反射シールと自作リアリフレクターで軽量化

自転車に乗れない日々が続いてます。。。

まぁ、それはさておき、法律どうのこうの言うつもりはありませんが、いくらテールライトを装着しているからと言っても電池が切れれば光らなくなる訳ですし、夜間電池が切れれば電池を買いに行くまでの道中は怖い思いをしなければいけません。

とは言っても、めったに切れることのない電池切れのために常に標準で付いているリヤリフレクター(リヤ反射板)を付けているのもどうなかぁ~?と思っていたのでした。
まぁ、去年の夏から6kgも太ってしまった自分の体重はさておき、自転車は軽量であるほうが何かといいものです。

反射シールで軽量化

ということで、赤色の反射シールをホームセンターで買ってきました。
100円ショップでも似たようなものがありますが、以前に黄色の反射シールを100円ショップで買いましたが粘着具合や剥がした時の糊の残り具合などいまひとつだったので、今回はホームセンターにしました。
まぁ、ホームセンターで買ったからと言って優れているとは限りませんが、たまたま別件でホームセンターに行ったついでに買ってきました。

この反射シールを適当な大きさに切って貼るだけです。。。

反射シールで軽量化

ちなみに、一番垂直に近かったリヤディレイラーのアウター受け付近にも反射シールを貼ってみました。

これだけでは芸が無いので、サドルバックの後方に下敷きのような薄いプラスチック(正確にはポリプロピレン?)の板を切って挟んで、そこに反射テープを貼ろうと思いました。
と言うのも、ロードバイクならシートポストに反射シールを貼れますが、シートポストを移動させることのあるミニベロ折りたたみ自転車ではシートポストに反射シールを貼ることが出来ません。
まぁ、シートポストに反射シールを貼ることが不可能ということではありませんが、折りたたみ時にシートポストを下ろすのに邪魔になったりボロボロになったりしそうです。

いきなりポリプロピレンの板を切るのは失敗の元なので、とりあえず手元にあった厚紙(タバコのケース)で様子を見ることにしました。
写真のものは2作目です。

最初に同じように作ったのですが、サドルバックのゴム部分に挟み込む幅が足りなくて、装着後に左右に動いてしまって具合が悪かったです。
なので、2作目はサドルバックのゴム部分の幅(写真のサドルバックでは約4cm)に合わせてカットしました。

タバコの箱で型紙

また、サドルバックのゴムを通すために切り込みを入れましたが、これは完成後に裏からテープで留めれば外れることは無いと思ってます。
ちなみに穴の開いている幅は約5mmで、高さはゴムの高さに合わせて約2cmです。

反射シールで軽量化

試作段階では全体的な上下の高さが変ですが、これはタバコのケースを使ったからで、実際にはもう少し高くしようと思います。
無機質なデザインになるので、ちょっとひねってみようとも思いましたが、良いデザインが思い浮かばなかったです。(^^;
と言うことで、サドルバックの反射板は未完成(未作成)ですが、今後時間を掛けて反射板のデザインを考えていきたいと思います。

デローサなら間違いなくハートマークにしたいところなのですが・・・(^^;

タグ : 自転車 リヤ 反射板 反射 シール 自作 軽量化 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集