ローギア充実のミニベロ

最近ママチャリのイメージが定着しつつあるような気がしないでもないですが、私にとって自転車の原点と言えばこのDAHONボードウォークのミニベロ(小径車)です。
まぁ、いろいろカスタマイズしてノーマルではありませんが・・・(^^;

DAHONボードウォーク

苦労してカスタマイズしたからかもしれませんが、このDAHONボードウォークには愛着が沸いてきます。
いろいろカスタマイズしましたが、大きなところでは元々7段変速だったところを10速化しました。
ちなみにリアのカセットスプロケットは11-36Tのマウンテンバイク用の大きなギアにしています。

11-36Tのマウンテンバイク用のカセットスプロケット

そして、元々52Tだったフロントのチェーンリングに46Tを入れて小さくしてローギアを充実させた仕様にしていました。
しかし最近になって、46Tのチェーンリングよりも更に小さいチェーンリングを入れました。
まぁ、元々トリプルのクランクに付いていたチェーンリングを付けただけですが・・・

105トリプルクランク

これでフロントのチェーンリングは46-39-30Tになりました。
元々105のトリプルクランクのアウターには50Tが付いていたのですが、リアディレイラーのキャパシティの関係で、アウターを48T以下にするか、インナーを32Tにする必要がありましたので、既に買っていた46Tのチェーンリングをアウターに付けました。
フロントディレイラーはありませんので、手レイラーとして手でチェーンを掛け直さなければいけません。

雑賀崎灯台

試しにチェーンリングをミドルの39Tにして雑賀崎の灯台に登ってきました。
雑賀崎の灯台の坂道では、スピードは遅いものの面白いくらいに余裕で登れました。
これだと9速くらいがママチャリのギア比と同じような感じです。
これはこれでなかなか面白いミニベロになりました。

ローギア充実のミニベロ

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク DAHON Boardwalk カスタマイズ 10速化 チェーンリング ローギア 

ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り

会社の方から貰った折りたたみ自転車2005年モデルのダホン ヘリオスですが、8年近く経過していることもあり、譲ってもらったそのままの状態では快適に乗れません。
そのためヘリオスのメンテナンスをしていこうと思いますが、その前に譲ってもらったままの状態を観察していきます。

DAHON HELIOS P8(2005)

タイトルにも「その1」と書いているように、いくつかの記事に分けて紹介していきたいと思います。
記事がいくつになるかは今のところ私にもわかりませんが、気長にお付き合いくださいませ。

DAHON HELIOS P8(2005)

フレームはキズや汚れはあるものの、アルミフレームのおかげか思ったより綺麗です。

折りたたみ自転車の心臓部の折りたたみ機構は外見は特に問題無さそうな感じです。

DAHON HELIOS リヤディレイラー付近
リヤディレイラー

リヤディレイラー付近です。

SRAMのリヤディレイラーも(表面的には)サビは見受けられず、なかなか優秀です。
シフトワイヤーも最近換えたような綺麗さです。
その割には、変速できずディレイラーがローギヤに張り付いた状態なのはなぜ?という疑問が浮かびますが・・・(^^;

リヤVブレーキ

リヤのVブレーキです。
ブレーキワイヤーを留めるネジ(正確にはネジとは言わないと思いますが名前がよくわかりません)が少し錆びています。
まぁ、この程度ならなんとかなりそうな錆です。

ブレーキの効き具合を調整するネジも錆びています。
ここもそれほど酷い錆ではなさそうです。

スタンド

ダホンヘリオのスタンドです。
軟弱なスタンドですが、とても軽いスタンドです。

スタンドのボルト

スタンドを取り付けているボルトも錆びていますが、これくらいなら六角レンチが掛かりそうです。

折りたたみ式ペダル

折りたたみ式のペダルです。
折りたたみ式のペダルは強度面でどうなのでしょうか?
私は基本的に折りたたまないので、そのうちペダルを交換しようと思います。

チェーンリング

チェーンリングです。

フィキシングボルトやチェーンリングを留めているボルト(5ピンと言うのかな?)の錆が結構進行していて、クランクからチェーンリングを外すのがちょっと厄介そうです。

8年間雨ざらしの割には足回りは比較的「マシ」と言ったところでしょうか。

これがホームセンターに売られているようなミニベロだったら、もっと酷い状態だったと思います。
これがダホンクォリティーかも?

まぁ、あんまり信頼しすぎるのも良くないですね。

[ ミニベロ再生計画 関連記事 ]
1.ダホン ヘリオス がやってきた♪
2.ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り
3.ミニベロ再生計画 観察編 その2 フロント回り・折りたたみ部分
4.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り
5.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その2 フロントフォーク錆取り&塗装
6.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その3 オイル汚れ洗浄
7.ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換
8.ミニベロ再生計画 問題点の洗い出し

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ヘリオス DAHON HELIOS Vブレーキ クランク ディレイラー チェーンリング 

ミニベロ ダホン ボードウォーク10速化

他のサイトなどでダホン ボードウォークなどのフロントがシングルのチェーンリングをダブル化しているミニベロをたまに見かけますが凄いですね。
私はそこまで凄いことは出来ませんが、それでもちょっとでも楽に坂道を登りたいと思っていました。
それに、ダホン ボードウォークに付いていたホイールは精度がそれほど良くなくてセンターがずれていたり、リムの繋ぎ目の処理が全然ダメでした。
ホイールのセンターがずれているため、ブレーキをかけるとホイールが歪められ、自転車が曲がったような感じを受けます。

また、四角テーパーのクランクシャフトではBBベアリングのボールがよく潰れるのも悩みのタネでしたので、ホローテックIIなどのクランクにしたいと思っていました。

ということで、ダホン ボードウォークの気になる箇所を改善するためにパーツ交換の構想を練ることにしました。
まず、目標(目的)を決めないと焦点がぼやけたり、違う方向に行ってしまうといけないので・・・

とりあえず、目標を決めました。
・ホイール交換
・10速化
・ホローテック化(ホローテックII)
・ギア比(ロー側)を充実(ワイドギヤ)

ホイールはボードウォークの上位機種のSpeed P8やMu P8などに付いているホイールにしようと思います。
A-Classなんかのハブが付いたカッコイイホイールも素敵ですが値段が高いので却下。
ホイールの性能はよくわかりませんが、今のホイールよりも少しでも精度の高いホイールならそれで充分です。
今のホイールの精度が悪過ぎ。。。(^^;

私のダホン ボードウォークに付いるのは、チェーンリング(フロント)52T、スプロケット(リア)12-28Tです。
今のタイヤ(20 x 1.75)の場合、ペダル1回転での進む距離は、
7速 52T-12T 6.81m
6速 52T-14T 5.83m
5速 52T-16T 5.11m
4速 52T-18T 4.54m
3速 52T-21T 3.89m
2速 52T-24T 3.40m
1速 52T-28T 2.92m
と、計算上はこうなります。

ロー側で、ペダル1回転1.9mが私の理想です。
できるだけ1.9mに近づけたいと思っています。

SHIMANOのサイトを見ていると、10速11-36Tというワイドなスプロケットを発見。
このワイドなスプロケットにしたいと思いました。
(フロントW化はせずに、今まで通りフロントはシングルでいきます)

そこで、このワイドなスプロケットと仮定して、フロントのチェーンリングのギア数を考えます。
今の7速(ペダル1回転で6.81m)は、私の脚ではまともに踏むことは出来ません。
なので、トップ側は今の6速と7速の中間くらいで良いと思っています。

ということで計算してみると、フロントのチェーンリングは46Tがベストということになりました。
46T-11Tで、今のタイヤ(20 x 1.75)の場合ペダル1回転で6.57m、将来的に20x1.5のタイヤにした場合はペダル1回転で6.31mという感じです。
また、フロントチェーンリング46Tの場合、スプロケット36Tのロー側ではペダル1回転で2.01mと、理想の1.9mにかなり近づけることができます。

10速 46T-11T 6.57m
9速 46T-13T 5.56m
8速 46T-15T 4.82m
7速 46T-17T 4.25m
6速 46T-19T 3.80m
5速 46T-21T 3.44m
4速 46T-24T 3.01m
3速 46T-28T 2.58m
2速 46T-32T 2.26m
1速 46T-36T 2.01m
将来的にタイヤを20x1.5にすると考えると、10速で6.31m、1速で1.93mになり、ほぼ理想のものになります。

最後にクランクですが、他のサイトを参考に見ているとクランクはトリプルクランクを使用している方が多かったです。
たぶんチェーンラインやチェーンリングがチェーンステーに接触しないようにするためにトリプルクランクにしていそうです。

ここまで決まったので、いつもの町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店に注文しに行きました。

注文した(交換する)パーツ
・Fホイール(DAHON純正・オプション) [DAHON Comp for P8]
・Rホイール(DAHON純正・オプション) ]DAHON Comp for P8]
・カセットスプロケット(11-36T) [XT CS-M771-10]
・シフトレバー(10S)右のみ[Deore SL-M591]
・Rディレイラー(10速対応リアスプロケット・最小最大11-36T)[Deore RD-M593]
・BB(ホローテックII)[Dura-Ace 7900]
・トリプルクランク(クランク長165mm)[105 FC-5703-L]
・チェーンリング(46T・PCD130)[SUGINO]
・チェーン(10S用)[Dura-Ace 7900](最終的に7800のチェーン+ミッシングリンクにしました)

基本的には価格を抑えるために下位グレードのパーツですが、BBやチェーンなどそれほど値段の変わらないものや、カセットスプロケットなど大きく重量が変わるものは上位グレードという感じにしました。
ただ、これだけでもDAHONボードウォークがもう1台買える金額になってしまいましたが・・・。(^^;

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)なので腕は信頼していますが、ミニベロの小径車にロングアームのリヤディレイラーというところがちょっと心配でした。

Rディレイラー(10速対応リアスプロケット・最小最大11-36T)[Deore RD-M593]
対応リアスプロケット最大:36T
対応リアスプロケット最小:11T
フロントギア歯数差:18T
トータルキャパシティ:43T

「ミニベロ ダホン ボードウォーク10速化」の続きを読む

タグ : 折りたたみ 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク 10速化 クランク チェーンリング シマノ スギノ 

ショートクランク導入

以前の記事「チェーン清掃マジックリン作戦」でチェーン清掃後の「なんだか変だよクイズ」の正解です。パンパカパ~ン♪

「そんなクイズ名誰も言ってないよ」

正解は、チェーン清掃前と清掃後ではクランクが変わっていたんです!
前回の記事の最後のほうの画像を見ると、ペダルが無かったり、プラスチックのチェーンリングカバーが写ってたりして、いかにも不自然でした。

クランク変更

以前にネットオークションでチェーンリング一体のショートクランク(クランク長160mm)を落札していました。
そこで、今回そのショートクランクに付け替えました。
実は今回のメインはチェーン清掃ではなく、このショートクランクを取り付けたかったのでした。
チェーン清掃はそのオマケでした。(^^;

ネットオークションで落札したショートクランク(チェーンリング付き)

アサヒのオフィスプレスは、元々フロント48-38-28Tのトリプルチェーンリングでしたが、今回のショートクランクのチェーンリングは42-34-24Tです。
ペダル1回転の進む距離は、最大7.5m最小2.2mから最大6.5m最小1.9mくらいになりました。
変更前のアウター・トップは下り坂くらいでしか使うことが無かったので、あまり必要性を感じていませんでした。
それよりもインナー・ローが2.2mから1.9mに短縮されることのほうが貧脚の私にとっては都合が良かったのでした。
もちろんクランクを換えた1番の目的は、160mmのショートクランクにしたかったので、このチェーンリング一体のクランクは一石二鳥でした。
とは言っても、160mmのショートクランクが自分にとって未知の領域で、このショートクランクで良いのか悪いのかは、いろんな所を走ってみないとわかりません。

160mmショートクランク

じゃじゃ~ん。
160mmショートクランクの登場で~す。

「CHILD USEって、子供用のクランクじゃん。プププ・・・」

そう私のような純粋な心の持ち主専用クランクなのです。

「オッサンが、何言うとんねん。」

そんなことはさておき、さっさとショートクランクとペダルを装着しました。
現在装着されているクランクの取り外しです。
クランクを外す前にペダルを外します。
クランクを外した後に、ペダルを外そうとしても外れないそうです。

クランク抜き(コッタレス抜き)

クランクを外すのには「クランク抜き」(コッタレス抜き)という専用工具でクランクを抜きます。
クランク抜きの使い方は簡単なのですが、実際にやってみないと頭だけではどういう仕組みの工具なのか理解できませんでした。(^^;
注意点はクランクを留めているボルト(クランクフィキシングボルト)を外してからクランク抜きをしないとクランクを痛めてしまいます。
ということで、クランク抜きを使って簡単にクランクを外すことが出来ました。

外したクランク

「ショートクランク導入」の続きを読む

タグ : 自転車 シティサイクル アサヒ ASAHI オフィスプレス クランク チェーンリング ショートクランク インプレッション ディレイラー 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集