ママチャリのパンク修理のついでに

パンクは走行距離によるものなのか運なのかよくわかりませんが、自転車にパンクは付き物ですね。
とは言うものの、ママチャリ ブリジストン キャスロングを今年の1月に購入してから5ヶ月ほどの間にパンクした回数は4,5回ですべてリヤタイヤのパンクです。
いくら毎日のように乗って、夜な夜なサイクリングロードを走ったり、坂道を登ったりしているとは言え、ちょっとパンクが多過ぎのような気もします。

ママチャリでトマト坂

ママチャリでもそれなりに走りに行く時は大抵、パンク修理キットや空気入れを持って行くことが多いです。
しかし、いざパンクすると、空気入れで空気を入れてみて多少走れそうかどうかは確認しますが、その場でパンク修理したことがありません。
パンク修理は技術が未熟なこともあり、特にママチャリのパンク修理は時間が掛かりすぎるので、現場でのパンク修理は余程の状況でない限りしないつもりです。

ママチャリで雄ノ山峠

実際にタイヤに何かが刺さってのパンクは今のところ1回だけで、あとはすべてチューブの内側と言いますかチューブとリムが接している部分でのパンクでした。
しかも、私のママチャリのタイヤにはクロスバイク程度の空気圧を常に入れていますので、ママチャリによくあるリム打ちパンクの可能性はまずありません。
まぁ、空気圧のことはママチャリにはナイショですが・・・(^^;
そこで今回、あらためてリムを観察すると、ステンレスリムの繋ぎ目部分の処理があまくザラついていました。

ママチャリで和歌山南港

もしかすると、そのリムの繋ぎ目のザラつきが坂道などで擦れてチューブに穴が開いたのかもしれません。
シングルギヤのママチャリでは、それほど坂道を登らなかった(登れなかった)のですが、内装5段のママチャリはそれなりに坂道を登れますので調子に乗って坂道を登りすぎたのかもしれません。
リムの繋ぎ目をヤスリで擦って多少滑らかにしておきました。
パンクの原因はあくまで推測ですが、パンクに繋がるリスクは可能な限り無くしておきたいものです。

超音波洗浄機でチェーンの掃除

ママチャリのリヤタイヤを外したついでに、チェーンの洗浄をすることにしました。
ママチャリを購入してから5ヶ月間まったくチェーンを掃除してませんでしたので、チェーンを超音波洗浄機に入れて掃除しました。
チェーンを切った時に気付いたのですが、チェーンの一部が異常に固く、チェーンが折れ曲がったままなかなか真っ直ぐに戻りませんでした。
チェーンを洗浄すればマシになるかと思ったのですが、結局直りませんでした。
なのでこの際、あらかじめ買ってあったシングルギア用のチェーンに交換しました。

ママチャリのチェーン交換

そしてもう1つママチャリのリヤタイヤを外したついでに、コグ(後のギヤ)を歯数の多いコグに替えようとしました。
まぁ、こんなこともあろうかと、今のものよりも歯数の多いコグを既に買っていたのでした。
最近は、電動自転車の普及のおかげか歯数の多いコグが入手しやすくなっているように思います。
貧脚の私にはありがたいことです・・・(^^;

ママチャリ内装5段ハブのコグ

Shimanoのマニュアルを見ながら内装5段のリヤハブの分解をやりはじめたのですが途中で行き詰まってしまい、しかも時間もあまり無かったのでコグの交換は断念しました。
まだハブの分解の前段階にも達していないかもしれない状況かもしれませんが、内装ハブの分解は難しい・・・
またそのうち内装5段ハブの分解して、コグの交換やグリスアップをしたいと思います。
いつになるかわかりませんが・・・(^^;

ママチャリ内装5段ハブ

タグ : 自転車 ママチャリ パンク 修理 チェーン 超音波洗浄機 内装5段 コグ 交換 

超音波洗浄機で自転車のチェーンを掃除

以前から自転車のチェーンを洗浄する時に気になっていた超音波洗浄機ですが、思い切って買っちゃいました。
超音波洗浄機と言ってもいろいろありますが、CDも掃除できる大きさの超音波洗浄機にしました。
CDが洗浄できるってことは、空のCDケースにチェーンを入れて洗浄することができるので、超音波洗浄機自体にチェーンの汚れが付かないと思ったからです。

と言うことで、チェーンをあらかじめパーツクリーナーで洗いました。
普通ならこれでチェーン洗浄は終わった状態です。

超音波洗浄機で自転車のチェーンを掃除

CDケースにチェーンを入れて超音波洗浄機で掃除しようかと思いましたが、空のCDケースが思ったより柔らかかったため、たまたまあったCDケースよりひとまわり小さなアクリルケースにチェーンを入れて洗浄することにしました。

超音波洗浄機で自転車のチェーンを掃除

ぬるま湯に家庭用洗剤をトボトボっと入れました。
超音波洗浄機のタイマーを5分(300秒)にセットして洗浄開始。

チェーンから煙のようにモクモクと汚れが出てきました。

5分(300秒)x3回もすると、チェーンの入ったアクリルケースの中が真っ黒になりました。

その後、汚れたぬるま湯を捨てて、新たにまたぬるま湯に家庭用洗剤を入れて、チェーンの位置もずらして再度5分(300秒)x3回の洗浄を行いました。

念のため、また再度5分(300秒)x3回の洗浄を行い、最後は洗剤を落とすためにぬるま湯だけで5分(300秒)x3セットくらいの洗浄をしました。

超音波洗浄機で自転車のチェーンを掃除

その後、パーツクリーナーでチェーンの表面に付いた汚れを取り、ドライヤーでチェーンの水分を蒸発させました。
(ドライヤーでもチェーンに当て続けると、チェーンがかなり熱くなるので火傷に注意)

超音波洗浄機で自転車のチェーンを掃除

超音波洗浄機で掃除したチェーンは、ジャリジャリ感は感じられず、サラサラとした感じです。
普通にチェーン洗浄しただけではこれほどまでサラサラにならなかったことだと思いますので、超音波洗浄機を買って良かったと思います。

ただ、超音波洗浄機で掃除する前段階のチェーンの洗浄をおろそかにすると、超音波洗浄機で洗浄後のチェーンの仕上がりもいまひとつの感じです。
超音波洗浄機ではチェーン内部の汚れは取れますが、チェーン表面の汚れは落ちにくいようです。
なので、超音波洗浄機で掃除する前段階のチェーンの洗浄は、普通にしっかりとやったほうがいいです。

また、超音波洗浄機でチェーン掃除中は、自転車のチェーンリングやスプロケットなどを平行して掃除していれば時間の有効活用になり、あっという間にチェーン洗浄が終了しています。

私が超音波洗浄機を使用して自転車のチェーンを掃除した手順は
1. パーツクリーナーなどで普通にチェーン洗浄
2. 超音波洗浄機で ぬるま湯+家庭用洗剤 5分(300秒) x 3回 x 3セット
3. 超音波洗浄機で ぬるま湯 5分(300秒) x 3セット
4. パーツクリーナーでチェーン表面の汚れを取る
5. ドライヤーでチェーンを乾燥
6. チェーンを冷ます
7. 自転車にチェーンをセットしてチェーンオイル注油
です。
まぁ、いろいろ手順を変えて試してみるのも面白いかもしれません。

タグ : 自転車 超音波洗浄機 チェーン 掃除 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集