FC2ブログ

凍傷になりそうな極寒の生石高原

今回は黒ビアンキ姐さん(ネコさん)とマルフクさんのWAKAYAMA800モバイルスタンプラリーあらぎ島・生石高原のポイント獲得ライドに、やっくんと一緒に参加してきました。
前日も寒いなかネコさんと、今回も参加のマミさんは、高野山までポイント獲得しに行ったそうで、連日のポイント獲得ライドだったようです。
集合場所に向かう途中、いかにも冬空という感じで、低いどんよりとした灰色の雲がより一層寒さを醸し出します。

冬空
かじか荘

あらぎ島に来る途中、膝の痛みが再発。
膝の皿の中に針を入れられたようなズキズキする痛みです。
どうやら、冬用のサイクリングパンツがペダリングする度に膝を圧迫して痛みが出るようです。
でも、ケイデンスを抑えると痛みは和らぐため、ローケイデンスを意識しながらペダリングすると、そのうち痛みを忘れるほどになっていきました。

あらぎ島
道の駅あらぎの里「あらぎ島定食」

道の駅あらぎの里でポイント獲得し、昼食を摂ることになりました。
最近にしては珍しく麺類ではなく、ちゃんとした(?)定食にしました。(^^;

登り坂
沼の棚田

昼食後、ちょっとダートもありましたが、ダート以外は比較的綺麗な道を登っていきました。
沼の棚田だそうで、いまひとつ良さが感じられなかったのは私だけかも?

生石高原

札立峠に着いて、その流れのまま札立峠の先にある生石高原まで登りました。
生石高原はマイナス2度だそうで、寒がりの私には耐えられない寒さです。
まぁ、登ってきたばかりなので、気温ほど寒さは感じられないのですが、ポイント獲得した後は急いで売店に入りました。
生石高原の売店の奥にある薪ストーブから離れたくない衝動に駆られます。

薪ストーブ

生石高原からの下りでは、手の指が凍傷になるかと思ったほど、寒さで指が痛かったです。
下りのルートは、メンバーみんなが通ったことのないルートだそうで、寒さで指の感覚が無いまま、ずっとブレーキ握りっぱなしで坂道を下ってきました。
その後は、集合場所まで戻ったところで解散となりました。
いろんなルートで楽しませてもらいましたし、生石高原のポイントを獲得できてよかったです。

極寒の生石高原

タグ : 自転車 和歌山 ロードバイク WAKAYAMA800 モバイル スタンプラリー あらぎ島 生石高原 薪ストーブ 凍傷 

生石高原のススキはソロクライム

今回もWAKAYAMA800プロジェクトの一環であるスタンプラリーのポイントゲットするために生石高原に行くことになりました。
ちょうど今の季節は生石高原一面がススキで覆われているそうで楽しみにしていました。

落ち葉
強力馬力ライド?

途中、どこかで見覚えのある人がいると思ったら、町じてのオースティンと遭遇。
実は前日も会っていたのでした。
それにしても、短足っぽい写真になってしまいました。
実物はそれほど短足ではないと思います。
たぶん・・・(^^;

町じて店長オースティン
輪人さん
ウォーミングアップ
ヒルクライム
ヒルクライム

みんなこれから登り始めるので、気合い充分です。
そのせいか、私はみんなからどんどん引き離されていき、ソロクライムになりました。
所々道路が綺麗に整備されて走りやすくなっていました。

ソロクライム
綺麗な道路

なんとか、生石高原の手前にある札立峠に到着。
この札立峠から更に数キロ登ったところに生石高原があります。

札立峠

「生石高原のススキはソロクライム」の続きを読む

タグ : 自転車 和歌山 ロードバイク 札立峠 ソロクライム 生石高原 ススキ 月乃屋 ラーメン カレー 

初めての生石高原

Go! Ride!のやっくんから生石(おいし)高原に行くということで連絡があり、一緒に行ってきました。

雨山峠に出発

雨山を通って生石に行くと言うことで、最初は雨山を目指します。
あまり道を知らない私なのですが、雨山と言えば結構な上り坂です。
毎日のようにトレーニングしてるやっくんのことなので、生石高原だけでは物足りないので、この雨山を登るのかと思っていました。

雨山

後から聞けば物足りないから雨山を通るのではなく、近道だと思ったルートだと言うことでした。
そこまで考えてくれていたのには頭が下がります。
雨山で、あっと言う間にやっくんの姿が見えなくなりました。
毎日のようにトレーニングしてるやっくんに比べ、最近全然走らずに食欲だけが旺盛になってブクブク太ってきた私との差は歴然でした。

生石高原への分かれ道

生石高原への分かれ道。
右のハイキングコースに行けば斜度の緩やかなコースで、左はきついコース。
なんと斜度の緩やかなハイキングコースは工事で車両通行止めになっていて、きついコースしか選択肢はありませんでした。
私にとっても初めてのコースです。

やっくんは、あっと言う間に見えなくなりましたが、途中途中で待っていてくれました。
私は脚が攣る一歩手前でした。

札立峠

なんとか生石高原の手前の札立峠に到着。
(ずっと今まで立札峠だと思ってました)
この札立峠の自動販売機でジュースを3本購入し、そのうち炭酸2本を一気飲み。(^^;
激坂と暑さでヘトヘトでした。

出血?

ふとロードバイクを見ると血が・・・
全然体に痛みは無いのに、なぜ血が付いてるのか?
フロントフォーク付近なので、位置的に顔からの出血か?それとも脚からの血が飛んだのか?
顔も脚も出血していませんでした。
よくよく思い返してみると、赤くて丸いブツブツの実が落ちて路面に広がっている場所を通過したのを思い出したのでした。
後から調べてみると、どうやら桑(クワ)の実だそうで、その実を踏んで付いたのでした。

生石高原

その後、生石高原に到着。
札立峠から生石高原までは、それまでの激坂に比べれば、それほどの上り坂でなかったので良かったです。
初めての生石高原でした。

生石高原

タグ : 自転車 和歌山 ロードバイク 雨山 生石高原 

生石高原 札立峠ツーリング

生石高原 札立峠ツーリング出発

前日の夕方に家のチャイムが鳴り、急遽ご近所さんツーリングが決定しました。(^^;
生石高原(おいしこうげん)と言うことでした。
生石高原は今まで1度も行ったことがありませんが、単語に「高原」とか「峠」とか「山」とかが出てくると私の苦手な坂道であることは間違い無さそうです。(笑

生石高原 札立峠ツーリング途中

朝6:45頃出発。
久しぶりの早起きでした。

生石高原 札立峠ツーリング山が迫ってくる

だいたい時速28km/hと前回よりは若干スロースピードで生石高原に向かいます。
2回のコンビニ休憩をして、ようやく目の前に山が迫ってきます。

「生石高原 札立峠ツーリング」の続きを読む

タグ : 自転車 ロードバイク 生石高原 札立峠 高原  坂道  スリップ 頂上 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集