって汚くなりましたが・・・(^^;

ハンドルバーのスプレー塗装

塗装ついでに日焼けして汚くなったハンドルバーも黒くスプレーしました。

これでようやくミニベロ再生計画のメンテナンス編は終了です。
と言うか、ずっとメンテナンスばかりやってきて少々ダレてきましたので、無理矢理にでもメンテナンスは終了させます。(^^;

次回からは、いよいよ組み立てです。

[ ミニベロ再生計画 関連記事 ]
1.ダホン ヘリオス がやってきた♪
2.ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り
3.ミニベロ再生計画 観察編 その2 フロント回り・折りたたみ部分
4.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り
5.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その2 フロントフォーク錆取り&塗装
6.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その3 オイル汚れ洗浄
7.ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換
8.ミニベロ再生計画 問題点の洗い出し

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ヘリオス DAHON HELIOS サビ 塗装 マスキング コーティング 

ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り

さて、貰ったダホン ヘリオスの観察も一通り終わって、これからメンテナンスに入っていきます。

ダホン ヘリオスのフロントフォークはクロモリ(鉄)ですが、ボディーフレームはアルミなので、まぁ多少は安心かな?
ということで、まずは何と言っても、8年間雨ざらしだった自転車パーツのサビ取りです。

ネットでいろいろ検索していると「花咲かG」というのがサビ取りに良いようなことが書かれていました。
「花咲かG」は、ネーミングこそおちゃらけていますが、バイク(単車)業界では結構知られているそうです。

花咲かGタンククリーナー

「花咲かG」にはピカールのような研磨剤などいろいろ種類があるのですが、サビ落しには「タンククリーナー」というものが良いそうです。
花咲かGタンククリーナーは、本来バイク(単車)のガソリンタンク内のサビを落とすものですが、それを自転車パーツのサビ取りに使うことにしました。

花咲かGタンククリーナーは1リットルで値段はそこそこしますが、20倍まで水やお湯で薄めて使うことが出来ます。
花咲かGの隣のビンは100円ショップで買ってきたガラスのビンで、目分量ですが花咲かGを7倍くらい薄めました。

クランクボルト(5ピン)のサビ落し

サビでアーレンキー(六角レンチ)が入らなかったので、その部分にティッシュを詰めて、そのティッシュに花咲かGを染み込ませました。

フィキシングボルトのサビ落し

数時間経つとサビが柔らかくなっていたので、花咲かGを染み込ませた綿棒で柔らかくなったサビを取るとアーレンキーが入るようになりました。

フィキシングボルトにアーレンキー(六角レンチ)が入った

数時間ではサビを完全に取り除くことは出来ませんでしたが、とりあえず自転車のパーツを外せれば良かったので目標は達成できました。

錆びたフィキシングボルト

その後は、取り外した自転車のパーツを15倍くらいに薄めた花咲かGに漬けて置く事にしました。
これは漬けて1日経った写真です。
花咲かGの液体は黒ずんでいて、サビが落ちていそうです。

自転車パーツのサビ取り

花咲かGの中のパーツを取り出してみると、サビが酷かったものはいまひとつでしたが、サビの程度が比較的軽かったパーツは完全にサビが落ちていました。
その後は、その他の錆びたパーツと一緒に2,3回(2~3日)花咲かGに漬けることにしました。

花咲かGでサビ取りした自転車パーツ

その後、水洗いしながら金ブラシで擦って、最後に綺麗な花咲かGで数時間漬けた結果がこれです。
サビによる腐食は修復できませんが、サビは完全に落とすことが出来ました。

花咲かGでサビ取りした自転車パーツ

花咲かG、なかなか気に入りました。
自分が遊んでいる間も、寝てる間も、仕事している間も、せっせとサビを落とす働き者にちょっと感動しました。

[ ミニベロ再生計画 関連記事 ]
1.ダホン ヘリオス がやってきた♪
2.ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り
3.ミニベロ再生計画 観察編 その2 フロント回り・折りたたみ部分
4.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り
5.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その2 フロントフォーク錆取り&塗装
6.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その3 オイル汚れ洗浄
7.ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換
8.ミニベロ再生計画 問題点の洗い出し

タグ : 自転車 パーツ サビ  取り 落し 花咲かG タンク クリーナー 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集