ロードバイクのポジション変更と試走

以前からロードバイクのポジションに違和感がありました。
なんと言うか、ロードバイクに乗っていると微妙にサイズが合ってなくて、なおかつハンドルに体重がかかりすぎて腕が疲れるのでした。
まぁ、ポジションを悪くしていったのは自分自身なのですが・・・(^^;

ロードバイクのポジション変更

それに、クランク長172.5mmのクランクを手に入れることが出来たので、そのクランクを試してみたいという気持ちがあったので、この際ポジションを変えてみようとしました。
自分でロードバイクをいろいろ変えるには、工具もないし、経験もないし、自信もなかったので、以前から自分のロードバイクを見てもらいたかった町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店の店長に預けました。

ステム変更

ステム長100mmから60mmに変更したステム

シートポスト変更

オフセット0から35mmくらいに変更したシートポスト
(ロードバイク購入当初に付いていたシートポストに戻した)

クランク変更

クランク長165mmから172.5mmに変更したクランク

わかる人にはピンとくるかもしれませんが、ステム長・シートポストのオフセット・クランク長とロードバイクのポジションを決定付ける箇所をすべて変えたのですから、以前とはまったく別物のロードバイクになったと言えなくもありませんので多少の不安はありました。

ロードバイクは出来上がって、この天皇誕生日の祝日は午後から雨予報ということで、午前中は絶好のロードバイクに乗るチャンスでした。
そして、いざポジション変更したロードバイクに乗ってみると、前からの不安は一切感じられないし、それどころか気持ちいいくらいに自分にジャストフィットしてます。
町じて貴志川店の店長には特に何も言ってなかったですが、ハンドルの角度、シートポスト長など、まるで何度か乗ってみて決めたかのようなくらい気持ち良くセッティングされていました。
クランク長が165mmから172.5mmに変わったのと、シートポストのオフセットが0から35mmくらいに変わったので、シートポスト長を以前より下げてくれていたのですが、その下げ具合が気持ちよく自分にジャストフィットしているのでした。

トレビアン

いつ雨が降ってきてもいいように、近くの雑賀崎をロードバイクで試走することにしました。
それに、雑賀崎に行くまでの築港ストリートでは、高速巡航(とは言っても貧脚なのでそれほど速く走れませんが)が試せるし、雑賀崎ではそれなりの上り坂を試せる絶好の試走ルートなのでした。
ただ、あまりにも近くなのと、工場から出る化学臭が嫌で、雑賀崎に行くのは久しぶりすぎて以前走行した時の記憶が曖昧です。

築港ストリートの高速巡航では、やはりクランク長が165mmから172.5mmに変わったことで、ペダルを回す感じが随分変わりました。
ただ、クランクを回しにくいと感じることはなく、むしろペダルに力を入れやすくなって、ギヤの選択の幅が広がったような感じです。
しかし、調子に乗ってギヤを上げていくと、貧脚の私の足は疲れてきました。

雑賀崎

雑賀崎の登りですが、以前とは比べ物にならないくらい楽に坂道を登ることが出来ました。
以前はヒィ~、ヒィ~言いながら登っていた坂道を、ウンショ、ウンショと登れるくらいに変わりました。
まぁ、それなりにしんどいですが・・・(^^;

ネクストステージ

そして以前からヨッシーさんがよく行く自転車屋さん「ネクストステージ」がどこにあるのか気になっていました。
ネクストステージは見つけたものの、今日は休みなのか行った時間が早く開店前だったのかはわかりませんが、店は開いていませんでした。

これはもしや?と思い雑賀崎を引き返して、今度はアウターでも登ってみましたが、なんとかアウターで登ることが出来ました。
その途中、Y'sレーシングチームの方々に遭遇して挨拶すると、にこやかに挨拶を返してくれました。
その後、ギヤをインナーにして雑賀崎の灯台に行き、ロードバイクの試走を終了しました。

雑賀崎の灯台

クランクを長くしたことにより坂道を楽に登れるようになったことは確かだとは思いますが、それ以上にダイエットで体重が15kg減ったことによる影響も大きいので単純に比較は出来ませんが、以前よりは随分楽に坂道を登れるようになったのは確かです。

タグ : 自転車 ロードバイク ステム シートポスト クランク セッティング 試走 

ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換

8年間使い古して廃棄寸前のダホン ヘリオスを会社の人からタダで譲ってもらって、素人の自己流で試行錯誤しながらメンテナンスなどをしてきましたが、いよいよ終盤になってきました。
迷宮のスタート地点に立ったばかりなのかもしれませんが・・・(^^;

ハンドルバーのカット

ハンドルバーとハンドルポストをカットしました。
ハンドルバーは約10cm(左右5cmずつ)カットして、48cmくらいにしました。
DAHONボードウォークもママチャリも、バータイプのハンドルバーはだいたい48cmなので、このサイズが私には合っているのかも?

ハンドルバーのカットは、自分の体格に合う幅にするのはもちろんのことですが、ブレーキレバーやグリップを含めての最短の幅より短くしないことだと思います。
特にハンドルのカーブになっている部分やハンドルバーの径が太くなっている部分に、ブレーキレバーやシフトレバーが通らなかったり、通っても適切な位置にレバーがこなかったりしますので、ハンドルバーをカットする前には現物合わせの確認をしたほうがよいです。
以前に1度、ブレーキレバーやシフターやグリップのことを考えずにハンドルバーをカットしてしまって、まぁ、その時は結果オーライでしたがヒヤヒヤしました。

カットしたハンドルポスト

ちなみに、ハンドルポストも10cmくらいにカットしました。
まぁ、そこまで短くする必要は無かったのですが・・・(^^;

前回の記事でも書きましたが、元々ヘリオスについていたSRAMのリヤディレイラーがドロドロで、しかも中のスプリングが錆びて千切れていました。
また、シフターは、元々グリップシフターでしたが、ボロボロだったのと、自分がグリップシフターに馴染めないので、シフターは最初から購入するつもりでいました。
つまり、シフターとリヤディレイラーを交換することになりますので、ここで8速にこだわる必要性が無くなってきたことが私を悩ませました。

案1:7速にする
・ダホン ボードウォークを10速化したので、ボードウォークに元々付いていた7速のスプロケット、シフター、ディレイラー、チェーンを流用できる
・スプロケットのサイズ(長さ)が違うので別途スプロケのスペーサーを購入しないといけない
・ボードウォークに付いていた7速スプロケットを流用できても28Tなので、もっと大きなサイズのスプロケが欲しくなるのは目に見えている

案2:8速のまま
・シフターとリヤディレイラーを購入するだけでOK
・ボードウォークに元々付いていた7速のチェーンを流用できる(チェーンは6,7,8速が流用可能)
・元々ヘリオスに付いていた32Tのスプロケットが使用できる

案3:9速化する
・10速化するより安くできる

案4:10速化する
・先に10速化したボードウォークとパーツを共有できる
・チェーンリングやチェーンも交換しなければいけなく、10速化の1セットまるまる購入しないといけない
・ちょっと値段がお高くなる

ということで、いろいろ悩みました。
まぁ、今の私の状況でメリットがあまり無い案3の9速化することは、あまり考えてなかったですが・・・(^^;
散々悩んだあげくに、案2の8速のままいくことにしました。

購入したリヤディレイラーとスプロケット

スプロケットは、元々付いていたもの(11-32T)でも良かったのですが、安かったので注文ついでに34Tのスプロケも注文しました。

それに、ボロボロだったサドルを交換しないといけないし、一般的でないサドル&シートポストなので、サドルを交換するためにはシートポストも購入しないといけないので、最初に思っていたよりも多くのパーツを購入しなければいけなくなりました。

「ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換」の続きを読む

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン DAHON ヘリオス ボードウォーク パーツ サドル シートポスト ディレイラー 

快適ツーリングロードバイクへの道

以前から欲しかったロードバイクを購入することにしました♪

フレームで購入です。
何のフレームかは・・・今はナイショですが、フルカーボンのロードバイクです。(^^;

2012_0491.jpg

フレームはさておき、フレーム以外のロードバイクパーツで悩みまくっています。
そこで、みなさんの経験や知識など伺えればと、そして更に「家に余ってるからあげるよ」とか言ってくれる親切な方がいないかなぁ?など都合の良いことを考えています。(^^;

みなさんもご存知かもしれませんが、私はローディではなくポタリング派のポタラーです。
なので、ロードバイクはレース志向ではなく、「快適ツーリングロードバイク」にしたいです。

まぁ、この「快適」という言葉にも捉え方は様々なのですが、
・登り坂を楽に登りたい
・平地は疲れにくく、そこそこ速く走りたい
という欲張りなもので、イメージ的にはロードバイクとスポルティーフの良いとこ取りをしたようなロードバイクにしたいと思っています。

フレーム(決定)
・フルカーボンロードバイク
最初はクロモリやチタンなどもいろいろ考えましたが、最終的にフルカーボンに決定しました。

ロードバイク

コンポーネント(ほぼ決定)
・SHIMANO ULTEGRA トリプルチェーンリング
和歌山なので山や峠は避けることができません。
なので、山や峠に威力を発揮してくれそうなトリプルチェーンリングが欲しいです。
ロードバイクにトリプルは不要だと言う方もいるかもしれませんが、ポタラーの私には足が売り切れるような事態は極力避けたいのです。

クランクはカンパニョーロのようなスッキリしたデザインのクランクが良かったのですが、価格と性能を考えるとやっぱりSHIMANOにすることにしました。
稼動部分は初期投資額だけでなく、その後のトラブルやメンテナンス代なども考慮に入れたほうが良さそうですね。
以前はSHIMANO ULTEGRA-SLで(SHIMANO製品の中では)良さそうなデザインのトリプル用クランク(FC-6604-G)があったのですが、いろんなショップに問い合わせましたが在庫は無いということでした。残念です。
まぁ、海外に目を向ければ、まだ若干SHIMANO ULTEGRA-SLのトリプルクランクがありそうですが、そこまでして・・・というか、自分は海外通販は出来ない。。。(^^;

SHIMANO ULTEGRA-SL FC-6604-G

ホイール(ほぼ決定)
・フルクラム レーシングZERO
「初めてのロードバイクで、いきなりZEROかよ!」という声が聞こえてきそうです。
でも、そこそこ良いものを買っておかないと、後々になって(自分の脚力の無さをホイールのせいにして)結局いずれは欲しくなると思います。
そうなった時に以前履いていたホイールは無駄になってしまいそうなので、それならば最初からある程度良いホイールにしたいと思いました。
また、扱いにシビアそうなカーボンリムやカーボンスポークは最初から対象外にしました。

フルクラム レーシングZERO

サドル(迷ってます)
・フィジーク アンタレス バーサス キウム(ANTARES VERSUS K:ium)
・フィジーク アリオネ バーサス キウム(ARIONE VERSUS K:ium)
はっきり言って何が良いのかよくわかりませんが、フィジークのバーサスは股間の圧迫が少なさそうです。
体は硬いほうなのですが、現在ダホン・ボードウォークで気に入って使用しているジェルの柔らかいサドルで、前傾姿勢で乗ると股間が痺れてきます。
溝はアンタレスのほうが広そうです。

フィジーク アンタレス バーサス キウム

ステム(決定)
・DEDA ゼロ1
ポジション確定のため今後変更する可能性が大きいので、最初はソコソコのステムをチョイスしました。

ハンドル(迷ってます)
・ボントレガー Race Lite IsoZone VR-CF アルミ
・3T ERGONOVA PRO アルミ
・FSA ウィングプロコンパクト
こけた時のことを考えるとハンドルはアルミにしたいです。
タイプは下ハンが持ちやすく、(手が小さいので)ブレーキが握りやすそうなハの字に末広がりショートリーチのアナトミックシャロー(コンパクトタイプ?)が良いと思いました。

FSA ウィングプロコンパクト

シートポスト(迷ってます)
・3T DORIC LTD カーボン
・イーストン EC90 ZERO SP
・FSA K-FORCE LIGHT SB0 MTC
・シマノプロ タルシス
とりあえずオフセットゼロのシートポストが良いかな~?と思いました。
また、材質はポジションが決まるまでは、アルミのほうがいいのかも?

とまぁ、こんな感じで今週の休日も、家に引き篭もってムフフ・・・と妄想に浸ってました。

なんやかんやで、もう2週間走ってないなぁ。。。
誰か『私を スキー ポタリングに連れてって』(^^;

タグ : フル カーボン ロードバイク コンポーネント アルテグラ ホイール フルクラム レーシングZERO ハンドル シートポスト 

ママチャリ再生そして再始動

最近私はママチャリで通勤するようにしています。

その理由は、
・雨に降られても平気
・駐輪時に倒されても平気
・重いのでトレーニングになる
・手入れや部品交換して乗れるようになった
・通勤くらいしか使用用途がない
ですかね~。

最近はママチャリの記事がなかったのですが、実は裏で着々とママチャリ再生計画を実施していました。
まぁ、それほど大げさでもありませんが・・・(^^;
それに、1つ1つを記事にするほどのことでもなかったので・・・(笑

反射シール・反射板追加

反射シール・反射板

反射シールと反射板はどちらも100円ショップで購入しました。
通勤での帰りは夜になるため、その安全対策です。
ママチャリにあまりお金を掛けたくないので、100円ショップの自転車コーナーにあったので買いました。
反射シールの隣に蛍光シールもありましたので、間違えないように反射シールを購入するのがコツです。(^^;

反射シール

反射シールは、フロントフォーク、シートポスト、シートステイ、リアの泥除けにそれぞれ2つずつ貼りました。
反射シールはすぐ剥がれてきそうだったので、反射シールの角を落として貼り付けました。

フロントブレーキ交換

フロントブレーキ

元々付いていたフロントブレーキは肉薄で、きつく締めていてもブレーキをかけるとグラグラして危ないものでした。
そこで、別件の品をネットオークションで落札したついでに、ブレーキも出品していたので、それも落札しました。

フロントブレーキ

「テクトロ 900A デュアルピボット ロングアーム72~92mm」というものらしいです。
詳しく知りませんが、ブレーキの厚みが以前とは違い、ブレーキの効きが格段に良くなりました。
ただ、少しアームの長さが長すぎたので、ブレーキシューの半分くらいしかリムに当たっていませんが、それでも以前のものより良く効きます。

シートポスト交換

ロングシートポスト

元々着いていたシートポストはMAXライン目いっぱいまで上げていましたが、それでもあと5cmほど長さが足りなかったので、シートポスト長30cmくらいのロングシートポストを自転車屋(町のじてんしゃ修理屋さん和歌山店)で購入しました。

シートポストを交換する際に「やぐら返し」でやぐらが見えにくいようにしてブログネタのためにオシャレにも気を遣いました。(^^;

ハンドル交換

バーハンドル

今までのカモメハンドルもママチャリらしくて良かったのですが、前傾姿勢にしたかったのでママチャリ用のステンレスのバーハンドルにしました。
これもシートポストと同じで自転車屋で購入しました。

ハンドルバーを交換する際に、グリップが自分でやって抜けなかったので、ハンドルバーを購入した自転車屋のエアーでグリップを抜いてもらいました。
工具を持って行ったので、その店先でハンドル交換作業をしました・・・(^^;

軽いアルミのバーハンドルも考えましたが、ママチャリにお金を掛けたくなかったので安いステンレスのバーハンドルにしました。
まぁ、ママチャリなのであまり重さを気にすることもないし、何よりステンレスのほうがママチャリらしくて気に入っています。

クランクのサビ取り

あとは、前から気になっていたクランクのサビを、消しゴムのようなサビ取りでサビをある程度落として、愛情を込めてママチャリを布で拭いて完成です。

ママチャリ

タグ : ママチャリ 改造 ハンドル シートポスト 反射シール 安全対策 ブレーキ サビ取り 通勤 自転車通勤 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集