ママチャリ再生そして再始動

最近私はママチャリで通勤するようにしています。

その理由は、
・雨に降られても平気
・駐輪時に倒されても平気
・重いのでトレーニングになる
・手入れや部品交換して乗れるようになった
・通勤くらいしか使用用途がない
ですかね~。

最近はママチャリの記事がなかったのですが、実は裏で着々とママチャリ再生計画を実施していました。
まぁ、それほど大げさでもありませんが・・・(^^;
それに、1つ1つを記事にするほどのことでもなかったので・・・(笑

反射シール・反射板追加

反射シール・反射板

反射シールと反射板はどちらも100円ショップで購入しました。
通勤での帰りは夜になるため、その安全対策です。
ママチャリにあまりお金を掛けたくないので、100円ショップの自転車コーナーにあったので買いました。
反射シールの隣に蛍光シールもありましたので、間違えないように反射シールを購入するのがコツです。(^^;

反射シール

反射シールは、フロントフォーク、シートポスト、シートステイ、リアの泥除けにそれぞれ2つずつ貼りました。
反射シールはすぐ剥がれてきそうだったので、反射シールの角を落として貼り付けました。

フロントブレーキ交換

フロントブレーキ

元々付いていたフロントブレーキは肉薄で、きつく締めていてもブレーキをかけるとグラグラして危ないものでした。
そこで、別件の品をネットオークションで落札したついでに、ブレーキも出品していたので、それも落札しました。

フロントブレーキ

「テクトロ 900A デュアルピボット ロングアーム72~92mm」というものらしいです。
詳しく知りませんが、ブレーキの厚みが以前とは違い、ブレーキの効きが格段に良くなりました。
ただ、少しアームの長さが長すぎたので、ブレーキシューの半分くらいしかリムに当たっていませんが、それでも以前のものより良く効きます。

シートポスト交換

ロングシートポスト

元々着いていたシートポストはMAXライン目いっぱいまで上げていましたが、それでもあと5cmほど長さが足りなかったので、シートポスト長30cmくらいのロングシートポストを自転車屋(町のじてんしゃ修理屋さん和歌山店)で購入しました。

シートポストを交換する際に「やぐら返し」でやぐらが見えにくいようにしてブログネタのためにオシャレにも気を遣いました。(^^;

ハンドル交換

バーハンドル

今までのカモメハンドルもママチャリらしくて良かったのですが、前傾姿勢にしたかったのでママチャリ用のステンレスのバーハンドルにしました。
これもシートポストと同じで自転車屋で購入しました。

ハンドルバーを交換する際に、グリップが自分でやって抜けなかったので、ハンドルバーを購入した自転車屋のエアーでグリップを抜いてもらいました。
工具を持って行ったので、その店先でハンドル交換作業をしました・・・(^^;

軽いアルミのバーハンドルも考えましたが、ママチャリにお金を掛けたくなかったので安いステンレスのバーハンドルにしました。
まぁ、ママチャリなのであまり重さを気にすることもないし、何よりステンレスのほうがママチャリらしくて気に入っています。

クランクのサビ取り

あとは、前から気になっていたクランクのサビを、消しゴムのようなサビ取りでサビをある程度落として、愛情を込めてママチャリを布で拭いて完成です。

ママチャリ

タグ : ママチャリ 改造 ハンドル シートポスト 反射シール 安全対策 ブレーキ サビ取り 通勤 自転車通勤 

自転車通勤を考える

DAHON Boardwalk購入後すぐの週は梅雨がまだ明けてなくて雨の日が多く、通勤は今までと同じくわずか4km程度の距離を自動車で通勤していました。
会社の近くに月極駐車場を、もう20年近く借りて、自動車をその駐車場に留めて、そこから徒歩で会社まで通勤しています。
昔は11,000/月でしたが、今は9,000円/月です。

仮に最初から9,000円/月としても、年間108,000円で、それが20年とすれば2,160,000円です。
新車が買えてしまいます。
20年とか考えなくても、1年間で10万円以上が駐車場代に消えてゆきます。
当然、自動車通勤をすれば燃料代(ガソリン代)も必要になってきます。
そこで、自動車通勤を止めて、自転車通勤にすれば、多少高価な自転車を購入しても、充分に元は取れることでしょう。

冬から春先の寒い季節や梅雨時期が、自転車通勤にはつらい時期があります。
その自転車通勤にはつらい期間だけ月極駐車場などを借りるようにするだけでも随分違ってきます。
そして、自転車通勤にはつらい時期以外の雨の日はバスなどの交通機関を利用したり、安いコインパーキングなどを利用することで、通勤の雨対策になります。

自転車通勤にはつらい時期の対策が出来ると、後は自転車通勤中での突然のアクシデントを克服すれば良いだけです。
では、自転車通勤中での突然のアクシデントには何があるか?
・パンク(通勤途中でのパンク/自転車に乗ろうとしたらパンクしていた)
・故障
・交通事故
自転車通勤中での突然のアクシデントは、この3つに絞られるのではないでしょうか。

パンク対策
・空気圧をこまめにチェックする
 空気圧が減った状態だと、接地面積も大きくなり路上の異物が刺さる確率も高くなる。

・他の自転車と同じところを走る
 他の人が通勤や通学などで自転車が走っているところは、先に走っていた自転車に刺さって異物が取り除かれている可能性が高い。
 他の自転車があまり走らない場所を走るとパンクのリスクが高まる。出る杭は打たれるということか?(^^;

・通勤ルート途中の自転車屋をおさえる
 もしパンクしてしまったら、自分でパンク修理が出来るなら自分でパンク修理をしても良いと思います。
 しかし、そうなれば簡易空気入れやパンク修理キットを常に持ち歩かなければいけません。
 また、私のようにパンク修理をしたことがない人や、スーツ姿でパンク修理をしたくない人などは近所の自転車屋でパンク修理を依頼することになります。
 そのために、事前に通勤ルート途中の自転車屋がどこにあるのか、営業時間、定休日などをあらかじめおさえておくと思います。

・ノーパンクタイヤに替える
 最後の手段だと思っていますが、常にタイヤが重くなるなどいろいろ弊害もあるようです。
 年間に何回パンクするのかということと、常にタイヤが重くなるということを天秤に掛けてみるべきだと思います。

故障対策
・通勤ルート途中の自転車屋をおさえる
 パンク対策と同じですが、通勤ルート途中の自転車屋、営業時間、定休日などをあらかじめおさえておくのが良いと思います。

・日頃のメンテナンス
 故障になる前触れなどを敏感に察知し、事前に対策を打っておくのが有効だと思いますし、日頃のメンテナンスでも同じように故障となる前兆を発見できるかもしれません。

交通事故対策
・交通ルールを守る
 信号無視をしないなど交通ルールを守って、安全運転するのが当然と言えば当然です。
 また、早く目的地に着くことよりも、確実に(安全に)目的地につくように心掛けることです。
 そのために余裕を持って家を出発することも必要だと思います。
 なかなか難しいですけどね。。。(^^;

・ヘルメットやフラッシュライト
 ヘルメットやフラッシュライトは装着義務はありませんが、万が一のことを考えると装着したほうがよいでしょう。
 特に夜間走行する場合、自動車も自転車もスピードが出がちですので、安全面には気をつけたいですね。

タグ : 自転車 自転車通勤 通勤 パンク 故障 事故 対策 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集