心に残る1枚を・・・

ネタが切れた時のWEB講座のハジマリ~、ハジマリ~♪

まぁ、今回も写真ネタです。
とは言っても写真の技術も心得も全く無い私の戯言です。(^^;

私はデジカメで写真を撮る場合、静止画であれば写真を撮っているときにブレなどが無く完璧と思えるような写真を最低2枚は撮るようにしています。
動きのあるものは、それ以上に撮らないと、カメラマンでもない私の場合は、なかなか良い写真が撮れませんので、意識して出来るだけ多くの画像を撮るように心掛けています。

デジカメで何枚も撮るのは、もうすっかりクセみたいなものになってきました。
昔の古いデジカメのせいかもしれませんが、完璧と思えるような写真を最低2枚以上撮っても、すべてが全く同じ画像かと言えば、そうでないことが多いものです。
そこで何枚も撮っていても、実際にWEB(ブログ)に載せるのは、かなり厳選した画像になります。
何十枚と撮った写真でも、ブログに使うのは、ほんの一握りの画像になることが多いです。

撮った写真集

WEBで公開する写真では、同じような写真を何枚も載せるよりは、心に残る1枚やベストな1枚の写真のほうが良いと素人の私は思っていますし、私が他のサイトを見た時にも思っています。
まぁ、そのぶん撮った写真の選別作業が大変なのですが・・・(^^;

カメラマンでも何でもないし、カメラ機材や写真の技術などカメラのことはさっぱりわかりませんが、心に残るベストな1枚を載せられればいいな~と思ってます。

タグ : 写真 カメラ デジカメ 心に残る ベスト 選別 作業 大変 機材 技術 

拙者は接写でござる!

さてさて、自転車ネタが無くなってくると突然現れるブログ管理者養成講座の時間です♪
まぁ、自分が一番学ばないといけないのかもしれませんが・・・(^^;
今回は前回の「ブログの写真」の第2弾として、前回と同じくカメラマンでもない私のデジカメに関することです。

私は近くのものを写真に撮るときに、より近くに撮るようにしています。
接写ですね。
激写ではありません・・・(^^;

接写することによって写真にインパクト(迫力)が出てくるように思います。
それと、接写することによって写真のインパクトとは別に「実際の距離感に等しくなる」ことだと思います。

ペヤング超大盛やきそば

普段の生活の中で、料理などのモノを見る場合、30~40cmくらい離れて見る事が多いと思います。
パソコンのモニタも40~50cmくらい離れて見ているのではないでしょうか。

例えば料理から40cm離れて写真を撮った場合、その画像に写っている料理は40cmの距離感のある写真になります。
ところが、その画像をパソコンのモニタで見る場合、パソコンのモニタも40~50cmくらい離れて、そのモニタに映っている40cmの距離感のある写真を見ることになります。

つまり、合計するとモノまで80cm以上の距離感になり、実際にモノを見る距離感の倍近く離れた遠くのモノを見ることになります。
実際のモノを見る距離感の倍近くのモノを見ていては、現実味が薄れてしかもインパクトの薄い画像になってしまうことだと思います。

そのため近くのモノをカメラで撮る場合、実際の距離感と等しくなるように接写することを私は心掛けています。
まぁ、あまりに近過ぎて何が何だかかわからない画像になるのも考え物ですが、たまには接写してみてはいかがでしょうか。

ペヤング超大盛やきそばと、日清カップヌードル焼そば1ミニット

ちなみに写真は、ペヤング超大盛やきそば(通常の2倍サイズ)と、日清カップヌードル焼そば1ミニットです。
どっちが主食なのか、おかずなのかわかりませんが、どこのご家庭でも良く見かける一般的な昼食メニューです。。。(笑

タグ : カメラ デジカメ 写真 画像 接写 距離感 生活 実際 モノ 料理 

ブログの写真

はじめに、この記事は自転車とあまり関係ありません。
まぁ、3連休もあったのですが、自転車にも乗らなければ自転車のメンテナンスもしませんでした。
なので、自転車のブログネタも無いので、日頃思っていることなどを書いた私の「戯言」です。(^^;

いろんなブログを見ていて、面白いブログ、綺麗なブログ、感心させられるブログ、ためになるブログなどいっぱいあります。
ブログは大きく分けて文章と画像から成り立っています。
その中でも画像の占める割合は、かなり大きいと思っています。
その画像があることによって、詳細な内容がわかったり、イメージが沸いたり、より楽しさが伝わってきたりします。

そこで、私がデジカメで注意していることや、実施していることなどを紹介します。
まぁ、自己流ですが・・・(^^;

とにかく何枚も撮る
プロカメラマンでもないアマチュアのド素人なので、とにかく何枚も撮って「数打ちゃ当たる」作戦です。
フィルムのカメラなら現像代など気にしなければいけないかもしれませんが、デジカメならメモリの許す限り何枚撮ってもタダです。
その中から、ブログに使いたい画像を選べばいいのです。
まぁ、たくさんの画像の中から、ブログに使う画像を選ぶのは結構大変な作業ですが・・・(^^;

同じアングルで2枚以上撮る
動いているものならいざ知らず、静止しているものを撮る場合、同じアングルの写真を2枚以上撮るようにしています。
デジカメと言っても、私の古いデジカメのオートフォーカスの具合などで、同じアングルの写真を撮っても微妙にピントなどが違っていたりするからです。
また撮った時に、すぐにピンボケだとわかったら、その写真はカウントには入れず、完璧と思われる写真を2枚以上撮ります。
それでも、デジカメの小さなモニタで見て完璧と思っていても、後からパソコンに取り込んで見てみると微妙にピンボケだったということが多々あります。

フラッシュはなるべく使わない
フラッシュで撮ると、自然さを消してしまいます。
暗いところで撮る場合は仕方ありませんが、それでも出来るだけフラッシュを焚かないようにしています。
まぁ、私がフラッシュをONにするやり方がわからないメカ音痴というのもあります。(^^;

全体を撮る場合と詳細(アップ)を撮る場合とを使い分ける
時にはフレームから切れてもいいからアップで撮るなど、その時その時に「何を伝えたいのか」「全体を撮りたいのか、詳細を撮りたいのか」などを考えながら撮ってます。
と偉そうなことを言って、まだまだの私ですが・・・(^^;
迷った時は、全体も詳細も両方撮って、あとからどっちを使うか考えたり両方使ったりしますが、とにかく撮らなければ画像を使うことが出来ませんので撮ります。

トリミングソフトを使う
まぁ、邪道なのかもしれませんが、私のデジカメではツールを使わないとそれなりに見せられる写真にはなりにくいものです。
私は「JTrim」という無料のトリミングソフトを使って画像の加工をしています。
トリミングソフトを使って画像を縮小させるだけでなく、画像の不要な部分をカットしたり、角度を変えたり、ボケた画像をシャープな画像にしたり、モザイクを掛けたりします。
特に蛍光灯の下で撮った写真は青っぽくなったりしやすいので色調や明るさやコントラストなどを補正したりもします。
色調を変える時は、ほとんどが青っぽさや緑っぽさを抑えるのにマイナス補正をしています。
あくまで自然な感じに補正するように心掛けていますが、食べ物の場合は赤みをちょっと足すとよりいっそう美味しく見えたりします。(^^;

まぁ、こんな感じで写真を撮ったり、加工したりしてます。
ド素人の私が、好き勝手なことを書きましたが、気にしないでください。(^^;
なぜか私のブログには、カメラ嗜好のブログ管理者の方も多く見に来られているようなので、こんな記事を書いて恥ずかしいったらありません。
ボロが出ないうちに、ここらへんで退散・・・。(笑

ロードバイク

タグ : 写真 画像 カメラ デジカメ トリミングソフト フラッシュ アマチュア カメラマン 

ミニベロ琵琶湖ツーリング その2

[ 関連記事 ]
ミニベロ琵琶湖ツーリング その1 (琵琶湖 湖東)
ミニベロ琵琶湖ツーリング その2 (琵琶湖 湖北)
ミニベロ琵琶湖ツーリング その3 (琵琶湖 湖西)

ミニベロ琵琶湖ツーリング

少し前までは小雨がパラついてましたが、どうやら天気は回復しそうです。
どうも私は天性の晴れ男のようです。(^^;
とは言っても、小雨がパラついたり、太陽が出てきたりと、不安定な天気です。

湖北みずどりステーション

まだ10時過ぎですが、これ以上北に進むと食事をするところがないそうなので、湖北みずどりステーションで昼食をすることにしました。
私が注文したのは、鴨ラーメンとフランクフルト。
スタッフの連携が悪いのもあるのかもしれませんが、たいしたことのないメニューなのに出来上がりまで少し待たされた印象です。

鴨ラーメンとフランクフルト

おまけに「ケチャップなど要りますか?」と聞かれたので、欲しいと言うとケチャップだけ出されました。
「ケチャップなど」と言った「など」には、当然マスタードのことだろうと思っていたのですが・・・。
さらにそのケチャップの出が悪く、力を込めてケチャップを出すと変な方向にもケチャップが飛んでしまう始末でした。
まぁ、いろいろあって、これも旅の想い出ですね。

湖北みずどりステーション

早いめの昼食を終わると、店の外にはロードバイクやクロスバイクの自転車が並んでました。
みんな早そうな自転車です。

琵琶湖 湖北の風景

こんな変わった風景もありますが、それに見とれていると、所々に車止めのポールが立っているので注意が必要です。

サイクリングロードの車止めポール

「ミニベロ琵琶湖ツーリング その2」の続きを読む

タグ : ミニベロ 琵琶湖 ツーリング 天気 湖北みずどりステーション ロードバイク クロスバイク デジカメ トンネル 絶景 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集