ロードバイクのドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

冬に自転車に乗っていると、手の指先がジンジンしてきます。
そのため、防寒グッズとして防水防寒手袋などがあるのですが、防寒対策がバッチリな手袋はどうしても厚みがあります。
厚手の手袋をしていると、ブレーキやシフト操作がしにくくなります。

特にロードバイクなどのドロップハンドルに付いているデュアルコントロールレバー(ブレーキレバーとシフターが一体になったもの)の場合、厚い手袋をしていると、シフトアップするつもりが逆にシフトダウンしてしまったりと、なかなか上手くシフト操作できないことが多いです。
そのため、特にロードバイクでは手袋は薄いもののほうが良いです。
とは言っても、薄い手袋だと寒さで手がかじかんでどうしようもないので、仕方なく厚手の手袋をしているのが現状ではないでしょうか。

そこで、(地域やその日の気温によるかもしれませんが)正面からの冷たい風さえ防ぐことが出来れば、そこまで厚手の手袋をしなくて済むようにハンドルカバーというのが自転車グッズとしてあります。
いろいろハンドルカバーはあるのですが、ママチャリやフラットハンドル用のハンドルカバーが多く、ドロップハンドルに付けられそうなハンドルカバーはあっても高価だったりと、なかなか希望に添えるものはありませんでした。

じゃー、無ければ既存のものを加工して作っちゃおう♪
ということで、初めから作るのも大変なので、出来上がった製品を工夫して、ドロップハンドルに付けられるハンドルカバーを作ろうと思いました。

コミネ KOMINE ネオプレーン ハンドルウォーマー

そこで、私が選んだのが「コミネ KOMINE ネオプレーン ハンドルウォーマー」。
私が最近よく見に行くブログで見かけたのがきっかけでした。
なので、記事にしようかどうしようかとちょっと迷いましたが、安くて良さそうだったので紹介することにしました。(^^;

このハンドルウォーマー(ハンドルカバー)は、もともと原チャリなどのバイク用品のようです。
決め手となったのは、カットしやすそうで軽そうな素材だったのと、比較的安かったからです。
最初は、自転車用でもっと安くて良さそうなのがあるかと思って探しましたが、結局このハンドルカバーが一番良さそうでした。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

商品到着後確認してみると、素材はウエットスーツのような素材で伸縮性もあり、思っていた通りの軽いものでした。
また、文字の部分が反射素材になっていました。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

手を入れる穴以外に、大小1つずつ穴があります。
この大小の穴は、(ハンドルカバーは元々バイク用なので)バイクの場合は、大きいほうの穴にグリップを通して、小さな穴にはブレーキレバーを通すように思います。
そして、付属のヒモをバックミラーに結んでハンドルカバーを固定するようです。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

このハンドルカバーを加工など何もせずドロップハンドルに付けてみたところ、なんと!良い感じに取り付けることが出来ました。
最初は、ハンドルカバーを切ったり加工しなければいけないかも?と思っていましたが、加工することなく装着できました。
ハンドルカバーに手を入れてみると、手を入れる穴からハンドルも出ていますので、ハンドルカバー入口付近で多少の窮屈感はあるものの、中は広々としていて、ブレーキ操作やシフト操作に影響を与えにくいです。
ただ、ハンドルカバーの手の出し入れ時には多少もたつくため、ハンドサインを頻繁に出す集団走行時などには向いてなさそうです。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

最初は、もしロードバイクにこのハンドルカバーが付けられなかったら、通勤用のママチャリにこのハンドルカバーを付けようと思って無難なカラーのハンドルカバーにしました。
ロードバイクのドロップハンドルにも付けられるとわかっていたのなら、イエローやレッドなどカラフルなハンドルカバーにしとけば良かったかも・・・(^^;

もう少しお金に余裕があれば、充電式のヒーターグローブやヒーターシューズカバーが欲しいと思っているのですが・・・
ヒーターグローブを使っている人に聞くと、1度ヒーターグローブを使うと、もう普通のグローブには戻れないほど快適だそうです。
うらやましい・・・(^^;

サイズがいろいろありますので、購入する際は気をつけてくださいね。

タグ : 自転車 ロードバイク ドロップハンドル 防寒 対策 ハンドル カバー ウォーマー 素材 伸縮性 

アイウェア(メガネ)の曇り止め対策

私は寒い時期にフェイスマスクをしています。
フェイスマスク自体は冬の冷たい風を防いでくれて大変助かるのですが、信号待ちなどで停車していると自分の吐く息の熱気でアイウェア(メガネ)がすぐに曇ってしまいます。
走り出せばそのうちメガネの曇りも取れていくのですが、信号待ちが長くなるとメガネの曇りが取れるのも時間がかかり、ほとんど何も見えない状態で交差点を渡ることになり結構危ないです。

そのため、フェイスマスクをした時は、アイウェア(メガネ)を浅く掛けて、なるべくメガネと顔面を離すようにしていました。
しかし、それでもあまり効果はありませんでした。
まぁ、しないよりは多少はマシな程度でした。

フェイスマスク

そこで、アイウェア(メガネ)の曇り止め対策を施すことにしました。
ちなみに、「曇り止め対策」って言葉は変ですかね?
まぁ、意味は通じると思いますので、「曇り止め対策」でいきます。(^^;

そもそもフェイスマスクに小さな穴(通気孔)が開いているのですが、その通気孔以上に自分の吐く息の量が多く、鼻と頬の隙間から熱気が上がってアイウェア(メガネ)を曇らせてしまいます。
まぁ、わざわざこんなこと書かなくても、わかる人にはわかると思いますが・・・(^^;

そこで、いくつかアイウェア(メガネ)の曇り止め対策を思いつきました。
・アイウェア(メガネ)に曇り止めのものを塗る
  → 面倒だし、曇り止めを塗ったことによって視界が歪みそう。
・鼻と頬の隙間を無くす
  → フェイスマスクに器具を取り付けるのが面倒。
・フェイスマスクの穴(通気孔)を大きくする
  → 今回はこれに決定♪

ということで、お金もかからず効果的そうなフェイスマスクの穴(通気孔)を大きくすることにしました。
ただし、穴が大きくなるため多少の保温性は機能ダウンします。
しかし、フェイスマスクをしていると息苦しいと思っていた私には、穴を大きくすることで通気性が良くなり一石二鳥になります。

フェイスマスクをハサミでカット

さっそくフェイスマスクをハサミで穴を広げていきます。
フェイスマスクの穴(通気孔)を大きくすると言うよりは、穴を目印にして穴と穴の間を切っていきました。
センターは四角く、サイドは三角に切りました。

穴(通気孔)をカットしたフェイスマスク

ちなみに、フェイスマスクの穴がわかりやすいように、フェイスマスクの中に白いビニール袋を入れて写真を撮りました。

前回の自作防寒シューズカバーと同様に、ただハサミで切るだけのお手軽さで出来上がりました♪
ただ、ハサミで切るよりカッターナイフで切ったほうが綺麗に仕上がるかもしれませんが、もうハサミで切った後にそう思いました。(^^;

穴(通気孔)をカットしたフェイスマスク

穴(通気孔)を大きくしたフェイスマスクを被ってみると、吐く息のほとんどが広げた通気孔から出て行き、メガネ(サングラス)に上がってくる熱気が激減しました。
まったくメガネが曇らないということではありませんし、実際に自転車で走ってみないとわかりませんが、以前とは比べ物にならないくらい改善されたように思います。

アイウェア(メガネ)の曇り止め対策の確認

写真写りのせいかもしれませんが、フェイスマスクの穴はほとんどわかりません。
それにしても、洗面台の鏡が汚い。。。(^^;

タグ : 曇り止め 対策 アイウェア メガネ サングラス フェイスマスク  通気孔 ハサミ カット 

サイクリングシューズの防寒対策

冬に自転車に乗ると寒いですね。
特に、頭部・手先・足先が凍えて感覚が無くなるほど寒いです。

自作インナーで防風・防寒ヘルメット

頭部の防寒対策は、以前に防寒(防風)対策を施したヘルメット(インナー)を自作して大成功ででした。
この防寒(防風)対策済みヘルメットとフェイスマスクがあれば極寒時期も頭部は大丈夫そうです。
そこで、この自作防寒グッズに気を良くした私は、次なる防寒対策に踏み出そうといろいろ思案しました。

まぁ、結論から言いますと、手先の防寒対策は難しいので、足先の防寒対策を考えました。
使用するものは、ヘルメットの防寒対策で使用した薄手のアルミレジャーシートです。
これが結構使い勝手が良いです。
石油製品臭いのは仕方ありませんが、100円ショップで買ってきて、部屋で自転車イジリなどで床に座るときにお尻に敷いたりして重宝してます。

ホームセンターで買った安全靴

最初はシューズの外側にアルミシートを包んで、その上からシューズカバーのようなものを付けようかと思いました。
きちんとしたビンディングシューズとシューズカバーであれば、その間にアルミシートを両面テープで軽く固定するだけで絶大な防寒効果が得られると思います。
でも、私のサイクリングシューズは、ホームセンターで2000円しなかった安全靴。
シューズカバーがもったいないので却下。(^^;

シューズの防寒対策を検討

と言うことで、アルミシートはシューズの中に入れることにしました。
シューズの中にアルミシートを入れるとなると、つま先付近はカーブがきつくシューズ内部で包むように自作するのは至難の業です。
足は遅いが、あきらめが早い私は「シンプル イズ ベスト」という選択をしました。

アルミシートを短冊に切っただけ

アルミシートを短冊に切っただけです。(^^;
そのアルミシートをシューズの中敷に挟めばある程度固定できるし。。。
まぁ、完全な防寒対策とは程遠いかもしれませんが、それでも「無いよりマシ」ということで、しばらくこの防寒対策シューズで様子を見ようと思います。

防寒対策シューズ
防寒対策シューズ

とりあえず防寒対策をしたシューズで町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店へ行きました。
そこには、強力馬力自転車屋の有田支部長ヤシさんと、和工電くんがいました。
話の流れで、走りに行こうということになり、とりあえず近場の雑賀崎へ行くことになりました。

先頭は私です。
最初は頑張って時速35km/hで巡航しましたが、すぐに時速30km/hにペースダウン。
やっぱりしんどい。。。(^^;

先日から元々アンカーRL8についていたサドル(FIZIK-ARIONE K:ium)に戻して、角度もやや前下がりにセットしていたのですが、これが私のお尻になかなか良い感じでした。

雑賀崎にツーリング

話が脱線してしまいました。。。
肝心の防寒対策シューズですが、当日はそれほど寒くなく、しかもシューズの中敷に靴下用カイロを貼り付けていたので、防寒対策シューズの効果はわかりませんでした。
と言うより、シューズの中はちょっと暑いくらいでした。

雑賀崎にツーリング

2013年 1月12日(土)
走行時間:44分
走行距離:16km
平均速度:22.1km/h

タグ : 自転車 サイクリング シューズ 防寒 対策 アルミ シート 安全靴 靴下 カイロ 

DAHONハンドルの回り止め対策

DAHON Boardwalkのハンドルは折りたたみなので、ハンドルポストも容易に高さを調節することができるんです!

「そんなの誰でも知ってるヨ」

DAHON Boardwalkのハンドルポストは円ではなく一部が凹んでいて、そこに突起物が当たってハンドルが回らないような構造になっています。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

その設計は良いのですが、その突起物が溶接の出来損ないのようなお粗末なものなので、ハンドルポストの凹みと突起物の間に隙間があり、坂道や発進時のトルクのかかる時に、ハンドルが歪んでしまうことが度々ありました。

まぁそれでも、ハンドルポストの凹みと突起物のおかげで走行できなくなるくらいハンドルが回って歪んでしまうことはありませんが、それでも歪んだハンドルで走行するのは気持ちの良いものではありません。

歪んだハンドル

上の写真ではフレーム線上にタイヤがあり、これで真っ直ぐ走れる状態なのですが、ハンドルが歪んでしまっています。
いくらきつくハンドルポストのクランプを締めても、程度の差こそあれ発進時にハンドルが歪んでしまいます。
そこで、なんとかハンドルの回り止め(ハンドル歪み止め)の対策をしなければいけないと思っていました。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

いろいろ構想を練ったものの、最終的にはハンドルポストのクランプを留めているネジを長いものに換えて、ハンドルポストにはそのネジを差し込むネジ穴を開けることにしました。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

以前にホームセンターで買ってあった4mmステンレスボルト(長さ25mmくらい)を差し込むと良い感じではまりました。 ピッチもOKのようです。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

ボルトを取り、ハンドルポストをセットして、先の尖っているものでハンドルポストに目印を付けます。
ハンドルポストの素材が柔らかいアルミなので、簡単に目印をつけることが出来ました。
まぁ、マジックペンなどで印を付けても良かったですね。(^^;

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

その目印に、電気ドリルで穴を開けました。
最初は小さな穴を開け、最終的にボルトと同じ4mmの穴を開けました。

DAHON Boardwalkのハンドルポストの穴開け
DAHON Boardwalkのハンドルポスト

ハンドルポストをセットして、ボルトを締めれば出来上がり。
これでハンドルが歪むのを防止できると思います。
まぁ、実際長期間の経過を見ないことには何とも言えませんが、少なくとも以前とは比べ物にならないくらい改善されたと思います。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

タグ : 自転車 DAHON Boardwalk ミニベロ 改造 ハンドル ポスト 回り止め 対策 防止 

自転車通勤を考える

DAHON Boardwalk購入後すぐの週は梅雨がまだ明けてなくて雨の日が多く、通勤は今までと同じくわずか4km程度の距離を自動車で通勤していました。
会社の近くに月極駐車場を、もう20年近く借りて、自動車をその駐車場に留めて、そこから徒歩で会社まで通勤しています。
昔は11,000/月でしたが、今は9,000円/月です。

仮に最初から9,000円/月としても、年間108,000円で、それが20年とすれば2,160,000円です。
新車が買えてしまいます。
20年とか考えなくても、1年間で10万円以上が駐車場代に消えてゆきます。
当然、自動車通勤をすれば燃料代(ガソリン代)も必要になってきます。
そこで、自動車通勤を止めて、自転車通勤にすれば、多少高価な自転車を購入しても、充分に元は取れることでしょう。

冬から春先の寒い季節や梅雨時期が、自転車通勤にはつらい時期があります。
その自転車通勤にはつらい期間だけ月極駐車場などを借りるようにするだけでも随分違ってきます。
そして、自転車通勤にはつらい時期以外の雨の日はバスなどの交通機関を利用したり、安いコインパーキングなどを利用することで、通勤の雨対策になります。

自転車通勤にはつらい時期の対策が出来ると、後は自転車通勤中での突然のアクシデントを克服すれば良いだけです。
では、自転車通勤中での突然のアクシデントには何があるか?
・パンク(通勤途中でのパンク/自転車に乗ろうとしたらパンクしていた)
・故障
・交通事故
自転車通勤中での突然のアクシデントは、この3つに絞られるのではないでしょうか。

パンク対策
・空気圧をこまめにチェックする
 空気圧が減った状態だと、接地面積も大きくなり路上の異物が刺さる確率も高くなる。

・他の自転車と同じところを走る
 他の人が通勤や通学などで自転車が走っているところは、先に走っていた自転車に刺さって異物が取り除かれている可能性が高い。
 他の自転車があまり走らない場所を走るとパンクのリスクが高まる。出る杭は打たれるということか?(^^;

・通勤ルート途中の自転車屋をおさえる
 もしパンクしてしまったら、自分でパンク修理が出来るなら自分でパンク修理をしても良いと思います。
 しかし、そうなれば簡易空気入れやパンク修理キットを常に持ち歩かなければいけません。
 また、私のようにパンク修理をしたことがない人や、スーツ姿でパンク修理をしたくない人などは近所の自転車屋でパンク修理を依頼することになります。
 そのために、事前に通勤ルート途中の自転車屋がどこにあるのか、営業時間、定休日などをあらかじめおさえておくと思います。

・ノーパンクタイヤに替える
 最後の手段だと思っていますが、常にタイヤが重くなるなどいろいろ弊害もあるようです。
 年間に何回パンクするのかということと、常にタイヤが重くなるということを天秤に掛けてみるべきだと思います。

故障対策
・通勤ルート途中の自転車屋をおさえる
 パンク対策と同じですが、通勤ルート途中の自転車屋、営業時間、定休日などをあらかじめおさえておくのが良いと思います。

・日頃のメンテナンス
 故障になる前触れなどを敏感に察知し、事前に対策を打っておくのが有効だと思いますし、日頃のメンテナンスでも同じように故障となる前兆を発見できるかもしれません。

交通事故対策
・交通ルールを守る
 信号無視をしないなど交通ルールを守って、安全運転するのが当然と言えば当然です。
 また、早く目的地に着くことよりも、確実に(安全に)目的地につくように心掛けることです。
 そのために余裕を持って家を出発することも必要だと思います。
 なかなか難しいですけどね。。。(^^;

・ヘルメットやフラッシュライト
 ヘルメットやフラッシュライトは装着義務はありませんが、万が一のことを考えると装着したほうがよいでしょう。
 特に夜間走行する場合、自動車も自転車もスピードが出がちですので、安全面には気をつけたいですね。

タグ : 自転車 自転車通勤 通勤 パンク 故障 事故 対策 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集