ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換

8年間使い古して廃棄寸前のダホン ヘリオスを会社の人からタダで譲ってもらって、素人の自己流で試行錯誤しながらメンテナンスなどをしてきましたが、いよいよ終盤になってきました。
迷宮のスタート地点に立ったばかりなのかもしれませんが・・・(^^;

ハンドルバーのカット

ハンドルバーとハンドルポストをカットしました。
ハンドルバーは約10cm(左右5cmずつ)カットして、48cmくらいにしました。
DAHONボードウォークもママチャリも、バータイプのハンドルバーはだいたい48cmなので、このサイズが私には合っているのかも?

ハンドルバーのカットは、自分の体格に合う幅にするのはもちろんのことですが、ブレーキレバーやグリップを含めての最短の幅より短くしないことだと思います。
特にハンドルのカーブになっている部分やハンドルバーの径が太くなっている部分に、ブレーキレバーやシフトレバーが通らなかったり、通っても適切な位置にレバーがこなかったりしますので、ハンドルバーをカットする前には現物合わせの確認をしたほうがよいです。
以前に1度、ブレーキレバーやシフターやグリップのことを考えずにハンドルバーをカットしてしまって、まぁ、その時は結果オーライでしたがヒヤヒヤしました。

カットしたハンドルポスト

ちなみに、ハンドルポストも10cmくらいにカットしました。
まぁ、そこまで短くする必要は無かったのですが・・・(^^;

前回の記事でも書きましたが、元々ヘリオスについていたSRAMのリヤディレイラーがドロドロで、しかも中のスプリングが錆びて千切れていました。
また、シフターは、元々グリップシフターでしたが、ボロボロだったのと、自分がグリップシフターに馴染めないので、シフターは最初から購入するつもりでいました。
つまり、シフターとリヤディレイラーを交換することになりますので、ここで8速にこだわる必要性が無くなってきたことが私を悩ませました。

案1:7速にする
・ダホン ボードウォークを10速化したので、ボードウォークに元々付いていた7速のスプロケット、シフター、ディレイラー、チェーンを流用できる
・スプロケットのサイズ(長さ)が違うので別途スプロケのスペーサーを購入しないといけない
・ボードウォークに付いていた7速スプロケットを流用できても28Tなので、もっと大きなサイズのスプロケが欲しくなるのは目に見えている

案2:8速のまま
・シフターとリヤディレイラーを購入するだけでOK
・ボードウォークに元々付いていた7速のチェーンを流用できる(チェーンは6,7,8速が流用可能)
・元々ヘリオスに付いていた32Tのスプロケットが使用できる

案3:9速化する
・10速化するより安くできる

案4:10速化する
・先に10速化したボードウォークとパーツを共有できる
・チェーンリングやチェーンも交換しなければいけなく、10速化の1セットまるまる購入しないといけない
・ちょっと値段がお高くなる

ということで、いろいろ悩みました。
まぁ、今の私の状況でメリットがあまり無い案3の9速化することは、あまり考えてなかったですが・・・(^^;
散々悩んだあげくに、案2の8速のままいくことにしました。

購入したリヤディレイラーとスプロケット

スプロケットは、元々付いていたもの(11-32T)でも良かったのですが、安かったので注文ついでに34Tのスプロケも注文しました。

それに、ボロボロだったサドルを交換しないといけないし、一般的でないサドル&シートポストなので、サドルを交換するためにはシートポストも購入しないといけないので、最初に思っていたよりも多くのパーツを購入しなければいけなくなりました。

「ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換」の続きを読む

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン DAHON ヘリオス ボードウォーク パーツ サドル シートポスト ディレイラー 

ロングライド後のチェーン洗浄

先日のロングライドで新宮市のWHEEL Actionに行った際に、店長さんに自転車をいろいろ見られました。
自転車屋さんに自転車を見られると言うことは、すぐにこの人はどのような自転車の乗り方をしているのかが分かると言うことです。

ダホン ボードウォーク

言葉では「カッコイイ自転車ですね。」とは言ってくれたものの、汚れきったチェーンは見て一発でわかることなので、汚れたチェーンを見られるのが恥ずかしかったです。(^^;
と言うことで、ロングライド後のミニベロのチェーン洗浄をしました。

ミッシングリンクでのチェーン切り

まずチェーンを外すためにチェーンを切ります。
チェーンを外しやすいようにミッシングリンクを付けていましたので、外すのが楽です。
しかもゴールドなので、ミッシングリンクを見つけやすい。(^^;

ビニール袋でチェーン洗浄

汚れたチェーンをビニール袋に入れて、そこにパーツクリーナーに吹きかけてチェーンの汚れを取ります。
ペットボトルなどを使う人もいるようですが、ビニール袋のほうがチェーンを取り出しやすいと思います。

ビニール袋でチェーン洗浄

ビニール袋でのチェーン洗浄を2,3回繰り返した後は、チェーンをブラシで擦りながらマジックリンできれいにしていきます。

マジックリンでチェーン洗浄

まぁ、ある程度チェーンが綺麗になりました。
水でチェーンを濯いだ後に、パーツクリーナーを吹いて水分を飛ばしてチェーン洗浄は終了です。

洗浄後のチェーン

スプロケにもパーツクリーナーを吹きかけて簡単に洗浄しました。
本当ならスプロケを外して洗浄すべきなのかもしれませんが、手抜きしました。(^^;

パーツクリーナーでスプロケ洗浄

ホイールが付いた状態でスプロケを洗浄するときは、汚れたパーツクリーナー液がボタボタ落ちるので、それを何かで受け止めるようにしています。
その際、汚れたチェーンの入ったビニール袋で受け止めていれば効率よく洗浄できたのかもしれませんが、手順が逆でチェーンは既に綺麗にした後でした。
頭悪いですね。

チェーン洗浄終了

後はチェーンを繋いで、チェーンオイルを注して、雨の中を走行したので(気休めかもしれませんが)防錆効果を狙ってフレームとフロントフォークの水抜き穴にCRC5-56を吹きかけておきました。
まぁ、チェーンはすぐに汚れてしまいますが、それでもチェーンを綺麗にした後は気持ちがいいですね。

チェーンオイルを注してメンテナンス完了

タグ : 自転車 ミニベロ チェーン 洗浄 パーツ クリーナー マジックリン チェーンオイル スプロケ CRC5-56 

ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り

さて、貰ったダホン ヘリオスの観察も一通り終わって、これからメンテナンスに入っていきます。

ダホン ヘリオスのフロントフォークはクロモリ(鉄)ですが、ボディーフレームはアルミなので、まぁ多少は安心かな?
ということで、まずは何と言っても、8年間雨ざらしだった自転車パーツのサビ取りです。

ネットでいろいろ検索していると「花咲かG」というのがサビ取りに良いようなことが書かれていました。
「花咲かG」は、ネーミングこそおちゃらけていますが、バイク(単車)業界では結構知られているそうです。

花咲かGタンククリーナー

「花咲かG」にはピカールのような研磨剤などいろいろ種類があるのですが、サビ落しには「タンククリーナー」というものが良いそうです。
花咲かGタンククリーナーは、本来バイク(単車)のガソリンタンク内のサビを落とすものですが、それを自転車パーツのサビ取りに使うことにしました。

花咲かGタンククリーナーは1リットルで値段はそこそこしますが、20倍まで水やお湯で薄めて使うことが出来ます。
花咲かGの隣のビンは100円ショップで買ってきたガラスのビンで、目分量ですが花咲かGを7倍くらい薄めました。

クランクボルト(5ピン)のサビ落し

サビでアーレンキー(六角レンチ)が入らなかったので、その部分にティッシュを詰めて、そのティッシュに花咲かGを染み込ませました。

フィキシングボルトのサビ落し

数時間経つとサビが柔らかくなっていたので、花咲かGを染み込ませた綿棒で柔らかくなったサビを取るとアーレンキーが入るようになりました。

フィキシングボルトにアーレンキー(六角レンチ)が入った

数時間ではサビを完全に取り除くことは出来ませんでしたが、とりあえず自転車のパーツを外せれば良かったので目標は達成できました。

錆びたフィキシングボルト

その後は、取り外した自転車のパーツを15倍くらいに薄めた花咲かGに漬けて置く事にしました。
これは漬けて1日経った写真です。
花咲かGの液体は黒ずんでいて、サビが落ちていそうです。

自転車パーツのサビ取り

花咲かGの中のパーツを取り出してみると、サビが酷かったものはいまひとつでしたが、サビの程度が比較的軽かったパーツは完全にサビが落ちていました。
その後は、その他の錆びたパーツと一緒に2,3回(2~3日)花咲かGに漬けることにしました。

花咲かGでサビ取りした自転車パーツ

その後、水洗いしながら金ブラシで擦って、最後に綺麗な花咲かGで数時間漬けた結果がこれです。
サビによる腐食は修復できませんが、サビは完全に落とすことが出来ました。

花咲かGでサビ取りした自転車パーツ

花咲かG、なかなか気に入りました。
自分が遊んでいる間も、寝てる間も、仕事している間も、せっせとサビを落とす働き者にちょっと感動しました。

[ ミニベロ再生計画 関連記事 ]
1.ダホン ヘリオス がやってきた♪
2.ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り
3.ミニベロ再生計画 観察編 その2 フロント回り・折りたたみ部分
4.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り
5.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その2 フロントフォーク錆取り&塗装
6.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その3 オイル汚れ洗浄
7.ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換
8.ミニベロ再生計画 問題点の洗い出し

タグ : 自転車 パーツ サビ  取り 落し 花咲かG タンク クリーナー 

ママチャリメンテナンス その1 ママチャリの分解

普段通勤で使っているお気に入りのママチャリです。
ホームセンターの1万円しないシングルギアのママチャリですが、ロードバイクより愛着があります。
オヤジが買ったママチャリですが、私が受け継いで乗ってます。

ママチャリ

毎日のように通勤で使っているので、なかなかメンテナンスをする機会がありませんでしたが、天気や休日の予定などメンテナンスに都合が良い日が重なったので、今回は普段からちょっと気になっていたところを見直すためにもメンテナンスに踏み切りました。
まぁ、メンテナンスと言っても自己流なので適当ですが・・・(^^;

その気になっていたこととは、
・BB(クランク)部分の若干のガタツキ
・リヤホイール空転時のガタツキ音
・チェーンが伸びて走行中の段差でチェーンがチェーンケースに接触する
というものです。

今回はデジカメでたくさん撮ったので、何回かに分けてママチャリのメンテナンス記事を書こうと思います。

「ママチャリメンテナンス その1 ママチャリの分解」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス パーツ ホイール 分解 ボルト ナット フィキシングボルト コッタレス 

自転車の世界観

先日、会社の先輩が先輩の息子が乗っていて乗らなくなった20インチの折りたたみ小径車で通勤していました。
どこのメーカーかは興味もありませんでしたので覚えていませんが、黒いボディーにド派手なカラーのファットタイヤ。
明らかに若者をターゲットにした見た目のインパクト重視の量販車。

タイヤはツルツル、聞くところによれば5,6段ある変速機は動かないとのこと。
もちろんチェーンはサビサビ。
これじゃー、せっかくの自転車通勤も面白くないことでしょう。

数日後、その自転車はパンクして処分することになったそうです。
いくらで購入したかしりませんが、タイヤを交換するだけで自転車の購入額近くまでかかることでしょう。
その自転車に思い入れが無い限り、タイヤ交換までしてサビサビの自転車に乗るほどの価値があるようには思えません。
まぁ、タイヤはツルツルで、パーツはサビサビなので、賢明な判断だったと思います。

別に量販車や安い自転車がいけないと言っている訳ではありませんが、安い折りたたみ自転車はタチが悪いように思います。
安い自転車の代表格としてママチャリがあります。

私もママチャリが好きで乗っています。
まぁ、ママチャリと言っても1万円しないママチャリもあれば、5万円くらいのママチャリもあり様々ですが・・・。
ママチャリは比較的大量に販売できるため価格を安く抑えることができるようにも思います。

ところが、ママチャリと比較してそれほど大量に販売できない小径車は、どうしても価格が高くなってしまいます。
しかし、価格が高いと自転車を購入してくれなくなるというジレンマに陥りやすいものです。
そこで価格を安く抑えるために、パーツなどの品質を落とすことで低コストで自転車を製作して価格を安くしています。

折りたたみ自転車は折りたためるから折りたたみ自転車と言うのは当たり前のことで、折りたたみ自転車の最大のセールスポイントは折りたたみの機能にあります。
その折りたたみ機能は、当然折りたたみのパーツでできています。

その折りたたみ部分のパーツが粗悪品だと、折りたたみ自転車の最大のセールスポイントが最大のウィークポイントになってしまいます。
走行中に折りたたみ部分が破損してしまうと怪我すると思いますし、怪我だけですまなくなるかもしれません。
自転車は命を乗せて走るものだと言う認識が大切だと思います。
だから「走れればいい」とか「安ければいい」という、ある意味ママチャリ的な発想はとても危険だと思っています。

そのため、せめて安い自転車を買うなら折りたたみ機能の付いていない良く売れている自転車にするべきだと思っています。
つまりはママチャリですね。

パーツの品質は購入前からある程度わかるものもあれば、しばらく使ってみないとわからないこともあります。
私はひとつの目安として、ブレーキキャリパー(タイヤのリムを挟んで自転車の進行を止めようとするパーツ)の厚みを見ています。
そして、街中でよく走っている自転車のサビ具合なども見ていれば、新車で購入した自転車も数年経てばどのようになるのかが容易に想像できます。

安い自転車は、とにかくブレーキキャリパーが薄いです。
鉄板を折り曲げて作っただけのようなペラペラの薄いブレーキでは、まともに止まることができず怖くて乗れたものではありません。
オヤジから受け継いだ私のママチャリも最初は薄いペラペラのブレーキキャリパーだったので交換しました。

止まらない自転車ほど危険なものはありません。
少し良いブレーキキャリパーとの原価の差はたかが知れている程度だと思います。
なので安全性を犠牲にしてまで生産コストを切り詰めないと安く販売できない自転車に安心して乗れないように思っています。
安い自転車はブレーキキャリパーだけでなく、様々なパーツが同じようにコストダウンしたパーツで構成されていることでしょう。

そして、もうひとつが自転車のメンテナンスです。
ママチャリが普及していうこともあり、メンテナンスしなくても乗れると思っていることがあるように思います。
確かにメンテナンスしなくてもある程度は乗れてしまうのがママチャリの良いところだと思います。
まぁ、実際ママチャリはノーメンテではなくローメンテだと思いますが。。。

しかし、そのママチャリ的な感覚で、折りたたみ自転車を扱うことは難しいと思います。
折りたたみ自転車と言えば、その大半は小径車ということになります。

ブレーキ1つをとってみても、ブレーキが効かなければダメですが、効きすぎても車輪がロックして転倒する恐れがあります。
特に小径車は車輪が小さく小回りが効くぶん、道路の凸凹を拾いやすく不意にハンドルが取られたりします。
不意にハンドルを取られた状態でブレーキを掛けると、どのようなことが起きるのか想像しただけでも怖いものです。

そのブレーキをメンテナンス性の低い粗悪なパーツで調整していたとしても、いつまでも同じ状態が維持できるとも限りません。
特にワイヤーは初期伸びというのがあり、ある程度使用してワイヤーを伸ばさないと、せっかく調整してもまたすぐに調整が狂ってきます。
変速機のワイヤーも同じことです。
そこで調整などのメンテナンスが必要になってきます。

通販など同じ自転車が安く買えるからと言って、自転車を通販などで買ってしまうと、その後が大変です。
調整などのメンテナンスを購入した店やショップ以外に持ち込むと、当然料金はかかってきます。
自転車屋は商売であり、それで飯を食っているのです。
ボランティアではありません。
もしメンテナンスや調整が無料だとしても、次に自転車を自店で購入してくれるかもしれないという期待があるからこそできることなのです。

なので、自分で調整やメンテナンスできる技術や道具がある人は、通販などで安く自転車を購入してもいいと思いますが、そうでない人は自転車購入後の調整などメンテナンスに苦労したりお金が必要になってきます。
通販などで安く買えたと思った自転車も、結局は購入後の調整やメンテナンスなどに費用がかかり、トータル的にはそれほど安くは無く、むしろ近所で腕のある自転車屋で購入したほうが結局は安くなることも考えられますので、自転車購入時の多少の金額的な差はそれほど関係ないと思っています。
そして、自転車に不具合が無くても、自転車に乗っていればいろいろと劣化してきますので、定期的にメンテナンスをすれば自転車がリフレッシュされ気持ちが良いです。
メンテナンスされた自転車の良さを知れば感動するかもしれません。

ところで、この記事の冒頭にも書いた先輩ですが、また新しく安い使い捨て自転車を買うそうです。
私の考えとは真逆の考え方です。
別にその先輩のライフスタイルや生活環境を知っている訳でもありませんし、自転車に何を求めているのかもわかりません。

アドバイスを求められれば、私は私なりの自転車への考えを伝えますが、自分の考えを押し付けようとまでは思いません。
アドバイスを求められたから、私の考えを述べたまでです。

人の考えに異を唱え、考え方を変えさせるには多大な労力と時間が必要になってきます。
時には反感を買い、最後まで理解してもらえないことさえあります。
そこまで苦労して相手を説得させるだけの気力も時間も今の私にはありません。

その人が、どのような自転車に乗ろうが、自転車で苦労しようが私にとっては直接関係ないことです。
厳しい言い方かもしれませんが、所詮「他人」だからということと、アドバイスに対する見返りが私の費やす時間と苦労に釣り合わないと思うからです。
でも、時には友達や仲間には熱く語ってしまいますが・・・(^^;

自転車のチェーンに油を注して、タイヤの空気圧を高めにし、サドルを高くして脚力が充分ペダルに伝わるポジションにするだけでも自転車の走りが随分違ってきます。
いつまでもママチャリ的な感覚にとらわれていずに、ママチャリ思考から脱却して自転車の楽しさを体感できると、今まで自分が思っていた自転車の世界観が変わります。

ところで、いったいこの長い文章だけのつまらない記事を最後まで誰が読んでくれるのでしょうか?
私なら、きっと読まない・・・(笑

タグ : 自転車 ミニベロ 折りたたみ自転車 小径車 ママチャリ メンテナンス パーツ 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集