FC2ブログ

ダホン ヘリオス がやってきた♪

DAHON HELIOS P8を会社の人から譲ってもらうことになりました♪
8年程は経っているということと、後からネットでいろいろ調べたところ、年式はおそらく2005年モデルだと思います。
あまり情報は少ないですが、フレームはアルミで、フォークはクロモリ、重量は11kgと折りたたみ自転車としては比較的軽い部類だと思います。
現在のViscの先代モデルと言ったところでしょうか。

DAHON HELIOS P8(2005)

少なくとも私のボードウォークよりは随分軽く感じました。
まぁ、私のボードウォークは泥除けや前カゴの付いた重装備なので比較になりませんが・・・(^^;

2006年モデルのヘリオスからチェーンリングからチェーンの脱落防止のための樹脂製のチェーンフォールプロテクターが付いていることと、シートポストから、このヘリオスは2005年モデルだと思います。
(シートポストについては後々別記事で記載する予定です)
まぁ、今さら正確に何年モデルかわかったところで、これと言って何のメリットも感じませんが、まぁ何も知らないよりはいいかな?っと思ってちょっと調べてみました。

DAHON HELIOS P8
サイズ20インチ フリー
カラーポリッシュ
重量11.0kg
折りたたみサイズ38x60x84cm
フレームALUMINUM
フォークCHROMOLY
ハンドルKALLOY ALUMINUM
ハンドルステムADJUSTABLE
サドルDAHON BIOLOGIC SPORT
シートポストSUPEROVERSIZE
ブレーキALLEGRO V BRAKE
フロントハブFOMURA
リアハブFOMURA
スポーク14G STAINLESS
リムALEX AERO
タイヤRITCHEY VECTOR COMP 20x1.5 65PSI
フリーホイール11-30t
クランクTRACER FORGED 52t
ディレーラーSHIMANO 2200 ROAD
シフターSHIMANO RS41-8
ペダルNEXT FOLDING

前オーナーは、晴れた日は通勤で使用。(おそらく片道6,7km)
普段は雨ざらし。
3回ほどコケたことがあるそうです。
2年ほど前にチェーンリングを53Tから小さいものに変更。(48Tだったかな?)
その変更前の53Tチェーンリングは、既に2年前に貰っていました。

会社でこのヘリオスを引き取って、そのまま乗って帰ろうとしたのが運の尽き。
会社の駐輪場から会社の門までの100mも無い間にチェーン外れが3回、会社の門を出て50mいかない間にチェーン外れ2回でした。
その後、なんとかチェーンが外れないように調整したものの、変速はロー以外には変速できず、いつもの倍の時間をかけて帰宅しました。

変速のワイヤーはノビノビだとしても、気になるところはハンドルポストの若干のガタツキとBB付近からギコギコという異音くらいで、フレームは雨ざらしで8年経った自転車とは思えないほど安心感のあるミニベロです。
さすが、かつて名機DAHON HELIOSと呼ばれたかどうか知りませんが・・・
まぁ、ローギヤでの低速だったからかもしれません。
とは言え、安心感があるからこそ前オーナーもこんな状態になるまで乗っていたのだと思います。

DAHON HELIOS P8(2005)

8年間雨ざらしのクロモリフォークと各所パーツのサビが気になるところです。
ハンドルバーやハンドルポストは、元々はブラックだったと思いますが、ハンドルポストは焼けてブロンド色に変色しています。
これから時間をかけてサビ取り&グリスアップなどのメンテやカスタマイズをしていきたいと思います。

[ ミニベロ再生計画 関連記事 ]
1.ダホン ヘリオス がやってきた♪
2.ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り
3.ミニベロ再生計画 観察編 その2 フロント回り・折りたたみ部分
4.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り
5.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その2 フロントフォーク錆取り&塗装
6.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その3 オイル汚れ洗浄
7.ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換
8.ミニベロ再生計画 問題点の洗い出し

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ヘリオス DAHON HELIOS 2005 折りたたみ自転車 

ミニベロ パワーアップ企画 ボトルケージと手ぬぐい

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店に行くと、DAHONのミニベロが停めてありました。
手前のシルバーのDAHON Mu SLは、ハンドルバーとシートポストがカーボンのようでうらやましいです。
どうやら、町ジテ店長の奥さんのミニベロのようです。

待ちのじてんしゃ修理屋さん大浦街道店

店の奥には、綺麗なクリーム色のDAHONヘリオス(だったかな?)が組み立て待ちの状態で置いてありました。
これは町ジテ店長のミニベロのようです。
そろそろ町ジテのミニベロ活動開始かもしれません。

DAHONボードウォーク インパクトブルー

私のミニベロ DAHONボードウォークも、乗っていない割には多少パワーアップしています。
見ての通りボトルケージを、ハンドルポスト、トップチューブ、シートポストの3ヶ所に付けました。
元々DAHONのトップチューブにはボトルケージを取り付けるためのネジ穴があるのですが、ハンドルポストとシートポストにはネジ穴が無いので、「どこでもケージホルダー」というベルクロ(マジックテープ)で留められるものを使ってボトルケージを付けました。

まぁ、前カゴがあるので、ボトルケージは無くてもよいのですが、荷重の分散と低重心化を狙って付けてみました。
この「どこでもケージホルダー」は、その名前の通りチューブ(筒)のようなところにホルダーを取り付けることが出来て便利です。
ただし、振動の影響を受けてボルトが外れやすいかもしれませんので、ボルトが緩んでいないかコマメにチェックしたほうが良さそうです。

強力馬力リーダーのインパクトブルーに触発された訳ではありませんが、私のDAHONボードウォークも随所にブルーのアイテムが増えてきました。
まぁ、ブルーにしようと狙った訳ではありませんが、良さそうなボトルケージがたまたまブルーでした。

洗濯バサミ

洗濯バサミはあえてブルーにしましたが・・・(笑
えっ、なぜ洗濯バサミって?

私は頭に手ぬぐいを巻いているので、休憩中にその手ぬぐいを乾かす時に使おうかと思って、洗濯バサミを付けました。
以前に汗で濡れた手ぬぐいをサドルに掛けて乾かしていましたが、いつの間にかその手ぬぐいがずり落ちて、汚れたチェーンのオイルが手ぬぐいに付いたことがあったので、その対策です。

そう言えば、昔はヘルメットの下にインナーキャップを被っていましたが、手ぬぐいにしてからずっと手ぬぐいを使っています。
インナーキャップでは、汗がすぐに垂れてきて不快な思いをしていましたし、走行中に汗が目に入ると危険を感じることもありました。
そこで、手ぬぐいを頭に巻くようにしてからは、(顔にかいた汗は垂れてきますが)汗が目に入ることが極端に減りました。

おそらく、かいた汗が手ぬぐいに染み込み、後頭部の手ぬぐいを縛っているところより先の部分がヘルメットから出ているため、そこで汗が乾いているのだと思います。
タオルだと手ぬぐいより吸水性はあるものの、手ぬぐいに比べて乾きにくいので、タオルの吸水性の許容量を超えると汗が垂れてきます。
その点、手ぬぐいはタオルより乾燥が早いのでかいた汗をどんどん乾燥させるのだと思います。

そのため、手ぬぐいは長さの長い手ぬぐいが良いです。
短い手ぬぐいだと、手ぬぐいを縛っている部分から先が短くなり、あまり乾燥してくれなくなると思いますので。

DAHONボードウォーク

このDAHONボードウォークで、せめて今年中に1回はロングライドに出掛けたいですね。

タグ : 自転車 ミニベロ DAHON Boardwalk ダホン ボードウォーク 折りたたみ自転車 ボトル ホルダー 手ぬぐい 

通り雨

一生懸命走れば倒れそうな暑さです。
こんな暑い日は、ポタリングに限ります♪

ポタリング

一生懸命走ればしんどくても、ノンビリ走ればそれほどしんどくない自転車って面白い。

ポタリング

1人のポタリングは、遅ければ遅いほど楽しい。

ちゃりんこルート26

カンバンの文字が剥がれてる。

ちゃりんこルート26移転

どうやら200~300m北に移転するようです。

移転先の店舗は、今の店舗よりは涼しくなるそうです。

通り雨

通り雨。
暑いくらいに天気が良いのに降る雨。

通り雨

これで少しは涼しくなればいいのにと思う。

2013年 7月13日(土)
走行時間:55分
走行距離:15km
平均速度:16.1km/h

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク DAHON Boardwalk ポタリング  

2013年5月 町ジテ走行会

今日は久しぶりの町ジテ走行会です。

和歌山城から海南方面に向かって伊太祁曽神社までということでした。

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)走行会

今日は午後から天気が悪くなるという天気予報の影響なのかもしれませんが、比較的集まりが悪いようで14名ほどでした。
これくらいがちょうどいいかもしれませんね。

走り出してしばらくすると私のダホン ボードウォーク 10速仕様のフロントチェーンリングからチェーンが脱落。
トップギアで走行中、アウターとセンターの間にチェーンが落ちたみたいです。
まぁ、チェーンを掛け直して事無きを得ましたが、今後は何か対策が必要かもしれません。

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)走行会

はYしさんが牽いてるからか、町ジテ走行会にしては今日はちょっと巡航速度が速いかも?
サイコンを見ると時速30km/h。
10速化したボードウォークではトップギア使いまくりです。(^^;

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)走行会 終了

海南のコンビニに着くちょっと前から小雨がパラパラ・・・。
ということで、今月の町ジテ走行会はここで終了。
まぁ、無理しないことが一番ですね。

強力馬力自転車屋チームジャージ

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店に着くと強力馬力自転車屋リーダーがチームジャージを持ってきてくれていました。
とりあえずみんなで記念撮影。
1人だけ体の幅が違う人がいる。。。

強力馬力自転車屋チームジャージ

ウェアはサイズよりちょっと大きめみたいです。
私はウィンドジャケットLサイズ、ビブパンツXLサイズを注文していたので、気になって家に帰ってビブパンツを履いてみましたがピッタリでした。。。(--;

それにしても、軟弱ポタラーのオイラがこんなカッコイイの着て大丈夫かな?(^^;

2013年 5月19日(日)
走行時間:57分
走行距離:19km
平均速度:20.2km/h

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク 町ジテ 町のじてんしゃ修理屋さん 走行会 

ミニベロ ダホン ボードウォーク10速化

他のサイトなどでダホン ボードウォークなどのフロントがシングルのチェーンリングをダブル化しているミニベロをたまに見かけますが凄いですね。
私はそこまで凄いことは出来ませんが、それでもちょっとでも楽に坂道を登りたいと思っていました。
それに、ダホン ボードウォークに付いていたホイールは精度がそれほど良くなくてセンターがずれていたり、リムの繋ぎ目の処理が全然ダメでした。
ホイールのセンターがずれているため、ブレーキをかけるとホイールが歪められ、自転車が曲がったような感じを受けます。

また、四角テーパーのクランクシャフトではBBベアリングのボールがよく潰れるのも悩みのタネでしたので、ホローテックIIなどのクランクにしたいと思っていました。

ということで、ダホン ボードウォークの気になる箇所を改善するためにパーツ交換の構想を練ることにしました。
まず、目標(目的)を決めないと焦点がぼやけたり、違う方向に行ってしまうといけないので・・・

とりあえず、目標を決めました。
・ホイール交換
・10速化
・ホローテック化(ホローテックII)
・ギア比(ロー側)を充実(ワイドギヤ)

ホイールはボードウォークの上位機種のSpeed P8やMu P8などに付いているホイールにしようと思います。
A-Classなんかのハブが付いたカッコイイホイールも素敵ですが値段が高いので却下。
ホイールの性能はよくわかりませんが、今のホイールよりも少しでも精度の高いホイールならそれで充分です。
今のホイールの精度が悪過ぎ。。。(^^;

私のダホン ボードウォークに付いるのは、チェーンリング(フロント)52T、スプロケット(リア)12-28Tです。
今のタイヤ(20 x 1.75)の場合、ペダル1回転での進む距離は、
7速 52T-12T 6.81m
6速 52T-14T 5.83m
5速 52T-16T 5.11m
4速 52T-18T 4.54m
3速 52T-21T 3.89m
2速 52T-24T 3.40m
1速 52T-28T 2.92m
と、計算上はこうなります。

ロー側で、ペダル1回転1.9mが私の理想です。
できるだけ1.9mに近づけたいと思っています。

SHIMANOのサイトを見ていると、10速11-36Tというワイドなスプロケットを発見。
このワイドなスプロケットにしたいと思いました。
(フロントW化はせずに、今まで通りフロントはシングルでいきます)

そこで、このワイドなスプロケットと仮定して、フロントのチェーンリングのギア数を考えます。
今の7速(ペダル1回転で6.81m)は、私の脚ではまともに踏むことは出来ません。
なので、トップ側は今の6速と7速の中間くらいで良いと思っています。

ということで計算してみると、フロントのチェーンリングは46Tがベストということになりました。
46T-11Tで、今のタイヤ(20 x 1.75)の場合ペダル1回転で6.57m、将来的に20x1.5のタイヤにした場合はペダル1回転で6.31mという感じです。
また、フロントチェーンリング46Tの場合、スプロケット36Tのロー側ではペダル1回転で2.01mと、理想の1.9mにかなり近づけることができます。

10速 46T-11T 6.57m
9速 46T-13T 5.56m
8速 46T-15T 4.82m
7速 46T-17T 4.25m
6速 46T-19T 3.80m
5速 46T-21T 3.44m
4速 46T-24T 3.01m
3速 46T-28T 2.58m
2速 46T-32T 2.26m
1速 46T-36T 2.01m
将来的にタイヤを20x1.5にすると考えると、10速で6.31m、1速で1.93mになり、ほぼ理想のものになります。

最後にクランクですが、他のサイトを参考に見ているとクランクはトリプルクランクを使用している方が多かったです。
たぶんチェーンラインやチェーンリングがチェーンステーに接触しないようにするためにトリプルクランクにしていそうです。

ここまで決まったので、いつもの町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店に注文しに行きました。

注文した(交換する)パーツ
・Fホイール(DAHON純正・オプション) [DAHON Comp for P8]
・Rホイール(DAHON純正・オプション) ]DAHON Comp for P8]
・カセットスプロケット(11-36T) [XT CS-M771-10]
・シフトレバー(10S)右のみ[Deore SL-M591]
・Rディレイラー(10速対応リアスプロケット・最小最大11-36T)[Deore RD-M593]
・BB(ホローテックII)[Dura-Ace 7900]
・トリプルクランク(クランク長165mm)[105 FC-5703-L]
・チェーンリング(46T・PCD130)[SUGINO]
・チェーン(10S用)[Dura-Ace 7900](最終的に7800のチェーン+ミッシングリンクにしました)

基本的には価格を抑えるために下位グレードのパーツですが、BBやチェーンなどそれほど値段の変わらないものや、カセットスプロケットなど大きく重量が変わるものは上位グレードという感じにしました。
ただ、これだけでもDAHONボードウォークがもう1台買える金額になってしまいましたが・・・。(^^;

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)なので腕は信頼していますが、ミニベロの小径車にロングアームのリヤディレイラーというところがちょっと心配でした。

Rディレイラー(10速対応リアスプロケット・最小最大11-36T)[Deore RD-M593]
対応リアスプロケット最大:36T
対応リアスプロケット最小:11T
フロントギア歯数差:18T
トータルキャパシティ:43T

「ミニベロ ダホン ボードウォーク10速化」の続きを読む

タグ : 折りたたみ 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク 10速化 クランク チェーンリング シマノ スギノ 

自転車の世界観

先日、会社の先輩が先輩の息子が乗っていて乗らなくなった20インチの折りたたみ小径車で通勤していました。
どこのメーカーかは興味もありませんでしたので覚えていませんが、黒いボディーにド派手なカラーのファットタイヤ。
明らかに若者をターゲットにした見た目のインパクト重視の量販車。

タイヤはツルツル、聞くところによれば5,6段ある変速機は動かないとのこと。
もちろんチェーンはサビサビ。
これじゃー、せっかくの自転車通勤も面白くないことでしょう。

数日後、その自転車はパンクして処分することになったそうです。
いくらで購入したかしりませんが、タイヤを交換するだけで自転車の購入額近くまでかかることでしょう。
その自転車に思い入れが無い限り、タイヤ交換までしてサビサビの自転車に乗るほどの価値があるようには思えません。
まぁ、タイヤはツルツルで、パーツはサビサビなので、賢明な判断だったと思います。

別に量販車や安い自転車がいけないと言っている訳ではありませんが、安い折りたたみ自転車はタチが悪いように思います。
安い自転車の代表格としてママチャリがあります。

私もママチャリが好きで乗っています。
まぁ、ママチャリと言っても1万円しないママチャリもあれば、5万円くらいのママチャリもあり様々ですが・・・。
ママチャリは比較的大量に販売できるため価格を安く抑えることができるようにも思います。

ところが、ママチャリと比較してそれほど大量に販売できない小径車は、どうしても価格が高くなってしまいます。
しかし、価格が高いと自転車を購入してくれなくなるというジレンマに陥りやすいものです。
そこで価格を安く抑えるために、パーツなどの品質を落とすことで低コストで自転車を製作して価格を安くしています。

折りたたみ自転車は折りたためるから折りたたみ自転車と言うのは当たり前のことで、折りたたみ自転車の最大のセールスポイントは折りたたみの機能にあります。
その折りたたみ機能は、当然折りたたみのパーツでできています。

その折りたたみ部分のパーツが粗悪品だと、折りたたみ自転車の最大のセールスポイントが最大のウィークポイントになってしまいます。
走行中に折りたたみ部分が破損してしまうと怪我すると思いますし、怪我だけですまなくなるかもしれません。
自転車は命を乗せて走るものだと言う認識が大切だと思います。
だから「走れればいい」とか「安ければいい」という、ある意味ママチャリ的な発想はとても危険だと思っています。

そのため、せめて安い自転車を買うなら折りたたみ機能の付いていない良く売れている自転車にするべきだと思っています。
つまりはママチャリですね。

パーツの品質は購入前からある程度わかるものもあれば、しばらく使ってみないとわからないこともあります。
私はひとつの目安として、ブレーキキャリパー(タイヤのリムを挟んで自転車の進行を止めようとするパーツ)の厚みを見ています。
そして、街中でよく走っている自転車のサビ具合なども見ていれば、新車で購入した自転車も数年経てばどのようになるのかが容易に想像できます。

安い自転車は、とにかくブレーキキャリパーが薄いです。
鉄板を折り曲げて作っただけのようなペラペラの薄いブレーキでは、まともに止まることができず怖くて乗れたものではありません。
オヤジから受け継いだ私のママチャリも最初は薄いペラペラのブレーキキャリパーだったので交換しました。

止まらない自転車ほど危険なものはありません。
少し良いブレーキキャリパーとの原価の差はたかが知れている程度だと思います。
なので安全性を犠牲にしてまで生産コストを切り詰めないと安く販売できない自転車に安心して乗れないように思っています。
安い自転車はブレーキキャリパーだけでなく、様々なパーツが同じようにコストダウンしたパーツで構成されていることでしょう。

そして、もうひとつが自転車のメンテナンスです。
ママチャリが普及していうこともあり、メンテナンスしなくても乗れると思っていることがあるように思います。
確かにメンテナンスしなくてもある程度は乗れてしまうのがママチャリの良いところだと思います。
まぁ、実際ママチャリはノーメンテではなくローメンテだと思いますが。。。

しかし、そのママチャリ的な感覚で、折りたたみ自転車を扱うことは難しいと思います。
折りたたみ自転車と言えば、その大半は小径車ということになります。

ブレーキ1つをとってみても、ブレーキが効かなければダメですが、効きすぎても車輪がロックして転倒する恐れがあります。
特に小径車は車輪が小さく小回りが効くぶん、道路の凸凹を拾いやすく不意にハンドルが取られたりします。
不意にハンドルを取られた状態でブレーキを掛けると、どのようなことが起きるのか想像しただけでも怖いものです。

そのブレーキをメンテナンス性の低い粗悪なパーツで調整していたとしても、いつまでも同じ状態が維持できるとも限りません。
特にワイヤーは初期伸びというのがあり、ある程度使用してワイヤーを伸ばさないと、せっかく調整してもまたすぐに調整が狂ってきます。
変速機のワイヤーも同じことです。
そこで調整などのメンテナンスが必要になってきます。

通販など同じ自転車が安く買えるからと言って、自転車を通販などで買ってしまうと、その後が大変です。
調整などのメンテナンスを購入した店やショップ以外に持ち込むと、当然料金はかかってきます。
自転車屋は商売であり、それで飯を食っているのです。
ボランティアではありません。
もしメンテナンスや調整が無料だとしても、次に自転車を自店で購入してくれるかもしれないという期待があるからこそできることなのです。

なので、自分で調整やメンテナンスできる技術や道具がある人は、通販などで安く自転車を購入してもいいと思いますが、そうでない人は自転車購入後の調整などメンテナンスに苦労したりお金が必要になってきます。
通販などで安く買えたと思った自転車も、結局は購入後の調整やメンテナンスなどに費用がかかり、トータル的にはそれほど安くは無く、むしろ近所で腕のある自転車屋で購入したほうが結局は安くなることも考えられますので、自転車購入時の多少の金額的な差はそれほど関係ないと思っています。
そして、自転車に不具合が無くても、自転車に乗っていればいろいろと劣化してきますので、定期的にメンテナンスをすれば自転車がリフレッシュされ気持ちが良いです。
メンテナンスされた自転車の良さを知れば感動するかもしれません。

ところで、この記事の冒頭にも書いた先輩ですが、また新しく安い使い捨て自転車を買うそうです。
私の考えとは真逆の考え方です。
別にその先輩のライフスタイルや生活環境を知っている訳でもありませんし、自転車に何を求めているのかもわかりません。

アドバイスを求められれば、私は私なりの自転車への考えを伝えますが、自分の考えを押し付けようとまでは思いません。
アドバイスを求められたから、私の考えを述べたまでです。

人の考えに異を唱え、考え方を変えさせるには多大な労力と時間が必要になってきます。
時には反感を買い、最後まで理解してもらえないことさえあります。
そこまで苦労して相手を説得させるだけの気力も時間も今の私にはありません。

その人が、どのような自転車に乗ろうが、自転車で苦労しようが私にとっては直接関係ないことです。
厳しい言い方かもしれませんが、所詮「他人」だからということと、アドバイスに対する見返りが私の費やす時間と苦労に釣り合わないと思うからです。
でも、時には友達や仲間には熱く語ってしまいますが・・・(^^;

自転車のチェーンに油を注して、タイヤの空気圧を高めにし、サドルを高くして脚力が充分ペダルに伝わるポジションにするだけでも自転車の走りが随分違ってきます。
いつまでもママチャリ的な感覚にとらわれていずに、ママチャリ思考から脱却して自転車の楽しさを体感できると、今まで自分が思っていた自転車の世界観が変わります。

ところで、いったいこの長い文章だけのつまらない記事を最後まで誰が読んでくれるのでしょうか?
私なら、きっと読まない・・・(笑

タグ : 自転車 ミニベロ 折りたたみ自転車 小径車 ママチャリ メンテナンス パーツ 

春の陽気に誘われて・・・ お花見ポタリング

暖かくなってきましたね~
ローディーではなくポタラーだと言いつつも、最近では自転車のスピードや距離にこだわりすぎていたように思います。
と、いうことで、久しぶりのダホン ボードウォークで近所のお花見ポタリングに行ってきました。

和歌山城お花見ポタリング

私の家の近所のお花見スポットと言えば和歌山城。
通勤で和歌山城の前を通ることも多いのですが、最近でも桜があまり咲いている印象がありませんでした。
でも、まぁとりあえず和歌山城に行ってみました。

和歌山城の桜

「桜まつり」のちょうちんは出ているのですが、和歌山城の入口付近の桜はつぼみが多かったです。
桜に詳しくないのですが、あと1週間ほどで見頃なのでしょうか。

和歌山城お花見ポタリング

和歌山城の中に入ると、チラホラとお花見をしている人達がいました。
ノンビリした雰囲気でいいですね。

和歌山城のお花見

1つだけ他と種類のちがう桜(「しだれ桜」かな?)が綺麗に咲いていました。
画像よりはもう少しピンク色だったと思いますが。

和歌山城のしだれ桜

その後、いつものように町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)巡り。(^^;
この時期は新入学や就職などで、自転車屋さんは大忙しでした。

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)和歌山店

町ジテ大浦街道店でミニベロが大好きな顔見知りの方としゃべっている中でショックなことがありました。
それは、私が今まで自分のダホン ボードウォークのクランク長が165mmだと思っていたのですが、実は170mmだったということです。
クランクの裏側に「170」と刻まれていました。

私のシティサイクルのクランク長が170mmで長いと感じたのですが、ボードウォークの170mmはそれほど長いと感じていませんでした。
そのため、ボードウォークのクランク長が165mmだと思っていましたが、帰宅後クランクを測ると170mmでした。

和歌山城近くの公園の桜

自転車によってクランク(BB)からサドルまでの角度によって、こんなに違うものと感じたのだと思います。
今まで自分の身長(166cm)にピッタリなクランク長は165mmだと思っていたのですが、考え方を変えなければいけないようです。

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店

それにしても、ダホン ボードウォークD7が今回でラストランとなるのか?
それは誰にもわかりません・・・

ちなみに、ダホン ボードウォークの「D7」の7という数字は7段変速ということらしいですヨ。(^^;

タグ : 自転車 ミニベロ 小径車 折りたたみ自転車 ダホン ボードウォーク 和歌山城 花見 ポタリング 町のじてんしゃ修理屋さん 

2012年ポタリング・サイクリング記録 ダホン ボードウォークD7 楽しい想い出をありがとう・・・

年月 目的・目的地 走行時間 走行距離 平均速度 自転車
1月 2日 猿坂峠・大川峠・森林公園 2時間45分 44km 15.9km/h アサヒ
オフィスプレス
1月 8日 伊太祁曽神社・町ジテ貴志川店 2時間22分 44km 18.8km/h アサヒ
オフィスプレス
1月 9日 貴志川・ラーメン・根来さくらの里(道の駅) 2時間34分 48km 18.7km/h アサヒ
オフィスプレス
1月15日 町ジテ走行会(雑賀崎・四季の郷) 1時間38分 32km 19.9km/h アサヒ
オフィスプレス
1月22日 山田ダム(雨山トンネル) 2時間40分 53km 20.0km/h ダホン
ボードウォーク
2月11日 雑賀崎・海南方面ポタリング 1時間45分 34km 19.4km/h ダホン
ボードウォーク
2月19日 町ジテ走行会(和田川・伊太祁曽神社)・ピチピチビーチ 4時間56分 86km 17.4km/h ダホン
ボードウォーク
3月20日 ご近所リハビリポタリング 1時間09分 20km 17.3km/h ダホン
ボードウォーク
3月24日 町ジテ貴志川店 1時間56分 39km 20.4km/h ダホン
ボードウォーク
4月 8日
(日)
ピンクリボンサイクリング2012 5時間28分 84km 15.4km/h ダホン
ボードウォーク
4月15日
(日)
京奈和自動車道 紀北東道路 開通記念 サイクリング・イベント 4時間49分 98km 20.4km/h ダホン
ボードウォーク
4月29日
(日)
大和郡山200kmライド 9時間59分 203km 20.3km/h ダホン
ボードウォーク
5月04日
(金)
ラーメンポタリング失敗 2時間27分 50km 20.6km/h ダホン
ボードウォーク
5月05日
(土)
コメダ珈琲 和歌山大谷店事前調査ポタリング 1時間15分 18km 14.9km/h アサヒ
オフィスプレス
5月12日
(土)
琵琶湖ツーリング 7時間18分 149km 20.4km/h ダホン
ボードウォーク
5月19日
(土)
和泉葛城山 5時間37分 95km 16.9km/h アサヒ
オフィスプレス
5月27日
(日)
ちゃりんこルート26・docomoショップ・町ジテ和歌山店 54分 15km 17.3km/h ダホン
ボードウォーク
6月 3日
(日)
高野山 6時間57分 129km 18.6km/h ダホン
ボードウォーク
6月10日
(日)
りんくう公園 4時間38分 90km 19.4km/h ダホン
ボードウォーク
6月23日
(土)
うらしま(和歌山ラーメン) 2時間26分 53km 21.8km/h ダホン
ボードウォーク
7月 8日
(日)
散髪 23分 7km 19.0km/h ダホン
ボードウォーク
7月15日
(日)
町ジテ走行会(めっけもん広場) 2時間58分 58km 19.7km/h ダホン
ボードウォーク
7月21日
(土)
スポーツデポ(スポーツ用品店) 44分 14km 19.6km/h アサヒ
オフィスプレス
7月28日
(土)
金剛山・紀見峠 9時間25分 169km 17.9km/h ダホン
ボードウォーク
7月29日
(日)
町ジテ和歌山店・町ジテ大浦街道店 36分 9km 15.9km/h ダホン
ボードウォーク
8月 5日
(日)
白浜往復 11時間42分 239km 20.4km/h ダホン
ボードウォーク
8月19日
(日)
町ジテ走行会(加太) 2時間01分 38km 19.0km/h ダホン
ボードウォーク
8月25日
(土)
町ジテ大浦街道店・スポーツデポ(スポーツ用品店) 39分 12km 18.8km/h ダホン
ボードウォーク
8月26日
(日)
高野山 8時間34分 147km 17.1km/h ダホン
ボードウォーク
9月 2日
(日)
町ジテ大浦街道店 9分 2km 16.8km/h ダホン
ボードウォーク
9月 9日
(日)
強力馬力自転車屋グルメポタ 3時間46分 77km 20.4km/h ダホン
ボードウォーク
10月 8日
(月祝)
黒沢牧場・和ダイニング「清乃」ラーメン・千葉山 5時間38分 100km 17.8km/h ダホン
ボードウォーク
10月14日
(日)
お食事処「ふみ」焼きそば 2時間54分 63km 21.7km/h ダホン
ボードウォーク
10月21日
(日)
町ジテ走行会・黒川峠 4時間 3分 78km 19.3km/h ダホン
ボードウォーク
10月27日
(土)
暴豚製麺所 1時間43分 33km 19.4km/h ダホン
ボードウォーク
11月10日
(土)
高野山ベトロモンターニャ 9時間 1分 155km 17.2km/h ダホン
ボードウォーク
11月18日
(日)
運転免許更新 32分 11km 19.8km/h ダホン
ボードウォーク
12月16日
(日)
町ジテ走行会 加太方面 2時間25分 44km 18.2km/h ダホン
ボードウォーク
12月23日
(日)
アンカーRL8納車ツーリング ?km ?km/h アンカーRL8

私が自転車に乗りたいと思い、右も左もわからないまま店員さんに勧められるままに2011年7月末に購入したのがDAHON Boardwalk D7です。

ピンクリボンサイクリング
法隆寺

最初は40~50km走るくらいでも膝が痛くなりました。
しかし不思議なことに、数ヶ月くらい乗り続けていると、いつの間にか膝が痛くなることはほとんどなくなりました。
また、お尻も痛くなったのでサドルを柔らかいものに替えたり、風の抵抗を受けにくいようにハンドルバーやハンドルポストのカットをしたりして、快適に乗りこなせるようになりました。

琵琶湖風車村
高野山大門

そして徐々に走行距離を伸ばしていき、去年の2012年には折りたたみ自転車のダホン ボードウォークで200km走行や、(琵琶湖大橋までの湖北ですが)琵琶湖1周をしたり、金剛山ヒルクライムでは足を攣りながらも登ったり、白浜往復240kmロングライドをしてみたり、高野山を登ってみたりと、ダホン ボードウォークでいろいろな場所に行き、(乗っている最中はしんどかったですが)とても楽しませてくれたミニベロでした。

りんくう
ピチピチビーチ

おそらく固いアルミフレームのミニベロでは、ここまで乗りこなすことは出来なかったことだと思います。
やっぱりクロモリのミニベロであるダホン ボードウォークを選んで正解だったと思っています。
まぁ、最初はそんなことなど知らずに、見た目だけでたまたま買った折りたたみ自転車なのですが・・・(^^;

和歌山ぶらくり丁商店街
金剛山

「2012年ポタリング・サイクリング記録 ダホン ボードウォークD7 楽しい想い出をありがとう・・・」の続きを読む

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク ポタリング 折りたたみ自転車 小径車 DAHON Boardwalk 

ポタリング道「楽」

ダホン ボードウォーク

ポタリングは、自転車で走ってどれだけ新しい発見があるか、どれだけ自転車で楽しめるかだと私は思います。
自転車は速く走れる自転車にこしたことはありませんが、速く走るということは、より多くの発見を見逃すことでもあります。

景色や新たな発見を求めて、いったいどれだけ立ち止まったり、戻ってみたり、引き返したりしてるのでしょうか?
速く移動したいのであれば、何も自転車でなくてもよい。
では、なぜ自転車にこだわるのか?

ローディは「速さ」を求めるのに対し、ポタラーは「楽」を求めるものだと思います。
そのため、ポタラーの自転車は「速く走る」のではなく、「楽に走れる」自転車がベストではないかと思います。
他から見れば、やっていることは同じでも、目的が違います。
少なくとも私は・・・。(^^;

ロードバイク アンカー RL8

そして最近、私はロードバイクを購入しました。
フルカーボンのロードバイクです。
パーツは9000番DURA-ACE、ホイールはFULCRUM RACING ZERO、ペダルはスピードプレイ。
(写真はスピードプレイ取り付け前の写真ですが・・・)
これだけのスペックを見ればいかにも速そうなロードバイクだと思いますが、所詮乗るのは貧脚のポタラーの私です。

多くの皆さんから、ロードバイク初心者の私にいろいろアドバイスを頂きます。
とってもありがたいことです。
しかし、多くの皆さんはローディであり、ローディとしてのアドバイスであります。

アドバイスは、きっと間違ってはいないことでしょう。
しかし、ポタラーの私にとって、それがベストなのか?と疑問を抱くことが多々あります。
まぁ、洗脳されやすい私のことですので、その場では「なるほど、そうか!フムフム・・・」など聞いていますが、家に帰って冷静に考えれば、「そこまでして、私は自転車に求めていることだろうか?」という疑問が出てきます。

とは言え、ローディの皆さんと一緒に走るのは楽しいし、その皆さんの迷惑にならないように高価なロードバイクを涙を惜しんで買ったのでした。
それと、自分のために「ロングライド」というのを楽しむために。
だから、ロードバイクだからと言って、私の求めているのはあくまで「楽」なのです。
しかし、時々混同してきてしまいます。

自分の求めているものは何なのか?
快適、楽、体力、スピード、お金、対費用効果、安全性、リスク・・・etc

「ロングライド」というのを楽しむためにも買ったロードバイク。
折りたたみ自転車ダホン ボードウォークでは300km走る自信はありますが、フルカーボンのロードバイクでは今の現状では自信がありません。
高価なロードバイクを買ったにも関わらず本末転倒です。
思い当たる原因は様々ありますが、1つずつその原因を取り除いて、少しずつ改善していきたいと思います。

DHバー

追伸:
ダホン ボードウォークにDHバー(トライアスロン用エアロバー)着けました。
速く走るためではありません。
バーハンドルのミニベロに長時間乗っていると、ハンドルを持ちたくなくなってくる時があります。
その時のための(そうならないための)DHバーです。
ただ、このDHバーを握ると、今の私のロードバイク以上の前傾姿勢になり、股間が圧迫されまくりで、サドルを何とかしないととても乗れたものではありません。

パグ犬「銀次郎」

困ったものです。。。(^^;

タグ : 自転車 ミニベロ ポタリング ダホン ボードウォーク 折りたたみ自転車 ロードバイク ロングライド 快適 アドバイス 

ロードバイク アンカー RL8 のポジション

アンカー RL8のポジションがどうもしっくりきません。
まぁ、ロードバイク自体が始めてということで、その前傾姿勢に慣れていないのもあるかもしれませんが・・・。

ということで、私のロードバイク以外の自転車と比較したいと思いました。
他の自転車もきっちりポジション調整している訳ではありませんので、自転車ごとに乗り味が変わるのですが、それでもそれなりに違和感なく乗れています。
それに比べてロードバイク アンカー RL8は違和感アリアリです。(^^;

ロードバイク アンカーRL8

画像は、カメラを台に乗せて自転車までの距離をほぼ一定にして撮影したものを、画像編集ソフトでクランク(BB)の位置を合わせるようにして合成しました。

ダホン ボードウォークとの比較

ダホン ボードウォーク

ダホン ボードウォークは、今でもお気に入りの自転車です。
ポジション関係として、ハンドルポストのカット、ハンドルバーのカット、サドルの交換をしています。

ダホン ボードウォークとの比較

ロードバイク アンカーRL8との比較です。
RL8のサドル位置が低く、RL8の上ハンでの握り位置は違うのですが、ミニベロのボードウォークのジオメトリー(と言うのかな?)は、ほとんどロードバイクRL8と同じだったのには驚きました。
じゃー、この乗り心地の違いはいったい何?という疑問が出てきます。

ママチャリとの比較

ママチャリ

ママチャリは雨の日以外の通勤で活躍してくれています。
ポジション関係として、シートポスト交換、ハンドル交換ハンドルバーの逆付け、ハンドルポストのカット、サドルの交換(現在は2011年モデル ダホン ボードウォークに標準で付いていたサドル)をしています。
通勤距離が遠くないためか、ちょっとハンドルの位置が近いという以外は不満もありません。

ママチャリとの比較

ロードバイク アンカーRL8との比較ですが、ママチャリはハンドルが近くに感じるため、サドルは結構後寄りにセットし、RL8は逆に前寄りにセットしています。
ママチャリのハンドルは目いっぱい下げ、ハンドルバーも逆向きにセットして、ママチャリとしては結構ハンドル位置が低いほうです。

アサヒ オフィスプレスとの比較

アサヒ オフィスプレス

アサヒ オフィスプレスのポジション関係として、ショートクランク導入、ハンドルバーの交換をしています。
アサヒ オフィスプレスは、チェーンリングを小さなものへ交換したこともあり、山や峠などを登るときに活躍していましたが、今ではママチャリのピンチヒッターとしてヒッソリと出番待ちの状態で眠っています。このまま永眠するかも・・・?(^^;

アサヒ オフィスプレスとの比較

ポジション的には、ロードバイク以外の自転車の中では一番RL8に近いポジションだと思います。
ハンドルの高さはRL8より高いものの、サドルからハンドル(バーエンドバー)までの距離がRL8の上ハンまでの距離に近いものがあります。

理想を言えば、ダホン ボードウォークのポジションに近づけたいですが、フラットバーとドロップハンドルでハンドルの形状も違うこともあり、なかなか理想のポジションを探すのは難しいです。

ロードバイク アンカーRL8

タグ : 自転車 ロードバイク アンカー RL8 ミニベロ ダホン ボードウォーク ママチャリ ポジション 比較 

ピカールでホイール ピッカピカ

ホームセンターやワークショップ(職人の店)でピカールや防寒グッズなどいろいろ買い物をしてきました。
防寒用フルフェイスマスクは、ホームセンターよりもワークショップ(職人の店)のほうが種類も多く品質も良さそうで、しかも安かったのには驚きました。
B級品の軍手なんかは12セットで200円、120セットで2000円でした。
もう、これからはホームセンターで軍手や衣料は買えません・・・(^^;

PIKAL(ピカール)

今日の買い物のメインは、このPIKAL(ピカール)です。
外で自転車をイジルのは寒いので、暖かい部屋の中でママチャリのスポークをピカピカにしてやろうという魂胆です。

最初は古タオルでスポークを磨いていました。
でも、なかなか綺麗にならなかったので、写真のピカールの前にあるようなちょっとゴワゴワしたヤスリが家にあったので、それでスポークを磨くことにしました。
古タオルでスポークを磨くよりはよっぽどマシでしたが、なかなか簡単にスポークはピカピカになりませんでした。
それでも、なんとか根気で磨きましたが、フロントホイールだけで疲れ果てて、結局リヤホイールは磨きませんでした。

ピカールで磨いたママチャリのフロントホイール
PIKAL(ピカール)

翌日もママチャリのリヤホールのスポークを磨く気にはなれなかったのですが、ピカールの裏を見るとプラスチックにも効果があるようです。
車が古くなってくるとヘッドライトがくすんできて、そのくすみが余計に古さを感じさせるような気がしていました。
そこで、車のヘッドライトを磨きました。
古タオルで車のヘッドライトを軽く磨くだけでピカピカになり、車もちょっと若返りました。(^^;

車のヘッドライトもピカールでピッカピカ

車のヘッドライトがピカールでピカピカになり気持ちが良くなったので、ダホン ボードウォークのホイールもピカールで磨くことにしました。
ピカールをつけて古タオルでリムをちょっと磨くと綺麗になりました。

ダホン ボードウォークのホイールもピカールで磨く

どうやらピカールは洗浄成分もコンパウンドも入っているようです、
チェーンオイルが染み込んで、いくら磨いても綺麗にならなかったので、リムの汚れは諦めていましたが、ピカールでリムが簡単に綺麗になりました。

ダホン ボードウォークのホイールもピッカピカ

ダホン ボードウォークのホイールもピカピカになりサイクリングの準備はバッチリ整いました。
あとは私のサイクリングに出掛ける気力だけ・・・(^^;

ピカピカになったダホン ボードウォークのホイール

タグ : 自転車 ママチャリ ミニベロ ピカール ダホン ボードウォーク ホイール リム スポーク ヘッドライト 

ミニベロ ダホン ボードウォークのリヤハブ グリスアップ

ここまでくると勘の鋭い人は、もうお分かりかと思いますが、この3連休のうち天気の良かった2日間は、2日間とも自転車に乗らずに、自転車のメンテナンスをしていました。
だって、気が乗らなかったので・・・(^^;

ということで、要らなくなった食器洗いケース(と言うのかわかりませんが)にホイールを乗せて、その上でハブのグリスアップ開始です。
まぁ、食器洗いケースでなくても良いのですが、作業中はハブのボール(球)が転がって無くさないようにしないといけませんので。

グリスアップ開始

そして、このような作業に必要なステンレスのシャーレ。
100円ショップの調理用具のコーナーにありました。
なかなか、このシャーレはいろいろと使い勝手が良いです。
なんだか、いまから手術するような感じです・・・。

リヤホイールのハブ

ハブに付いているゴムキャップを外すと、真っ黒になったグリスが出てきました。
この色は、なんだか嫌な感じ。

グリスはタップリ塗っているので、古いグリスは綿棒ですくってウエス(古タオルなどの切れ端)に塗り付けて、ある程度まで古いグリスを掬い取ってから、ウエスで綺麗にしました。

ハブのゴムキャップ

手が一瞬で真っ黒になります。(^^;
ゴム手袋を嵌めれば良かったと後悔しましたが、このままゴム手袋を嵌めると、ゴム手袋の中まで汚れてしまうので、今回はあきらめました。

グリスは意外と汚れていない

玉押しをハブスパナで外してみると、球(ボール)は意外に綺麗でした。
あの真っ黒なグリスは、いったいどこの汚れなのか?

玉押し

玉押しに虫喰いは無さそうです。
フロントは虫喰いだらけだと思いますが、それはナイショです・・・。(^^;

球(ボール)

先端に磁石がついたピックアップツールで球を取り出します。
無くさないように注意していても、ピックアップツールから球を外すときに、2個ほど転がり落ちました。
磁石が強力すぎる。。。

球の洗浄

フィルムケースに球を入れて、パーツクリーナーで球を綺麗にします。
最近は写真を現像することが無くなったので、フィルムケースがなかなか手に入りにくくなりました。
今となっては貴重なフィルムケースです。

「ミニベロ ダホン ボードウォークのリヤハブ グリスアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク ハブ グリスアップ グリス スプロケ ホイール シャーレ 

自転車のタイヤ付近からの異音探し

1ヶ月くらい前から、上り坂を登るときに「ギィ~」「ギィ~」「ギィ~」と、タイヤの回転に合わせて異音が鳴るので気になっていました。
タイヤの異音には気にはなっていましたが、なかなかジックリと自転車を観察するタイミングがありませんでした。
登り坂以外では、その異音は鳴っていなかったので、異音の調査は後回し後回しになっていました。

ダホン ボードウォークのタイヤの切れ込み

そこで先日、ミニベロ ダホン ボードウォークを自転車スタンドにセットしたときにタイヤを見ると、真っ直ぐに削れたような切れ込み線が2本あるこを発見しました。
写真の▲の延長線上です。
きっとタイヤのこの部分が、おそらく泥除けのどこかと擦れて削れたのだと思います。

ダホン ボードウォークの泥除けステー

2本の溝の間隔を測ると22mmくらいでした。
リヤの泥除けの後端部分のステー部分が似たような幅でしたので、おそらくこの泥除けステーがタイヤと接触していたのではないかと思われます。

ダホン ボードウォークの泥除けステー

そこで、泥除けステーの横の部分のネジを緩めて、タイヤと接触しないように、泥除けステーのクリアランスをもう少し確保するようにセットし直しました。

ダホン ボードウォークの泥除けステー(前輪の泥除け)

ついでに前輪の泥除けステー部分を見ると、ステーが片方外れかけていましたので、これもセットし直しました。
写真の▼部分です。

それにしても、登り坂の時だけタイヤと泥除けが接触するということは、それなりに自転車がしなっていたということでしょうか。
自転車に乗っているときは、自転車がしなるという感覚は感じませんが、ミニベロでもさすがクロモリと言うべきなのかもしれませんね。
私が鈍感なのかなぁ?(^^;

せっかくタイヤも外したので、いつものようにCURE CRC-556をパイプの小さな穴に吹き付けて、(良いのか悪いのかわかりませんが)雨水や湿気が入り込まないように、その穴をテープで塞いでおきました。
ダホン ボードウォークもクロモリ(鉄)なので・・・(^^;

ダホン ボードウォーク

それにしても、自転車って良く見ると、小さな穴がいっぱい開いてるんですね。
ミニベロのダホン ボードウォークでも10ヶ所は穴が開いてました。

まぁ、不具合箇所などいろいろ見つかって良かったです。
たまにはジックリと自転車を観察したり、メンテするのも必要ですね。

タグ : 自転車 ダホン ボードウォーク 異音 泥除け ステー タイヤ 切れ込み ミニベロ 不具合 

ミニベロのチェーン洗浄

寒くなってきましたね~
寒いのが苦手な私は、あまり自転車で走る気力が沸きません。
根が軟弱ポタラーなので、走りたくないときは無理に走らなくていいんですよ。
まぁ、そのうち寒くても走りたくなりますので・・・(^^;

ローディとは違うのだよ。ローディとは。

ということで、ミニベロ ダホン ボードウォークのチェーンを洗浄することにしました。
ディグリーザーという洗浄液を持ってませんので、いつものようにパーツクリーナーでチェーンを洗浄します。

いつもはチェーン洗浄するときは、パーツクリーナーを1本まるまる使っていたのですが、今回は違いました。
チェーンクリーナーを反対にセットして、自転車を漕ぐ方向にクランクを回して、チェーンクリーナーの口の部分にパーツクリーナーを吹きかけることにしました。
チェーンクリーナーを逆向きにセットしますので、チェーンクリーナーの取っ手はセットしていません。

ミニベロのチェーン洗浄

こうすることで、パーツクリーナーの液はチェーンクリーナーに溜まって、ある程度溜まると、パーツクリーナーを吹きかけなくてもチェーンクリーナーに溜まった液で洗浄できるので効率的です。
パーツクリーナー1本使うことなくチェーンを洗浄することができました。
まぁ、メチャクチャ綺麗になったと言うよりは、前よりチョットは綺麗になったというレベルなので、だからパーツクリーナーを1本使わずにすんだということも充分考えられます。

この方法で何度か綺麗にして、その後チェーンを切って、チェーンをジップロックなどに入れて、そこにパーツクリーナーを吹きかけてモミモミするとメチャクチャ綺麗になりそうですが、またすぐに汚れると思うと、そこまでする気もなく・・・(笑

とはいえ、コマメにチェーン洗浄して、チェーンを綺麗に保つことが大切なのかもしれませんね。
なんて、なかなか出来ないことですが、まぁ、チェーン洗浄したくなった時にすぐ出来るように準備は必要かと思います。(^^;

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク チェーン 洗浄 パーツクリーナー チェーンクリーナー ディグリーザー 

ベトロモンターニャ(クラシックカーイベント)と紅葉 高野山ヒルクライム

高野山で「ベトロモンターニャ」というクラシックカーのイベントがあり行ってきました。
このベトロモンターニャは、ここ5年くらい毎年嫁さんとパグ犬の銀次郎と車で行っていたのですが、数週間ほど前に銀次郎の体調が数日良くなかったので、今回は私1人で行くことにしました。
(銀次郎は今ではピンピンしてますが、念のため大事をとって今回の高野山へは連れて行かないことにしました)

1人で高野山に行くとなると、わざわざ紅葉で渋滞する時期に車で行くことはありません。
もちろん「チャリ」(自転車)です。(^^;

ところで先週、高野山へ行ったローディの方が、花坂から車の渋滞で自転車ですら登る事が困難なぐらい混んでいたとの情報があり、それならば前回高野山から帰ろうとして失敗した逆コースで、花園から行ってみようと思いました。

ということでYahoo!地図などを見ると、とりあえず有田川沿いの480号線を走らないといけません。
480号線に出るには、いくつかルートがあり、海側に近いほうがそれほどキツイ傾斜を走らなくて済む代わりに距離が伸びます。
逆に高野山に近いほど距離は短くなりますが、傾斜がキツそうです。
まぁ、実際に登ったことはないので傾斜は想像ですが・・・。

海側寄りから有田市に入って、480号線で有田川を登って行くことにします。
と言うことで、とりあえず黒沢牧場を越えることにします。

と、その時、目の前に見覚えのあるブットイタイヤに赤のファー。
FJさんだ♪
前日にFJさんのブログを見ていたのもありますが、凄い偶然です。
でも、以前町ジテ和歌山店で1回見かけただけで、しゃべったことないし・・・。
とりあえずカメラで撮っとこ~♪

FJさん夫妻

と、気配を感じたのかFJさんが2回振り向きました。
デジカメ構えてるの見られたかも?
これは気まずい・・・。(^^;
ということで一言「コンニチワ~」と挨拶だけして逃げるように急いで黒沢牧場を目指しました。

黒沢牧場

そんなこんなで黒沢牧場に到着。
まぁ、黒沢牧場は通過点にすぎないので、黒沢牧場でちょっと休憩して、有田まで楽しいダウンヒル♪
でも、Tシャツ2枚だけでは、ちょっと寒い。。。

黒沢牧場からのダウンヒル

480号線は有田川沿いの道だけあって比較的走りやすい。
しかも、山が迫ってくる感じで迫力満点♪

迫力満点の480号線

しかし、峠を越えて40kmくらい走ってしんどいのに、高野山まであと70kmの標識を見ると、巡航速度20km/hでも3時間半かかるし、しかも登り坂なら20km/h巡航なんて無理だし「本当に大丈夫かなぁ?」という気持ちになります。

高野山までは遠い
迫力満点の480号線

480号線も徐々にアップダウンの道になって、ようやく二川ダムに到着しましたが、地図で見たときは、高野山はまだまだのはず。
高野山までの道のりは長い。。。

二川ダム
あらぎ島

ちょっとだけ「あらぎ島」
とても遠回りまでして「あらぎ島」を正面から見る余裕なんかありませんでした。
480号線からちょっとだけ「あらぎ島」を見ることが出来たので、これでよしとします。(^^;

小学校?

ひたすらアップダウンの480号線を走っていると、お腹が空いてきて、なんとなくヤバイ感じ。
ハンガーノックになったことはありませんが、これはハンガーノックの前兆かも?という感じがしたので、持っていたリュックの中から口の中に入れられそうなものはとにかく食べました。
とは言っても、それほど食べるものは「1本満足」の1つだけで、あとは「塩サプリ」や「塩飴」くらいですが、とにかく食べられそうなものは食べました。
おかげで「塩サプリ」で口の中が荒れてしまった。
kentaiの塩サプリ嫌い。。。

林道

もういい加減シンドイと思っていたところにドラゴン発見!
結構デカイです。
ファイナルファンタジーに出てきそうなドラゴンです。

ドラゴン発見
ドラゴン

登り坂ばっかりで、いい加減嫌になってきた頃だったので、ドラゴンや恐竜を見て余計にテンション上がりまくりです♪

恐竜(花園グリーンパーク)

高野山に近づくにつれて、疲れが溜まってきてはいるものの、紅葉が見れるようになって気分的には軽くなります。

花園の紅葉
花園の紅葉
高野山付近の紅葉
高野山付近の紅葉

でも、高野山に着くまでに100kmの走行はさすがにしんどいです。
どれくらいしんどいかと言いますと・・・

「ベトロモンターニャ(クラシックカーイベント)と紅葉 高野山ヒルクライム」の続きを読む

タグ : 自転車 ミニベロ 和歌山 高野山 ベトロモンターニャ クラシックカー ビンテージカー ヒルクライム ダウンヒル 花園 

お食事処「ふみ」 焼きそばポタリング

以前に町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)の店長(社長?)など雑談していて、焼きそばのことになって店長から「ふみ」の焼きそばがボリューム満点で美味しいということを聞いていました。

「ふみ」と言っても、私の大好きなバンドPOLYSICSのベーシスト「FUMI」とは関係あるのかどうかは不明です。
まぁ、全く関係ないことだと思いますが・・・(^^;

と言うことで、今日は紀ノ川沿い24号線の名手のちょっと手前にある「ふみ」の焼きそばを食べに行ってきました。

和田川沿い堤防

とりあえず町ジテ貴志川店を目指して、いつもの13号線から和田川の土手沿いを走行しました。
何という花か知りませんが、「いかにも花」という感じの花が咲いていて和ませてくれます。

お食事処「ふみ」

「ふみ」の開店時間11:00頃には着きたかったので、とりあえず町ジテ貴志川店には寄らず、そのまま東向いて424号線から13号線を走りました。
そのうち細い路地を走るようになって、左折を余儀なくされる感じで24号線に出て、東向いてちょっと走ったところに「ふみ」がありました。
たまたま「ふみ」の近くの24号線に出てきた感じです。ラッキー♪

「ふみ」の焼きそば

焼きそばを注文。 700円
野菜がたくさんあり、ボリューム満点です。
大量の野菜とそばとソースが絡み合い、自然な甘みが滲み出た美味しい焼きそばでした。
まぁ、大量の野菜から出た水分で、焼きそばとしてはウェットな焼きそばでした。

お食事処「ふみ」の店内

ただ、キャベツの芯の部分がいまひとつだったのと、豊富な調味料だったのですがホコリがたかっていそうな感じだったので調味料類を使う気にはなれませんでした。
星3つ。 ★★★☆☆

「ふみ」で焼きそばを食べた後は、紀ノ川南側のサイクリングロードを帰ります。

ハングライダー

もう、すっかり秋ですね。
スポーツの秋。

逃げないバッタ

○欲の秋。。。

行きしなにスルーした町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)貴志川店に向かう途中のコンビニで休憩していると、以前2012年7月 町ジテ走行会でクリートが外れなかったyossanさんに逢いました。
私の背後からyossanさんが私に声かけてくれました。
後ろからでも私ってそんなに目立つのかな?(^^;
今日はKCC(紀の川サイクリングクラブ)の走行会だったようで、yossanさんも参加していたとのことでした。

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)貴志川店

そんなこんなで、町ジテ貴志川店に到着。
貴志川店店長もダホン ボードウォークを乗っていて、いろいろ手を加えているので、相談などしていました。

私も今後、店長を見習ってダホンP8のホイールを買って、9速化したいと思っています。
まぁ、いつになるかわかりませんが・・・(^^;

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店

その後は、いつもの町ジテ大浦街道店に戻って休憩していると、先ほど貴志川店の近くのコンビニで逢ったyossanさんが来ました。
どうやらyossanさんは大浦街道店に来る前に、町ジテ和歌山店にも寄っていたそうで、町ジテ3店舗巡りですね。(^^;

雲行きも怪しくなってきたので、以前からダホン ボードウォークのタイヤローテーションを家に帰ってしようかなと言うと、「ここでやっていきな」と言ったかどうかは忘れてしまいましたが(^^;、そんな感じのことを言ってくれました。

ダホン ボードウォークのタイヤローテーション

天気も、ほんの少し雨がパラッときた程度で、その後は雨が止んだので、町ジテ大浦街道店の店先でタイヤローテーション開始。
そのうち強力馬力自転車屋のリーダーも来て、談話しながらの作業・・・
なんてプロの町ジテスタッフとは違い、私は話ながら作業ができないので、ノンビリ作業しながらのタイヤローテーションをしました。
なんとかタイヤローテーションも終わって、いつものように暗くなりかけるまでみんなと話していました。

ダホン ボードウォークのタイヤローテーション完了

家に帰る途中、変速がスムーズにいかない・・・
きっと、タイヤローテーションの時に、最初は自転車をひっくり返さずにタイヤを外した際に地面にディレイラーを着けた際に、少し歪んでしまったようです。(^^;

2012年10月14日(日)
走行時間:2時間54分
走行距離:63km
平均速度:21.7km/h

最後にもう1つオマケでPOLYSICSのFUMIが歌うWild Oneです。

夏のお嬢さん♪
ビキニがとっても似合うよ♪
刺激的さ~♪

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク 焼きそば ポタリング タイヤ ローテーション 

千葉山ヒルクライム

前回の記事和歌山市から有田市までラーメンを食べに行った帰り道のことです。
ラーメンは美味しかったのですが、それ以上に「有田ブラック」という名前と見た目から、私の期待が大き過ぎました。(^^;
今度は「つけ麺」を食べに行きたいと思ってます。

その有田市の和ダイニング「清乃」でラーメンを食べた帰り道は、最近強力馬力自転車屋の「はYし」さんが千葉山(せんばやま)のツーリングコースを紹介していたので、その千葉山越えルートで帰ろうと思いました。

千葉山ヒルクライム スタート地点

行きは有田川の南側の42号線を走ってきたので、帰りは有田川の北側の480号線を東に向いて高速道路の近くまで戻ります。
千葉山に行くのには目印の看板があるそうなのですが、見つけられません。
とは言っても高速道路の近くの交差点は2つくらいなので、そのどちらかなのですが。

千葉山ヒルクライム スタート地点

とりあえず手前の交差点から大きな旗が立っていたのでカメラに撮って、後ろ(有田川のほう)を振り向くと、川沿いに目印の看板を発見。
てっきり千葉山の入口の方に目印の看板があると思っていたのですが、反対側にありました。
大きな看板ですが、なかなか気付かないもんですね。
私だけかも?(^^;

千葉山ヒルクライム スタート地点

千葉山への入口がわかったので、あとは進んで行くだけですが、目の前に山が迫ってきます。
山の途中に白く見えているのは、道のガードレールのようです。
そのガードレールが何重にも折り重なっているのが、登る前から見えています。

千葉山ヒルクライム

千葉山を少し登っただけですが、傾斜が予想通りきつく結構足にきます。
まぁ、私の場合は痛みかけている右ヒザにきます。(^^;

千葉山ヒルクライム

ただ、自転車を押さなければ登れないような激坂ではないので、時速4~6km/hくらいのいつもの私のペースで登ることができました。
体感的に金剛山と同じくらいかな?という感じでした。

千葉山ヒルクライム

もちろん、カメラ撮影という名の休憩をたくさんしました。
自転車で楽しみたいけど、できるだけシンドイことはしたくないのです。
だってポタラーだもん。

千葉山ヒルクライム

一服しながら坂の途中で休憩していると、下からローディがダンシングで登ってきました。
こんなシンドイ坂道登るなんてモノズキだね~
と、自分のことを棚にあげて思っていました。(^^;

千葉山ヒルクライム

下から見ると頂上付近だと思っていた地点が実際に登ってみると、まだ山の途中だったということは過去に何度も経験済みですが、今回の千葉山もまさしくその通りでした。
まぁ、山がそんなに易しい訳はありませんね。

千葉山ヒルクライム

とは言え、1時間10分ほどかかって風力発電の巨大な風車のある頂上まで登ることができました。
頂上では地元のご老人らしき人たちが車の近くでピクニックのような感じで井戸端会議してました。

私も頂上付近でタバコ2本ほど灰にして軽量化しましたが、さっきのローディさんとは合えませんでした。
まぁ、ローディさんと合ったからと言って、どうということはないので、下山することにしました。

千葉山ヒルクライム

千葉山を北側に下りると、道が2つに分かれていて、左に行くと登り坂、右に行くと下り坂。
右の下り坂に行こうと思いましたが、左側にはすぐ近くに自動販売機があったので、とりあえず少し坂道を登って自動販売機で水分補給しました。
森の中に不自然なくらい似合わない自動販売機でした。

自動販売機の前で休憩した後は、とりあえず様子を見ようとそのまま坂道を登りましたが道が荒れてきたので、引き返して下り坂の方にしました。
ところが少し下ると、有田・湯浅の道案内の標識があり、これではまた戻ることになりそうな感じがしたので、またまた引き返して、北東方面の荒れた上り坂を登ってみることにしました。

素直に最初から登っていれば、何度も同じ場所を登らずにすんだのに・・・。
とは言え、登り坂もそれほど長くなく、またすぐに下り坂のダウンヒルをすることになりました。

千葉山ヒルクライム

今までが有田市方面の比較的華やかな景色だったので、北側は「本当にこんな寂しい所を下っていいのか?」「また山を越えなければいけないのではないか?」などと思いながらも、方角的には合っているので内心ドキドキしながら山を下ってました。
傾斜が急で道もそれほど良くないのでダウンヒルはあまり楽しめませんでした。

千葉山ダウンヒル
千葉山ダウンヒル

下山してみると、小川が流れていて、その小川に沿って道が続いていて快適に走ることができました。
しばらく小川沿いの道を走ると、いつの間にか下津の42号線に出てきました。

千葉山ダウンヒル

42号線は車も含めて何十回と通っているので安心です。
とは言え、路肩が狭く車の交通量が多い面白味の無い道ですが・・・。

42号線
海南インターチェンジ

特に海南のインターチェンジは、高速の乗り口が左側にあり、ヒヤヒヤしながら走りました。
以前にヤシさんが海南インターチェンジの回避ルートを教えてくれましたが、「ええぃ、もう行っちゃえ~」という感じで、そのまま42号線を突っ切りました。(^^;

海南インターチェンジの回避ルート

そのまま42号線を走っていると、ロードバイクに乗ったローディが後ろから凄いスピードで抜かされました。
自分も追い付こうと一生懸命自転車を漕ぎましたが離される一方でした。
しかし、信号待ちでようやく追い付くと、そのローディが後ろを振り返って、私を見てきました。

なんと、町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)の走行会で何度か一緒に走ったことのある人でした。
信号待ちで軽く挨拶をして、しばらく一緒に走ることができました。
とは言っても、何度か信号待ちでやっと追い付いて、軽く会話する程度の繰り返しですが・・・(^^; 途中、用事がありその方とは別れました。

町ジテ大浦街道店

まだ少し明るい17時頃に町ジテ大浦街道店に到着しました。
しばらくすると、さっきのローディの方もやってきて、いろいろお話しすることができました。

と言うことで、今日も楽しいラーメンポタリングを満喫することができました。
まぁ、ポタリングとは言うには、ちょっとハードでしたが、ダホン ボードウォークのミニベロでも、そこそこ走れるもんですね。

2012年10月 8日(月祝)
走行時間:5時間38分
走行距離:100km
平均速度:17.8km/h

タグ : ダホン ボードウォーク ミニベロ 千葉山 ヒルクライム ダウンヒル ラーメン ポタリング 和歌山 

高野山に登るのは1日1回まで

今日は、以前から行きたかった黒沢牧場でソフトクリームを食べようと思いました。

ただ黒沢牧場に行くのもなんなので、高野山で昼食して、これまた以前から行きたかった「あらぎ島」経由の黒沢牧場にしました。

あらぎ島と黒沢牧場

私が住んでいる和歌山市、それと高野山(高野町)・あらぎ島・黒沢牧場の位置関係はこんな感じです。
1があらぎ島で、2が黒沢牧場です。

和田川堤防沿いの道

ということで、とりあえず高野山を目指しました。
ルートはいつものように、山田ダムから雨山トンネルを抜けて、4号線→3号線と進んでいきます。

ダンシングローディ

雨山トンネルまでの坂道をローディはダンシング♪ダンシング♪
ローディさん、がんばってますね~
オイラはのんびりコギコギ・・・

栗

道路に栗が転がっていました。
こんなに暑いのに、もう秋の気配?
帰りにまだ栗が落ちていたので、1つ拾っていつもお世話になっている町ジテに持って帰りました。(^^;

「高野山に登るのは1日1回まで」の続きを読む

タグ : 和歌山 高野山 自転車 DAHON Boardwalk ダホン ボードウォーク ミニベロ ヒルクライム ダウンヒル 

夏だ!海だ!白浜だ! 白浜往復ロングライド

3時に目覚ましをセットしたものの、0時30分頃にトイレに行ってからなかなか眠れず、結局2時に起きてしまいました。
遠足前のコドモと変わらない。。。

ということで3時に自宅を出発。
普段カメラのフラッシュをOFFにしているので、自宅出発前に撮った写真は光量不足で真っ黒だったので、しばらく走った交差点で撮影。
フラッシュをONにすればいいのですが、いまひとつメカに弱い私。。。

DAHON Boardwalk

当然辺りは真っ暗。
時々車が走っている程度です。

コンビニ

深夜や早朝でも24時間いつでも開いているコンビニってつくづく便利だと思いました。
特に今回走行する42号線(熊野街道)は、あちこちにコンビニがあります。

写真はありませんが、海南インターチェンジの乗り口が42号線左斜線にあって歩道がないため、少し怖い思いをして通過しないといけませんでした。
最初はわからなくて、インター乗り口手前の交差点を左折して東方面にしばらく走りましたが、いっこうに42号線に合流するどころか、どんどん離れて高野山(東)方面に行く道になっていたので、信号待ちをしていたカブのオッチャンに聞いたら、方向が違うとのことで、元のインター乗り口まで数キロ戻りました。
ちょっとテンションダウンです。。。

有田大橋

5時、有田大橋を渡る頃には明るくなってきました。

有田市

早朝なのか変なヤツがいる。
数人でワンボックスカーに乗って、後部ドアを全開で走行して、その全開のドアから身を乗り出して、何か大声で叫んでいる。。。
早く世の中から消えて欲しい。

湯浅町

5時40分、醤油発祥の地、湯浅町。
湯浅町には古い町並みがあるようなのですが、今回は通り過ぎただけです。
有田市から意外に近い印象です。

水越峠

今回の難所と思われていた水越峠ですが、思っていたよりは傾斜がきつくなくて、道路の道幅も広く、路肩も広いので紀見峠へ行くまでの大阪側の371号線の道とは違い比較的安心でした。
まぁ、比較的安心とは言っても、車が高速で通過するため安全とは言い難いですが、それでも大阪側の371号線の道よりはマシです。
もちろん、リヤライトを点滅させての安全走行は必須のように思います。

水越トンネル

登りがあれば、下りもあり、傾斜もそれほどきつくなくて、道路も綺麗で楽しいダウンヒルでした。
特に早朝は車の量も多くないので、さらに快適にダウンヒルを楽しめました。

水越峠ですれ違ったローディ

たまたますれ違ったローディも偶然写ってしまいました。
この水越峠ですれ違ったローディさんは、みんな挨拶をしてくれて気持ちが良いし、元気が沸いてきます。

楽しいダウンヒル

「夏だ!海だ!白浜だ! 白浜往復ロングライド」の続きを読む

タグ : 自転車 ミニベロ 白浜 ロングライド アドベンチャーワールド 三段壁 千畳敷 白良浜 ラーメン ローディ 

町のじてんしゃ修理屋さん大浦街道店オープン

いつもお世話になっている「町のじてんしゃ修理屋さん」(通称:町ジテ)ですが、3店舗目となる大浦街道店が本日(2012.08.04)オープンしました♪

町のじてんしゃ修理屋さん大浦街道店

1階は自転車修理ブースとシティーサイクル展示販売です。

シティーサイクル展示販売

2階はスポーツ車展示販売と自転車用品販売の構成でした。

ミニベロ、クロスバイク展示販売

まぁ、実はオープン前からちょくちょく寄っていて、今日が初めてではなかったのですが・・・。(^^;

クロスバイク展示販売

特にピナレロは多く展示されていました。

ロードバイク(ピナレロ)展示販売

さぁ、明日は白浜までロングライドに出掛けようかな?(^^;

ミニベロ展示販売

タグ : 自転車 町のじてんしゃ修理屋さん 大浦街道店 オープン シティーサイクル ミニベロ クロスバイク ロードバイク 展示 販売 

金剛山ヒルクライムと癒しの峠 紀見峠

いや~、暑いですね。

暑いときは無理しちゃいけません。
無理しちゃ・・・

ということで、金剛山行ってきました。(^^;

今日は珍しく目覚ましが鳴る前に目が覚めました。
まぁ、トイレに行きたくて目が覚めたのですが・・・。

5時に起きたのですが、ガサゴソするとうちのパグ犬銀次郎が起きて騒ぎ出すので、銀次郎を起こさないようにコッソリとサイクリング準備開始。

ダホン ボードウォーク

6時に自宅を出発。
今回も重たい輪行袋は外してます。

まずは町ジテ貴志川店を目指します。
途中、サンレモ(私の比較的近所にあるロードバイク専門店)のジャージを着た黄色いシューズのローディに遭遇。
雨山のトレーニングに向かっているのでしょうか。
なんとか付いて行けるかな?と思い、一生懸命頑張って付いていきました。
1,2kmほど頑張りましたが、ちょっとした登り坂で引き離されました。

やっぱり日頃から鍛えているローディには付いてゆけません。。。
というか、この頑張りで右ヒザを少し痛めたみたい。。。

膝が痛む前兆のような違和感と若干の痛みを感じるようになりました。
マイペースを心掛けないといけませんね。
特にいつもより長距離を走ったり、山や峠に行く時は気をつけないと、行くまでにへばってしまっては話になりません。

町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店

予定通り7時に町ジテ貴志川店に到着。
さすがにお店はまだ開いていません。
店の隣の自動販売機で水分補給。

紀ノ川河川敷

貴志川付近の紀ノ川河川敷は相変わらずガラガラ。
ヤンキーくずれのニイチャンの煩い原チャリとすれ違ったくらいです。

新しい神社

紀ノ川南側を走っていると、見慣れない神社を発見。
比較的新しい神社のようです。
まぁ、結局のところ神社のベンチで休憩したかったのでした。(^^;

吉野川(紀ノ川)

そんなこんなで、ほとんど紀ノ川南側を走って奈良県入り。
「紀ノ川」は奈良県に入ると、「吉野川」に名前が変わるようです。
ここまでくれば川幅も狭くなり、あちこちに橋が架かっています。

適当なところで紀ノ川(吉野川)北側に出て24号線を走りました。
ここで痛恨のミス。

Yahoo!地図

Yahoo!の地図で見ると五條市役所を北上すれば金剛山に行けるような感じだったのですが、その五條市役所を見過ごしてしまって4、5kmほど24号線を走ってしまった。
だんだんと店の数も雰囲気も街中とは言えないような感じになって、いくらなんでも行き過ぎたと思い、開店準備中のお店の人に聞いてしまった。

「金剛山ヒルクライムと癒しの峠 紀見峠」の続きを読む

タグ : 自転車 DAHON ダホン Boardwalk ボードウォーク ミニベロ 金剛山 ヒルクライム 癒し 紀見峠 

梅雨の合い間の行動パターンは同じ

梅雨の合い間なのかどうかわかりませんが、久しぶりに晴れました。
しかし、事情があり、遠くまで行くことが出来ませんでした。

この写真の中にヒントが・・・

遠くまで行けない事情があったのです。。。
大人の事情があったのです。。。(^^;

なので、午前中はスポーツジムに行きましたが、ジムを終わってジムの前で待っている間に何人ものローディが通り過ぎて行きました。
そのうち半数ほどは八咫烏(やたがらす)マークのカッコイイチームジャージを着たローディでした。
うん。うん。オイラはチームジャージを着れるような人間じゃないな。(^^;

まぁ、それはさておき、先日DAHON BoardwalkのBBリテーナーを交換してからまだ1度も走行してなかったので、午後から散髪ついでにボードウォークで出動です。

とは言っても、散髪屋まで往復1kmくらいなので、散髪後はいつもの町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)和歌山店に行きました。

それにしても暑い。。。

ブラクリ丁

屋根があって日陰の商店街を走行して、出来るだけ日光を避けたドラキュラルートで町ジテに行きました。

和歌山2丁目商店街

町ジテに着くと、それほど忙しくなかったみたいで町ジテスタッフさんたちと情報収集という名の雑談タイム。
まぁ、雑談とは言っても、スタッフさんたちは自転車を組み立てたり修理したりして、手を休めることなく働いてました。

町のじてんしゃ修理屋さん(町ジテ)和歌山店

さすがプロですね。
自分だったら、不器用なので作業中に話しかけられるとミスしてしまいそうです。

しばらくするとお客さんがやって来て、忙しくなりかけたので情報収集は終了。
秘密兵器の情報収集の成果はまずまずと言ったところ。

そこに、いつものNAKAGAWAのクロモリロードに乗ったオッチャンと、マウンテンバイクに乗ったニイチャンが時間をおいてやってきました。
私も含め、みんなヘルメットではなく帽子を被ってラフなスタイルで、それにみんな散髪してました。
みんな行動パターンは同じということか。。。(笑

クランクフィキシングボルトの増し締め

今日はそこそこ早めに町ジテを後にして、帰宅してからクランクのフィキシングボルトの増し締め(締め増し?)です。
このリテーナー交換で、異音がしなくなったのはもちろんですが、以前に比べて1割ほど楽に自転車を漕ぐことが出来るようになりました。
ちなみに、ハブのグリスアップした時は、以前に比べて3割ほど楽に自転車を漕ぐことが出来るようになりました。
まぁ、感覚的なことですが・・・(^^;

ダホンボードウォークのタイヤの溝

タイヤの溝が少なくなっている箇所を発見。
急な下り坂で、フルブレーキをかけた痕なのかも?
今度からフルブレーキ時には気をつけよっと。

タグ : 自転車 DAHON Boardwalk ミニベロ ダホン ボードウォーク クランク フィキシングボルト 散髪 ラフ 

リベンジ ラーメンポタリング

いろんなブログを見ていると勉強になりますし飽きませんね。
私も時間を忘れて夢中でいろんな人のブログを見てました。
なので、自分のブログの更新が・・・(^^;

最近は、すぐに記事に書かないといけないと強迫観念にも似た心境でした。(笑
そうなると、だんだん面白くなくなってきてしまうので、自分の性格からして長続きしないことは明白です。

まぁ、ブロガーでもないので、昔のように気の向いた時に更新しようと思っています。
と、ブログ更新のサボりを正当化してまう私です。。。(^^;

でも本当は更新してない訳ではなく、DAHON BOARDWALKのBBリテーナーの続編をコッソリと追記してたりしました。
まぁ、たいした記事ではありませんが・・・。

うらしま(和歌山ラーメン)

ちょっと前のことになりますが、以前にラーメン屋に行こうとして定休日で食べられなかったラーメン屋「うらしま」に行ってきました。

ここ数週間はあまり自転車に乗っていなかったのもあるかもしれませんが、このラーメンポタリングでヒザを痛めました。
ミニベロで200km走行したり、琵琶湖を走った過去の自信が、「たった50km程度のラーメンポタリングごとき」と侮って、自分の実力もわきまえずに坂道をガシガシ踏んだことがいけなかったのだと思います。

ヒザの痛みを我慢してガシガシ踏むと更に悪化することは、今までの経験則から充分過ぎるほど学んでいますので、ヒザの痛みがわかった時点でヒザをかばうように軽く走行したのでひどくはなりませんでした。

そんなこんなで和歌山ラーメン「うらしま」に到着。
時刻は11:30くらい。

うらしま(和歌山ラーメン)のメニュー

メニューは「中華そば」「中華そばダブル」「めし」の3種類のみのシンプルさに好感と期待が膨らみます。
「めし」とは白ご飯のようで、実質ラーメン1本で商売しています。
まぁ、表の看板と同じメニューですね。
営業時間も11:00から12:30の1時間半のみ。

中華そばダブル

中華そばダブルを注文。
チャーシューも分厚く、見た目通り美味しかったです。
和歌山ラーメンと言われるトンコツ醤油味のストレート麺のラーメンですが、まさしく正統派のようなラーメンのような感じがしました。
最後に残る「魔法の粉」に秘密があるのでしょうか?(^^;
味の濃さも見た目ほど濃い感じはしませんでした。
美味しかったですが、大絶賛するほどでもないかな?
星4つ。★★★★☆

濁った貴志川

前日の大雨で貴志川の水は濁っていて、水量も多かったです。
濁った水は、先ほど食べたラーメンの色に似ている・・・(^^;
ここまで来れば、町ジテ貴志川店に寄らない訳にはいきません。
と言うか、町ジテスタッフさんに相談や情報収集することがあり、今回のラーメンポタリングの別の目的でもありましたので、比較的長い時間町ジテに居座っていました。

町のじてんしゃ修理屋さん(町ジテ)貴志川店

この日は、梅雨の中の晴れ間というだけあって、feltf75さんをはじめ顔見知りのローディさんが時間をおいて町ジテに来てました。
その中には大阪の人で、葛城山を越えてきて、また葛城山を越えて大阪に帰るという強者ローディも町ジテに来ていました。

紀の川沿いの道

町ジテ貴志川店でゆっくりして、紀の川沿いをノンビリと帰ることにしました。

紀の川河川敷

紀の川河川敷にも下りてポタリング♪ポタリング♪

紀の川河川敷

ん・・・?
アスファルトが無くなった・・・。

紀の川河川敷

まぁ、こんな感じで紀の川の河川敷を走って、今度は町ジテ和歌山店に行ってみると、リテーナーがありました。
町ジテ和歌山店も忙しいようで、随分待ってスタッフの手が空いたときにリテーナーを購入して帰りました。

2012年 6月23日(土)
走行時間:2時間26分
走行距離:53km
平均速度:21.8km/h

タグ : 自転車 DAHON Boardwalk ミニベロ ラーメン ポタリング 紀の川 河川敷 ダホン ボードウォーク 

偶然?必然?頑張らなければミニベロで登れる高野山

前日は曇り空でママチャリポタリング。
そして今日も曇り空。。。

たまにはママチャリでポタリングも良いかと思いますが、せっかくの休日を2日間ともママチャリでポタリングして、その後の平日もママチャリで通勤というのもなんとなくつまらないです。
そこで、以前から登ってみたかった高野山へ行くことにしました。

貴志川スポーツ公園

高野山へのルートはいくつかありますが、feltf75さんのブログを見ていると、雨山トンネルを下って4号線からアプローチしている記事がいくつかありましたので、私も見習ってとりあえず雨山トンネルを目指すことにしました。

山田ダムから雨山トンネルまでの登り坂は、景色もそれほど良くないこともあり、気分的にも肉体的にもしんどい坂道ですが、以前に登った時よりも比較的楽に登れました。
以前よりも脚力がついたとはあまり思えませんが、坂道を頑張って一生懸命に登ろうとしなければ走行スピードは遅いものの、それなりに登れるということを前回の葛城山のときに発見しました。
簡単なことです、頑張らなければいいのです。(^^;

雨山トンネル

雨山トンネルの入口付近で、撮影という名の休憩をします。
休憩していると私の背後から、ロードバイクっぽいラチェット音と共に「こんにちは~」と声をかけられました。
同じ自転車乗りとして挨拶をされれば返すのは当然で振り向くと、なんといつも町ジテで見かける人たちばかり4人がいました。
なんという偶然♪

そこで通り過ぎようとしているところに、私が「これからどこに行くんですか~?」と叫ぶと、4人全員が停まってくれて「今から高野山に行こうとしてる」とのことでした。

これは偶然を通り越して、ここで出会ったのが必然にも思えてきました。
そこで私が「行けるところまで一緒に付いて行っていいですか?」と聞くとOKのようでした。
まぁ、特別断る理由が無いので、仕方なくOKしてくれたのかもしれませんが・・・(^^;

とにかくみんなで楽しくサイクリング♪サイクリング♪
まぁ、きっと1人では道に迷っていたことでしょう。。。(^^;

高野山ヒルクライム

3号線・4号線は森の中を走行しているようで、車の交通量も少なく快適でした。
480号線は車の交通量も比較的あり、3号線・4号線のようにはいきません。
特に花坂からの道は、道幅も狭く、傾斜もそこそこあります。

ただ、DAHONボードウォークでもなんとか登れる程度の登り坂だったのが唯一の救いでした。
480号線は車では何度も通ったことのある道なのですが、7段変速のDAHONボードウォークで登れるのか不安だったのです。

なんとか登れるとは言っても延々と登り坂です。
しかも、自分1人なら何度も休憩をしているところですが、一緒に走っているのはローディです。
当然のように休憩は必要最小限のようで自分1人の時のようにはいかず、休憩の大好きな私はヘトヘトです。

平地ではなんとか付いていけても、坂道ではあっという間に引き離されて見えなくなってしまいます。
まぁ、最年長の人が気を遣ってくれてかどうかわかりませんが、途中まで私と同じようなスピード(時速5~7km/h)で登ってくれたので心強かったです。

大門(高野山)

それでもなんとか高野山に到着しました。
「坂道頑張らない作戦」は成功です。(^^;
高野山の入口にある大門の前で、町ジテ和歌山店で会ったことのある在日17年の外国人ローディーさんもいて、会話しながらしばらく休憩。

中華料理「ミッチー」

みんなは、高野山にある大きなオムライスを食べるのが目的だったようでしたが、日曜日はあいにくの定休日でお休みだったようです。
そこで、中華料理屋に行くことにしました。
このお店は高野山の観光客相手と言うよりも、学生相手がメインのようです。

ラーメン定食

ラーメン定食 800円
味はそれなりに美味しかったですし、なんと言ってもラーメンとチャーハンの味のバランスが良かったです。
星3つ。★★★☆☆

高野山下山

昼食を終えて、お待ちかねのダウンヒルです♪
でも、花坂までは車の交通量が多く、しかも自転車もそれなりにスピードが出るため、自転車のトレインで後ろの車は混んできています。
時々自転車を留めたりスピードを落としたりして車を先に行かせました。
まぁ、車の気持ちもわかるので、お互いに協力し合うことが大切ですね。

花坂の売店
やきもち

花坂の売店でみんなで「やきもち」を購入。
やきもちは平べったくて、中にあんこが入っています。
ちょうど良い甘さで美味しかったです。

ダウンヒル

花坂を過ぎて4号線を下るダウンヒルは最高に気持ちよかったです。
先週の葛城山のダウンヒルでは全然楽しくなかったので、余計に楽しかったです。
やはりダウンヒルを楽しむためには、それなりのルート選択が重要ですね。

帰りのルートは複雑でした。
4号線を走っていたかと思えば、いつの間にか370号線になっていたり、田んぼのあぜ道を走ったかと思えば、路地裏や未舗装の道路を走ったり、ちょっと引き返してみたり、初めての私には方向感覚すらわからないままみんなに付いていきました。
2度と同じルートは行けないと思いましたが、このような機会でないと新しいルートの開拓は難しいですので、良い経験になりました。
帰りのルートはスッカリ忘れてしまいましたが・・・(^^;

喫茶店「ハミングバード」

そんなこんなで町ジテ和歌山店近くの喫茶店「ハミングバード」で休憩しました。
ここの店長も自転車乗りのようで、アットホームな時間を過ごせました。
その後は町ジテ和歌山店に寄って、そこで解散となりました。

8:00 自宅出発(和歌山城付近)
10:00 雨山トンネル
12:00 花坂
13:00 大門(高野山)
13:30 昼食(中華料理ミッチー)
14:30 下山開始
15:00 花坂
17:30 喫茶店(ハミングバード)
18:00 町ジテ和歌山店
18:30 帰宅(和歌山城付近)

2012年 6月 3日(日)
走行時間:6時間57分
走行距離:129km
平均速度:18.6km/h

タグ : 和歌山 高野山 自転車 DAHON Boardwalk ダホン ボードウォーク ミニベロ ヒルクライム ダウンヒル 

ミニベロ琵琶湖ツーリング その2

[ 関連記事 ]
ミニベロ琵琶湖ツーリング その1 (琵琶湖 湖東)
ミニベロ琵琶湖ツーリング その2 (琵琶湖 湖北)
ミニベロ琵琶湖ツーリング その3 (琵琶湖 湖西)

ミニベロ琵琶湖ツーリング

少し前までは小雨がパラついてましたが、どうやら天気は回復しそうです。
どうも私は天性の晴れ男のようです。(^^;
とは言っても、小雨がパラついたり、太陽が出てきたりと、不安定な天気です。

湖北みずどりステーション

まだ10時過ぎですが、これ以上北に進むと食事をするところがないそうなので、湖北みずどりステーションで昼食をすることにしました。
私が注文したのは、鴨ラーメンとフランクフルト。
スタッフの連携が悪いのもあるのかもしれませんが、たいしたことのないメニューなのに出来上がりまで少し待たされた印象です。

鴨ラーメンとフランクフルト

おまけに「ケチャップなど要りますか?」と聞かれたので、欲しいと言うとケチャップだけ出されました。
「ケチャップなど」と言った「など」には、当然マスタードのことだろうと思っていたのですが・・・。
さらにそのケチャップの出が悪く、力を込めてケチャップを出すと変な方向にもケチャップが飛んでしまう始末でした。
まぁ、いろいろあって、これも旅の想い出ですね。

湖北みずどりステーション

早いめの昼食を終わると、店の外にはロードバイクやクロスバイクの自転車が並んでました。
みんな早そうな自転車です。

琵琶湖 湖北の風景

こんな変わった風景もありますが、それに見とれていると、所々に車止めのポールが立っているので注意が必要です。

サイクリングロードの車止めポール

「ミニベロ琵琶湖ツーリング その2」の続きを読む

タグ : ミニベロ 琵琶湖 ツーリング 天気 湖北みずどりステーション ロードバイク クロスバイク デジカメ トンネル 絶景 

ミニベロ琵琶湖ツーリング その1

[ 関連記事 ]
ミニベロ琵琶湖ツーリング その1 (琵琶湖 湖東)
ミニベロ琵琶湖ツーリング その2 (琵琶湖 湖北)
ミニベロ琵琶湖ツーリング その3 (琵琶湖 湖西)

琵琶湖に行ってきました~。

メンバーは、たにやんさんと、HZくんと私の3名での琵琶湖ツーリングです。

一緒に走るのは、みんな今日が始めてのメンバーなので、嬉しいやら、怖いやらでワクワクドキドキです。(^^;

たにやんさんは、昔から自転車のHPも持っている凄い人です。
噂では坂道にめっぽう強いらしい・・・。
ブルブルブル・・・怖い・・・

DAHON Visc. P18

HZくんのDAHON Visc. P18
名前の通りフロント2段、リヤ9段の18段変速。
HZくんは普段週末にロードバイクに乗っていて、過去に和歌山から自走して琵琶湖一周をしたことのあるツワモノです。
その彼が18段変速のスーパーミニベロを操るのですから遅い訳がありません。

ミニベロ琵琶湖ツーリング

朝6時にツーリング開始しました。
先頭を何度も琵琶湖を走行しているたにやんさんに牽いてもらいました。
走り出してすぐに、たにやんさんのチェーンがキュルキュル鳴いているのがわかりました。
明らかにオイルを注していないようです。

私のも音が出ていますが、シャラシャラと気持ちよいサウンドになっている。
それもそのはず、他のネットなどで定評のあるタクリーノオイルを注油したのだ。

しかし、さすがたにやんさん、ちょっとした坂道でも上半身が全然ブレないのです。
綺麗なフォームです。

HZくんも普段はロードバイクを乗っているだけあって、「琵琶湖大橋のこんな坂道くらい屁でもないゼ!」という感じで余裕で登ってゆきます。
それに対して、私はヨイショヨイショと最初の試練を受けているように登ってゆきます。。。

怪しい雲行き

天気は、琵琶湖に来るまでに小雨がパラパラしてたし、雲行きは、かなり怪しい。
琵琶湖を走るのは初めてですが、サイクリングロードでなくてもメチャクチャ自転車で走りやすい道路です。

ミニベロ琵琶湖ツーリング

琵琶湖大橋を渡ってしばらくすると、道も迷いそうに無い道になったので私がみんなを牽くことにしました。
先頭になってみると、すぐ後ろにたにやんさんがピッタリ憑いているのがチェーンの音でわかります。

なんか後ろから「もっと早く行け!」と言われているような気がします。
後ろからのプレッシャーがグイグイと背中を押してきます。
まぁ、どうせ後半はヘタれるので、元気のあるうちに少しでも稼いでおこうと頑張ってみました。(^^;

長命寺港

しばらくして先頭をたにやんさんに牽いてもらうことになりました。
ん?ペースが遅いぞ。。。

ミニベロ琵琶湖ツーリング

と思っていたのも束の間で、たにやんさんは坂道になっても同じペースでグイグイ登ってゆきます。
ヒェ~
まいった。。。

さっき自分が頑張って前を牽いたのは、この坂でたにやんさんに頑張ってほしかったのではありませんから。。。
許してください。。。

おまけに、水分補給が出来なくなると大変だということで事前に買っておいた500mlペットボトル2本が登り坂で足枷になって、ただでさえ坂に弱い私なのに、なかなか進みません。
こんな天気の良くないときは、水分補給も少ないのでペットボトル1本で充分なのでした。

近江八幡の休暇村前

ようやく坂を下ったところで、たにやんさんが天候の心配をしてスマホ(携帯?)で確認。
このまま行くのか、それともユックリ行くのかの確認ということでしたが、当然ここで引き返すのかの判断もしていたことでしょう。
さすがベテランです、安全で楽しいライドをしなければいけないのです。

事前の天気予報では、今日の降水確率20%。
今は雨は降っていませんが、琵琶湖対岸の雲行きは雨が降っていそうでした。
気温は11度で、肌寒いです。

「ミニベロ琵琶湖ツーリング その1」の続きを読む

タグ : 琵琶湖 ミニベロ ツーリング DAHON KHS サイクリングロード 坂道 コンビニ ブルホーン 向かい風 

京奈和自動車道 紀北東道路 開通記念 サイクリング・イベント

先週のピンクリボンサイクリングで京奈和自動車道サイクリング・イベントがあるということを知って、 かつらぎ町まで行って来ました♪

受付が8時からで、先着500名に参加証の発行をするということだったので、どうせ行くなら早く行って参加証を貰っちゃおうという魂胆でした。
家の近所の和歌山城から かつらぎ町まで35~40Kmなので2時間くらいをみて、朝5時に起きて6時に家を出発。
天気予報は晴れのち曇りで降水確率0~10%なので、相変わらずの晴れ男です。

問題は風です。
予報では「北東の風のち西の風」ということでしたので、行きは少なくとも向かい風。。。(TT
まぁ、悩んでいても仕方ないので出発。
風は思っていたよりマシでした。(^^;

大池遊園の桜

先週満開だった大池遊園の桜も緑が多くなっていました。
先週に比べて、桃の花が綺麗でした。

桃の花
桃の花

それよりも、DAHONボードウォークのシフトがトップの7速に入らない。。。
まったく7速に入らない訳ではなく、クランクをガンガンするなどショックを与えるとようやく7速に入りますが、どうも具合が悪い。
まぁ、1~6速は問題なくギアチェンジできるので、なんとかなりそう。

紀の川堤防沿いの遊歩道

先週も走ったと思う紀の川堤防沿いの遊歩道です。
この時間帯は誰もいなくて快適に走行できました。
風除けの無い場所での向かい風を除いては・・・。(^^;

京奈和自動車道入口

予定通り京奈和自動車道に着きましたが、とりあえず会場まではこの坂を登らなければいけないのですが、子供やお年寄りは大丈夫なのでしょうか?
と、思って会場に到着すると、ママチャリで来ている高齢の人もいました。(^^;
せめて取れた反射板くらい付けましょう。。。

ママチャリ

コースは4kmの往復8kmです。
1km毎に簡易トイレが設置されています。

京奈和自動車道 紀北東道路 開通記念

「京奈和自動車道 紀北東道路 開通記念 サイクリング・イベント」の続きを読む

タグ : 京奈和自動車道 紀北東道路 開通記念 サイクリング イベント ダホン ボードウォーク ミニベロ ラーメン シフトワイヤー 

ピンクリボンサイクリング2012 in 紀の川市桃源郷

世界初の全身麻酔による乳がん摘出手術に成功した医聖華岡青洲の生誕地であることから、乳がん撲滅のために検診の受診率向上などに取り組んでいる紀の川市のサイクリングイベント「ピンクリボンサイクリング2012 in 紀の川市桃源郷」に行ってきました。

ピンクリボンサイクリング

受付会場が紀の川市打田総合スポーツ公園の総合グラウンドということでしたが、初めて行く場所なので不安でしたが、町ジテ貴志川店の近くのコンビニ(デイリー)で信号待ちをしていると、ローディの人が後から私と同じように信号待ちしたので、挨拶したあと「ピンクリボンですか?」と聞くと「そうです」と言うので、先に行ってもらうようにして、そのローディの後に付いて行くことにしました。(^^;

ピンクリボンサイクリング

feltf75さんの事前情報では、今回のピンクリボンサイクリングの申し込み者は350人を超えているとのことでしたので、受付会場には多くのサイクリスト達が集まっていました。
送迎バスまで出ているようした。
天気は「晴れ男」の私ですので、もちろん快晴。

ピンクリボンサイクリング

これだけ多くのサイクリストや自転車が和歌山に居たのかと思うほど多くの人でした。
そんな中では私のピンクのロディはあまり目立ちませんでした。。。(^^;

ピンクリボンサイクリング

走行ルートは基本的には川辺の土手を走行するルートで、信号が少なく結構走りやすいルートでした。
その土手からは、桜や桃の花が楽しめて良かったです。
ちなみに去年(2011年)は、今年よりも少し時期が早くて寒く、桜があまり咲いてなかったということでした。

ピンクリボンサイクリング

これだけ多くの人数でのサイクリングなので、20名くらいのグループに分かれて走行するようです。
私のグループを率いてくれたのが、偶然にも町ジテ店長でした。
こりゃ、心強いし楽しいに違いないと思っていた通りのサイクリングでした。

ピンクリボンサイクリング

50kmコース、35kmコースがあり、50kmコースだと走るばっかりで景色を楽しむ余裕が無いかもしれないと思い35kmコースで申し込みました。

ピンクリボンサイクリング

ところが、35kmコースは「ママチャリでも十分走れます」とパンフレットに書かれていた通り、5,6歳くらいの子供から高齢の人までが同じ35kmコースのため、巡航速度は11km/hくらいでした。

ピンクリボンサイクリング

景色を楽しめるスピードでしたが、ちょっと私には物足りないスピードでした。
次回は50kmコースにしようと思いました。

ピンクリボンサイクリング

「ピンクリボンサイクリング2012 in 紀の川市桃源郷」の続きを読む

タグ : ピンクリボン サイクリング   紀の川市 桃源郷 自転車 ダホン ボードウォーク ミニベロ 

ミニベロをパワーアップ

今回、ピンクリボンサイクリングのためにダホンボードウォークをパワーアップしました!
じゃじゃ~ん。

ダホンボードウォークにサドルバッグ装着

サドルバッグを付けました。
TOPEAKのAero Wedge PackでサイズはLargeのサドルバッグです。
Largeサイズは、ちょっと見た目にブサイクなのですが、私がいつも携帯するツールを入れようとしたら、これでもギュウギュウ詰めになってしまいました。

ちなみにサドルバッグの中には、

サドルバッグの中身

1.軍手
2.プラス・マイナスドライバー・ニッパー
3.万能ツール・スパナ
4.14x15mmハブレンチ兼ペダルレンチ
5.空気入れ
6.アーレンキーセット
7.パンク修理セット・ムシゴム・予備チェーン
8.小袋

さらに小袋の中身は、

サドルバッグの中身

1.タイヤレバー
2.サランラップに巻いた予備チューブ
3.ボルト・ナット

このようなツールをサドルバッグに入れることができました。
これだけで結構な重量です。
特に万能ツール・スパナが重いので、これをなんとかするのが今後の課題です。
でも、これでリュックが軽くなると思うと、大きめのサドルバックを購入した甲斐がありました。

ダホンボードウォークにサドルバッグ装着

ところで、私がコッソリとお忍びで訪れる写真が綺麗で(私のブログと違って)ためになる記事がたくさん載っているブログで、ツールボックス(ツールカン)を装着することによって、サドルバックよりも重心が低くなり、車体振り回しの欠点が補えるというようなことが書かれていました。
確かに車体を左右に振るのであれば、重心は低いほうが振りやすいとは思います。
しかし、スポーツ車(自動車)でもバネ下重量というような言葉があり、またバッグパッキング術でも重いものはリュックの上のほうに入れると軽く感じるように、重心以上に機動性(駆動)が損なわれることのほうがデメリットになるのではないかな?と思っています。
まぁ、ローディでもない私が机上の考えだけで思っているだけなので、どうなんでしょうねぇ~?

ダホンボードウォークのリヤリフレクター逆付け

また、ちょっとしたことですが、リヤリフレクター(リヤ反射板)の取り付けを反対にしました。
以前自転車を漕いでいて、靴が反射板に当たったことがあるので、なるべく反射板を自転車の内側に付けました。

でも、外側にはボルトの先が出てますし、ローギアでチェーンが暴れた時に反射板にチェーンが接触しそうな感じなので、また元に戻すかもしれません。

これだけじゃありません!
相互リンクしてもらっているゆーきくぞーさんもハンドルにDHバーを取り付けてパワーアップしたように、私ももっと凄いものをハンドルに取り付けて、DAHONボードウォークをパワーアップしました!

「ミニベロをパワーアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 DAHON ダホン Boardwalk ボードウォーク ミニベロ ピンク ハンドル ロディー サドルバッグ 

春一番

数日前の天気予報では、今日は雨から曇りという予報でしたので、午前中はペットのパグ犬のシャンプーをしてました。
しかし、天気は朝から雨は降ってなくて、天気も良かったので、先週に続いてリハビリポタリングに出掛けることにしました。
行き先はリハビリポタリングに最適な、いつもお世話になっている町ジテ貴志川店にレッツラゴー!(^^;

ルートは和歌山城付近の自宅から13号線を通って大池遊園経由の信号が少ないルートに決定。
今日はメチャクチャ走りやすい日でした。
普通に走って時速30~35km/hで走行できています。

コンビニ

それもそのはず、途中のコンビニに自転車を停めると、凄い風が背中に当たります。
コンビニに自転車を停める時も、風の向きを考えて止めなければ、自転車が風で倒されそうでした。

コンビニで炭酸水とビーフジャーキー購入

追い風に助けられたおかげで、走行はメチャクチャ楽チンでした。
まぁ、大池遊園付近の坂では、いつも通りのスローペースでしたが・・・(^^;

町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店

いつもは1時間近くかかって町ジテ貴志川店に到着するのですが、45分程度で到着しました。
サイコンの平均速度も23.4km/hです。

町ジテ貴志川店では店長をはじめ数名のスタッフが忙しそうにしていました。
私は店内をウロウロ眺めたり、タバコを吸ったりして、ノンビリさせてもらいました。(^^;
帰り際にサドルバッグと、ミッシングリンクを外すためのペンチを購入。

追い風

帰りも13号線で帰ることにしましたが、来るときは追い風と言うことは帰りは当然向い風です。。。
これが結構足にきました。
頑張っても平地巡航速度は20km/hを越えられませんでした。
まぁ、それほど頑張って漕いでませんが・・・(笑

伊太祁曽神社

そのまま帰ってはポタラーの名が廃るので(^^;、途中の伊太祁曽神社に寄りました。

「春一番」の続きを読む

タグ : 自転車 河川敷 ダホン  ボードウォーク ミニベロ 和歌山 ポタリング 貴志川 伊太祁曽神社 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集