ママチャリの前カゴ補修

私のママチャリの前カゴには怨念がおんねん。

。。。

まー、それはおいといて・・・(^^;
シングルギアのママチャリの前カゴの補修をしました。

前カゴをインシュロック(結束バンド)で補強

思えば、2013年11月に前カゴの溶接部分が外れてインシュロック(結束バンド)で補強しました。

ママチャリが倒れる瞬間 ママチャリが倒れた瞬間

ところが、2015年のママチャリロングライドの五条に行った時にママチャリを倒してしまい、補強していた結束バンドも吹っ飛ばして前カゴが崩壊しました。
そのため、2015年11月に以前から持っていた丈夫な前カゴに交換しました。

丈夫な前カゴに交換

しかし、もったいないオバケが怖い私は(^^;、壊れた前カゴを捨てるわけにもいかず、かと言って、このまま家の物入れ代わりにしとくのも、ちょっと・・・
と言うことで、壊れた前カゴを補修して、再び元のママチャリに付けることにしました。
新しいママチャリには似合わないので・・・。

ママチャリの前カゴ補修

そこで100円ショップで細いステンレスの針金を買ってきました。
しかし、いざワイヤーを巻きつけようとすると、結構大変だということがわかって諦めました。
(こうして、家に不要な物がドンドン増えてゆく・・・)

前カゴを結束バンドで補修

と言うことで、前回と同様にインシュロック(結束バンド)で前カゴを補修することにしました。
ただし、前回と違い結構な数の結束バンドを使って壊れた部分を留めました。

結束バンドをヤスリで削る

ちなみに結束バンドは、精密ニッパーなどで根元からカットするのが良さそうなのですが、精密ニッパーを持ってないので、普通のニッパーでカットした後に、ヤスリで削りました。

ママチャリに補修した前カゴを取り付け

そして、ママチャリに補修した前カゴを取り付け。
ただ、前カゴが折れている部分があり、前カゴを取り付ける際に、ロングバスケットステーと前カゴの間にアルミプレートで補強しました。
前カゴ内部は普通のアルミプレートで外側にはL字型のアルミプレートを使用しました。

前カゴをアルミプレートで補強

実は、このアルミプレートを取り付けるのに結構時間が掛かりました。
アルミプレート間に隙間が出来るので、ボルトで留めているアルミプレート間の隙間を埋めるためにナットやワッシャーを挟みました。

しかし、アルミプレートの隙間にナットやワッシャーを挟むのに一苦労で、苦労して入れたのにまだ隙間があったり、逆に挟みすぎて取らなきゃいけなくなったりで、ただでさえ大変なのに何度もナットやワッシャーを付けたり外したりしました。

前カゴをアルミプレートで補強

その苦労した甲斐あってか、ようやくママチャリに前カゴを取り付けました。
前に使っていた丈夫な前カゴが大きかったせいか、なんだか前カゴが小さく感じましたが、まぁそのうち慣れるでしょう。
元々このママチャリに付いていた前カゴですし。

ママチャリの前カゴ補修完了

タグ : 自転車 ママチャリ 前カゴ 補修 補強 

ママチャリのメンテナンス メンテで自転車の寿命が変わる

ママチャリの前カゴ

前回の記事花咲かGタンククリーナーに数日間漬けたママチャリのパーツですが、小さな部品の錆は落ちたのですが、前カゴとクランクの錆がいまひとつ落ちていませんでした。

ママチャリのクランク

DAHONヘリオスのフロントフォークの錆取りをした後の使い回しで、あまり期待していませんでしたが、どうやら前カゴとクランクの材質が悪くてパーツ内部にまで錆が浸入してしまって、その錆がなかなか取れない原因だと思います。
前カゴとクランクをもう数日間花咲かGに漬けておけばいいのかもしれませんが、ママチャリは通勤に使う自転車なのでこのまま組み立てることにします。

前カゴの補強

ママチャリに取り付ける前に、前カゴのコーナー付近などをインシュロック(結束バンド)で補強しました。
ステンレスの前カゴに換えたほうがいいのかもしれませんが、とりあえずこれで使えるところまで使います。

ママチャリの前カゴの補強
グリスで防錆・固着予防

自転車を組み立てるときは、あらかじめグリスを塗って、錆の発生を防いだり、固着するのを予防します。
このペダルやクランクを付ける際に、今回外さなかった右側のペダルやクランクを確認したところ、ペダルが少し緩みかけているのを発見しました。
確認してみるもんですね。

タイヤに刺さった異物

確認ついでにタイヤに何か刺さっていないか見たところ、フロントタイヤに怪しい物体ハケーン!!

小さな小石のような欠片が刺さっていることが多いのですが、その異物を小さなマイナスドライバーなどで穿り出してみると、金色に輝く細長い金属でした。
ピンボケ気味ですが・・・(^^;

タイヤに刺さった異物

長さは2mm弱くらいでしょうか。
こんな小さなものでも、何かの拍子でチクッっとチューブに刺せばパンクしてしまうことでしょう。
今回のタイヤチェックでタイヤの寿命が少し延びたかも?(^^;

前輪のタイヤはこの金属以外にも多くの小石の欠片が刺さっていましたが、後輪のタイヤは小石のかけらすら刺さっていませんでした。
後輪のタイヤは、ちょうど1年ほど前に新品に交換したばかり(?)だからなのかもしれません。
と言うことは、前輪のタイヤはママチャリ購入当初から付いていて、もう10年近く経っているということでしょうか。(^^;

錆取りしたペンチ

錆取りの時に、一緒に錆びたペンチも花咲かGに漬けていました。
ペンチの外部の錆は綺麗に取れました。
KURE CRC556を吹きかけると、ペンチの内部から錆が滲み出てきました。
まぁ、今まで動きが渋かったペンチが、スムーズに動くようになったので、これでOK!

今回のメンテナンスは、ママチャリのフロントフォーク内側に付いたブレーキの汚れがきっかけでしたが、結果的にタイヤの異物除去やペダルの緩みの発見など大きな成果がありました。
また、記事では特に取り上げていませんが、フロントブレーキの調整や、ダイナモの取り付け位置の調整などもおこないました。

メンテナンスしたママチャリ

時々は自転車を磨いたり、メンテナンスしてみるもんですね。
自転車を点検やメンテすることで、自転車の寿命が延びたり事故を未然に防げると思います。
まぁ、私のような自己流のメンテナンスでは怪しいかもしれませんが・・・(^^;

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス 錆取り 前カゴ クランク タイヤ 異物 点検 寿命 

ママチャリのメンテナンスと錆取り

鈴鹿8時間耐久レースに持っていくロードバイク

いつものように町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)に行くと、ロードバイクで溢れてました。
店の外も店内も2階にもロードバイクでいっぱいです。

鈴鹿8時間耐久レースに持っていくロードバイク
トラックに積み込むロードバイク

どうやら11月3日(月)祝日での鈴鹿8時間耐久レースに持っていく皆さんのロードバイクです。
そのロードバイクを大きなトラックに積み込んでいました。
トラックの荷台は上下2段にしてロードバイクを積んでいて、全部で56台のロードバイクだそうです。
町ジテ和歌山組だけでこれだけものロードバイクの数ですから、町ジテ貴志川組も合わせると凄い数のロードバイクですね。

汚れたママチャリのフロントフォーク

そんなことを思いつつ皆さんの綺麗なロードバイクを見た後に、私の乗ってきたママチャリを見ると、フロントフォークの内側が汚れていました。
最近通勤で雨に降られることが多かったからですね。
それにフロントブレーキレバーの引き代も大きくなってきたように思います。
雨の日に走行すると、ブレーキが効かないのにブレーキシューは良く減るのかもしれません。

「ママチャリのメンテナンスと錆取り」の続きを読む

タグ : 自転車 鈴鹿 耐久 レース ママチャリ メンテナンス 前カゴ クランク 錆取り 秋のつるべ落とし 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集