ママチャリ改造準備

ママチャリいじり(ママチャリ再生計画)の2回目です。

タイヤ空気漏れ

とりあえずタイヤの空気が減っていたので、空気を入れてる途中に「プシュー」と音がして、バルブを締めても空気の漏れが止まらなくなりました。
古いチューブなのでパンクさせてしまったかな?と一瞬思いましたが、バルブを抜いてみるとムシゴムに穴が開いていました。

ムシゴム

とは言っても、今までバルブなど抜いたことの無い私なので、正常なムシゴムがどのようなものか知りません。
ただ、そのムシゴムは、おそらく元々はこんな穴が開いていないだろうという思いはありましたので、とりあえずバルブを元に戻して空気入れを中断。

スカートガード

前回のママチャリ再生計画で取り外すパーツの第一候補としていたスカートガードを取り外します。
単なるプラスチックの部品で、工具なしで「パチン、パチン」と数箇所外せば取ることが出来ました。

スカートガード取外し

スカートガードを取り去ると、ちょっとだけスマートなママチャリに変身しました。(^^;
しかもママチャリの軽量化にも貢献しています!
なんて大げさですが、まぁ不要な部品を取り去るのはママチャリ改造の第一歩ですね。

リヤハブ軸のボルト

なんとなくリヤハブの軸のキャップを外してみました。
最初はネジって外そうと頑張ってみたものの外れず、最後の手段として思いっきり引っ張ったら抜けました。
軸に赤いマーキングがあります。
何の意味があるんでしょう?

クランク付近

次にクランク付近です。
マイナスドライバーでキャップをホジホジするとキャップが取れました。
ボトムブラケットの軸にも赤いマーキングがしてました。

クランクボルト

クランクボルト(?)は14mmみたいです。
クランク長は165mmでしょうか。

クランク長

あまり工具を持っていないので、持っている工具で外せるもので、外しても走行に支障がない前カゴやキャリアを外しました。
前カゴを取るとスッキリしますが、前カゴが無いとママチャリにはちょっと寂しいです。

ママチャリ

「ママチャリ改造準備」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ 改造 準備 ムシゴム 空気 タイヤ ブレーキ 調整 

ママチャリ再生計画

元々オヤジが乗っていて使わなくなったママチャリがあります。
そこで、天気の怪しい日の通勤用自転車として、そのママチャリを再生させようと決心しました。

折りたたみ自転車とママチャリ

これはDAHON Boardwalkを購入したときの写真ですが、右側の奥にひっそりたたずむシルバーのママチャリです。
ちなみに、中央の後カゴの付いているママチャリは、母が現役バリバリで使っている本当のママチャリ。(^^;

ママチャリ

ということで、奥から引っ張り出してきました。
いかにもママチャリというフォルムで、湾曲したフレーム、前カゴ、ノースロード ハンドル(と言うハンドルの種類らしい)、両脚スタンド、後キャリア、密閉式チェーンカバー。
ちなみにJISの名称は「シティ車」になるようですが、自分のシティ車というイメージは、ストレートなボディフレームでバーハンドルのような、ママチャリよりは、もう少しスマートな自転車なのですが。。。
まず、このママチャリのチェックです。

ママチャリEX-LADY

メーカー名らしいものは無く、フレームに「EX-LADY」のシール。
親がホームセンターで7~8千円くらいで買ってきたそうで、ネットで調べても情報は少なく、個人っぽいサイトで「EX-LADY」について書かれていることは極僅かで、しかも自転車といより「EX-LADY」の名前に触れている程度。

ブランド:EX-LADY
仕様  :26型ダブルループ型
原産国 :中国
業態  :量販店
納品業者:コーナン商事(株)
製造業者:TIANJIN GAMMA BICYCLE CO.,LTD
だそうです。

「ママチャリ再生計画」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ 改造 EX-LADY SHIMANO ハブ ハンドル サドル フレーム 

和歌山 加太砲台跡・加太ラーメン・うどんポタリング

今日は嫁さんがコブクロの名古屋(だったかな)ライブに行くそうで、実家の三重県に帰ってましたので、待ちに待った(笑)ラーメンポタリング(通称:ラーポタ)ができる絶好のチャンスで、前日からウキウキしてました。(^^;
前日は雨だったのですが、天性の晴れ男なので、ラーメンポタリングの当日はメチャクチャ良い天気でした。

ポタリング出発準備

今まで全然役に立ってなかったカゴですが、久しぶりにDAHON Boardwalkに付けてみました。
ハンドルの前にカゴを付けると、ブレーキを圧迫するので、ハンドルの後ろにカゴを付けてみました。

前カゴ再セッティング

ハンドルの後ろにカゴを付けたのはいいのですが、自転車を漕ぐときに膝がカゴに当たるので、しばらくガニ股で自転車を漕いでいたのですが途中で我慢ができず、紀ノ川大橋手前の交通量の少ない場所で、本来のカゴの取り付け位置に戻しました。

MESA(メッサ)の信号を斜め左に入り、川沿いを進みます。

川沿いの道

途中で橋を渡り、川の河口に向かって左手を進むと、「河西緩衝緑地松江緑地」という緑地だらけの名前の緑地の入口があります。

河西緩衝緑地松江緑地
河西緩衝緑地松江緑地
河西緩衝緑地松江緑地
河西緩衝緑地松江緑地

「和歌山 加太砲台跡・加太ラーメン・うどんポタリング」の続きを読む

タグ : 自転車 DAHON 折りたたみ自転車 Boardwalk ミニベロ 小径車 ポタリング 和歌山 ラーメン うどん 

町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店ポタリング

町のじてんしゃ修理屋さんのスタッフブログを見ていると、どうも和歌山店ではなく貴志川店のスタッフの方のブログのような感じがして、一度貴志川店に行ってみたいと以前から思っていました。

また、自転車で走行中に、ホコリや虫などが目に入っては危険なので、サングラス(のようなもの)が欲しいと思っていました。
サングラスのようなものとは、その名称は知りませんが、夜間にもつけられるようなクリアレンズのメガネです。

ということで、今日の町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店ポタリングの目的は、
・町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店を見てくる
・クリアレンズのサングラスのようなもので良さそうなものがあれば購入する
に決定!
何か目的や目標が無いとつまんないし。

空気入れ

出発の前に空気圧チェック。
タイヤには「MIN4.0-MAX6.5」とありますので、6気圧(単位は気圧なのかどうなのかわかりませんが)を目安に少し空気を注入。
先週空気を入れたばかりなので大丈夫でしたが、前輪後輪とも2,3プッシュしておきました。
(家に帰ってきてこのブログの記事編集中に気付いたのですが、タイヤの茶色と黒色の境目に亀裂を発見。大丈夫なのか?)

空気圧

そこまでは良かったのですが、通勤時は肩から斜めに掛けているバッグ(茶色のバッグ)と先日中古で購入したカメラバッグ(黒色のバッグ)をハンドルなどに取り付けるのに時間がかかり、汗だくになってしまいました。

出発準備

ちなみに両方のバッグともS字フックで取り付けています。
茶色のバッグは大きめのS字フックをボディーに付けて、バッグの肩掛けをハンドルからS字フックに引っ掛けています。
黒色のバッグは、バッグの肩掛けを短くして、ハンドルバーにS字フックをかけて吊るしました。

高架下(地下道)

普段、自動車では何でもない高架下(地下道)の道も、自転車では大変だということを気付かされました。
これは三年坂通りの太田の交差点付近のJR線の高架下(地下道)です。
自転車から降りて、自転車を押しました。

田んぼ

街中を外れると、一気に田んぼが広がる景色に変わり、田んぼの匂いがしてきます。
今までこれほどの距離を走行したことがなく、日差しもきつかったので、町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店に辿り付く前からバテバテになりました。

ハングライダー

天気も良くハングライダーも飛んでいます。
(ハングライダーと言うのかどうか知りませんが・・・) ローソン

田んぼの中に救いのコンビニを発見!
ローソンでヘルシアスパークリングのクリアグレープをIDで購入し、その場で飲み干しました。
美味しかったです。

ヘルシアスパークリング・クリアグレープ

ちなみに、コンビニに入るときバッグを取り外すと、再度バッグを付けるのが大変なので、バッグをそのままにしてコンビニに入りました。
盗難に遭う可能性もあるため、街中では出来ない芸当です。(^^;

駐輪スタイル

「町のじてんしゃ修理屋さん貴志川店ポタリング」の続きを読む

タグ : 折りたたみ自転車 自転車 ミニベロ 小径車 DAHON Boardwalk ポタリング  グラス 

ペダル強打

ペダル

会社からの帰宅途中、和歌山城北西部の信号付近の花壇の角に思いっきりペダルをぶつけてしまいました。
コケませんでしたが、どこかが歪んだようで自転車を漕ぐ時に少し違和感が出るようになってしまった。

花壇の石垣

当日は夜だったので、翌日の休日の昼間にペダルを強打した和歌山城北西部の信号付近に行ってみると、垣根が見事に歩道にはみ出てる。。。

和歌山城

はっきりと、どの垣根なのかは覚えていませんが、こんな感じの垣根の石垣が歩道にはみ出たところです。
今まで気にもしなかった場所ですが、こんなところに落とし穴があったんですね。

和歌山城

自転車走行中は何が起こるかわからないので、それなりの心積もりで、注意しないといけないことを思い知らされました。

まぁ、キズも勲章のうちだね。(ToT

タグ : 折りたたみ自転車 自転車 DAHON Boardwalk ミニベロ 小径車 ペダル 強打 

和歌山 雑賀崎(北部)ポタリング

折りたたみ自転車DAHON Boardwalkを購入してから、あまりこれと言って出掛けることもなかったのですが、天気の良い休日だったので、ぶらっと雑賀崎方面にポタリングしてきました。

大まかなルートは、和歌山港フェリーターミナルから花王の工場を抜けて、水軒の赤い橋じゃないほうの橋を渡って道なりにまっすぐ行ったところの、工場が建ち並ぶ雑賀崎北部です。
まぁ、最初から雑賀崎北部と知っていた訳ではないのですが、昔に車で一度行ったことがある程度でした。
和歌山に住んでいながら、地名を全然知らない私です・・・。(^^;

クラウン

新しいクラウンの隣に古いクラウン。
古い車は良い雰囲気をかもし出してますね。

フェリーターミナル

和歌山港フェリーターミナルに着くと、既に喉がカラカラ。
バッグにも家から持ってきた水筒はありますが、フェリーターミナルの隣の自動販売機で水分補給。

和歌山港フェリーターミナル

休日は、この道(大浦街道の西に平行して通っている花王の工場の前の道)もガラガラで自転車で走りやすいです。
まぁ、平日の様子は知りませんが・・・(^^;

花王の近く

久しぶりに見る船(タンカー)は迫力があります。

タンカー

途中、肩に掛けていたカバンの重さが、ジワジワとボディーブローのように効いてきたので、カバンをハンドルに掛けて、あらかじめ100円ショップで買っておいたS字フックで固定。

シートベルトパッド

S字フックを直接自転車のボディーに付けるとキズがつくかもしれないので、これもあらかじめ100円ショップで買っておいたシートベルトパッドでボディーを覆い、そこにS字フックを付けました。

シートベルトパッド

自転車のボディーにシートベルトパッドを付ける時に、サイクルコンピューターが邪魔して、綺麗に覆うことができませんでした・・・。

S字フック

ちなみに、ハンドルにカバンを付けてみると、意外と走行時の安定性が良くなりました。

バッグ取付

「和歌山 雑賀崎(北部)ポタリング」の続きを読む

タグ : 折りたたみ自転車 自転車 DAHON Boardwalk ミニベロ 小径車 雑賀崎 ポタリング 

サイクルコンピューターの取付け

普段なにげなしに折りたたみ自転車に乗るのもつまらないので、距離や速度などを記録するモノが欲しくてCATEYEのVELO8というサイクルコンピューターを購入しました。
(サイクルコンピューターを買うついでに鍵やLEDライトなどいろいろ購入しました)

CATEYE VELO8

サイクルコンピューターはワイアレスではないタイプ(有線タイプ?)で、他のサイクルコンピューターと比べて安かったので購入しました。
ワイアレスは上手く計測されないこともあるらしいし、「走行速度」「平均速度」「最高速度」「走行距離」「積算距離」「走行時間」「時計」「消費カロリー」これだけ計測できる機能があれば私には充分です。

CATEYE VELO8

さっそくサイクルコンピューターの取り付けです。
説明書を見ると、車輪のスポークに取り付けるマグネットと棒状のセンサーの隙間が5mm以内だそうで、実際に測って取り付けた訳ではありませんが、見た目に、マグネットとセンサーをかなり接近させられる位置を探して、その探し出した位置がセンサーをナイロンタイで固定する時にずれるといけないので、目印に身近にあった付箋を貼って取り付けました。

CATEYE VELO8

マグネットとセンサーさえ取り付けられれば、あとはハンドルポストとボディーの接するヘッド部分での可動部の配線に気をつけながらハンドルバーまで線を付属のナイロンタイで固定するだけです。
と、思ったら、線の長さが足りない。。。

CATEYE VELO8

DAHONなどの折りたたみ自転車は、ハンドルバーからフロントフォークまでが長いんですね。
もちろん、ハンドルバーを私の通常の走行時である一番下まで下げた状態にすると、線は届きそうですが、折りたたみ時にハンドルバーを高くするため、その状態では線が届きません。

ということで、サイクルコンピューターのブラケットの取り付け位置を候補としていくつか考えました。
1つめの案は、いっそのことフロントフォークにブラケットを取り付けてしまおうかと思いました。
これならばセンサーとブラケットが同じフロントフォークに取り付けるため、ハンドルを切った場合でも関係ないので配線に気を遣わずにすみます。
しかし、駐輪時や転倒した場合はサイクルコンピューター本体が接触して壊れる可能性が高いので、フロントフォークにブラケットを取り付ける案はボツ。

CATEYE VELO8

2つめの案は、センターフレーム(と言うのかどうか知りませんが、ハンドルポストとサドルポストの中間)にサイクルコンピューターのブラケットを取り付けるというものです。
これはなかなか良さそうです。
ただ、今後付けるかもしれないドリンクホルダーとの位置関係もあり、あまり折りたたみ部分の近くには取り付けないほうが良いと思いました。

CATEYE VELO8

また、サイクルコンピューターのセンサーをリヤに取り付けようかとも思いましたが、そうするとマグネットとセンサーの隙間が5mm以内という条件を満たすためには、センサーの取り付け台座を別途作成しなければならず、私にとってお遊び程度のサイクルコンピューターごときに苦労と手間とお金をかけたくありませんので、この案もボツとしました。
同じ理由で、サイクルコンピューターの線を延長するという案もボツにしました。

ということで、案2のハンドルポストとサドルポストの中間にサイクルコンピューターのブラケットを取り付けました。
せっかくのDAHONのロゴが隠れてしまわないように、この位置に取り付けました。(^^;
まぁ、サイクルコンピューター本体が横向きになってしまいますが仕方ありませんし、自転車走行中は見ることは無いでしょう。

CATEYE VELO8

サイクルコンピューターをリセットして、タイヤ周長を設定しました。
タイヤ周長ガイドが付いていたのは嬉しいです。
2011年モデルDAHON BordWalk D7のタイヤは、ETRTO:47-406、タイヤサイズ:20x1.75なので152cmだそうです。
まぁ、タイヤの直径が50cmなので、そのまま3.14152(だっけ?)をかけると円周は157.081cmになりますが、乗車時には自転車の重量と自分の体重がかかりタイヤが変形(つぶれた状態)になりますので、タイヤ周長は152cmくらいなのかな?
まぁ、サイクルコンピューターに神経質になっても仕方ありませんけどね。(^^;

CATEYE VELO8

サイクルコンピューター

タグ : 自転車 折りたたみ自転車 DAHON Boardwalk ミニベロ 小径車 サイクルコンピューター 

自転車通勤を考える

DAHON Boardwalk購入後すぐの週は梅雨がまだ明けてなくて雨の日が多く、通勤は今までと同じくわずか4km程度の距離を自動車で通勤していました。
会社の近くに月極駐車場を、もう20年近く借りて、自動車をその駐車場に留めて、そこから徒歩で会社まで通勤しています。
昔は11,000/月でしたが、今は9,000円/月です。

仮に最初から9,000円/月としても、年間108,000円で、それが20年とすれば2,160,000円です。
新車が買えてしまいます。
20年とか考えなくても、1年間で10万円以上が駐車場代に消えてゆきます。
当然、自動車通勤をすれば燃料代(ガソリン代)も必要になってきます。
そこで、自動車通勤を止めて、自転車通勤にすれば、多少高価な自転車を購入しても、充分に元は取れることでしょう。

冬から春先の寒い季節や梅雨時期が、自転車通勤にはつらい時期があります。
その自転車通勤にはつらい期間だけ月極駐車場などを借りるようにするだけでも随分違ってきます。
そして、自転車通勤にはつらい時期以外の雨の日はバスなどの交通機関を利用したり、安いコインパーキングなどを利用することで、通勤の雨対策になります。

自転車通勤にはつらい時期の対策が出来ると、後は自転車通勤中での突然のアクシデントを克服すれば良いだけです。
では、自転車通勤中での突然のアクシデントには何があるか?
・パンク(通勤途中でのパンク/自転車に乗ろうとしたらパンクしていた)
・故障
・交通事故
自転車通勤中での突然のアクシデントは、この3つに絞られるのではないでしょうか。

パンク対策
・空気圧をこまめにチェックする
 空気圧が減った状態だと、接地面積も大きくなり路上の異物が刺さる確率も高くなる。

・他の自転車と同じところを走る
 他の人が通勤や通学などで自転車が走っているところは、先に走っていた自転車に刺さって異物が取り除かれている可能性が高い。
 他の自転車があまり走らない場所を走るとパンクのリスクが高まる。出る杭は打たれるということか?(^^;

・通勤ルート途中の自転車屋をおさえる
 もしパンクしてしまったら、自分でパンク修理が出来るなら自分でパンク修理をしても良いと思います。
 しかし、そうなれば簡易空気入れやパンク修理キットを常に持ち歩かなければいけません。
 また、私のようにパンク修理をしたことがない人や、スーツ姿でパンク修理をしたくない人などは近所の自転車屋でパンク修理を依頼することになります。
 そのために、事前に通勤ルート途中の自転車屋がどこにあるのか、営業時間、定休日などをあらかじめおさえておくと思います。

・ノーパンクタイヤに替える
 最後の手段だと思っていますが、常にタイヤが重くなるなどいろいろ弊害もあるようです。
 年間に何回パンクするのかということと、常にタイヤが重くなるということを天秤に掛けてみるべきだと思います。

故障対策
・通勤ルート途中の自転車屋をおさえる
 パンク対策と同じですが、通勤ルート途中の自転車屋、営業時間、定休日などをあらかじめおさえておくのが良いと思います。

・日頃のメンテナンス
 故障になる前触れなどを敏感に察知し、事前に対策を打っておくのが有効だと思いますし、日頃のメンテナンスでも同じように故障となる前兆を発見できるかもしれません。

交通事故対策
・交通ルールを守る
 信号無視をしないなど交通ルールを守って、安全運転するのが当然と言えば当然です。
 また、早く目的地に着くことよりも、確実に(安全に)目的地につくように心掛けることです。
 そのために余裕を持って家を出発することも必要だと思います。
 なかなか難しいですけどね。。。(^^;

・ヘルメットやフラッシュライト
 ヘルメットやフラッシュライトは装着義務はありませんが、万が一のことを考えると装着したほうがよいでしょう。
 特に夜間走行する場合、自動車も自転車もスピードが出がちですので、安全面には気をつけたいですね。

タグ : 自転車 自転車通勤 通勤 パンク 故障 事故 対策 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集