たまにはエグザリット

最近はママチャリばっかりで、他の自転車には全然乗っていませんでした。
せっかくロードバイクがあるのに、乗っていないのは勿体無い。
勿体無いと思いつつも、つい手軽なママチャリに乗っていました。

MAVIC キシリウム プロ エグザリット

そんななか町のじてんしゃ修理屋さんで不定期に開催される「ホイール祭り」としてMAVIC キシリウム プロ エグザリットがお買い得価格になっていました。
まぁ、お買い得とは言ってもそれなりの値段ですので、かなり悩みましたが購入することにしました。

MAVIC キシリウム プロ エグザリット

決め手は、なんと言っても雨の日でも抜群の制動力を発揮するエグザリットでした。
エグザリットとは、マビックが独自に開発したブレーキング技術ということですが、簡単に言えばブレーキの当たるリム面に細かな凹凸がつけてあり、その凹凸がブレーキの効きを良くする仕組みです。

MAVIC キシリウム プロ エグザリット

エグザリットには専用のブレーキシューを使わなければいけないということですが、その専用のブレーキシューで他のアルミホイールは使えるということでした。
昔のブレーキシューは緑色でしたが、今は黒いブレーキシューでした。
またエグザリットは、ブレーキ音が大きく慣らし運転は必要とネットに載っていました。

MAVIC キシリウム プロ エグザリット

と言うことで、昼間は暑いので夜に猿坂峠に行ってきました。
ブレーキ音は確かに大きく、耳を劈く(つんざく)ような爆音のギィーギィー音でした。
しかし、ブレーキを掛ける度にエグザリットの溝にブレーキが埋まり、実際に乗っていてもブレーキを掛ける度に徐々にブレーキ音が小さくなっているような気がしました。

MAVIC キシリウム プロ エグザリットで猿坂峠

ブレーキ音が小さくなるとは言っても、すぐには爆音が無くなりそうにもないので、しばらくは人気の無いトマト坂などで慣らし(鳴らし?)運転で、ブレーキ音を徐々に小さくしたいと思います。

タグ : 自転車 ロードバイク ホイール MAVIC キシリウム プロ エグザリット 

FULCRUM RACING ZERO 2-WAY FIT 引き取り手決定

ロードバイクANCHOR RL8に付いていたホイールFulcrum Racing ZERO 2-WAY FITですが、どうも私の脚力ではRacing ZEROの性能を活かせずにいました。
そのため、Racing ZEROで4,5回乗ったくらいで、部屋の片隅で眠っていました。

ANCHOR RL8

私が感じたFulcrum Racing ZEROのプラス面として、
・踏み込んだ時のタイムラグが無い感じ
・踏めば踏むだけ応えてくれる
・剛性が高い
・速度維持が楽

逆にマイナス面として、
・路面の凹凸を拾いやすい
・体に振動がきやすい
・脚が疲れやすくなる

とまぁ、他のサイトでもよく言われているような一般的なことですが、私のRacing ZEROのインプレはこんな感じです。
ただ、ZEROは私が初めて乗るロードバイクでの最初に使ったホイールなので、私のインプレはあまり参考にならないかもしれません。

また、R-SYS購入後にクリートの位置を変えたことによって、脚が疲れにくくなりました。
そのため、今のクリート位置の状態でRacing ZEROを履くと、また違った印象になるかもしれませんが、あえてRacing ZEROを履いて走行する機会がなかったため、ずっと部屋の片隅で眠っていました。
Fulcrum Racing ZEROは私の脚力では、プラス面よりもマイナス面のほうが強かったのですが、このまま部屋の片隅で眠らせておくのももったいないと思い、どなたかに使ってもらいたいと思っていました。

FULCRUM RACING ZERO 2-WAY FIT

Racing ZEROのシールを剥がして、替わりに反射シールを貼っていたため、なかなか引き取り手が現れなかったのですが、強力馬力自転車屋の「はYし」さんが興味を持ってくれて試乗することになりました。

FULCRUM RACING ZERO 2-WAY FIT試乗

試乗した感想は、かなりの好印象とのことでした。
やっぱり、Fulcrum Racing ZEROはアルミホイール最高峰のホイールと言われるだけあって、それなりの人が乗るとホイールの性能を引き出してくれるのでしょう。

引き取り手が無ければ、このまま永遠に日の目を見なかったホイールですので、引き取り手が決まって良かったです。
これで「はYし」さんも、ホイールに貼った反射シールでトロン気分が味わえるかも?(^^;

TRON

タグ : FULCRUM RACING ZERO 2-WAY FIT ホイール アルミホイール 

ママチャリメンテナンス その1 ママチャリの分解

普段通勤で使っているお気に入りのママチャリです。
ホームセンターの1万円しないシングルギアのママチャリですが、ロードバイクより愛着があります。
オヤジが買ったママチャリですが、私が受け継いで乗ってます。

ママチャリ

毎日のように通勤で使っているので、なかなかメンテナンスをする機会がありませんでしたが、天気や休日の予定などメンテナンスに都合が良い日が重なったので、今回は普段からちょっと気になっていたところを見直すためにもメンテナンスに踏み切りました。
まぁ、メンテナンスと言っても自己流なので適当ですが・・・(^^;

その気になっていたこととは、
・BB(クランク)部分の若干のガタツキ
・リヤホイール空転時のガタツキ音
・チェーンが伸びて走行中の段差でチェーンがチェーンケースに接触する
というものです。

今回はデジカメでたくさん撮ったので、何回かに分けてママチャリのメンテナンス記事を書こうと思います。

「ママチャリメンテナンス その1 ママチャリの分解」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス パーツ ホイール 分解 ボルト ナット フィキシングボルト コッタレス 

ピカールでホイール ピッカピカ

ホームセンターやワークショップ(職人の店)でピカールや防寒グッズなどいろいろ買い物をしてきました。
防寒用フルフェイスマスクは、ホームセンターよりもワークショップ(職人の店)のほうが種類も多く品質も良さそうで、しかも安かったのには驚きました。
B級品の軍手なんかは12セットで200円、120セットで2000円でした。
もう、これからはホームセンターで軍手や衣料は買えません・・・(^^;

PIKAL(ピカール)

今日の買い物のメインは、このPIKAL(ピカール)です。
外で自転車をイジルのは寒いので、暖かい部屋の中でママチャリのスポークをピカピカにしてやろうという魂胆です。

最初は古タオルでスポークを磨いていました。
でも、なかなか綺麗にならなかったので、写真のピカールの前にあるようなちょっとゴワゴワしたヤスリが家にあったので、それでスポークを磨くことにしました。
古タオルでスポークを磨くよりはよっぽどマシでしたが、なかなか簡単にスポークはピカピカになりませんでした。
それでも、なんとか根気で磨きましたが、フロントホイールだけで疲れ果てて、結局リヤホイールは磨きませんでした。

ピカールで磨いたママチャリのフロントホイール
PIKAL(ピカール)

翌日もママチャリのリヤホールのスポークを磨く気にはなれなかったのですが、ピカールの裏を見るとプラスチックにも効果があるようです。
車が古くなってくるとヘッドライトがくすんできて、そのくすみが余計に古さを感じさせるような気がしていました。
そこで、車のヘッドライトを磨きました。
古タオルで車のヘッドライトを軽く磨くだけでピカピカになり、車もちょっと若返りました。(^^;

車のヘッドライトもピカールでピッカピカ

車のヘッドライトがピカールでピカピカになり気持ちが良くなったので、ダホン ボードウォークのホイールもピカールで磨くことにしました。
ピカールをつけて古タオルでリムをちょっと磨くと綺麗になりました。

ダホン ボードウォークのホイールもピカールで磨く

どうやらピカールは洗浄成分もコンパウンドも入っているようです、
チェーンオイルが染み込んで、いくら磨いても綺麗にならなかったので、リムの汚れは諦めていましたが、ピカールでリムが簡単に綺麗になりました。

ダホン ボードウォークのホイールもピッカピカ

ダホン ボードウォークのホイールもピカピカになりサイクリングの準備はバッチリ整いました。
あとは私のサイクリングに出掛ける気力だけ・・・(^^;

ピカピカになったダホン ボードウォークのホイール

タグ : 自転車 ママチャリ ミニベロ ピカール ダホン ボードウォーク ホイール リム スポーク ヘッドライト 

ミニベロ ダホン ボードウォークのリヤハブ グリスアップ

ここまでくると勘の鋭い人は、もうお分かりかと思いますが、この3連休のうち天気の良かった2日間は、2日間とも自転車に乗らずに、自転車のメンテナンスをしていました。
だって、気が乗らなかったので・・・(^^;

ということで、要らなくなった食器洗いケース(と言うのかわかりませんが)にホイールを乗せて、その上でハブのグリスアップ開始です。
まぁ、食器洗いケースでなくても良いのですが、作業中はハブのボール(球)が転がって無くさないようにしないといけませんので。

グリスアップ開始

そして、このような作業に必要なステンレスのシャーレ。
100円ショップの調理用具のコーナーにありました。
なかなか、このシャーレはいろいろと使い勝手が良いです。
なんだか、いまから手術するような感じです・・・。

リヤホイールのハブ

ハブに付いているゴムキャップを外すと、真っ黒になったグリスが出てきました。
この色は、なんだか嫌な感じ。

グリスはタップリ塗っているので、古いグリスは綿棒ですくってウエス(古タオルなどの切れ端)に塗り付けて、ある程度まで古いグリスを掬い取ってから、ウエスで綺麗にしました。

ハブのゴムキャップ

手が一瞬で真っ黒になります。(^^;
ゴム手袋を嵌めれば良かったと後悔しましたが、このままゴム手袋を嵌めると、ゴム手袋の中まで汚れてしまうので、今回はあきらめました。

グリスは意外と汚れていない

玉押しをハブスパナで外してみると、球(ボール)は意外に綺麗でした。
あの真っ黒なグリスは、いったいどこの汚れなのか?

玉押し

玉押しに虫喰いは無さそうです。
フロントは虫喰いだらけだと思いますが、それはナイショです・・・。(^^;

球(ボール)

先端に磁石がついたピックアップツールで球を取り出します。
無くさないように注意していても、ピックアップツールから球を外すときに、2個ほど転がり落ちました。
磁石が強力すぎる。。。

球の洗浄

フィルムケースに球を入れて、パーツクリーナーで球を綺麗にします。
最近は写真を現像することが無くなったので、フィルムケースがなかなか手に入りにくくなりました。
今となっては貴重なフィルムケースです。

「ミニベロ ダホン ボードウォークのリヤハブ グリスアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク ハブ グリスアップ グリス スプロケ ホイール シャーレ 

ママチャリのタイヤ交換とサドル交換

いつもはママチャリで通勤しているのですが、先日からシティサイクルのアサヒ オフィスプレスで通勤していました。

左ママチャリ・右アサヒ オフィスプレス(シティサイクル)

左のヒックリ返っている自転車がいつも通勤やチョイ乗りで使っているママチャリで、右が普段は自転車カバーを被せているアサヒ オフィスプレスです。
なぜシティサイクルのアサヒ オフィスプレスで通勤していたかと言えば、その理由は・・・
ママチャリのリヤタイヤにコブが出来て、自転車がポコポコと走るようになったためです。

タイヤのコブ

先日、通勤途中に道路の段差に斜めから思いっきりタイヤをぶつけてしまって、コケはしなかったものの、ママチャリにかなりの衝撃を受けてリヤタイヤにコブが出来てしまいました。

タイヤの亀裂

それに、タイヤに亀裂がありました。
まぁ、タイヤの亀裂を発見したのは二次的なことで、タイヤにコブが出来てなければ気付かなかったかもしれません。
なので、このタイヤの亀裂はタイヤにコブを作った時なのか、その前からあったのかは不明です。

まぁ、このママチャリも元々オヤジが買って乗っていたもので、おそらく7,8年は経っているので、タイヤはそろそろ限界だったのかもしれません。

久しぶりにママチャリのホイールを外します。
まず、ブレーキワイヤーやブレーキを固定しているネジを外して、ホイールのシャフトに付いているスタンドや泥除けステーを外して、チェーンを脱輪させればホイールを外すことができます。

ママチャリのリヤホイールを外す

最初はリヤホイールを外すのに結構時間がかかりましたが、今では以前に比べて素早く外すことが出来るようになりました。
まぁ、それでもプロとは比べ物にならない遅さで、それなりに時間はかかりました。

フレーム・フォークのパイプ内に防錆剤をスプレーする

せっかくなので、フロントホイールも外して、フレームやフロントフォークに開いている小さな穴にKURE CRC 5-56の潤滑・防錆スプレーを吹いておきました。
まぁ、気休めかもしれませんが、一応クロモリ(鉄)なので・・・(^^;

ママチャリのハブのグリスアップ

そしてママチャリのホイールを外したついでに、ハブのグリスアップもしておきました。
グリスはセラミックグリスがお気に入りで、相変わらずタップリとグリスを盛ります。(^^;
今回は 面倒臭かったので グリスを足しただけなので、グリスを塗るときにゴミが入ってしまったようで、玉押し調整したホイールを手に持って回すと「ジャリッ」と言ってました。
まぁ、そのうち球(ボール)で粉砕されることでしょう。
たぶん。。。(^^;

簡易の振れ取り

更にホイールとタイヤを外したついでに、洗濯バサミを使って簡易の振れ取りをしました。
振れ取りでスポークを締めたり緩めたり、やりたいことは頭で分かっていても、スポークレンチを右に回せばいいのか左に回せばいいのか、頭がこんがらがってきます。
なので、振れ取りは適当なところで諦めることにしました。(^^;

ニュータイヤ装着

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店で1100円くらいで買ってきたおニューのタイヤをホイールにサッサッっと嵌めてタイヤ交換完了!
なんて、本当はタイヤをホイールに嵌めるのに30分くらい悪戦苦闘しながら、最後は力ずくでなんとかタイヤをビートに嵌めることができました。(^^;
とにかく新しいタイヤを装着して、ママチャリのタイヤ交換は終わりました。

ママチャリのタイヤ交換完了

「ママチャリのタイヤ交換とサドル交換」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ タイヤ 交換 ビート ホイール サドル ヤグラ やぐら返し 

快適ツーリングロードバイクへの道

以前から欲しかったロードバイクを購入することにしました♪

フレームで購入です。
何のフレームかは・・・今はナイショですが、フルカーボンのロードバイクです。(^^;

2012_0491.jpg

フレームはさておき、フレーム以外のロードバイクパーツで悩みまくっています。
そこで、みなさんの経験や知識など伺えればと、そして更に「家に余ってるからあげるよ」とか言ってくれる親切な方がいないかなぁ?など都合の良いことを考えています。(^^;

みなさんもご存知かもしれませんが、私はローディではなくポタリング派のポタラーです。
なので、ロードバイクはレース志向ではなく、「快適ツーリングロードバイク」にしたいです。

まぁ、この「快適」という言葉にも捉え方は様々なのですが、
・登り坂を楽に登りたい
・平地は疲れにくく、そこそこ速く走りたい
という欲張りなもので、イメージ的にはロードバイクとスポルティーフの良いとこ取りをしたようなロードバイクにしたいと思っています。

フレーム(決定)
・フルカーボンロードバイク
最初はクロモリやチタンなどもいろいろ考えましたが、最終的にフルカーボンに決定しました。

ロードバイク

コンポーネント(ほぼ決定)
・SHIMANO ULTEGRA トリプルチェーンリング
和歌山なので山や峠は避けることができません。
なので、山や峠に威力を発揮してくれそうなトリプルチェーンリングが欲しいです。
ロードバイクにトリプルは不要だと言う方もいるかもしれませんが、ポタラーの私には足が売り切れるような事態は極力避けたいのです。

クランクはカンパニョーロのようなスッキリしたデザインのクランクが良かったのですが、価格と性能を考えるとやっぱりSHIMANOにすることにしました。
稼動部分は初期投資額だけでなく、その後のトラブルやメンテナンス代なども考慮に入れたほうが良さそうですね。
以前はSHIMANO ULTEGRA-SLで(SHIMANO製品の中では)良さそうなデザインのトリプル用クランク(FC-6604-G)があったのですが、いろんなショップに問い合わせましたが在庫は無いということでした。残念です。
まぁ、海外に目を向ければ、まだ若干SHIMANO ULTEGRA-SLのトリプルクランクがありそうですが、そこまでして・・・というか、自分は海外通販は出来ない。。。(^^;

SHIMANO ULTEGRA-SL FC-6604-G

ホイール(ほぼ決定)
・フルクラム レーシングZERO
「初めてのロードバイクで、いきなりZEROかよ!」という声が聞こえてきそうです。
でも、そこそこ良いものを買っておかないと、後々になって(自分の脚力の無さをホイールのせいにして)結局いずれは欲しくなると思います。
そうなった時に以前履いていたホイールは無駄になってしまいそうなので、それならば最初からある程度良いホイールにしたいと思いました。
また、扱いにシビアそうなカーボンリムやカーボンスポークは最初から対象外にしました。

フルクラム レーシングZERO

サドル(迷ってます)
・フィジーク アンタレス バーサス キウム(ANTARES VERSUS K:ium)
・フィジーク アリオネ バーサス キウム(ARIONE VERSUS K:ium)
はっきり言って何が良いのかよくわかりませんが、フィジークのバーサスは股間の圧迫が少なさそうです。
体は硬いほうなのですが、現在ダホン・ボードウォークで気に入って使用しているジェルの柔らかいサドルで、前傾姿勢で乗ると股間が痺れてきます。
溝はアンタレスのほうが広そうです。

フィジーク アンタレス バーサス キウム

ステム(決定)
・DEDA ゼロ1
ポジション確定のため今後変更する可能性が大きいので、最初はソコソコのステムをチョイスしました。

ハンドル(迷ってます)
・ボントレガー Race Lite IsoZone VR-CF アルミ
・3T ERGONOVA PRO アルミ
・FSA ウィングプロコンパクト
こけた時のことを考えるとハンドルはアルミにしたいです。
タイプは下ハンが持ちやすく、(手が小さいので)ブレーキが握りやすそうなハの字に末広がりショートリーチのアナトミックシャロー(コンパクトタイプ?)が良いと思いました。

FSA ウィングプロコンパクト

シートポスト(迷ってます)
・3T DORIC LTD カーボン
・イーストン EC90 ZERO SP
・FSA K-FORCE LIGHT SB0 MTC
・シマノプロ タルシス
とりあえずオフセットゼロのシートポストが良いかな~?と思いました。
また、材質はポジションが決まるまでは、アルミのほうがいいのかも?

とまぁ、こんな感じで今週の休日も、家に引き篭もってムフフ・・・と妄想に浸ってました。

なんやかんやで、もう2週間走ってないなぁ。。。
誰か『私を スキー ポタリングに連れてって』(^^;

タグ : フル カーボン ロードバイク コンポーネント アルテグラ ホイール フルクラム レーシングZERO ハンドル シートポスト 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集