ママチャリのハンドルを下げる!

私のママチャリのハンドルは、逆さまに引っくり返してハンドルを下げて乗っていました。
ところが、これ以上ハンドルの高さを低くするためには、ハンドルステム(ハンドルポスト)を短いものにするか、ハンドルを換えなければいけませんでした。

自転車通勤ダイエット

しかし、このママチャリでこれ以上ハンドルを下げると、もっと深刻な問題があります。
それはママチャリの前カゴとハンドルのクリアランス(隙間)が無くなり、ブレーキレバーが前カゴに当たってブレーキが掛けられなくなります。
そのため、これ以上ハンドルを下げるのを見送っていました。

ところが、先日ママチャリで五條に行った時に事件が起こりました!
まぁ、事件と言うほどでもありませんが・・・(^^;

倒れる瞬間のママチャリ
倒れたママチャリ

五條の街並をママチャリと一緒に撮影中に、ママチャリがバランスを崩して倒れてしまったのです。
そして、ママチャリが倒れた拍子に前カゴが壊れてしまいました。
前カゴに積んでいたリュックが重かったのも、前カゴ破損に拍車をかけた感じです。

応急処置で補修したママチャリの前カゴ

その時は、持っていた結束バンド(インシュロック)で補修して帰宅しました。
その後、破損した前カゴより丈夫な前カゴに交換しました。

ママチャリの前カゴ
ハンドル(ブレーキレバー)と前カゴのクリアランスが狭い

ところが、その丈夫な前カゴは以前の前カゴよりも高さがあるため、ブレーキレバーと前カゴが近くなり、ブレーキを掛ける時に指が前カゴに当たっていました。
これから寒くなり、厚手のグローブをするようになると、ますますブレーキが掛けにくくなるので、この際に前カゴを前に出し、ついでにハンドルも下げようと思いました。
まぁ、以前から部品は着々と揃えていましたので、いつやるかだけだったのですが・・・(^^;

1インチ径の長めの前カゴステー
(右)コラム1インチ径の長めの前カゴステー
短いハンドルステム(ハンドルポスト)
(右)短いハンドルステム(ハンドルポスト)
交換作業中

交換作業中です。
ちょっと休憩。

交換完了

前カゴステーもハンドルステムも交換完了。
この後、微調整や増し締めをおこないましたが。

ブレーキレバーと前カゴのクリアランスもバッチリ

ブレーキレバーと前カゴのクリアランスもバッチリです。
ただ、以前より3,4cmほどハンドルが下がったためか、以前とはまったく違う自転車になった印象です。
まぁ、そのうち慣れるでしょうけど。

町のじてんしゃ修理屋さん和歌山店

そして、この交換作業は町のじてんしゃ修理屋さんに時々アドバイスなどを頂きながら店先で作業させてもらいました。
ありがとうございました。

タグ : 自転車 ママチャリ ハンドル ステム ポスト ステー 交換 

ダホン ヘリオス 始動

明けましておめでとうございます。

一富士、二鷹、三茄子(いちふじにたかさんなすび)
初夢に見ると縁起が良いと言われています。
では、元旦の初夢で悪夢を見た私は・・・(ToT

悪夢は何番目くらいに縁起が良いのでしょうか?
ポジティブに考えることにしました。(^^;

ヘリオス行きます!

12/30、1/1、1/2と仕事だった私には正月の感覚が薄く、しかも1/2の仕事が終わって夜寝ようとしたら会社から電話があり夜中に再び出勤して、結局朝方に帰宅し、1/3の初詣の予定は1/5に延期。
そんなこともあり、せっかくの連休も自転車に乗れる日がかなり限られてしまいました。

とは言っても、多くのローディさんのような真面目な気持ちではなく、ようやく去年の年末に乗れるような状態にまでメンテナンスしたダホン ヘリオスの乗り心地を試して、不満なところや改良点を洗い出してみたかったというのが本音です。

とりあえず前回からの改良点は、パワーモジュレーターの装着と、安全対策として反射シールを貼りました。
まぁ、見えないところにもう1つ追加していますが、それはまた後日記事に書く予定です。
でも、気に入らなければ取り外して記事に書かないかも?(笑

ダホン ヘリオス

写真でもフロントブレーキ付近に乾電池のようなものが見えますが、これがパワーモジュレーターです。
パワーモジュレーターと言うのは、主にフロントブレーキのワイヤーに装着して、ブレーキの効きを緩やかにするものです。
以前に試走した時に、フロントブレーキの効きが急だったので、このままでは急ブレーキ時に前のめりになりそうな感じだったのでパワーモジュレーターを装着しました。

と言うことで、加太か雑賀崎でも行って、ダホン ヘリオスの乗り心地を確認しようと思い、まずは新年の挨拶にと町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店へ・・・
これがいけなかった・・・(笑
町のじてんしゃ修理屋さんに行ってみると、強力馬力自転車屋のリーダーが来ていて、今さっき帰ったところということでした。
リーダーにも新年の挨拶でもと思い携帯に連絡してみると引き返してくるとのことでした。
そこからみんなが集まりだして、結局夕方まで町のじてんしゃ修理屋さん大浦街道店でいることになりました。(^^;

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店

まぁ、それでも町ジテまでの数キロですが、乗ってみた感想(気になる点)はと言うと、
・なんとなく重い
・ハンドルがクイック過ぎ
・変速が甘い
ということでした。

気になっていた、パワーモジュレーター装着のフロントブレーキはまずまずの好印象です。
パワーモジュレーターが効いているのかどうかはわかりませんが、前回試走した時のフロントブレーキの効き過ぎの不安は大きく減少しました。
と言うことは、パワーモジュレーターが効いているのでしょう。
たぶん。。。(^^;

変速が甘かったのは帰宅後、素人なりに調節のネジをグリグリして、良い感じに変速できるようにしました。

そして「ハンドルがクイック過ぎ」ですが、これはハンドルの高さを低くしているため、その分体重がハンドルにかかってしまっています。
まぁ、これはダホン ボードウォークでもハンドルポストをカットした後も感じたことで、ある程度慣れれば気にならなくなりましたので、これも同じだと思います。

そして問題の「なんとなく重い」ですが、これは厄介ですね。
最近自分自身が自転車に乗っていないこともあるし、頑張って漕いでみてそこそこスピードが出ているので気分的に比較する対象がロードバイクになっていたのか、(ホイールのハブはグリスアップしたものの)チェーンにはオイルをほとんど注してなかった(忘れてた)からなのか、それとも何か別のものがあるのか・・・

まぁ、これは時間をかけて解決してゆくことにします。
今年もこんな感じでグダグダになりそうですが、これからもドンドン乗っていきたいと思います。

タグ : 自転車 ダホン ヘリオス パワーモジュレーター ハンドル クイック 重い 変速 スピード オイル 

ロードバイクのドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

冬に自転車に乗っていると、手の指先がジンジンしてきます。
そのため、防寒グッズとして防水防寒手袋などがあるのですが、防寒対策がバッチリな手袋はどうしても厚みがあります。
厚手の手袋をしていると、ブレーキやシフト操作がしにくくなります。

特にロードバイクなどのドロップハンドルに付いているデュアルコントロールレバー(ブレーキレバーとシフターが一体になったもの)の場合、厚い手袋をしていると、シフトアップするつもりが逆にシフトダウンしてしまったりと、なかなか上手くシフト操作できないことが多いです。
そのため、特にロードバイクでは手袋は薄いもののほうが良いです。
とは言っても、薄い手袋だと寒さで手がかじかんでどうしようもないので、仕方なく厚手の手袋をしているのが現状ではないでしょうか。

そこで、(地域やその日の気温によるかもしれませんが)正面からの冷たい風さえ防ぐことが出来れば、そこまで厚手の手袋をしなくて済むようにハンドルカバーというのが自転車グッズとしてあります。
いろいろハンドルカバーはあるのですが、ママチャリやフラットハンドル用のハンドルカバーが多く、ドロップハンドルに付けられそうなハンドルカバーはあっても高価だったりと、なかなか希望に添えるものはありませんでした。

じゃー、無ければ既存のものを加工して作っちゃおう♪
ということで、初めから作るのも大変なので、出来上がった製品を工夫して、ドロップハンドルに付けられるハンドルカバーを作ろうと思いました。

コミネ KOMINE ネオプレーン ハンドルウォーマー

そこで、私が選んだのが「コミネ KOMINE ネオプレーン ハンドルウォーマー」。
私が最近よく見に行くブログで見かけたのがきっかけでした。
なので、記事にしようかどうしようかとちょっと迷いましたが、安くて良さそうだったので紹介することにしました。(^^;

このハンドルウォーマー(ハンドルカバー)は、もともと原チャリなどのバイク用品のようです。
決め手となったのは、カットしやすそうで軽そうな素材だったのと、比較的安かったからです。
最初は、自転車用でもっと安くて良さそうなのがあるかと思って探しましたが、結局このハンドルカバーが一番良さそうでした。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

商品到着後確認してみると、素材はウエットスーツのような素材で伸縮性もあり、思っていた通りの軽いものでした。
また、文字の部分が反射素材になっていました。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

手を入れる穴以外に、大小1つずつ穴があります。
この大小の穴は、(ハンドルカバーは元々バイク用なので)バイクの場合は、大きいほうの穴にグリップを通して、小さな穴にはブレーキレバーを通すように思います。
そして、付属のヒモをバックミラーに結んでハンドルカバーを固定するようです。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

このハンドルカバーを加工など何もせずドロップハンドルに付けてみたところ、なんと!良い感じに取り付けることが出来ました。
最初は、ハンドルカバーを切ったり加工しなければいけないかも?と思っていましたが、加工することなく装着できました。
ハンドルカバーに手を入れてみると、手を入れる穴からハンドルも出ていますので、ハンドルカバー入口付近で多少の窮屈感はあるものの、中は広々としていて、ブレーキ操作やシフト操作に影響を与えにくいです。
ただ、ハンドルカバーの手の出し入れ時には多少もたつくため、ハンドサインを頻繁に出す集団走行時などには向いてなさそうです。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

最初は、もしロードバイクにこのハンドルカバーが付けられなかったら、通勤用のママチャリにこのハンドルカバーを付けようと思って無難なカラーのハンドルカバーにしました。
ロードバイクのドロップハンドルにも付けられるとわかっていたのなら、イエローやレッドなどカラフルなハンドルカバーにしとけば良かったかも・・・(^^;

もう少しお金に余裕があれば、充電式のヒーターグローブやヒーターシューズカバーが欲しいと思っているのですが・・・
ヒーターグローブを使っている人に聞くと、1度ヒーターグローブを使うと、もう普通のグローブには戻れないほど快適だそうです。
うらやましい・・・(^^;

サイズがいろいろありますので、購入する際は気をつけてくださいね。

タグ : 自転車 ロードバイク ドロップハンドル 防寒 対策 ハンドル カバー ウォーマー 素材 伸縮性 

ミニベロ再生計画 観察編 その2 フロント回り・折りたたみ部分

前回の「ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り」で予想通りの反響だったので、ミニベロ再生計画の観察編は今回で最終回です。
まぁ、人から貰ったボロボロの自転車なんかどうでもいいことですね。(^^;

というこで、ちゃっちゃといきます。

ダホン ヘリオス フロントフォーク

まずはフロントフォークまわりです。

ダホン ヘリオス フロントハブ

フロントのサビは酷い状態です。

フロントフォーク補修跡

フロントフォークにキズがあり、それを補修しているようです。
ただ、補修と言ってもサビの上からサビ止め?ペイント?しているように見えますが・・・

dahon helios フロントフォーク

フロントフォークの水抜き穴からサビが広がっている感じです。
フロントフォークのパイプの中のサビは、いったいどんなものか想像もしたくないです。(^^;

ダホン ヘリオス フロントブレーキ

フロントのハブ周りに比べれば、ブレーキのサビはマシなようですが、それでもブレーキのワイヤーのバネのサビが酷い。
ブレーキは交換したほうが良さそうかも?

ダホン ヘリオス フロントフォーク

フォークとワイヤーが接触しているところにもサビ出ています。
長年の接触により塗装が剥げて、そこにサビが発生したようです。

ダホン ヘリオス フロントブレーキ

フロントブレーキのボルトが見事にサビてます。
アーレンキー(六角レンチ)が入るか心配です。

「ミニベロ再生計画 観察編 その2 フロント回り・折りたたみ部分」の続きを読む

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ヘリオス DAHON HELIOS フロント フォーク ハンドル ポスト 

快適ツーリングロードバイクへの道

以前から欲しかったロードバイクを購入することにしました♪

フレームで購入です。
何のフレームかは・・・今はナイショですが、フルカーボンのロードバイクです。(^^;

2012_0491.jpg

フレームはさておき、フレーム以外のロードバイクパーツで悩みまくっています。
そこで、みなさんの経験や知識など伺えればと、そして更に「家に余ってるからあげるよ」とか言ってくれる親切な方がいないかなぁ?など都合の良いことを考えています。(^^;

みなさんもご存知かもしれませんが、私はローディではなくポタリング派のポタラーです。
なので、ロードバイクはレース志向ではなく、「快適ツーリングロードバイク」にしたいです。

まぁ、この「快適」という言葉にも捉え方は様々なのですが、
・登り坂を楽に登りたい
・平地は疲れにくく、そこそこ速く走りたい
という欲張りなもので、イメージ的にはロードバイクとスポルティーフの良いとこ取りをしたようなロードバイクにしたいと思っています。

フレーム(決定)
・フルカーボンロードバイク
最初はクロモリやチタンなどもいろいろ考えましたが、最終的にフルカーボンに決定しました。

ロードバイク

コンポーネント(ほぼ決定)
・SHIMANO ULTEGRA トリプルチェーンリング
和歌山なので山や峠は避けることができません。
なので、山や峠に威力を発揮してくれそうなトリプルチェーンリングが欲しいです。
ロードバイクにトリプルは不要だと言う方もいるかもしれませんが、ポタラーの私には足が売り切れるような事態は極力避けたいのです。

クランクはカンパニョーロのようなスッキリしたデザインのクランクが良かったのですが、価格と性能を考えるとやっぱりSHIMANOにすることにしました。
稼動部分は初期投資額だけでなく、その後のトラブルやメンテナンス代なども考慮に入れたほうが良さそうですね。
以前はSHIMANO ULTEGRA-SLで(SHIMANO製品の中では)良さそうなデザインのトリプル用クランク(FC-6604-G)があったのですが、いろんなショップに問い合わせましたが在庫は無いということでした。残念です。
まぁ、海外に目を向ければ、まだ若干SHIMANO ULTEGRA-SLのトリプルクランクがありそうですが、そこまでして・・・というか、自分は海外通販は出来ない。。。(^^;

SHIMANO ULTEGRA-SL FC-6604-G

ホイール(ほぼ決定)
・フルクラム レーシングZERO
「初めてのロードバイクで、いきなりZEROかよ!」という声が聞こえてきそうです。
でも、そこそこ良いものを買っておかないと、後々になって(自分の脚力の無さをホイールのせいにして)結局いずれは欲しくなると思います。
そうなった時に以前履いていたホイールは無駄になってしまいそうなので、それならば最初からある程度良いホイールにしたいと思いました。
また、扱いにシビアそうなカーボンリムやカーボンスポークは最初から対象外にしました。

フルクラム レーシングZERO

サドル(迷ってます)
・フィジーク アンタレス バーサス キウム(ANTARES VERSUS K:ium)
・フィジーク アリオネ バーサス キウム(ARIONE VERSUS K:ium)
はっきり言って何が良いのかよくわかりませんが、フィジークのバーサスは股間の圧迫が少なさそうです。
体は硬いほうなのですが、現在ダホン・ボードウォークで気に入って使用しているジェルの柔らかいサドルで、前傾姿勢で乗ると股間が痺れてきます。
溝はアンタレスのほうが広そうです。

フィジーク アンタレス バーサス キウム

ステム(決定)
・DEDA ゼロ1
ポジション確定のため今後変更する可能性が大きいので、最初はソコソコのステムをチョイスしました。

ハンドル(迷ってます)
・ボントレガー Race Lite IsoZone VR-CF アルミ
・3T ERGONOVA PRO アルミ
・FSA ウィングプロコンパクト
こけた時のことを考えるとハンドルはアルミにしたいです。
タイプは下ハンが持ちやすく、(手が小さいので)ブレーキが握りやすそうなハの字に末広がりショートリーチのアナトミックシャロー(コンパクトタイプ?)が良いと思いました。

FSA ウィングプロコンパクト

シートポスト(迷ってます)
・3T DORIC LTD カーボン
・イーストン EC90 ZERO SP
・FSA K-FORCE LIGHT SB0 MTC
・シマノプロ タルシス
とりあえずオフセットゼロのシートポストが良いかな~?と思いました。
また、材質はポジションが決まるまでは、アルミのほうがいいのかも?

とまぁ、こんな感じで今週の休日も、家に引き篭もってムフフ・・・と妄想に浸ってました。

なんやかんやで、もう2週間走ってないなぁ。。。
誰か『私を スキー ポタリングに連れてって』(^^;

タグ : フル カーボン ロードバイク コンポーネント アルテグラ ホイール フルクラム レーシングZERO ハンドル シートポスト 

ママチャリよ、牙を剥け!

晴れた日は通勤で活躍しているママチャリです。
ところが先日、そのママチャリのライトが点かなくなりました。

ライトを見ると電球が黒くなっていました。
どうもフィラメントが焼け焦げたようです。
ときどき原チャリと勝負にならない1人バトルを夜な夜な繰り広げているからなのかもしれませんが・・・。(^^;

しばらくは、折りたたみ自転車から取り外した電池で光るライトをママチャリの前カゴに入れて使っていました。
でも、固定もせずに前カゴに入れているだけなので、自転車の振動でライトの方向はすぐに変わってしまうので不便でした。

そこでいつもの町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)和歌山店までママチャリで行き、「ライト切れてもた」と言うと、すかさず「気のせいちゃう?」と・・・。さすが冴えてますねスタッフGさん。(^^;
フィラメント球を買うついでに、CATEYEライトのアタッチメントも購入しました。
CATEYEライトのアタッチメントをママチャリに付ければ、ライトを折りたたみ自転車と共有させることができます。

フィラメント球が切れたことによってライトが点かなくなったとは思うものの、もし別の原因でライトが点かなくなっていたとしたら、町ジテに通うのが二度手間になると思い、念のため町ジテでプラスドライバーを借りてその場でママチャリのフィラメント球を交換しました。
やっぱり、フィラメント球を交換したらライトが点きました。

家に帰ってから、以前からやりたかった、ママチャリのハンドルバーのカットとハンドルポジションの変更をしました。

ママチャリ改造

まず、ハンドルに付いているグリップやベル、ブレーキレバーを外しました。
グリップはなかなか外れませんでしたが、均等に力を込めて引き抜くと、一気にスポッと抜けました。
以前、町ジテでエアーを使って抜いてもらったので、比較的抜けやすくなっていたのだと思います。

ママチャリ改造

とりあえずハンドルバーを逆向きにセットしました。
これでハンドルポジションを数センチ下げることが出来ました。
ハンドルポストは元々めいっぱい下げているため、これ以上下げるにはハンドルポストを短いものに交換しないといけないのですが、そこまでママチャリにお金を掛けたくないし、下げたら下げたで前カゴとブレーキのクリアランスの問題も出てくるので、お金を掛けずに少しだけハンドルポジションを下げるこの方法にしました。

ママチャリ改造

ステンレスパイプカッターでハンドルバーを左右3cmずつカットしました。
なかなか真っ直ぐに切れ目が入れられず苦労しましたが、最終的には力任せで合わせました。(^^;

ハンドルバーのカット

カットした後は、素手で触っても怪我しないようにヤスリをかけました。
ただ今回はハンドルカバーで隠れてしまう場所なので、それほど気合を入れてヤスリ掛けしてません。

ハンドルバーのカット

ハンドルバーの端から橋までメジャーで測るとちょうど48cm。
ということはセンターは24cm。
ハンドルバーだけでなく、ブレーキレバーの位置などもメジャーで測りながら取り付けて、最後にグリップをはめ込んで完成。

ママチャリ改造

ハンドルバーをカットしたことで、フロントブレーキ側のブレーキワイヤーが目立って余ってきていたので、ワイヤーカッターでブレーキワイヤーをカットしました。
リヤブレーキ側は元々ブレーキワイヤーが長いため、途中のどこかに吸収されたみたいで、それほど気になる余り具合ではなかったので、リヤブレーキ側のワイヤーは何もしませんでした。

ママチャリ改造

より空気抵抗軽減となる前傾姿勢となり、ハンドル操作も以前に比べてクイックになり、良いことずくめです。
唯一、見た目がちょっと違和感のある変態チックなママチャリとなってしまいましたが、乗ってしまえば気になりません。

ママチャリ改造

シングルギアのママチャリなのでスピードはそれなりですが、一生懸命自転車を漕ぐつもりはなくても、いつの間にか夢中で自転車を漕いでいるような、自転車に乗っているのが楽しくなるママチャリになりました。
プラシーボ効果の素晴らしいママチャリ改造(カスタマイズ)です。(笑

タグ : 自転車 ママチャリ 改造 ハンドル ポジション ハンドルバー カット 

ミニベロをパワーアップ

今回、ピンクリボンサイクリングのためにダホンボードウォークをパワーアップしました!
じゃじゃ~ん。

ダホンボードウォークにサドルバッグ装着

サドルバッグを付けました。
TOPEAKのAero Wedge PackでサイズはLargeのサドルバッグです。
Largeサイズは、ちょっと見た目にブサイクなのですが、私がいつも携帯するツールを入れようとしたら、これでもギュウギュウ詰めになってしまいました。

ちなみにサドルバッグの中には、

サドルバッグの中身

1.軍手
2.プラス・マイナスドライバー・ニッパー
3.万能ツール・スパナ
4.14x15mmハブレンチ兼ペダルレンチ
5.空気入れ
6.アーレンキーセット
7.パンク修理セット・ムシゴム・予備チェーン
8.小袋

さらに小袋の中身は、

サドルバッグの中身

1.タイヤレバー
2.サランラップに巻いた予備チューブ
3.ボルト・ナット

このようなツールをサドルバッグに入れることができました。
これだけで結構な重量です。
特に万能ツール・スパナが重いので、これをなんとかするのが今後の課題です。
でも、これでリュックが軽くなると思うと、大きめのサドルバックを購入した甲斐がありました。

ダホンボードウォークにサドルバッグ装着

ところで、私がコッソリとお忍びで訪れる写真が綺麗で(私のブログと違って)ためになる記事がたくさん載っているブログで、ツールボックス(ツールカン)を装着することによって、サドルバックよりも重心が低くなり、車体振り回しの欠点が補えるというようなことが書かれていました。
確かに車体を左右に振るのであれば、重心は低いほうが振りやすいとは思います。
しかし、スポーツ車(自動車)でもバネ下重量というような言葉があり、またバッグパッキング術でも重いものはリュックの上のほうに入れると軽く感じるように、重心以上に機動性(駆動)が損なわれることのほうがデメリットになるのではないかな?と思っています。
まぁ、ローディでもない私が机上の考えだけで思っているだけなので、どうなんでしょうねぇ~?

ダホンボードウォークのリヤリフレクター逆付け

また、ちょっとしたことですが、リヤリフレクター(リヤ反射板)の取り付けを反対にしました。
以前自転車を漕いでいて、靴が反射板に当たったことがあるので、なるべく反射板を自転車の内側に付けました。

でも、外側にはボルトの先が出てますし、ローギアでチェーンが暴れた時に反射板にチェーンが接触しそうな感じなので、また元に戻すかもしれません。

これだけじゃありません!
相互リンクしてもらっているゆーきくぞーさんもハンドルにDHバーを取り付けてパワーアップしたように、私ももっと凄いものをハンドルに取り付けて、DAHONボードウォークをパワーアップしました!

「ミニベロをパワーアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 DAHON ダホン Boardwalk ボードウォーク ミニベロ ピンク ハンドル ロディー サドルバッグ 

DAHONハンドルの回り止め対策

DAHON Boardwalkのハンドルは折りたたみなので、ハンドルポストも容易に高さを調節することができるんです!

「そんなの誰でも知ってるヨ」

DAHON Boardwalkのハンドルポストは円ではなく一部が凹んでいて、そこに突起物が当たってハンドルが回らないような構造になっています。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

その設計は良いのですが、その突起物が溶接の出来損ないのようなお粗末なものなので、ハンドルポストの凹みと突起物の間に隙間があり、坂道や発進時のトルクのかかる時に、ハンドルが歪んでしまうことが度々ありました。

まぁそれでも、ハンドルポストの凹みと突起物のおかげで走行できなくなるくらいハンドルが回って歪んでしまうことはありませんが、それでも歪んだハンドルで走行するのは気持ちの良いものではありません。

歪んだハンドル

上の写真ではフレーム線上にタイヤがあり、これで真っ直ぐ走れる状態なのですが、ハンドルが歪んでしまっています。
いくらきつくハンドルポストのクランプを締めても、程度の差こそあれ発進時にハンドルが歪んでしまいます。
そこで、なんとかハンドルの回り止め(ハンドル歪み止め)の対策をしなければいけないと思っていました。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

いろいろ構想を練ったものの、最終的にはハンドルポストのクランプを留めているネジを長いものに換えて、ハンドルポストにはそのネジを差し込むネジ穴を開けることにしました。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

以前にホームセンターで買ってあった4mmステンレスボルト(長さ25mmくらい)を差し込むと良い感じではまりました。 ピッチもOKのようです。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

ボルトを取り、ハンドルポストをセットして、先の尖っているものでハンドルポストに目印を付けます。
ハンドルポストの素材が柔らかいアルミなので、簡単に目印をつけることが出来ました。
まぁ、マジックペンなどで印を付けても良かったですね。(^^;

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

その目印に、電気ドリルで穴を開けました。
最初は小さな穴を開け、最終的にボルトと同じ4mmの穴を開けました。

DAHON Boardwalkのハンドルポストの穴開け
DAHON Boardwalkのハンドルポスト

ハンドルポストをセットして、ボルトを締めれば出来上がり。
これでハンドルが歪むのを防止できると思います。
まぁ、実際長期間の経過を見ないことには何とも言えませんが、少なくとも以前とは比べ物にならないくらい改善されたと思います。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

タグ : 自転車 DAHON Boardwalk ミニベロ 改造 ハンドル ポスト 回り止め 対策 防止 

DAHONハンドルポストのカット

前傾姿勢をとるために、前からハンドルの高さを一番低くしていたのですが、ハンドルポストがつっかえて、それ以上(以下?)下げることが出来ませんでした。
ならば、ハンドルポストをカットしてやろうということになりました。

DAHON Boardwalk

まぁ、ハンドルポストのカットをするまでに、ナンチャッテアヘッド化などいろいろ考え抜いた結果、ハンドルポストのカットに決めました。
ナンチャッテアヘッド化にすると、いろいろ問題が出てくるので・・・。
・アヘッドステムやシュレッドレスコンバーターなどを別途購入しなければならない
・シュレッドレスコンバーターの重量が重い
・身長がそれほど高くないのでステムでこれ以上ハンドル位置が遠くなると運転に困る
・自転車をきちんと折りたたむことが出来なくなる(たぶん)
などなど・・・。

DAHON Boardwalk ハンドルポスト

6cmくらい下げられそうです。
まぁ、ハンドルポストクランプ部分だけでハンドルポストをホールドする構造なので、もっとカットしても良さそうですが、後述するハンドルポストの回り止め対策のため、ハンドルポストを底に着いた状態がベストなので、6cmカットすることにしました。

ハンドルポストのカット

ハンドルポストが真円ではないためパイプカッターでは無理そうなので、ノコギリでハンドルポストを切断しました。

カット断面をヤスリがけ

そのままでは手を怪我しそうなので、カットした断面を鉄工ヤスリで滑らかにしました。

クリアランスOK

自転車にハンドルポストをセットしてみました。
クリアランスも数ミリ程度を残して良い感じになりました。

アルミの削りカス

ハンドルポストの削りカスは、アルミなので風で飛び散らさないようガムテープで取って捨てました。

DAHON Boardwalk ハンドルポストカット前後

ハンドルの高さを6cm下げることができました。
これで以前より前傾姿勢で乗ることができます。

家の近所を数十メートルほど自転車に乗ってみましたが、前傾姿勢で以前よりハンドルで体重を支える比率が増え、元々クイックな小径車のハンドルですが、低速では更にクイックになった印象です。

DAHON Boardwalk

<おまけ>
ハンドルの位置を低くしたことで、前カゴがきちんと着けられなくなりました。

DAHON Boardwalkの前カゴ

原因は前カゴとハンドルポストのクランプがちょうど当たっているからでした。

DAHON Boardwalkの前カゴ

今度、前カゴの当たる部分をカットしよ~っと。
いつになるか、わかりませんが。。。(^^;

[追記]
前カゴをカットしなくても、カゴのステーを長いほうを使うように向きを変えるだけで解決しました。

タグ : 自転車 DAHON ダホン Boardwalk ボードウォーク ミニベロ 改造 ハンドル ポスト カット 

ママチャリ再生そして再始動

最近私はママチャリで通勤するようにしています。

その理由は、
・雨に降られても平気
・駐輪時に倒されても平気
・重いのでトレーニングになる
・手入れや部品交換して乗れるようになった
・通勤くらいしか使用用途がない
ですかね~。

最近はママチャリの記事がなかったのですが、実は裏で着々とママチャリ再生計画を実施していました。
まぁ、それほど大げさでもありませんが・・・(^^;
それに、1つ1つを記事にするほどのことでもなかったので・・・(笑

反射シール・反射板追加

反射シール・反射板

反射シールと反射板はどちらも100円ショップで購入しました。
通勤での帰りは夜になるため、その安全対策です。
ママチャリにあまりお金を掛けたくないので、100円ショップの自転車コーナーにあったので買いました。
反射シールの隣に蛍光シールもありましたので、間違えないように反射シールを購入するのがコツです。(^^;

反射シール

反射シールは、フロントフォーク、シートポスト、シートステイ、リアの泥除けにそれぞれ2つずつ貼りました。
反射シールはすぐ剥がれてきそうだったので、反射シールの角を落として貼り付けました。

フロントブレーキ交換

フロントブレーキ

元々付いていたフロントブレーキは肉薄で、きつく締めていてもブレーキをかけるとグラグラして危ないものでした。
そこで、別件の品をネットオークションで落札したついでに、ブレーキも出品していたので、それも落札しました。

フロントブレーキ

「テクトロ 900A デュアルピボット ロングアーム72~92mm」というものらしいです。
詳しく知りませんが、ブレーキの厚みが以前とは違い、ブレーキの効きが格段に良くなりました。
ただ、少しアームの長さが長すぎたので、ブレーキシューの半分くらいしかリムに当たっていませんが、それでも以前のものより良く効きます。

シートポスト交換

ロングシートポスト

元々着いていたシートポストはMAXライン目いっぱいまで上げていましたが、それでもあと5cmほど長さが足りなかったので、シートポスト長30cmくらいのロングシートポストを自転車屋(町のじてんしゃ修理屋さん和歌山店)で購入しました。

シートポストを交換する際に「やぐら返し」でやぐらが見えにくいようにしてブログネタのためにオシャレにも気を遣いました。(^^;

ハンドル交換

バーハンドル

今までのカモメハンドルもママチャリらしくて良かったのですが、前傾姿勢にしたかったのでママチャリ用のステンレスのバーハンドルにしました。
これもシートポストと同じで自転車屋で購入しました。

ハンドルバーを交換する際に、グリップが自分でやって抜けなかったので、ハンドルバーを購入した自転車屋のエアーでグリップを抜いてもらいました。
工具を持って行ったので、その店先でハンドル交換作業をしました・・・(^^;

軽いアルミのバーハンドルも考えましたが、ママチャリにお金を掛けたくなかったので安いステンレスのバーハンドルにしました。
まぁ、ママチャリなのであまり重さを気にすることもないし、何よりステンレスのほうがママチャリらしくて気に入っています。

クランクのサビ取り

あとは、前から気になっていたクランクのサビを、消しゴムのようなサビ取りでサビをある程度落として、愛情を込めてママチャリを布で拭いて完成です。

ママチャリ

タグ : ママチャリ 改造 ハンドル シートポスト 反射シール 安全対策 ブレーキ サビ取り 通勤 自転車通勤 

ママチャリ再生計画

元々オヤジが乗っていて使わなくなったママチャリがあります。
そこで、天気の怪しい日の通勤用自転車として、そのママチャリを再生させようと決心しました。

折りたたみ自転車とママチャリ

これはDAHON Boardwalkを購入したときの写真ですが、右側の奥にひっそりたたずむシルバーのママチャリです。
ちなみに、中央の後カゴの付いているママチャリは、母が現役バリバリで使っている本当のママチャリ。(^^;

ママチャリ

ということで、奥から引っ張り出してきました。
いかにもママチャリというフォルムで、湾曲したフレーム、前カゴ、ノースロード ハンドル(と言うハンドルの種類らしい)、両脚スタンド、後キャリア、密閉式チェーンカバー。
ちなみにJISの名称は「シティ車」になるようですが、自分のシティ車というイメージは、ストレートなボディフレームでバーハンドルのような、ママチャリよりは、もう少しスマートな自転車なのですが。。。
まず、このママチャリのチェックです。

ママチャリEX-LADY

メーカー名らしいものは無く、フレームに「EX-LADY」のシール。
親がホームセンターで7~8千円くらいで買ってきたそうで、ネットで調べても情報は少なく、個人っぽいサイトで「EX-LADY」について書かれていることは極僅かで、しかも自転車といより「EX-LADY」の名前に触れている程度。

ブランド:EX-LADY
仕様  :26型ダブルループ型
原産国 :中国
業態  :量販店
納品業者:コーナン商事(株)
製造業者:TIANJIN GAMMA BICYCLE CO.,LTD
だそうです。

「ママチャリ再生計画」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ 改造 EX-LADY SHIMANO ハブ ハンドル サドル フレーム 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集