大川峠のバリケード

期末や期初は仕事が忙しく、最近はなかなか自転車に乗る機会が少なくなっていました。
と言うことで、自転車に乗れる時間があるときは、ちょっとでも自転車に乗っておこうとママチャリで出動。
今回は、最近行かなくなった峠の坂道トレーニング。
なんで坂道を行かなくなったかと言うと、しんどいから・・・(^^;

猿坂峠

猿坂峠の登り口でクロスバイクに乗った人を発見。
そのクロスバイクの人も猿坂峠を登るようです。
遠目で自分より1周りほど年上のような感じの人でした。
猿坂峠を登り始めると、そのクロスバイクの人との距離は開くばかり。
やっぱり皆さん凄いです。

とっとパーク小島
とっとパーク小島
荒北ベプシ

レース終わったら一緒に飲もうぜ。
ベプシおごってやるよ、俺が。
強ぇよ、お前。

大川峠のバリケード

自転車は通行可能な大川峠の大阪側の入口。
これほどのバリケードが必要なのかな?
重たいママチャリ抱えてガリガリ擦りながらようやくバリケードを通過。
自転車は通行可能じゃないん?
そのくせ大川峠を登っているときに、対向して下ってくるバイクと遭遇するし、何なん?

大川峠
トマト坂(恐竜公園)

加太付近に来たときは外せないトマト坂。
坂道の終着点にわかりやすいモニュメント(恐竜)があることが、なんとなく達成感を満喫できてポイント高いです。
道は広くて綺麗で、斜度もそれほどキツイ訳でも無く、車の交通量も少ないので、坂道トレーニングには結構良い坂道です。

今回の走行ルートは町のじてんしゃ修理屋さん大浦街道店から引いてみました。
気候が良くなるこれからの季節、少しずつでも自転車に乗っていきたですね。

タグ : 自転車 ママチャリ 和歌山 猿坂峠 大川峠 トマト坂 バリケード 

高野山のホンモノ

高野山に行く途中の平岡商店

10月になったと言うのにこの暑さ・・・
しかも台風がやって来てると言うのに、このカンカン照り。
こんな真夏日みたいな日に高野山に行ってきました。

高野山に行く途中

高野山へ自転車で行くのはしんどいです。
何がしんどいかと言いますと、高野山への登りはある程度覚悟しているものの、その高野山のふもとの花坂に行くまでに、地味にアップダウンを繰り返すので、その花坂に行くまでにすでに脚を使ってしまうことです。

たまゆらの里

しかもこの暑さで、しんどさも倍増されてしまいます。
高野山に行く途中で、タムタムさんとNSMRさんとすれ違いましたが、どうやらこの暑さで引き返してきたということでした。

高野山の大門到着

なんだかんだで高野山の大門到着。
写真撮ってるところを撮られた。。。

大門で集合写真
ほんもの 高野の釜めし

ほんもの 高野の釜めし
ホンモノって・・・
ニセモノが出回っているのかもしれません、皆さんご注意を・・・(^^;

鶏釜めし

さすがホンモノの釜飯は美味しいです。
ちょっと観光地価格のような気がしないでもないですが・・・(^^;

鶏釜めし定食

写真を撮っていると、何やらチラチラと写るものが・・・

プロペルさん

高野山の帰り際に、プロペルさんのガーミンの電源が入らなくなるアクシデント発生。
高野山を下った花坂では、ちゃんとガーミンの電源が入りました。
一説には空海の怨念とも噂されているとか、されていないとか・・・

高野山の帰り

その後は順調に町のじてんしゃ修理屋さん紀三井寺内原店に帰ってきました。
今日はプロペルさんのガーミンの電源が入らないトラブル以外は、トラブルらしいこともないサイクリングだと思っていましたが、町じての帰り際にはYしさんのロードバイクがスローパンクしてました。
やっぱり安定のパンクのようです。。。(^^;

走行距離は130kmくらい。
高野山の下りで雨がちょっと降ったものの本当に一瞬で、それ以外は天気で、気温も高い日のサイクリングでした。

タグ : 自転車 和歌山 ロードバイク 高野山 釜めし 大門 

出会いがいっぱい

紀ノ川大橋
紀ノ川サイクリングロード

今日は午後から天気が良くないみたい。
昼ごはんまで2,3時間あったので、紀ノ川サイクリングロードでいつものように紀ノ川大橋から川辺までサイクリング。
休日くらいはロードバイクやミニベロでも乗ったほうが良いようにも思いましたが、ちょっと天気が怪しかったのでいつものママチャリで・・・(^^;
いつもは会社帰りの暗いサイクリングロードなのですが、明るいとやっぱり楽しい!
サイクリングロードなので、サイクリングしているローディ、ランニングしているランナー、一輪車に乗った子供、ゴルフの練習しているゴルファー・・・

紀ノ川サイクリングロードでゴルフ練習

ん・・・???
ゴルフ???

誰だ?紳士のスポーツとか言ったのは?(^^;

夜は夜で、真っ暗な夜道を真っ黒な服装でランニングしている人など、自転車に乗っていると危険なのですが、昼間は昼間でまた違った危険があるようです。

紀ノ川サイクリングロード川辺付近

先日の台風の影響でしょうか、サイクリングロードの所々に背の高い草などが倒れ込んできていて、より一層道幅が狭くなっています。
夜だと草に気付かず突っ込んで痛い目を見ることになるかもしれません。
明るい時に気付いて良かった。
とは言っても、きっとその頃までにはすっかり忘れていて、草むらに突っ込むのが私のオチですが・・・(^^;

紀ノ川サイクリングロード川辺で折り返し

川辺で折り返し。
同じ方向にちょうど私の100mくらい前をロードバイクで走っていた方も折返しのようです。
折り返し地点で挨拶しましたが、私よりも2回り以上歳が離れたご年配のような感じでした。
しかし、折り返してその人に追い付こうと一生懸命走っても追い付けない。
追い付けないどころか、距離がドンドン離れていきます。
皆さん凄いですね。
って、私が遅いだけなのですが・・・(^^;

和歌山サイクルステーション

紀ノ川サイクリングロードをこのまま引き返してもつまらないので、阪和自動車道付近でサイクリングロードを出て和歌山サイクルステーションに寄ることにしました。
サイクルステーションにはタイミングよくサイクルステーションの管理人ごまぞうさんがおられました♪
ごまぞうさんはこのブログを以前から知っていたようで、そんなごまぞうさんに逢えて嬉しかったです。

また、トマト坂ヒルクライムなど和歌山のサイクリングイベントを主催されていたNPO法人「2つの和・輪」の代表者の方もサイクルステーションにおられて、その方と話すことができてラッキーでした。
その代表者の方と、いつかお会いしたいと思っていたのでした。
代表者の方は私のママチャリに興味津々で、例によってシートポストに付けている洗濯バサミのことも聞かれました。
しかも驚いたことに、このママチャリのチェーンを交換していることまで見抜かれてビックリでした。
って、オイルベトベトであちこちにオイルが飛びまくっている汚いチェーンを見られて、ちょっと恥ずかしかった・・・(^^;

汚いチェーン

最近、母親のママチャリのサドルが壊れてしまったので、午後から私のママチャリに付いていたサドルを母親のママチャリに移植しました。
まぁ、新しいサドルを購入してもよかったのですが、私自身サドルがいくつか余っている状態なので、この際自分のママチャリのサドルも変えてみようかと思いサドルを交換することにしました。

ママチャリのサドル交換

自分のママチャリに付けたサドルは、以前DAHONボードウォークに付けていたフカフカサドルSERFAS(サーファス)のGELサドル
このサドルは、小径車にありがちな細かい振動も和らげてくれるサドルを求めて辿り着いたサドルです。
ちなみにこのママチャリのグリップもサーファスです。
私にとって、自転車と接するグリップやサドルは、サーファスが優しい感じで相性が良いのでした。
まぁ、相性は気持ちの問題かもしれませんが、これでまたちょっと私のママチャリは進化することになりました。

タグ : 自転車 ママチャリ 和歌山 紀ノ川 サイクリングロード サイクルステーション サドル 交換 

史上最強の激坂 麻生津峠 - 飯盛山

最近私の小径車DAHONボードウォーク改は、激坂仕様のミニベロにしましたので、そのテンションのまま無謀にも和歌山の激坂「麻生津峠 - 飯盛山」コースに行ってきました。
麻生津峠の激坂は以前から噂には聞いていたのですが、実際に行ったことがありませんでした。

ちなみに「麻生津峠」の読み方は「おうずとうげ」? 「おうづとうげ」?
漢字の「津」があるので「おうづとうげ」が正しいような気がします。
もしかすると、濁らずに「おうつとうげ」なのかもしれませんが・・・。(^^;

麻生津峠の入口
麻生津峠の中腹
麻生津峠ここでも結構な坂道

麻生津峠から飯盛山へ向かう坂道が凄いと聞いていました。
その激坂の始まる直前に東屋のような建物があり、そこで息を整えてから激坂に挑むとも。

麻生津峠の中腹も激坂
麻生津峠ここでチェーンをインナーに手動で変更
麻生津峠終盤もう少し激坂を頑張る

ところが、その東屋に辿り着くまでに激坂があり、道を間違えたのかも?と疑心暗鬼になりました。
しかし、もうここまで登ったのだから道を間違えていても、このまま登り続けようと決心したところで東屋が現れました。

東屋に到着する前の坂道では、前輪が浮きそうになるので、自転車を押さえながら激坂を登らなければいけず、ちょっとしたコツがいります。
これから更に激坂を登らなければいけないと言うのに、東屋に到着した時は、もう既に心臓はバクバクです。
東屋は正確には弘法大師作「十一面観世音茶湯所」と言うのでしょうか。

弘法大師作「十一面観世音茶湯所」
麻生津峠の弘法大師作「十一面観世音茶湯所」

その東屋の隣に飯盛山へ向かう激坂が見えます。
東屋の前に水道があったので水を被り、息を整えて、いざ激坂へ!!

「史上最強の激坂 麻生津峠 - 飯盛山」の続きを読む

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク 小径車 激坂 麻生津峠 飯盛山 飯盛城 

ローギア充実のミニベロ

最近ママチャリのイメージが定着しつつあるような気がしないでもないですが、私にとって自転車の原点と言えばこのDAHONボードウォークのミニベロ(小径車)です。
まぁ、いろいろカスタマイズしてノーマルではありませんが・・・(^^;

DAHONボードウォーク

苦労してカスタマイズしたからかもしれませんが、このDAHONボードウォークには愛着が沸いてきます。
いろいろカスタマイズしましたが、大きなところでは元々7段変速だったところを10速化しました。
ちなみにリアのカセットスプロケットは11-36Tのマウンテンバイク用の大きなギアにしています。

11-36Tのマウンテンバイク用のカセットスプロケット

そして、元々52Tだったフロントのチェーンリングに46Tを入れて小さくしてローギアを充実させた仕様にしていました。
しかし最近になって、46Tのチェーンリングよりも更に小さいチェーンリングを入れました。
まぁ、元々トリプルのクランクに付いていたチェーンリングを付けただけですが・・・

105トリプルクランク

これでフロントのチェーンリングは46-39-30Tになりました。
元々105のトリプルクランクのアウターには50Tが付いていたのですが、リアディレイラーのキャパシティの関係で、アウターを48T以下にするか、インナーを32Tにする必要がありましたので、既に買っていた46Tのチェーンリングをアウターに付けました。
フロントディレイラーはありませんので、手レイラーとして手でチェーンを掛け直さなければいけません。

雑賀崎灯台

試しにチェーンリングをミドルの39Tにして雑賀崎の灯台に登ってきました。
雑賀崎の灯台の坂道では、スピードは遅いものの面白いくらいに余裕で登れました。
これだと9速くらいがママチャリのギア比と同じような感じです。
これはこれでなかなか面白いミニベロになりました。

ローギア充実のミニベロ

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ボードウォーク DAHON Boardwalk カスタマイズ 10速化 チェーンリング ローギア 

強力馬力自転車屋サイクリング 御坊うなぎ川常

強力馬力自転車屋サイクリング
強力馬力自転車屋サイクリング集合場所

強力馬力自転車屋のグルメライドに行ってきました。

強力馬力自転車屋ツーリング
強力馬力自転車屋サイクリング集合写真
鹿ヶ瀬トンネル

台風の影響もあり前日には降水確率80%の雨予報でしたが、なんと当日には快晴でした。
とは言え、台風の影響かもしれませんが、向かい風とアップダウンで脚が削られます。

強力馬力自転車屋サイクリング
パンク修理

強力馬力自転車屋ツーリング恒例のパンク。
サク、サクッとパンク修理完了。
いつも思いますが、自分がパンクだったら、モタモタして2倍も3倍も時間がかかるのに、みんな凄いです。

御坊のうなぎ川常

御坊のうなぎ川常に到着。
結構流行っているようで、待っている間は近くにあるエバーグリーンで時間をつぶしてました。

「強力馬力自転車屋サイクリング 御坊うなぎ川常」の続きを読む

タグ : 自転車 和歌山 ロードバイク 強力馬力自転車屋 サイクリング 御坊 うなぎ 川常 

吉野グルメフォンド

日本最大級のサイクルイベント「山岳グランフォンドin吉野」通称「吉野グランフォンド」とはちょっと違いますが、吉野に行ってきました。
まぁ、距離が距離なだけにグルメポタとは気軽には言えませんが・・・(^^;

吉野グルメフォンド出発

集合時間が朝5時だったので、家を出たのが4時ちょっと過ぎ。
前日は早く寝たのですが、なかなか寝付けず、朝が弱い私にはちょっとつらい。

途中のコンビニ
紀ノ川サイクリングロード
天候は曇りで快適なサイクリング

午前中は曇り空で、今までの暑さに比べればとても快適です。
風は若干の向かい風。
台風の影響は少ないみたいです。

まことちゃん神社?
マニアックなルート

いつものように人間ガーミンはYしさんの地元民かと思うようなマニアックなルートなので、いつも感心します。
そのお陰でスムーズなサイクリングになりました。

パン工房ヤムヤム

パン工房ヤムヤム
奈良県五條市田園3-20-6
カレーパンが有名らしいですが、思っていたカレーパンとは違ったみたい。
でも、パンがそれほど好きではない私でも、とっても美味しかったです。
みんなもいろいろパンを選んでましたが、どのパンを選んでも美味しいみたいです。

パン工房ヤムヤム美味しいパンでした
相変わらずマニアックなルートのサイクリング

「吉野グルメフォンド」の続きを読む

タグ : 自転車 ロードバイク 奈良 吉野 

パラダイス?

会社帰りのママチャリダイエットで走ったあとは汗だくになるので、帰宅後すぐにシャワーを浴びます。
ところが、着ていたジャージやTシャツなどは、翌朝の洗濯するまでとりあえずハンガーに掛けておきます。
夜なのですぐに洗濯できないのと、汗で濡れたままだとカビや雑菌が繁殖しそうなのでハンガーに掛けて乾かします。
その汗だくの汗臭にオヤジ臭が加わり、そりゃもうパラダイスです。(^^;

紀ノ川サイクリングロード川辺付近

8月17日(水)
今週は仕事が忙しくなかなか走る機会がありませんでした。
このまま走らなければ今週はまるまる走れないかもしれないと思い、いつもよりは退社時間が遅い時間でしたが走ることにしました。
紀ノ川サイクリングロードをいつものようにタラタラ走っていると、1人のローディがサイクリングロードの隅でホイールを外して何やらトラブっている感じでした。
1度は通り過ぎたものの、気になって引き返して声を掛けると、どうやらパンクして修理が終わったところだったようです。
何か手伝えることはないかと考え、持っていたライトで手元を照らしたりしました。
その後、行く方向が同じだったので、喋りながら一緒に岩出向いて川辺まで一緒に行くことになりました。
どうやらそのローディの方は、近々乗鞍のヒルクライムに参加されるとのことでした。
頑張ってくださいね~

紀ノ川サイクリングロードでママチャリダイエット

8月23日(火)
紀ノ川サイクリングロードで休憩していると、1人のローディが通り過ぎて行った。
急いで追いかけると、良い感じのスピードだったので、しばらくローディの後を付いて行きました。
ところが、ゲートを通り過ぎてからは、(こちらに気付いたのかどうかわかりませんが)漕ぐ足を止めたりして、あきらかにペースダウン。
仕方が無いので自分が前に出ると、強力なライトで後から照らされる。
しかし、いくら頑張ってスピードを上げても、そのライトの明るさが変わらないことから、ピッタリ後ろに付かれていることが想像できる。
この場は頑張るしかないと自分に言い聞かせて、一生懸命走ることに専念できました。
スピードはともかく・・・(^^;
安易にローディの前に出るんじゃなかったと思いつつも、1人では出せないスピードで頑張ることが出来てちょっと満足。

トマト坂の恐竜

8月24日(水)
今日は仕事が早く終わったので、いつものママチャリでトマト坂と紀ノ川サイクリングロード。
久しぶりのトマト坂はしんどい。
どちらかと言えば精神的にきつい感じ。
紀ノ川サイクリングロードでは、先週パンク修理していたローディの方と偶然の再会。
暗がりの中で自転車に乗った人を見分けるのは至難の業であるにも関わらず、偶然再会できて嬉しかった。
それと同時に、しゃべりながらとは言え私のママチャリでもポタリング程度のスピードなので、今週は乗鞍なのにこんなスピードに付き合わせてしまって申し訳なく思う。
もちろん昨日のスピードにも程遠いスピード。
今週の乗鞍のヒルクライムは台風の影響で天気が悪いかもしれないとのこと。
話の中で、会社-トマト坂-紀ノ川サイクリングロード(川辺まで)-自宅までを、ルートラボで距離をみたところ50kmくらいでした。
会社から自宅まで直線距離なら5~6kmなので、結構な「寄り道」です。
でも強度が低いので50kmでもそれほど疲労感は無く、良い感じでダイエットできてるのかも?(^^;

湊の港

8月25日(木)
今日も紀ノ川サイクリングロードで、以前パンク修理していたローディっぽい人とすれ違った。
すれ違っただけなので確信はないが、Uターンして追いかけたが、追い付けなかった。
そうすると、また折り返してきてすれ違った。
そのすれ違い際にパフパフと鳴らしたので、その人なら気付いたことだと思いますが、さっきと同じでUターンして少し追いかけたが、追い付けませんでした。
ここで、気付きました。
例え追い付いたとして、いったい自分は何がしたいのだろうかと。
相手はもうすぐ乗鞍なのに、私は相手の邪魔をしているだけではないか?
そもそも私と喋りたくてサイクリングロードで自転車に乗っているのではない。
そう思うと、今日は走るのを控えることにしました。
それから、今後はパフパフもしません。。。(^^;

以前パンク修理していたローディさん

タグ : 自転車 和歌山 ママチャリ ダイエット 紀ノ川 サイクリングロード トマト坂 

念願のあらぎ島

今まで、行ってみたいと思いつつ、1度も行けなかったあらぎ島に行ってきました。

サイクリングメンバー

海南からR370を花坂(高野山)方面に向かい、途中地蔵峠(R115)を南下し、花園に行きました。
しかも、いつもよりスピードが速い。
ただでさえ、花坂向いての道は徐々に標高を上げてゆく苦手な道なのですが、そこにスピードアップなので更にしんどい。。。

ただ、ホイールが合わずに全然進まないロードバイクに乗ったメンバーが遅れ始めます。
そのメンバーには可哀想ですが、休憩が多くなったり、その休憩が長くなったりして随分助けられました。

変態?

そんななか、しんどいのに上り坂で「サイコー!!」って叫ぶ変態さんが・・・
いくら坂道が好きだからって・・・
と思っていたら、どうやら対向車が来たことを知らせるために「タイコー!!」って叫んで知らせてくれていたようで、思わず笑ってしまった。

あらぎ島
あらぎ島

そんなこんなで、あらぎ島に到着。
あらぎ島の近くの道の駅「あらぎの里」で昼食を食べることに。
その道の駅「あらぎの里」で、以前からブログで拝見していたOHNISI-YA 自転車部のはしさんと遭遇。
以前にブログでお顔を拝見したことがあったので、すぐにわかりました。
はしさんはショップのチームメンバーたちと一緒でした。

韃靼蕎麦(だったんそば)

韃靼蕎麦(だったんそば)とおにぎりを注文。
味もそこそこ美味しく、良心的な値段です。

木陰は少なく貴重
木陰で休憩

午前中は曇りだったのですが、昼食後はカンカン照り。
しかも木陰は少なく、地面からの熱気もあり、体力を奪われます。

ハイペース

それにしても、今日のメンバーはハイペースなので下り基調でも脚が削られます。
有田川沿いを下ってR42で町のじてんしゃ修理屋さん紀三井寺内原店に寄って帰ってきました。
走行距離は140kmくらい。

町のじてんしゃ修理屋さん紀三井寺内原店

タグ : 自転車 和歌山 ロードバイク あらぎ島 韃靼蕎麦 だったんそば 

本気の勝負

最近は仕事が忙しく、仕事上がりのママチャリダイエットすら1週間に1回乗れればいい感じになってます。
そんな状況で、ブログ記事になるような出来事はなかなか無いのですが、少し前のことを思い出しながらの記事です。

ママチャリダイエットでトマト坂上の恐竜公園

その日は、会社帰りにジャージに着替えていつもより少し早く会社を出ました。
紀ノ川大橋を渡って、ここから紀ノ川サイクリングロードを走ろうか、それとも加太方面に行ってトマト坂など登ろうかと迷います。
時間と体の調子と気持ちの三角関係です。(^^;

ママチャリダイエットで雑賀崎灯台

その迷っているところへ1人のローディが紀ノ川サイクリングロードに下りてゆきました。
あわよくばローディに追い付けるかも?
よし!今日の気持ちは紀ノ川サイクリングロードに決まり!

ママチャリダイエットで雑賀崎灯台のローディ

慌ててグラスを装着し、ライトを点けて、先行したローディを追いかけます。
目標があるっていいですね。
ローディは単なる流しで、こっちは必死です。(^^;

こっちも雑賀崎灯台で逢ったローディ

なんとかローディとの距離を詰めたところで、前方に複数人の歩行者がいたためローディの人がスローダウン。
私はそのスローダウンでクランクを回すのを止めたため、そのラチェット音でローディに私の存在を気付かれてしまった。
ただし、ママチャリだとは気付いてなさそう。

そして、そのローディは背後に付いた私に気を使ってくれてか、あろうことか「お先にどうぞ」サインを手で出してる。
「そりゃないぜ~、こっちはママチャリだヨ」と思いつつも、せっかくなので必死に先頭に出ました。(^^;
まぁ、しばらくはローディとは距離が離れていたので、おそらく気を使って相手はペースダウンしてくれたんだと思います。

築港の休憩できるコンビニ

しかし、しばらくすると私のスピードの遅さに耐えられなかったのか、背後からライトの気配を感じた数秒後には私を抜いてゆきました。
私を抜く時に一瞬相手はこちらを見ているのがわかりました。
しかし、咄嗟に声が出ません。
いつも何か声を掛ければよかったと、あとになって後悔するのですが・・・
そして今度は、私が追い付くこと無く、圧倒的な速さでそのローディは去ってゆきました。

和歌山南港の周回コースでパンク修理

ほんの数kmとは言えローディの方と本気の勝負で一緒に走ることが出来て大満足でした。
まぁ、私が一方的に「本気」で、相手のローディは単なる「流し」なのですが・・・(^^;

ちなみに、写真は記事とは関係ありませんが、これも少し前にママチャリダイエットで撮った加太や雑賀崎の写真です。
ここで公開しなければ、永遠に日の目を見なさそうだったので掲載しました。(^^;

タグ : 自転車 和歌山 ママチャリ ダイエット ローディ 紀ノ川 サイクリングロード 本気 勝負 

ママチャリGO

ポケモンGOの配信が始まりましたね。
ガラケーの私には関係ありませんが・・・(^^;

と言うことで、ママチャリGO!
ポケモン探しならぬブログネタ探しの旅に出発です。

紀ノ川サイクリングロードの紀ノ川大橋

いつものように紀ノ川サイクリングロードの紀ノ川大橋のR2.0です。
サイクリングロードをローディーの方々などチラホラ走っておられて楽しくなってきます。
こんな炎天下に走っているのは自分だけではないと・・・(^^;

紀ノ川サイクリングロード
川辺ゴルフセンター手前

そんなことを考えているうちに川辺ゴルフセンターの手前に到着。
今回は少し川沿いを走って、またサイクリングロードに入りました。

サイクリングロード
サイクリングロード終わり

しかし、少しサイクリングロードを走ると、道が途切れて砂利道になっていました。
早くサイクリングロードが橋本まで開通するといいですね。

ラーメンうらしま

そんなこんなで、和歌山のラーメン好きな人で知らない人はいないと思われる「うらしま」に到着。
しかし、家で昼食を摂って出発したし、時間的にもラーメン売り切れでした。
まぁ、今回もラーメンライドではありませんので、うらしまには写真撮影用に立ち止まっただけでした。

室井輪業

今回の本当の目的地は、この謎の黒い倉庫のような建物。
そう、前回道に迷ったあげく見つけられなかった紀の川市にヒッソリとある自転車屋さんでした。
店内には白浜から来られた方などおられました。
この写真以外にもポケモンのレアアイテムならぬレア写真が撮れたのですが、大人の事情で掲載できません。(^^;

町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店

その後、町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店と紀三井寺内原店に寄って帰宅。
写真は、貴志川店から紀三井寺内原店に行く途中にある伊太祁曽神社です。

伊太祁曽神社

帰宅後に脚が攣る一歩手前の感触。
この時期は水分補給だけでなく塩分補給も大事です。

タグ : 自転車 ママチャリ 和歌山 紀の川市 自転車屋 室井輪業 

はしたまツーリング

前回奈良県のサイクリストが集うカレー屋さん「まんま亭」に行った時は、集合場所の黒江駅が初めてだったので、集合場所には1番乗りで待ち合わせ時間のかなり前から到着して随分待ちました。
そこで、今回はそれほど待たなくていいように時間調整して家を出発したつもりが、今度は時間ぎりぎりに到着してしまいました。

集合場所 黒江駅
はしたまツーリング
はしたまツーリング
ABE-NGERS(アベンジャーズ)アベさん

途中の道の駅でアベさんご一行に遭遇。
アベさんのABE-NGERS(アベンジャーズ)ジャージがカッコイイ。
今から高野向いて行くとのことで、途中まで一緒に走ることになりました。

はしたま「卵庵」

アベさんと別れて、なんとか はしたま「卵庵」開店10分前に到着!

ん?

1人増えてる♪

GIANTがとっても似合っている(^^;

「はしたまツーリング」の続きを読む

タグ : 自転車 ロードバイク 和歌山 橋本 はしたま 卵庵 卵菓 

たまにはエグザリット

最近はママチャリばっかりで、他の自転車には全然乗っていませんでした。
せっかくロードバイクがあるのに、乗っていないのは勿体無い。
勿体無いと思いつつも、つい手軽なママチャリに乗っていました。

MAVIC キシリウム プロ エグザリット

そんななか町のじてんしゃ修理屋さんで不定期に開催される「ホイール祭り」としてMAVIC キシリウム プロ エグザリットがお買い得価格になっていました。
まぁ、お買い得とは言ってもそれなりの値段ですので、かなり悩みましたが購入することにしました。

MAVIC キシリウム プロ エグザリット

決め手は、なんと言っても雨の日でも抜群の制動力を発揮するエグザリットでした。
エグザリットとは、マビックが独自に開発したブレーキング技術ということですが、簡単に言えばブレーキの当たるリム面に細かな凹凸がつけてあり、その凹凸がブレーキの効きを良くする仕組みです。

MAVIC キシリウム プロ エグザリット

エグザリットには専用のブレーキシューを使わなければいけないということですが、その専用のブレーキシューで他のアルミホイールは使えるということでした。
昔のブレーキシューは緑色でしたが、今は黒いブレーキシューでした。
またエグザリットは、ブレーキ音が大きく慣らし運転は必要とネットに載っていました。

MAVIC キシリウム プロ エグザリット

と言うことで、昼間は暑いので夜に猿坂峠に行ってきました。
ブレーキ音は確かに大きく、耳を劈く(つんざく)ような爆音のギィーギィー音でした。
しかし、ブレーキを掛ける度にエグザリットの溝にブレーキが埋まり、実際に乗っていてもブレーキを掛ける度に徐々にブレーキ音が小さくなっているような気がしました。

MAVIC キシリウム プロ エグザリットで猿坂峠

ブレーキ音が小さくなるとは言っても、すぐには爆音が無くなりそうにもないので、しばらくは人気の無いトマト坂などで慣らし(鳴らし?)運転で、ブレーキ音を徐々に小さくしたいと思います。

タグ : 自転車 ロードバイク ホイール MAVIC キシリウム プロ エグザリット 

紀ノ川サイクリングロード伸びました

紀ノ川大橋付近 R2.0
紀ノ川大橋付近で、今回紀ノ川サイクリングロードの出発点です。
夜間は暗闇の中をランニングしている人たちなどがいるので注意が必要です。

紀の国大橋付近 R4.0
紀の国大橋付近で、近付いてもどかないネコがいるので注意が必要です。
夜間はネコに加えて、虫と蟹がたくさん出ます。

JR阪和線の橋付近 R7.0
紀ノ川に架かるJR阪和線の橋付近で、今まで工事中でその先に通れなかったのですが、ヨッシーさん情報によると通れるようになったということでしたので行ってきました。

鴨井排水樋門付近 R9.0
鴨井排水樋門付近で、私自身ここを通るのは今週が初めてでした。
(既に今週は、会社帰りに偵察しに来ていたのでした)

鴨井排水樋門

水門をしばらく進むとブルーラインはまだ引かれていませんがサイクリングロードが続いていました。

川辺ゴルフセンター手前

川辺ゴルフセンター手前までサイクリングロードが出来ていました。
ここからしばらく一般道を通るとまたサイクリングロードに入れるようですが、今回は24号線に出たかったのでこれでサイクリングロードを出ました。

川辺ゴルフセンター

今回の目的は、紀の川市にある自転車屋さんに行こうとしたのですが、場所をよく調べずに行ったので、田んぼなどの細い道をウロウロしてました。
結局目的の自転車屋さんを見つけられず諦めることにしました。
更に後から調べてみると、行った日は定休日ということでした。(^^;

紀の川市にある自転車屋さん探し

せっかく紀の川市まで来たので、そこから南下して町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店に行ってみました。

町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店
伊太祁曽神社

町じて貴志川店に行ったら、次は町じて紀三井寺内原店です。(^^;

町のじてんしゃ修理屋さん紀三井寺内原店
自転車道

その後、最近行っていない町じて和歌山店に行こうとしたら、偶然知り合いの自転車乗りの人と逢って、その人は町じて大浦街道店に行くということでしたので一緒に付いて行くことにしました。
主体性の無い自分・・・(^^;

町のじてんしゃ修理屋さん大浦街道店

走行距離は65kmくらいですが、暑さと過剰な水分補給のためか、足に力が入らず結構フラフラになりながらのサイクリングでした。

タグ : 自転車 ママチャリ 和歌山 紀の川市 自転車屋 紀ノ川 サイクリングロード 

普通の自転車でないママチャリ

66Tチェーンリングのママチャリ

以前に紹介したチェーンリング66Tの改造ママチャリです。
町のじてんしゃ修理屋さん大浦街道店に行ってみると、その改造ママチャリが完成していました。
私はてっきり、町じてスタッフIちゃんの改造ママチャリかと思っていたのですが、どうやら町じての自転車だったようです。

改造ママチャリ

まぁ、完成していたのは以前から知っていましたが、乗ってみようと思っていた日は雨だったりと、なかなか乗るチャンスが無かったのでした。
そしてこの週末に、ようやくこのママチャリに乗るチャンスがあったので初めて乗ってみました。

66Tチェーンリングの改造ママチャリ

ドロップハンドルにギアはフロント66Tに、リア20T。
内装3段変速の27インチのママチャリで、3速は実用的なギア比で無いところが面白いです。
3速は踏めないことは無いのですが、リアを23Tや24Tなどにすれば、実用的なギア比になると思うのですが、それではある意味「普通の自転車」になってしまい、面白味の無い自転車になってしまうのでした。

66Tチェーンリングの改造ママチャリ

町じて紀三井寺内原店に用事があったので内原店に行こうとしたら、大浦街道店の店長が「これに乗って行き」と言って貸してくれたのでした。
乗ってみた感想は、ロードバイクそのものでした。
イメージ的には、トラックを走る競輪選手が乗るような自転車です。
ユックリ走ることを許してくれず、少なくともママチャリと言うには程遠い存在の自転車でした。

66Tチェーンリングの改造ママチャリ

タグ : 自転車 改造 ママチャリ 

ラッキーパンク

最近は仕事の関係で周りが明るい時間に退社することが難しくなりました。
それでも時々はいつもよりは早い時間に退社することがあり、その日はなんだか嬉しくなってモチベーションも上がります。

紀ノ川サイクリングロード

内装5段のママチャリのフロントタイヤが初めてパンクしました。
このママチャリのリヤタイヤはイヤと言うほどパンクしましたが、フロントタイヤのパンクは初めてでした。
最近は度重なるパンクのお陰で、パンクしても「またパンクか・・・」という程度です。
しかも今回のパンクは、空気入れでタイヤに空気を入れると多少は走行可能だったので「ラッキー♪」という気持ちで、何度かタイヤに空気を補充しながら自転車に乗って家まで帰ってきました。
パンクしたのにラッキーと思っているオメデタイ自分ですね。(^^;

トマト坂

フロントタイヤのパンクの原因は、多くのリヤタイヤのパンクの原因と一緒で、自分が良いと思って後から付けた固いリムテープ(セルロイド?)がリムの溝に落ち込んでしまい、リムテープがU字に反ってしまいました。
そのU字に反ったリムテープの端がチューブと擦れてパンクしていました。
まぁ、画像が無いと説明するのが難しいのですが・・・(^^;
自分がパンク予防にと施したリムテープが原因でパンクが頻発するという、なんとも皮肉なパンクでした。

森林公園の恐竜

まぁ、これで前後両方のタイヤのチューブを新しいものに替えて、ビニールテープのようなリムテープを何重にも施した新しいパンク対策をしたので、もうしばらくは何か刺さらない限りパンクすることはないでしょう。
たぶん・・・(^^;

自動販売機で休憩

タグ : 自転車 ママチャリ ラッキー パンク 

ビビビッ

ママチャリダイエットでいつも使っているシューズがボロけてきていました。
まぁ、自転車を乗り始めた2011年から使っているので、かれこれ5年使っているシューズです。
しかも、そのシューズはホームセンターで1500円くらいで購入した安全靴なのでした。
ボロけていると言っても大人しく普通に使う分にはまだまだいけそうなのですが、上り坂を登る時など比較的つま先に重心が行く時に、安全靴の特徴であるつま先の固い部分が当たって痛かったので、この際シューズを買い換えることにしました。

ママチャリでお出掛け

とりあえずシューズがたくさん置いている所と言えばスポーツデポが思い浮かんだので行ってみることにしました。
しかし、家を出るのがちょっと早過ぎたようで、スポーツデポには開店20分前に到着してしまったので、スポーツデポを通り越して時間つぶしをしました。
狐島の坂道を5段で登れるか試してみたり・・・(^^;

ママチャリで坂道チャレンジ

そんなこんなでスポーツデポに到着。
さすがにデッカイし、たくさんの種類のシューズが陳列されていました。
どれにしようか迷いに迷いました。

スポーツデポ

シューズの数が多くて迷ったと言うよりも、違和感と言うか何か違う感じを受けて、ここで買おうかどうしようか迷ったのでした。
確かにスポーツデポにあるシューズは種類も豊富だし素敵だったのですが、自分にはカッコ良過ぎるのでした。
それに値段もそこそこするので、買ってから自分に合わないからと言って簡単に諦められる値段でないのも躊躇した原因の1つでした。

ワークマン

そのため一旦出直して、今度はワークマンへ。
なぜか落ち着きます。(^^;
シューズに足を通した瞬間、コレだ!と思うものがありました。
決して高価なシューズではなく、700円くらいのかなり安いシューズでした。
早速そのシューズを履いて乗ってみましたが、履き心地は優しくなかなかいい感じでした。

シューズ

帰り道に町のじてんしゃ修理屋さん大浦街道店に寄ってみると、なにやら怪しいチェーンリング66Tのママチャリが・・・
出来上がりが楽しみです。(^^;

66Tチェーンリングのママチャリ

タグ : 自転車 ママチャリ シューズ 

「特別なこと」から「いつものこと」にする

ママチャリダイエットして6ヶ月で18kgの減量に成功しました。
しかし、その後禁煙することになって2ヶ月半ほど経ちました。
その間、体重は7kg増量しちゃいました。(^^;

ママチャリダイエット猿坂峠

元々75kgあった体重をママチャリダイエットで18kg減量して57kgになったのですが、7kgリバウンドして現在は64kgです。
最近のリバウンドは、禁煙で口が淋しくなって、ついついお菓子やチョコレートなど何でも貪り喰った結果です。
標準体重は60kgくらいですが、リバウンド前の57kgくらいにはしたいですね。

ママチャリダイエット雑賀崎灯台

最近、仕事の内容が変わったこともあり、今までのようなペースで自転車になかなか乗れない環境になってしまいました。
ただ、その環境が変わったのならば、その環境に合わせて自転車に乗ればいいのですが、環境が変わったことを自分自身への言い訳にして自転車に乗っていません。
こんな調子ではダイエットできませんね。

ママチャリダイエット山中渓駅

こんな時に思い出すのが、有名なクライマーのトリカイくんと出会った時の会話です。
トリカイくんは月に3000km走るということでした。
サイコンの付けていない私ですが、月に3000kmは私からすれば驚異的な走行距離です。
トリカイくんは私と同じサラリーマンなのに、どうすれば月に3000km走ることが出来るのかという疑問が沸いてきて、いろいろ質問攻めにしちゃいました。(^^;

ママチャリダイエット雄ノ山峠

月に3000kmという数字は、単純に1日平均100kmです。
1日平均100kmということは、走れない日もあることを考えれば、走れる日は150kmくらい走らなければ達成しない数字です。
朝起きて顔を洗ったり歯を磨く感覚と同じ感覚で自転車に乗るということでした。
日常にどれだけ自転車に乗ることを取り込めるかがポイントになってきます。
つまり、自転車に乗ることをいかにして「特別なこと」から「いつものこと」にするかどうかなのだと思います。

パグ犬ドヤ顔

まぁ、ダイエット目的の私とではスタンスが違いますが、それでもトリカイくんのように少しでも日常に自転車を取り入れようと思います。
しかも、幸いなことに町のじてんしゃ修理屋さんの協力によって私のママチャリは魔のパンクループから抜け出せそうなので、それを確認するためにもドンドン自転車に乗っていこうと思います。
と思いつつこの週末の2日間は、ママチャリのパンク修理しただけで、全然自転車に乗ってませんが・・・(^^;

タグ : 自転車 ママチャリ ダイエット リバウンド パンク ループ 

ママチャリのパンク修理のついでに

パンクは走行距離によるものなのか運なのかよくわかりませんが、自転車にパンクは付き物ですね。
とは言うものの、ママチャリ ブリジストン キャスロングを今年の1月に購入してから5ヶ月ほどの間にパンクした回数は4,5回ですべてリヤタイヤのパンクです。
いくら毎日のように乗って、夜な夜なサイクリングロードを走ったり、坂道を登ったりしているとは言え、ちょっとパンクが多過ぎのような気もします。

ママチャリでトマト坂

ママチャリでもそれなりに走りに行く時は大抵、パンク修理キットや空気入れを持って行くことが多いです。
しかし、いざパンクすると、空気入れで空気を入れてみて多少走れそうかどうかは確認しますが、その場でパンク修理したことがありません。
パンク修理は技術が未熟なこともあり、特にママチャリのパンク修理は時間が掛かりすぎるので、現場でのパンク修理は余程の状況でない限りしないつもりです。

ママチャリで雄ノ山峠

実際にタイヤに何かが刺さってのパンクは今のところ1回だけで、あとはすべてチューブの内側と言いますかチューブとリムが接している部分でのパンクでした。
しかも、私のママチャリのタイヤにはクロスバイク程度の空気圧を常に入れていますので、ママチャリによくあるリム打ちパンクの可能性はまずありません。
まぁ、空気圧のことはママチャリにはナイショですが・・・(^^;
そこで今回、あらためてリムを観察すると、ステンレスリムの繋ぎ目部分の処理があまくザラついていました。

ママチャリで和歌山南港

もしかすると、そのリムの繋ぎ目のザラつきが坂道などで擦れてチューブに穴が開いたのかもしれません。
シングルギヤのママチャリでは、それほど坂道を登らなかった(登れなかった)のですが、内装5段のママチャリはそれなりに坂道を登れますので調子に乗って坂道を登りすぎたのかもしれません。
リムの繋ぎ目をヤスリで擦って多少滑らかにしておきました。
パンクの原因はあくまで推測ですが、パンクに繋がるリスクは可能な限り無くしておきたいものです。

超音波洗浄機でチェーンの掃除

ママチャリのリヤタイヤを外したついでに、チェーンの洗浄をすることにしました。
ママチャリを購入してから5ヶ月間まったくチェーンを掃除してませんでしたので、チェーンを超音波洗浄機に入れて掃除しました。
チェーンを切った時に気付いたのですが、チェーンの一部が異常に固く、チェーンが折れ曲がったままなかなか真っ直ぐに戻りませんでした。
チェーンを洗浄すればマシになるかと思ったのですが、結局直りませんでした。
なのでこの際、あらかじめ買ってあったシングルギア用のチェーンに交換しました。

ママチャリのチェーン交換

そしてもう1つママチャリのリヤタイヤを外したついでに、コグ(後のギヤ)を歯数の多いコグに替えようとしました。
まぁ、こんなこともあろうかと、今のものよりも歯数の多いコグを既に買っていたのでした。
最近は、電動自転車の普及のおかげか歯数の多いコグが入手しやすくなっているように思います。
貧脚の私にはありがたいことです・・・(^^;

ママチャリ内装5段ハブのコグ

Shimanoのマニュアルを見ながら内装5段のリヤハブの分解をやりはじめたのですが途中で行き詰まってしまい、しかも時間もあまり無かったのでコグの交換は断念しました。
まだハブの分解の前段階にも達していないかもしれない状況かもしれませんが、内装ハブの分解は難しい・・・
またそのうち内装5段ハブの分解して、コグの交換やグリスアップをしたいと思います。
いつになるかわかりませんが・・・(^^;

ママチャリ内装5段ハブ

タグ : 自転車 ママチャリ パンク 修理 チェーン 超音波洗浄機 内装5段 コグ 交換 

夜な夜な和歌山の片隅で・・・

その日は会社が終わるのがちょっと遅くなり、加太方面に行くには遅い時間だったので加太方面には行かず、和歌浦から雑賀崎へ。
雑賀崎の灯台に行く分かれ道で、灯台方面に行くローディを発見。

最初Kモトくんかと思ったが、よく見るとモンターニュのジャージでした。
モンターニュなら知っている人の可能性が高いと思って、モンターニュジャージの人の後を必死のママチャリダンシングで追走。
モンターニュの人が振り向いたが、こちらからも暗くて誰だかわからない。

雑賀崎でAコちゃん・サガンくん・インストラクターくん

誰だ?タムタムくんか?
いろいろ考えているうちに、自分の脚が付いていかなくなって距離が開いてきた。
1度気持ちが途切れると、更に距離が開いてしまって、とても追い付けない距離になってしまった。
と思うこと自体が、既に気持ちが弱い私なのですが・・・。(^^;

雑賀崎でKモトくん

気持ちが途切れたところで気付いたのですが、私自身が後からライトで照らされている。
つまり、私の後に誰かが追走しているのでした。
モンターニュのステルス戦闘員か?(^^;

雑賀崎でABSくんとAコちゃん

後の人が誰なのか知りませんが、気持ちの切れた私の後を走ってもらうのは気が引けるので、私は左車線いっぱいに寄って手と声で「お先にどうぞ」サインを出しました。
そしたら、私を抜きざまに声をかけられました。
何と言ったのか覚えていませんが、その声に特徴があり聞き覚えがありました。
町じてのTぐちさんでした。

雑賀崎でサガンくんとインストラクターくん

Tぐちさんが追いかけるモンターニュの人って・・・サガンくん?
でもサガンくんにしては体型がちょっと違う。
Tぐちさんに聞いたところ、前を走っているモンターニュの人はゴンちゃんでした。
そしてTぐちさんは、前を走っているゴンちゃんを追いかけていきました。

ゴンちゃんにしてみれば、いきなりTぐちさんと私に追いかけられるハメに・・・
まぁ、剛脚のゴンちゃんには何てこと無いことですが。。。(^^;
その後、暗闇の灯台でウダウダ喋って帰ることに。

雑賀崎でゴンちゃんとTグチさん

その帰り道の平地でも、ゴンちゃんはダンシングで重いギアを踏み、後ろを振り返って、いかにも「付いて来い」と誘っているようでした。
その誘いに、私はまんまと乗ってゴンちゃんを追走。
ゴンちゃんは時々振り返って、ママチャリの私の速度を見ながら、一生懸命走っている私の数キロ速いスピードで私を引いてくれました。
ゴンちゃんは剛脚なだけでなく頭が良く、面倒見も良い。
だから信頼も厚く、モンターニュというサイクリングチームを引率しているのだと思います。
ただ、持久力の無い私には辛かったですが・・・。(^^;

雑賀崎で去年骨折した人

私は途中でみんなと別れましたが、後から聞いた話によれば、私と別れた後にバイクで来ていたAコちゃんと会って、ゴンちゃんがバイクの後を追走してカッ飛んで行ったとか・・・
やっぱりゴンちゃんだ・・・(^^;

ゴンちゃんは、みんなと走りたければ、あらかじめ待ち合わせして走ればいいと言ってましたが、お互いに連絡も取り合って無いにも関わらず偶然出会うことが面白いように思います。
まぁ、その偶然の出会いの嬉しさの裏には、数多くの単独走という孤独があるのですが・・・
夜な夜な和歌山の片隅で、自転車乗りによる偶然の出会いが繰り広げられていることを密かに楽しんでいる私・・・(^^;

雑賀崎でナイトランメンバー勢揃い

ちなみに、この記事の写真は、ナイトランで雑賀崎の灯台で出会ったローディーやそのロードバイクです。

タグ : 自転車 ママチャリ ロードバイク 和歌山 ナイトラン 雑賀崎 自転車乗り 偶然 出会い 

確かに橋本方面だけど・・・ロングライドって聞いてないヨ~

ゴールデンウィークだけど、特にみんなでサイクリングに行く予定も無いな~ なんて思っていると、先日一緒にママチャリロングライドしたきたむらくんから電話がありました。
案の定サイクリングのお誘い電話でした。
まるで私の気持ちがわかっているようで、嬉しかったし、ありがたいですね~

あまり人の話を良く聞かない私ですが、
・行き先は、橋本市方面
・明日の早朝6時に黒江駅に集合
・メンバーは、はYしさん、きたむらくん他(←よく聞いてなかった)
ということでした。

集合場所に向かう途中

はYしさんが行くということは、基本的にはロードバイクということになります。
そして、ちょっと気になったのが、和歌山市から距離にして50km程度の橋本市に行くのに、なんで早朝の6時集合なんだろうかと。
それ以前に、黒江駅ってどこやねん?という気持ちでいっぱいでした。

スーパーコンピューターに匹敵する私の頭脳で集合時間から起床時間までを逆算してみると、
6:00 集合
  ↓
5:30 黒江駅到着予定
  ↓
4:30 自宅出発
  ↓
3:30 起床
ということでした。(^^;
そして、4:30に自宅を出発して黒江駅に到着したのが、予定よりも少し早い5:10頃でした。

黒江駅

どうやら集合場所に1番遠い私が一番乗りで、次にやってきたのは最近ロードバイクに乗り始めたプロペルさんでした。
話のなかで、プロペルさんはまだ200km走ったことがないと言うことを話してました。
今回は橋本市なので、往復100kmくらいかーと、その時は思っていました。
その後、みんなが集まって、はYしさん、プロペルさん、きたむらくん、私の4名で出発。

橋本方面にサイクリング
橋本方面にサイクリング
橋本方面にサイクリング

橋本方面に向かって走行中に、はYしさんと話していると、「今回は、この前の法隆寺をかすめるルートで行きます」とのこと。
てっきり、今日は橋本に行くと思っていた私は「えぇっ????」と、一瞬思いましたが、
・法隆寺をかすめるルート
・早朝6時集合
・プロペルさんが200km走ったことがないと話をしてた
・電話で「橋本」ではなく「橋本方面」と言っていた
この謎が、私のスーパーコンピューターで結び付きました。
つまり、今回は200kmオーバーのロングライドだったのでした。
よくよく考えれば、橋本に行くのに6時集合な訳ありませんね~

奈良にロングライド
奈良にロングライド
奈良にロングライド

地元の人しか通らないような路地をナビゲートしてくれるはYしさんのお陰で、ストレス無く進んでいきます。

コンビニで休憩
奈良にロングライド
奈良にロングライド

今回はロードバイクなのだからかもしれませんが、前回のママチャリの時と比べて少ない疲労感で、いつの間にか法隆寺に到着。
数日前に来た場所なので、あまり感動はありませんが・・・(^^;

ロングライド通過点の法隆寺

「確かに橋本方面だけど・・・ロングライドって聞いてないヨ~」の続きを読む

タグ : 自転車 ロードバイク ロングライド 和歌山 奈良 サイクリスト まんま亭 

ママチャリロングライド 法隆寺は突然に・・・

しばらくロングライドをしていないと、ロングライドしたくなる禁断症状を「ロングライド症候群」と呼んだとか呼ばなかったとか。。。
不思議なもので、私もそのロングライド症候群に以前から感染していました。(^^;
その禁断症状を解消すべく、このゴールデンウィークにロングライドに行って来ました。
ママチャリで・・・
なんで、ママチャリ?って聞こえてきそうですが、ママチャリで行くのが楽しそうだったからとしか言いようがありません。

まぁ、そんな私のママチャリロングライドに賛同してくるママチャリ好きな方がもう1人いました。
私のロングライドは結構マイペースなので、私のマイペースに付き合せるのも、逆に私が相手のペースに付き合わされるのも辛いので、今までの私のロングライドは1人で行くことにしていました。
ところが今回は、強力馬力自転車屋のサイクリングにでもママチャリで行くほどの私以上にママチャリ好きなので、ロングライドに一緒に行ってもいいかな?と思って今回のママチャリロングライドに誘いました。

ロングライド工具

特にロングライドでは何が起こるかわかりませんので、通常持っているパンク修理キットや空気入れ以外にも、ある程度の修理は出来るように工具をバッグに詰めました。
まぁ、多少重くなりますが、いつもの会社帰りのナイトライドとそれほど変わりませんし・・・(^^;
それにしても、こういうバッグを多く積めるのもママチャリの利点ですね。

和歌山城
ママチャリ ブリジストン キャスロング 内装5段
ママチャリ 内装3段
りんくう

和歌山城を出発して、大川トンネルを越えて、岬公園の海岸沿いを通ってりんくうを越えたあたりで私のママチャリが痛恨のパンク。
最近私のママチャリがパンク多発していて、ロングライドの前日にママチャリのリヤタイヤのチューブを交換したばかりでした。
まぁ、連日のように会社帰りのナイトライドをしていたので仕方ないのかもしれませんが・・・。

そこで、スマートフォンで付近の自転車屋さんを探して行ってみると店のシャッターが閉まっていたので、その次に近い自転車屋さんを探すと「アートサイクル貝塚センター」という自転車屋さんが出てきたので、しばらく自転車を押して行きました。
今までスマートフォンは私に必要無いと思っていて、ガラケイしか持っていませんでしたが、この時ほどスマートフォンの必要性を強く感じました。
とは言うものの、普段の私の生活では、やっぱりスマートフォンは必要なさそうですが・・・(^^;

アートサイクル貝塚センター

ところが、その自転車屋さんでもドアが閉まっていて、店の中に人の気配がありませんでした。
まぁこんなこともあろうかと、自分でパンク修理をすることも考えましたが、店の中を覗くと不在の時は連絡してくださいというような看板に携帯番号が書いてあったのを見つけたので、そこに連絡するとお店の人が出てきて10分ほどで行きますとのことでした。
しばらく待っていると、人の良さそうなお喋り好きの店の人がやってきました。
いろいろ喋っていると、どうやら私のよく行く自転車屋「町のじてんしゃ修理屋さん」のことなど良く知っている人のようで、偶然とは言え世間は狭いと感じました。

大阪 ふくちぁんラーメン 貝塚店

パンク修理を終えて昼時になったので近くのラーメン屋さんを探していると、大阪 ふくちぁんラーメン 貝塚店が目に入ったので、そこで昼食を採ることにしました。

唐揚げ

醤油トンコツラーメンと唐揚げを注文しました。

醤油トンコツラーメンとキムチと高菜

唐揚げはジューシーで美味しかったし、キムチや高菜など食べ放題で、しかもそのキムチや高菜も結構美味しかったです。

醤油トンコツラーメン

ラーメンのスープはコクがあり美味しく、途中から食べ放題の高菜をラーメンに入れて食べましたが、これまた美味しかったです。

「ママチャリロングライド 法隆寺は突然に・・・」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ ロングライド 和歌山 大阪 奈良 法隆寺 

絶対的に脚力不足

この日は用事があって町のじてんしゃ修理屋さん大浦街道店に行きました。
用事はすぐに片付いて時間もあったので、町じて繋がりで、町じて和歌山店に行ってみました。

町じて和歌山店に行くと、若い男の子から挨拶されました。
ん?誰だろう?
知り合いかな?
町じてのアルバイト?

話をすると、どうやら町じて紀三井寺内原店によく来るということで、私とも何度か合っているということでしたが、私には記憶が・・・(^^;
そして、話から学生さんであることも判明。
そこで「大学生?」と聞くと、なんと高校生でした。
しかも、この春に入学したばかりの高校1年生!!!

体格も素晴らしいし、何より明るく素直で挨拶もしっかりしている。
自転車(クロスバイク)を見ると新しい。
どうやら入学祝いに買って貰って、数日前に納車したばかりだそうでした。
ロードバイクでも買えたそうなのですが、ロードバイクはまだ早いと判断してクロスバイクにしたそうで、考え方もしっかりしています。

そのクロスバイクには強力馬力自転車屋のステッカーが貼ってありました。
しかもステッカーをよく見ると、それはステッカーではなく、強力馬力のステッカーをカラーコピーしたものを貼ってありました。
涙ぐましい努力です。

その後、ミカちゃんが現れました。
相変わらずスタイル抜群でサイクルジャージ姿が決まってます。
話の中で、町じて紀三井寺内原店に行くことになりました。
高校生くんのホームグラウンドも内原店なので、ミカちゃんと一緒に行くことになり、私もついでに行くことにしました。

ミカちゃんと高校生くん

これが悪夢のはじまりでした。(^^;
この日は強風で、特に海岸沿いは吹きさらしで、モロに向かい風を受けて自転車が全然前に進みません。
こんな過酷な状況だからこそ実力が試されるのでしょうか、まざまざと自分の実力の無さが浮き彫りになります。

強風の向かい風で見えなくなった

強風の向かい風で、とても踏める状態では無く、たまらずギアを落とします。
しかし、ギアを落としたら、その分回さなければいけないのですが、情けないくらいに筋肉疲労のような感じで全然回すことができませんでした。
その結果、みんなと距離が広がり、ついには姿が見えなくなりました。
まぁ、次の信号で待っててくれましたが。。。

町じて紀三井寺内原店

ミカちゃんは気を遣ってか、ママチャリだから仕方ないとフォローしてくれましたが、それは違うことを自分が一番良く知っています。
あれだけの強風の向かい風では、乗車姿勢の違いは多少あるにしても、自転車の違いなど関係無いに等しい。
あちこち走り回っているという自負は一瞬で吹き飛ばされました。
絶対的に脚力不足なんだと実感。
まぁ、そんな言葉があるのかないのかわかりませんが・・・(^^;

タグ : 自転車 ママチャリ 脚力 不足 

謎の洗濯バサミ

先日、人力二輪車迷走記の輪人さんからのコメントで知ったのですが、輪人さんは私のママチャリなどに付けている洗濯バサミが気になっていたようです。

確かに、ママチャリで町のじてんしゃ修理屋さんに行くと、よく洗濯バサミの質問をされます。
あまりにも洗濯バサミの質問が多く、その都度答えていたこともあり、ブログでは書いていませんでした。
それに、もったいぶっていた訳では無いのですが、言ってしまうと「な~んだ、そんなことか・・・」とシラけてしまいそうだし・・・(^^;

ミニベロのサドルで濡れたタオルを乾かす

カールおじさんきっかけは夏に汗を拭いたタオルを休憩中に乾かしていた時でした。
汗で湿ったタオルをミニベロのサドルに掛けて乾かしていました。
ところがタオルが乾いてくると軽くなり、風で簡単に飛ばされてしまいました。
そして、たまたまチェーンの上にタオルが落ちてしまい、タオルが汚れて使えなくなってショックでした。

だってチェーンのオイルで汚れたタオルで顔を拭けば、悲惨な結果になることくらい容易に想像がつきます。
カールおじさんのは、汚れではなくヒゲですが・・・(^^;
それ以来タオルを乾かす時には、風で飛ばされないように洗濯バサミでタオルを挟むようにしました。

湿ったタオルを乾かす

また、私の通勤時はスーツ姿でママチャリに乗っていて、ガッツリの雨ではレインコートですが、軽い雨の時や通勤途中での突然の雨ではポンチョを使っています。
ポンチョは手軽で便利なので好きなのですが、足元(膝)は風の抵抗を受けて脚にまとわりつくのが嫌でした。

前カゴまでカバーする雨合羽 そこでママチャリの雨具を探していた時に、前カゴからスッポリとカバーするタイプの雨合羽を見つけた時に閃きました。
ポンチョの足元をハンドルに掛ければ、ポンチョが足元にまとわり付くこともないし、しかも靴が濡れにくくなると思いました。
そのため、ポンチョの前面をハンドルに掛けて、ポンチョがずれないように洗濯バサミでポンチョを挟むようにしました。

洗濯バサミ

このママチャリのポンチョは大成功でした。
足元は多少濡れるものの、ポンチョが脚にまとわり付くことも無く、快適に雨の自転車通勤することが出来ます。
まぁ、快適かそうでないかは本人の気持ち次第かもしれませんが・・・(^^;

洗濯バサミでポンチョを留める

この写真は、まさしく通勤途中の突然の雨で、商店街のアーケードの下でポンチョを着た時の写真です。
前カゴにはビニール袋で覆ったリュックを入れていて、ポンチョの足元部分をハンドルに掛けて、洗濯バサミで留めています。
自分がママチャリに乗った視点での写真です。

と言うことで、私の自転車に付けている洗濯バサミは、
・タオルを乾かす時に留める
・ポンチョの足元をハンドルに留める
ためのものでした。

やっぱり「な~んだ、そんなことか・・・」と聞こえてきそうですが・・・(^^;

洗濯バサミ活用術

タグ : 自転車 ミニベロ ママチャリ 洗濯バサミ タオル ポンチョ 

春は徘徊の季節

花曇りや花の雨など、天気はいまひとつな日も多いですが、暖かくなって自転車で走りやすくなってきました。
特に桜の季節は、年度末・年度初めと言うこともあり仕事は忙しいですが、その分限られた時間の中で自転車に乗った時の楽しさは格別だったりします。

河西公園

この日はたまたま会社が早く終わったので、西ノ庄にある河西公園に行きました。
まぁ、トマト坂に行こうと思っていて、河西公園の前を通った時に桜が綺麗だったので、引き返して河西公園の中を通ることにしました。

河西公園

なんとか日があるうちに桜を撮ることが出来ました。
最近は日が長くなって嬉しいです。
でも、すぐに暗くなってしまいますが・・・

河西公園

河西公園は久しぶりです。
今でこそ毎週当たり前のように来ていますが、昔はこの河西公園に来るだけでもヘトヘトになって、公園のちょっとしたアップダウンや少し荒れた路面でも嫌で、そこを避けるように走っていました。

それが今では、何にも気にすることなく走れています。
昔にしんどい思いをして走っていなければ、この公園は少し広いだけの何の変哲も無い公園に映っていたことだと思います。

トマト坂

トマト坂は良いですね。
斜度もそこそこですし、道幅が広くて、路面が綺麗で、車の通りも少ないので、トレーニングなどには最適な坂道ですね。
所々ですが街灯もあるし・・・

夜の徘徊
夜の徘徊
和歌山サイクルステーション

最近オープンしたばかりの和歌山サイクルステーション
場所は和歌山市出島153-3だそうで、国道24号線沿いの海鮮問屋丸長インター店とパチンコマルハンインター店の間ということでしたが、どちらかと言えばマルハンの隣でした。
和歌山サイクルステーションに行った時間が遅かったようで閉まっていましたが、開いている時間であれば休憩所、ドリンク自販機、空気入れ、工具等が用意され、インフォメーションやトイレも利用できるようです。

夜桜
町じて和歌山店

それにしても、この日は町じて和歌山店付近にある会社から、加太方面のトマト坂に行き、その後このサイクルステーションのことを思い出して紀ノ川沿いで出発地点の会社を通り越して和歌山サイクルステーションに行ったので、なんとも効率の悪い間抜けな走行ルートでした。
まぁ、自分1人の気楽な夜の徘徊なので、非効率なルートも夜桜など楽しみながら走れたので良かったです。

雑賀崎灯台

別の日ですが、雑賀崎灯台です。
夜に1人で走る時は、まず行かない所ですが、この日は雑賀崎灯台で待ち合わせ。
結局、みんなでの夜の走行とはなりませんでしたが、仕事終わりの夜にみんなで集まって走るという自分にとって新しい感覚に刺激を受けました。
まぁ、速く走ろうとトレーニングしているローディーさんと私とでは趣が異なりますが・・・(^^;

和歌山城の夜桜

「春は徘徊の季節」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ 和歌山   徘徊 サイクルステーション 

千本桜

桜の時期は短い割りに、天候が良くない日が多かったり、年度末で仕事が忙しかったりして、なかなか桜を満喫することができません。
だからこそ儚く貴重なのかもしれませんが・・・。

この日は朝まで仕事があり、このまま家に帰ってしまうと勿体無いと思ったので、帰宅せずにそのまま桜を見に行くことにしました。
そのため、自転車は通勤用のママチャリです。
な~んて、私のママチャリに通勤用も遊び用もありませんが・・・(^^;

和歌山ビッグホエール裏手

和歌山ビッグホエール裏手付近の線路沿いの桜です。
ここにこんな綺麗な桜が咲くのを初めて知りました。
和歌山の桜は野桜のような白っぽい花びらの桜が多いのですが、やっぱり鮮やかなピンク色の桜はいいですね。

雨山の郷 さくらまつり

しばらく走っていると、なにやら「雨山の郷 さくらまつり」の看板やポスターを見つけました。

雨山の郷 さくら

雨山トンネルを抜けてすぐのところに山桜が多くあり、そこで「雨山の郷 さくらまつり」がありました。
しかし、行った時間が早過ぎたようで、さくらまつり開催時間の1時間くらい前だったので準備中の状態でした。

雨山の郷 さくら
風化したトラック

あともう少しで土と同化してしまいそうな風化したトラック。

貴志駅

中国語のような異国語が飛び交う貴志駅。
外国の人がわざわざ見に来るようなところでも無いと思うのですが、貴志駅には何か魅力があるのでしょう。

町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店

ここまで来たら、町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店に寄らない訳にはいきません。
町じてスタッフのヨコちゃんは、私のママチャリは格好良いと褒めてくれました。

メイド・イン日の丸印の二輪車、町じてのキャスロング仕様

当たり前じゃん。
メイド・イン日の丸印の二輪車、町じてのキャスロング仕様だもん。(^^;

それにしても、ママチャリにエンドバーを付けない私の拘りを見抜いたヨコちゃんは凄い!
でも私が知りたいのは、褒め言葉では無く、心の中にしまった本音なのです。
あったのか、なかったのかわかりませんが・・・(^^;

つけ麺 槍

その後は、大池遊園の近くにある「つけ麺 槍」へ。
今回は初めての「辛つけ麺」の特盛りを注文。

つけ麺 槍 メニュー
つけ麺 槍 辛つけ麺

つけ麺のコクは控え目で、キリッとした辛さが際立つつけ麺でした。
コクを味わいたいのなら普通の「つけ麺」で、辛さを楽しみたいのなら「辛つけ麺」と好みが分かれるところなのかもしれません。

さくら学院重音部BABYMETAL

桜 → さくら → さくら学院 → さくら学院重音部 → BABYMETAL
と思ったのですが、密かに狙っていたBABYMETALギミチョコの4番キリ番ゲットならず意気消沈。(^^;

「千本桜」の続きを読む

タグ : 自転車 和歌山 ママチャリ  ビッグホエール 雨山 和歌山城 満開 

強力馬力自転車屋 阪南ポタリング

今日は久しぶりの強力馬力自転車屋の阪南ポタリングに参加してきました。

ミニベロ ダホン ボードウォーク

どの自転車で行こうかとちょっと迷いましたが、天候が怪しそうだったのでミニベロで行くことにしました。

ママチャリ

しかし、集合場所に行ってみるとママチャリで来ているツワモノが・・・

雨が降ってきた・・・

しかも、モンターニュのゴンちゃんやミカちゃんまで来てる。。。
今日はポタリングのはず???

今日は雲行きが怪しかったのですが、集合場所に強力馬力リーダーが到着すると同時に雨が降ってきました。
やっぱり強力馬力だ・・・(^^;

とは言え、集合場所の町じて和歌山店を出発すると天候が良くなってきました。

強力馬力自転車屋 阪南ポタリング
強力馬力自転車屋 阪南ポタリング
強力馬力自転車屋 阪南ポタリング
強力馬力自転車屋 阪南ポタリング
ゆる風

はYしさんのマニアックなルートを走ってるうちに「ゆる風」に到着。
予約無しで急に大勢駆けつけてしまったようで、それでもなんとか数名分の豚汁とオニギリを出して頂きました。

強力馬力自転車屋 阪南ポタリング
グラン グルトン(gland glouton)

その後、阪南にあるパン屋さん「グラン グルトン(gland glouton)」に到着。
なんと、集合時間帯の雨でDNSしたメンバーも車で来ていました。
人気のパン屋さんだそうで、店内には多くのお客さんがいました。

グラン グルトン(gland glouton)のパン
グラン グルトン(gland glouton)で買ったパン
グラン グルトン(gland glouton)で集合写真

普段はパンを食べない私ですが、つい調子に乗ってパン5個買ってしまいました。
でも、その場でペロリ♪(^^;

雄ノ山峠

阪和道に沿って走っている雄ノ山峠では、モンターニュのゴンちゃん達がアタック開始。
ママチャリダーも、一生懸命に雄ノ山峠を登ってきました。

町のじてんしゃ修理屋さん和歌山店

最後は町じて和歌山店で解散となりました。
走行距離は70kmくらい。
天気は最初の集合時間帯こそ雨が降ったものの、その後はずっと晴れていて、機材トラブルも無く、昨年に引き続き最高に楽しめた強力馬力自転車屋のポタリングでした。

タグ : 自転車 ミニベロ ママチャリ ロードバイク 強力馬力自転車屋 阪南 ポタリング ゆる風 グラングルトン 

ダイエットリバウンド解消トレーニング

ひょんな事から禁煙を始めて1週間くらい経ちました。
とにかく口が寂しくて、ついついチョコレートやキャラメルや飴など手当たり次第むさぼるように食べるようになって、せっかくダイエットした体重も1週間で2kg増えてリバウンドしてしまいました。
このままではいけないと思い、ママチャリで加太方面に出掛けることにしました。

トマト坂恐竜公園

やっぱり昼間に走るのはいいですね。
まぁ、ママチャリで加太方面へは週に1回くらいは走りに来ているのですが、いつもは会社帰りなので暗くて寂しいです。

休暇村紀州加太の激坂

トマト坂の恐竜公園を東向いて、加太休暇村(正式には「休暇村紀州加太」のようです)の激坂チャレンジです。
今まで上にある休暇村までは登ったことが無かったのですが、現在は休暇村が工事中のため閉館しているようで、休暇村駐車場の警備のオッチャンに追い返されちゃいました・・・(^^;

大川峠

その後は、大川峠を登りました。
大川峠の道は整備されて無く落石があったりして、ちょっと走りにくかったです。

大川港

大川峠を下ると海が見えてきて、なんとなくホッとします。
ホッとするのは、今まで峠の窮屈感から開放されるからなのかもしれません。

とっとパーク小島
とっとパーク小島の自動販売機

とっとパーク小島でドリンク休憩です。
ここで、2つ並んだ自動販売機の同じドリンクなのに、値段が違うドリンクを発見。
しかも、値段の高いほうに「おすすめ」シールが貼ってある。
と言うことで、「おすすめ」シールが貼ってないほうのドリンクを・・・(^^;

ドリンク休憩
多奈川東畑から猿坂峠
多奈川東畑頂上付近

あまり馴染みのない、多奈川東畑から猿坂峠を目指します。
いつも加太方面は反時計回りなのですが、今日は時計回りなので、道を間違えてないか心配でした。

猿坂峠の溜池
猿坂峠の桜

猿坂峠の桜は咲きかけでしたので、来週くらいには満開になるのではないでしょうか。
まぁ、猿坂峠の桜は本数自体が少ないので、いまひとつ盛り上がりませんが・・・(^^;

和歌山北高西校舎から登る

猿坂峠を下った後は、そのまま和歌山北高西校舎から、また登っていきます。
ここの坂道は何か名前がついているのでしょうか?
距離はそれほどでもないのですが、道があまり良くないし、もう登りが終わったか?と思いきや、まだ登りが続くという精神的にやられてしまう坂道です。

和歌山北高西校舎からの坂道

先日、夜に走った時は、野犬か何かの動物らしき足音が藪から聞こえてちょっと怖かったのですが、今日はそんな足音も聞こえず、明るい昼間は不安無く登ることができました。
まぁ、精神的にも肉体的にもきつい坂道には変わりませんが・・・(^^;

太陽の塔モドキ

和歌山北高西校舎からの坂道は、トマト坂の恐竜公園付近にある太陽の塔モドキ?に繋がっています。
その後はトマト坂を下って、町のじてんしゃ修理屋さん大浦街道店で休憩してました。

町のじてんしゃ修理屋さん大浦街道店

実は、今回の加太方面に行く前にも町じて大浦街道店に寄っていたのでした。
そこで町じて店長との話の中で、事前に予定に無かった加太休暇村の激坂チャレンジが、今回の走行メニューに追加されたのでした。

タグ : 自転車 ママチャリ ダイエット リバウンド 加太 トマト坂 大川峠 坂峠 北高 激坂 

ママチャリの前カゴ補修

私のママチャリの前カゴには怨念がおんねん。

。。。

まー、それはおいといて・・・(^^;
シングルギアのママチャリの前カゴの補修をしました。

前カゴをインシュロック(結束バンド)で補強

思えば、2013年11月に前カゴの溶接部分が外れてインシュロック(結束バンド)で補強しました。

ママチャリが倒れる瞬間 ママチャリが倒れた瞬間

ところが、2015年のママチャリロングライドの五条に行った時にママチャリを倒してしまい、補強していた結束バンドも吹っ飛ばして前カゴが崩壊しました。
そのため、2015年11月に以前から持っていた丈夫な前カゴに交換しました。

丈夫な前カゴに交換

しかし、もったいないオバケが怖い私は(^^;、壊れた前カゴを捨てるわけにもいかず、かと言って、このまま家の物入れ代わりにしとくのも、ちょっと・・・
と言うことで、壊れた前カゴを補修して、再び元のママチャリに付けることにしました。
新しいママチャリには似合わないので・・・。

ママチャリの前カゴ補修

そこで100円ショップで細いステンレスの針金を買ってきました。
しかし、いざワイヤーを巻きつけようとすると、結構大変だということがわかって諦めました。
(こうして、家に不要な物がドンドン増えてゆく・・・)

前カゴを結束バンドで補修

と言うことで、前回と同様にインシュロック(結束バンド)で前カゴを補修することにしました。
ただし、前回と違い結構な数の結束バンドを使って壊れた部分を留めました。

結束バンドをヤスリで削る

ちなみに結束バンドは、精密ニッパーなどで根元からカットするのが良さそうなのですが、精密ニッパーを持ってないので、普通のニッパーでカットした後に、ヤスリで削りました。

ママチャリに補修した前カゴを取り付け

そして、ママチャリに補修した前カゴを取り付け。
ただ、前カゴが折れている部分があり、前カゴを取り付ける際に、ロングバスケットステーと前カゴの間にアルミプレートで補強しました。
前カゴ内部は普通のアルミプレートで外側にはL字型のアルミプレートを使用しました。

前カゴをアルミプレートで補強

実は、このアルミプレートを取り付けるのに結構時間が掛かりました。
アルミプレート間に隙間が出来るので、ボルトで留めているアルミプレート間の隙間を埋めるためにナットやワッシャーを挟みました。

しかし、アルミプレートの隙間にナットやワッシャーを挟むのに一苦労で、苦労して入れたのにまだ隙間があったり、逆に挟みすぎて取らなきゃいけなくなったりで、ただでさえ大変なのに何度もナットやワッシャーを付けたり外したりしました。

前カゴをアルミプレートで補強

その苦労した甲斐あってか、ようやくママチャリに前カゴを取り付けました。
前に使っていた丈夫な前カゴが大きかったせいか、なんだか前カゴが小さく感じましたが、まぁそのうち慣れるでしょう。
元々このママチャリに付いていた前カゴですし。

ママチャリの前カゴ補修完了

タグ : 自転車 ママチャリ 前カゴ 補修 補強 

自作バイクラックの作成

以前からバイクラックが欲しいと思っていました。
しかし、ママチャリやミニベロには自転車自体ににスタンドが付いていて自立できますし、ロードバイクは室内の壁に立て掛けてあり、普段は特別バイクラックの必要性を感じていませんでした。
まぁ、バイクラックがあればいいな~という程度で、あえてバイクラックを買ってまで欲しいとは思っていませんでした。

また、家に余っている木材や金具があり、ただ置いとくだけでは勿体無いので、なんとか活用できないものかと思っていました。
と言うことで、市販のバイクラックはいっぱいありますが、家に余っていた木材や金具を活用してバイクラックを自作することにしました。

角材と金具

角材を100cmにカットしたもの4本と、60cmにカットしたもの2本。
その角材の上に乗っているのが、使わなくなった自作圧縮機と、謎の重い金属板。(^^;

角材にドリルで穴あけ

余っていた金属のボルトが10mmだったので、角材にドリルで10mmの穴を開けました。
この10mmのドリルの刃先が思った以上に高かった・・・

自作バイクラック仮組み

仮組みしてみました。

自作バイクラック設計ミス

バイクラックの間に自転車が入らない・・・
しかも、重い金属板のせいで、かなり重い・・・
設計ミスでボツにしました。

100円ショップで棚受けのL字型の金具とニスとハケ購入

気を取り直して100円ショップで、棚受けのL字型の金具とニスとハケを購入。
あまり自作バイクラックにお金をかけたくないのですが、仕方ありません。

L字型金具の先端に塩ビパイプ取付

L字型金具の先端に、家に余っていた塩ビパイプをつけて、以前に100円ショップで買っていたケーブルをまとめるものを巻きつけて、その両端を結束バンドで固定しました。

角材ヤスリ掛け

カットした角材のうち100cm1本と60cm2本に全体的にヤスリを掛けて角を取りました。
その後、(写真はありませんが)ヤスリを掛けた角材にニスを塗りました。
まぁ、たいしたものではありませんが、それでも少しは長持ちさせたいのでニスを塗りました。

自作バイクラック組み立て

そして、作成したバイクラックを組み立て。
60cmの角材をT字型に組み、それを下部の支えにして、100cmの角材を立てました。
下部の3ヶ所の10mmの穴にボルトを通して、そのボルトの頭をバイクラックの足にしました。

ネジがいい加減

遠目には良さそうですが、近くで見ると、ネジがいい加減だったり、100円ショップのL字型金具が曲がっていて、直角にならなかったりして、角材がきっちりくっついてなかったりしてます。

自作バイクラックに自転車を掛けてみる

そして、いざ自転車(ママチャリ)をバイクラックに掛けてみると、高さが低かったのと、塩ビパイプが太かったこともあり、自転車を掛けると滑り落ちてしまいました。

サドルの後部でママチャリをバイクラックに掛ける

なんとかサドルの後部でママチャリをバイクラックに掛けることができましたが、これはこのサドルだからこそ掛けることが出来たのであって、他の自転車のサドルでは滑り落ちて失敗でした。
しかも、上部のL字型金具が自転車の重みで、かなりしなってます。

丈夫そうな棚受けのL字型金具に細身のステンレスパイプ

そこで今度は、ホームセンターで丈夫そうな棚受けのL字型金具を買ってきました。
あまり自作バイクラックにお金をかけたくないのですが、もうここまで作ったので仕方ありません。。。
そのL字型金具の取り付け穴を10mmに広げて、そのL字型金具を自作バイクラックの最上部付近に開けていた10mmの穴にボルトで取り付けました。
そして、家に余っていた細身のステンレスのパイプを付けて強度を上げることにしました。

自作バイクラックに内装5段ママチャリを掛ける

今度は、なかなか良い感じで自転車(ママチャリ)を自作バイクラックに掛けることができました。
車重の重いママチャリが掛けられれば、ミニベロやロードバイクでも大丈夫でしょう。
たぶん。。。(^^;

自作バイクラックにシングルギヤのママチャリを掛ける

と言うことで、あまりお金をかけずになんとか自作バイクラックを作ることができました。
精度や見た目はいまひとつですが、まぁ誰に見せるものでもないし。。。
って、思いっきりブログで公開してるし。。。(笑

自作バイクラック完成

タグ : 自作 自転車 バイクラック 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集