Wellgo R119 フラットペダルに変更

しばらく自転車に乗っていないと、自転車に乗りたくなってきますね(^^;
と言うことで、みなさん新年明けましてオメデトウございます。
こんな気まぐれなブログですが、本年もヨロシクお願いします。

しばらく自転車に乗っていないと冒頭で書きましたが、今でも通勤では自転車に乗ってます。
ママチャリですが・・・

ところで、ロードバイクでみんなと走るのは楽しいのですが、どうもロードバイク自体に面白さが感じられなくなっていました。
その原因として1番大きかったのがビンディングペダルの存在でした。

ビンディングペダルには様々なメリットがあります。
特に「引き足」での効果は抜群です。

ところが私のような貧脚では、引き足の効果が活かせられないどころか、
・走行シーンによるペダリング位置の変更ができない
・立ちゴケの不安
・歩行のしにくさ
など、自分にとってビンディングによるデメリットのほうが大きくなっていたことがあります。

まぁ、今までビンディングではSpeedPlayしか使ったことが無いので、他のビンディングのことはわかりませんが、特にペダリングの位置が私にとって爪先寄りで、シューズのビンディングの位置を目いっぱい土踏まず寄りにしても、それでもまだ爪先寄りなのでした。

平地や下り坂では特に気になりませんが、登り坂や立ち漕ぎでは足首で爪先を支えなければならず、足首にかなり負担が掛かっていました。
ただでさえ辛い登り坂なのに、これでは余計に辛いものでした。

そのため、ペダルをフラットペダルにしようと思いました。
フラットペダルと言っても、様々なメーカーから様々な種類のフラットペダルが出ています。

私がこだわったのは、色と形です。
私の目立つイエローのロードバイクに似合うフラットペダルの色は、ロードバイクと同じように目立つ色か、その正反対のブラック。
せっかくフラットペダルにするのだから、いっそのこと目立つ色にしたい。
となると、色は蛍光色か赤かピンクがいいのではないかと思いました。
第一候補はピンクでした。

形は、ロードバイクに似合うスタイリッシュなものです。
いくら踏みやすくてもマウンテンバイクに似合いそうなゴツイフォルムのペダルは見た目にいまひとつだと思いましたし、小ぶりなフラットペダルに乗ったことがありますが、あまりにも小さなフラットペダルはどうも踏み込みにくいので、やめようと思っていました。

以上のことから、いろいろ探してみるとWellgo R119というペダルがヒットしました。
119歳の年齢制限ではなさそうです。(^^;
値段もそこそこだったので購入しました。

Wellgo R119 フラットペダル

このWellgoのR119を装着してみると、なかなか良い感じでした。
ペダルサイズは大き過ぎず小さ過ぎず。
横幅は約8センチ、長さは約6センチ、そしてクランクからは約9センチでした。

Wellgo R119 フラットペダル

カラーは、ピンク以外にも、ホワイト、レッド、ブルー、シルバー、ゴールド、ブラックなど様々なカラーが揃っているので、カラーによってはボディに馴染ませることも出来ますし、逆に目立たせてワンポイント的にもできるので結構気に入りました。

Wellgo R119 フラットペダル

さっそく町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)に行くと、おじょー♥︎に『あり~さん、色のセンス悪いわ~(笑』と言われてしまったことはナイショですが・・・(^^;

Wellgo R119 フラットペダル

いろいろなカラーのWellgo R119は、こちらから見れます。(^^;

タグ : 自転車 ロードバイク ペダル フラットペダル ピンク Wellgo R119 

ミニベロをパワーアップ

今回、ピンクリボンサイクリングのためにダホンボードウォークをパワーアップしました!
じゃじゃ~ん。

ダホンボードウォークにサドルバッグ装着

サドルバッグを付けました。
TOPEAKのAero Wedge PackでサイズはLargeのサドルバッグです。
Largeサイズは、ちょっと見た目にブサイクなのですが、私がいつも携帯するツールを入れようとしたら、これでもギュウギュウ詰めになってしまいました。

ちなみにサドルバッグの中には、

サドルバッグの中身

1.軍手
2.プラス・マイナスドライバー・ニッパー
3.万能ツール・スパナ
4.14x15mmハブレンチ兼ペダルレンチ
5.空気入れ
6.アーレンキーセット
7.パンク修理セット・ムシゴム・予備チェーン
8.小袋

さらに小袋の中身は、

サドルバッグの中身

1.タイヤレバー
2.サランラップに巻いた予備チューブ
3.ボルト・ナット

このようなツールをサドルバッグに入れることができました。
これだけで結構な重量です。
特に万能ツール・スパナが重いので、これをなんとかするのが今後の課題です。
でも、これでリュックが軽くなると思うと、大きめのサドルバックを購入した甲斐がありました。

ダホンボードウォークにサドルバッグ装着

ところで、私がコッソリとお忍びで訪れる写真が綺麗で(私のブログと違って)ためになる記事がたくさん載っているブログで、ツールボックス(ツールカン)を装着することによって、サドルバックよりも重心が低くなり、車体振り回しの欠点が補えるというようなことが書かれていました。
確かに車体を左右に振るのであれば、重心は低いほうが振りやすいとは思います。
しかし、スポーツ車(自動車)でもバネ下重量というような言葉があり、またバッグパッキング術でも重いものはリュックの上のほうに入れると軽く感じるように、重心以上に機動性(駆動)が損なわれることのほうがデメリットになるのではないかな?と思っています。
まぁ、ローディでもない私が机上の考えだけで思っているだけなので、どうなんでしょうねぇ~?

ダホンボードウォークのリヤリフレクター逆付け

また、ちょっとしたことですが、リヤリフレクター(リヤ反射板)の取り付けを反対にしました。
以前自転車を漕いでいて、靴が反射板に当たったことがあるので、なるべく反射板を自転車の内側に付けました。

でも、外側にはボルトの先が出てますし、ローギアでチェーンが暴れた時に反射板にチェーンが接触しそうな感じなので、また元に戻すかもしれません。

これだけじゃありません!
相互リンクしてもらっているゆーきくぞーさんもハンドルにDHバーを取り付けてパワーアップしたように、私ももっと凄いものをハンドルに取り付けて、DAHONボードウォークをパワーアップしました!

「ミニベロをパワーアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 DAHON ダホン Boardwalk ボードウォーク ミニベロ ピンク ハンドル ロディー サドルバッグ 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集