ママチャリのコグ(リヤのギヤ)交換

内装5段のママチャリ

内装5段ママチャリ ブリジストン キャスロングに乗っていて、実際に5速はなかなか踏めず不要な感じがしていました。
そして、今の3速が4速くらいのギア比なら、峠などの上り坂でもっとローギアが活躍できるのではないかと思っていました。

そこで、現在のギアを見てみると、フロント31T、リア16Tでした。
また、内装5段(SHIMANO NEXUS INTER5)のギア比を調べてみると、

SHIMANO
INTER5
ギア比
1速 0.75  0.25 
2速 1.00  0.16 
3速 1.16 
4速 1.34  0.18 
5速 1.55  0.21 

でした。
3速を中心とした場合の1速分ずつのギア比の差は、2速から4速の間は差が小さく、1速と5速は差が大きくなっています。

たまに利用するサイトの「タイヤ及びリム寸法」で調べてみると、26インチのママチャリの外径は668mmでした。
そして「ペダル1回転で進む距離」で計算すると、26インチのママチャリ1回転で進む距離は4.07mでした。
この4.07mはギア比1.0でのペダル1回転で進む距離ですので、これをそれぞれのギア比でかけると

ペダル1回転で進む距離
フロント31T
リア16T
1速 3.05m 
2速 4.07m 
3速 4.72m 
4速 5.45m 
5速 6.30m 

となります。
これが内装5段ママチャリ ブリジストン キャスロングの基準になります。

INTER5には16Tから23Tまでのコグ(ギア)があるようです。
調べたのはメーカーのサイトではありませんでしたので確かではないかもしれませんが、そこではSHIMANO INTER5には16T、19T、20T、21T、23Tのコグがあるようです。
そこで、同じように計算すると

ペダル1回転で進む距離
フロント31T
リア16T19T20T21T23T
1速 3.05m  2.56m  2.43m  2.33m  2.12m 
2速 4.07m  3.42m  3.25m  3.10m  2.83m 
3速 4.72m  3.96m  3.76m  3.60m  3.28m 
4速 5.45m  4.58m  4.35m  4.15m  3.79m 
5速 6.30m  5.30m  5.03m  4.80m  4.38m 

こうして見ると、今の16Tコグでの3速が、19Tのコグを使えば4速になりそうです。
つまり、今のシフト段数が1段上がったようになりそうです。
まぁ、だいたいですが・・・(^^;

と言うことで、SHIMANO INTER5に合う19Tのコグを注文しました。
SHIMANO 3S-N SPROCKET WHEEL 19T SILVER Y32203520というものでした。
値段は500円でお釣りがくる安さでした。

コグ(後輪のギヤ)

そして先日、内装5段変速のキャスロングを酷使し過ぎたのか扱いが悪かったのかどうかわかりませんが、丈夫と評判のブリジストンの前カゴが壊れてしまったので交換しました。

前カゴの交換のついでに、以前から購入していた内装5段(INTER5)用19Tのコグ(後輪のギヤ)も交換したのでした。(^^;

作業を開始した時間が昼過ぎだったので、暗くなる前に急いで作業しなければいけないと思いながら作業したので、写真はありません。
まぁ、写真を撮るのをすっかり忘れていたのですが・・・(^^;

内装5段のママチャリのコグを交換

内装5段のママチャリのコグを16Tから19Tに交換したことで、大まかですが今までの1速から4速が、2速から5速になりました。
普段の街乗りでは、今まで2速から3速を使用しての走行が多かったので、それが3速から4速になりました。

ママチャリで猿坂峠

そしてコグを交換した翌日に様子を見にいつもの加太方面に行ってきました。
猿坂峠では、今までダンシングで全体重をかけて登らなければいけなかったのですが、そのほとんどをシッティングで登れるようになりました。
トマト坂でも1速をフル活用してシッティングでもダンシングでも、どちらでもいいようになり坂を登るスタイルの選択肢が増えました。

ママチャリでトマト坂

気分が良かったので、トマト坂の恐竜から右手の四国山方面へ。
四国山方面へはちょっとした激坂なので、普段ここは登らないのですが、なんとか新しい1速で登り切ることができました。

ママチャリで四国山

加太方面からの帰り道は、緩い下り坂で高速走行できる場所なのですが、ローギヤを充実させた分、高速域のギヤが減ったので、今までのようにはいきませんでした。
まぁ、ママチャリで飛ばしても危ないだけですので、ローギヤを充実させたことで、坂道を以前より楽に登れるようになったメリットは大きかったです。

タグ : 自転車 ママチャリ 内装5段 SHIMANO INTER5 コグ 交換 

ママチャリのパンク修理のついでに

パンクは走行距離によるものなのか運なのかよくわかりませんが、自転車にパンクは付き物ですね。
とは言うものの、ママチャリ ブリジストン キャスロングを今年の1月に購入してから5ヶ月ほどの間にパンクした回数は4,5回ですべてリヤタイヤのパンクです。
いくら毎日のように乗って、夜な夜なサイクリングロードを走ったり、坂道を登ったりしているとは言え、ちょっとパンクが多過ぎのような気もします。

ママチャリでトマト坂

ママチャリでもそれなりに走りに行く時は大抵、パンク修理キットや空気入れを持って行くことが多いです。
しかし、いざパンクすると、空気入れで空気を入れてみて多少走れそうかどうかは確認しますが、その場でパンク修理したことがありません。
パンク修理は技術が未熟なこともあり、特にママチャリのパンク修理は時間が掛かりすぎるので、現場でのパンク修理は余程の状況でない限りしないつもりです。

ママチャリで雄ノ山峠

実際にタイヤに何かが刺さってのパンクは今のところ1回だけで、あとはすべてチューブの内側と言いますかチューブとリムが接している部分でのパンクでした。
しかも、私のママチャリのタイヤにはクロスバイク程度の空気圧を常に入れていますので、ママチャリによくあるリム打ちパンクの可能性はまずありません。
まぁ、空気圧のことはママチャリにはナイショですが・・・(^^;
そこで今回、あらためてリムを観察すると、ステンレスリムの繋ぎ目部分の処理があまくザラついていました。

ママチャリで和歌山南港

もしかすると、そのリムの繋ぎ目のザラつきが坂道などで擦れてチューブに穴が開いたのかもしれません。
シングルギヤのママチャリでは、それほど坂道を登らなかった(登れなかった)のですが、内装5段のママチャリはそれなりに坂道を登れますので調子に乗って坂道を登りすぎたのかもしれません。
リムの繋ぎ目をヤスリで擦って多少滑らかにしておきました。
パンクの原因はあくまで推測ですが、パンクに繋がるリスクは可能な限り無くしておきたいものです。

超音波洗浄機でチェーンの掃除

ママチャリのリヤタイヤを外したついでに、チェーンの洗浄をすることにしました。
ママチャリを購入してから5ヶ月間まったくチェーンを掃除してませんでしたので、チェーンを超音波洗浄機に入れて掃除しました。
チェーンを切った時に気付いたのですが、チェーンの一部が異常に固く、チェーンが折れ曲がったままなかなか真っ直ぐに戻りませんでした。
チェーンを洗浄すればマシになるかと思ったのですが、結局直りませんでした。
なのでこの際、あらかじめ買ってあったシングルギア用のチェーンに交換しました。

ママチャリのチェーン交換

そしてもう1つママチャリのリヤタイヤを外したついでに、コグ(後のギヤ)を歯数の多いコグに替えようとしました。
まぁ、こんなこともあろうかと、今のものよりも歯数の多いコグを既に買っていたのでした。
最近は、電動自転車の普及のおかげか歯数の多いコグが入手しやすくなっているように思います。
貧脚の私にはありがたいことです・・・(^^;

ママチャリ内装5段ハブのコグ

Shimanoのマニュアルを見ながら内装5段のリヤハブの分解をやりはじめたのですが途中で行き詰まってしまい、しかも時間もあまり無かったのでコグの交換は断念しました。
まだハブの分解の前段階にも達していないかもしれない状況かもしれませんが、内装ハブの分解は難しい・・・
またそのうち内装5段ハブの分解して、コグの交換やグリスアップをしたいと思います。
いつになるかわかりませんが・・・(^^;

ママチャリ内装5段ハブ

タグ : 自転車 ママチャリ パンク 修理 チェーン 超音波洗浄機 内装5段 コグ 交換 

内装5段ママチャリ カスタマイズ

内装5段ママチャリのブリジストン キャスロングを購入して、いきなりカスタマイズしました。
まぁ、町のじてんしゃ修理屋さん和歌山店でママチャリのカスタマイズや改造ありきの注文をしたため、そのほとんどのカスタマイズや改造を町じてでやってくれました。
基本的には、現在の私のシングルギヤのママチャリを踏襲したカスタマイズになりました。

カスタマイズや改造後の内装5段ママチャリ

その細かい注文とは・・・
反射シール貼るので、ワックス掛けないでとか・・・(^^;

一番手間が掛かったところと言えば、ブリジストン キャスロングの比較的長いヘッドチューブに対抗して下げたハンドルポストでしょうか。
極限までハンドルを下げるために、ハンドルポストをカットしたり、ステムをヤスリで削ってくれたそうです。
町じて和歌山店の店長には、いろいろ細かい私の注文を聞いてくれてありがとうございました。

シフター(ラピッドファイヤー)

shimano シフティングレバー 内装5S 1900x1700 SL-5S50

シフター(ラピッドファイヤー)

元々は5段変速のグリップシフトがついていましたが、グリップシフトってついグリップを力んで握ってしまって、思いもしないところでシフトチェンジしてしまったり、左右のグリップ長さや形状が違うところが嫌いでしたので、ラピッドファイヤーに変更しました。
シルバーのラピッドファイヤーは取り寄せに結構時間がかかるということなのでとりあえずブラックのラピッドファイヤーで組んでもらいました。

シルバーのラピッドファイヤーが入ったらシルバーのシフトと交換してくれるということだったのですが、グリップなどブラックなのでシフターがブラックでも違和感がありません。
それどころか、シルバーよりもブラックのほうが似合っているように思いましたので、このままブラックのシフターでいくことにしました。

ちなみに、このラピットファイヤーにしたため、元々付いていたブレーキレバーではダメなことがわかり、ブレーキレバーも変更してます。

グリップ

サーファス コネクターグリップシフト ブラック

グリップ(サーファス コネクターグリップシフト ブラック)

ミニベロに付けていたグリップを流用しました。
このグリップは柔らかくて弾力があり、しっかりとグリップしてくれるのでお私の気に入りです。

ロングバスケットブラケット

ギザプロダクツ ロングバスケットブラケット シルバー 1用(YBK01902)

ロングバスケットブラケット

このロングバスケットブラケットで前カゴを前に出さないと、ブレーキレバーが前カゴに当たったりしてブレーキが引きにくいので、ママチャリでハンドルポジションを下げる時の必須アイテムです。

ハンドルバー・ハンドルポスト
ハンドルバー・ハンドルポスト

アルミのオールランダーハンドルをハンドル長460mmに短くカットして上下逆向きに取り付け。
ブリジストン キャスロングはヘッドチューブが比較的長く、しかもヘッドチューブに一発二錠の機構があるため、これ以上ハンドルを下げることができませんが、そこそこ落ちているのでこのポジションで乗ることにしました。

ミニホーン
ミニホーン

お茶目アイテム、パフパフ♪(笑
ハンドルに取り付けると、ハンドルバーが傷つきそうだったので、前カゴに長めのボルトを取り付け、そこにミニホーンを固定しました。

ライトホルダー
ライトホルダー

フロント反射板のステーを利用して、ライトを取り付けるためです。
元々ロードバイクなどのクイックリリースレバーの反対側に取り付けるタイプのライトホルダーですが、M5のボルトでフロント反射板のステーに取り付けました。

自作ライトホルダー
自作ライトホルダー

ステンレスのL字型金具の穴が、ホイールのシャフト径より少し狭かったので、電気ドリルでL字型金具の穴を広げました。
あとはL字型金具に丸いゴムを嵌めて取り付けました。

ステンレス前カゴステー
ステンレス前カゴステー

フロント反射板のステーを利用して、ライトを取り付けるため、ライトの光を邪魔しない形状の前カゴステーを左右逆に取り付けました。

自作泥除け
自作泥除け

シングルギヤのママチャリの自作泥除けで使ったPP素材の余りで、もう1つ泥除けを作りました。
余りの部分を使ったので、シングルギアのママチャリの泥除けよりも短くなりましたが、無いよりはマシですね。

ロングシートポスト

グランジ MTBシートポスト 25.4mm シルバー

ロングシートポスト グランジ MTBシートポスト 25.4mm

ポスト径25.4mmの鉄でないロングシートポストだと数えるくらいしか選択肢がないので、オフセットのあるグランジのシートポストにしました。

シートポストクランプ
シートポストクランプ

ホームセンターで買ってきたステンレスM8x50のボルトとナットでシートポストを固定しました。
そのままだとクランプが脚に当たってしまうのと、イタズラ盗難防止のためです。

ペダル

タイオガ シュアーフット7

ペダル(タイオガ シュアーフット7)

ミニベロ ダホン ヘリオスに付けていたペダルを流用しました。
シールドベアリング採用のペダルで滑らかな回転と、靴にへばりつくような踏み面の喰い付きの良さが気に入ってます。
グリスアップしていないのでヌルヌルとした感じですが、シールドベアリングのお陰でゴリゴリとした感じはまったくしません。

リヤライト(フラッシャー)
リヤライト(フラッシャー)

これも私の好きなママチャリアイテムで、ホイールのスポークにマグネットを取り付けて、そのマグネットが通過する度に自己発電して光る電池不要のフラッシャーです。

反射シール・反射グッズ
反射シール・反射グッズ

安全第一のママチャリダーとしては、やはり反射シールなどの反射グッズは欠かせません。

養生テープ
養生テープ

あと、艶消し黒色の養生テープで、ケーブルと接触しそうなところを保護したりしました。
長年ブレーキなどのケーブルと接触していると、塗装が落ちてきて、そこからサビやすくなるのを防ぐためですが、あまり意味が無いのかもしれません・・・(^^;

ママチャリ

以前に乗っていたシングルギアのママチャリがパンクしてしまい、カスタマイズしたブリジストン キャスロングをいきなり通勤用自転車として使わなければいけなくなりました。
そして、新しいママチャリでも、相変わらずママチャリダイエットとして、会社が早く終わった時には、サイクリングロードなどで走ったり、内装5段変速ということもあり峠などにも登ったりしましたので、カスタマイズしたブリジストン キャスロングのインプレとしては以下の通りです。

内装5段は素晴らしいけど、5速は不要かも?

発進時やちょっとした上り坂や雨の中では2速、走行時は3速、ちょっとした下り坂や追い風では4速、と普段乗り程度なら2速から4速で充分間に合いそうです。
もちろん峠などの上り坂では1速が役立ちます。
今の3速が4速くらいのギア比なら、峠などの上り坂でもっとローギアが活躍できるのではないかと思っています。
と言うことで、今のところ内装5段は素晴らしいけど、5速は不要な感じがしています。

失速感

私のシングルギアのママチャリに比べて、フロントはハブダイナモ、リアは内装5段と、回転軸に接触する機械部分が多い構造で回転への抵抗がありますので、ある程度の失速感は仕方ないのかもしれません。
ただ、まだ1度もグリスアップしていないことによるところが大きいのかもしれませんので、機会があればグリスアップしたいと思います。
まぁ、私のグリスアップしたシングルギヤのママチャリが、ママチャリとしては異様に良く回る自転車になっているのもあるのですが・・・(^^;

最強ママチャリかも?

車重が重いのはカタログ値でわかっていましたが、固いのでクロモリ(鉄)の「しなり」は感じられませんでした。
まぁ、私が鈍感なだけなのかもしれませんが・・・。
それに、6年間のフレーム保障は伊達ではなさそうです。
重さはトレーニングには最適かもしれませんので、ある意味ブリジストン キャスロングはトレーニング用ママチャリとして最強ママチャリかもしれませんね。(^^;

最強ママチャリ

タグ : 自転車 内装5段 ママチャリ ブリジストン キャスロング カスタマイズ 改造 インプレ 

ママチャリ内装5段 ブリジストン キャスロング 買っちゃった

ブリジストンのキャスロング(CASLONG)というママチャリを買いました。
もう既に自分用のママチャリがあるのに、もう1台ママチャリを買うなんて・・・(^^;

今のママチャリがダメになったと言う訳ではありませんが、
・荷物をたくさん積めて、そこそこの坂道を登れる自転車が欲しかった。
・自転車通勤ダイエットで走るサイクリングロードで、向かい風の時に変速機の付いた自転車が欲しかった。
・自転車通勤ダイエットで変速機の付いた自転車があれば、いろいろなコースを走れるので欲しかった。
・数日にわたるママチャリの時、チェーンケースが付いた両足スタンドの自転車がもう1台あれば便利だと思っていた。
ということで、これらの条件をすべて満たすには、もう1台変速機の付いたママチャリという選択肢以外には考えられませんでした。

購入の決め手となったのは、
・クロモリ(鉄)フレーム
・内装5段
・チェーンフルカバー
・ステンレススポーク
・ステンレスドロヨケ
・両足スタンド
もちろん、私のママチャリ事情を良く知っている町のじてんしゃ修理屋さん和歌山店の店長さんが組んでくれるというのも大きかったです。

ママチャリ内装5段 ブリジストン キャスロング

一応購入したママチャリのスペックを記載しておきます。(ブリジストンのホームページより)

ママチャリ ブリジストン キャスロング スペック
製品名キャスロング デラックス チェーン・W型モデル(26インチ・5段)
車種略号DW65P6
標準現金販売価格\52,800(税抜き)
タイヤサイズ26×1-3/8
シフト段数5段
フレーム鉄 ダイキャストタフフレーム
カラーM.ブリリアントシルバー
ヘッドロック一発二錠
ハンドルバーステンレス セミアップハンドル
グリップコンフォートグリップ
サドルコンフォートサドル
シートポストステンレス
シート止め回転式シートピン ロングUP
タイヤフロント:マイティロードプラタイヤ
リア:ロングライフプラスタイヤ
チューブウルトラスーパーチューブ
リムステンレスリム
スポークステンレススポーク
変速方式内装5段シマノグリップシフト
ギアクランクアルミクランク
駆動チェーン
ペダルノーマルペダル
ブレーキフロント:ツーピボットキャリパーブレーキ
リア:フィン付きローラーブレーキ
リアキャリヤステンレスキャリヤ(クラス18)
ドロヨケステンレスドロヨケ
チェーンケース全ケース 鉄
スタンド両立スタンド
ランプフロント:3灯チップLED点灯虫
リア:ソーラーテールランプ
ベル小型ベル
バスケットステンレスワイヤー角型バスケット
錠前一発二錠(BSロックⅢプラス)
ドレスガード標準装備
空気ミハル君-
クラス27キャリヤ装着可
重量21.6kg(備考:チェーン W型 27インチ・3段モデルの場合)
サドル最低地上高76.0㎝
乗車可能最低身長142㎝
ママチャリ内装5段 ブリジストン キャスロング

と言うことで、いざブリジストン キャスロングが届いてみるとビックリ
チェーンカバーがフルカバーでない・・・

内装5段 ブリジストン キャスロングのチェーンカバー

町じて店長曰く、内装5段は内装3段と違ってシフトの出っ張りが無く、内部に納まっているためフルカバーは付けられないとのこと。
それを聞いて納得しましたが、それにしてもブリジストンのホームページにも「全カバー」って書いてあって、写真の自転車もフルカバーなのに・・・

ママチャリ内装5段

まぁ、仕方ないか・・・
コマメにチェーンに注油したり、チェーン洗浄をしろってことですね。(^^;

まぁ、ここまでは普通のママチャリの注文内容なのですが、これで終わらないのが私の悪いところで・・・

ママチャリのカスタマイズ

さっそくママチャリをカスタマイズしたのですが、シングルギアのママチャリがパンクしてしまい、カスタマイズ後のブリジストン キャスロングを明るい屋外で写真を撮る間も無く急遽、通勤自転車として乗ることになりました。

タグ : 自転車 ママチャリ ブリジストン キャスロング 内装5段 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集