峠チャレンジ

いや~、くそ暑いですね。
ウソです。

行ってきたのは9月下旬の残暑厳しい時期でしたが、記事を書くのが数ヶ月遅れなので、ブルブルと湯冷めした体で寒さに耐えながら、この記事を書いてます。
あいかわらずリアルタイムに記事を書けないノンビリしている性格なので・・・。
まぁ気が向いたら、ブログ投稿日時を改ざんして夏に書いたことにします。(^^;

河西緩衝緑地松江緑地

紀ノ川大橋付近から加太方面にかけて、工場地帯の目隠しの意味合いが強い河西緩衝緑地松江緑地をチャッチャと通り抜けます。

線路

適当なところで右折して、線路をまたいで粉川加太線に向かいます。

自動販売機で水分補給

もうこの段階で暑さでヘロヘロでしたので、水筒は持っていますが自動販売機で水分補給です。

八幡宮

なんだか知りませんでしたが、八幡宮という神社があったので、とりあえず記念写真。
こんな調子では罰が当たるな。。。(^^;

リカンベント

加太向いて走っていると、目の前を変な体勢でシャーっと凄い速さで走る自転車発見!
初めてリカンベントが走っているのを見ました。
それと同時に「くるくる輪」の人だと直感しました。
間違ってるかもしれませんが・・・(^^;
リカンベントはメチャクチャ早くて、ちょっとした坂などものともせず、あっという間に私の視界から消えてゆきました。
こっちは、ハァハァ、ゼェゼェ言って自転車を漕いでるのに。。。

「峠チャレンジ」の続きを読む

タグ : 自転車 DAHON ダホン Boardwalk ボードウォーク ミニベロ 和歌山 ポタリング 大川峠 孝子峠 

オフィスプレスがやってきた

前回の記事最強のシティサイクル アサヒ オフィスプレスの続きですが、現在の私の自転車保有構成は、

ダホン ボードウォーク(折りたたみ自転車)
・晴天時の通勤
 折りたたみ自転車なので、雨(サビ)による劣化をできるだけ防ぎたい。
・休日のポタリング(サイクリング)
 現状(駆動系はノーマル状態)のままでは、走行距離50km程度が限界

ママチャリ(変速機なし)
・雨天時の通勤専用
 しかし、現状は雨天の場合、車で通勤しているため全然乗っていない。

の2台です。

ここで
・多少雨に降られてもいいような、曇りの時に乗る通勤自転車
・走行距離50km以上走れる(走れそうな)自転車
という現状2台の中間的存在のもう1台が欲しくなってくるのです。

そこで、どうしてもオフィスプレスが欲しくてアサヒ和歌山店に行ってきました。
アサヒ和歌山店でオフィスプレスが置いてあり試乗させてもらいました。
やはりクランク長170mmは身長167cmの私には少し長いかもしれませんね。

アサヒ オフィスプレス

オフィスプレスのボディーカラーはブルーとシルバーの2色があるのですが、アサヒ和歌山店にはブルーのオフィスプレスだけしか置いていませんでした。
ブルーの自転車は、サイトで見ていると、なんか"もっさい"紺色なのですが、実際にブルーの自転車を見ると、メタリックが入ってサイトで見るよりもずっと綺麗なブルーの自転車でした。
しかし、実は私の会社の自転車置き場にブルーのオフィスプレスが置いてあるを先日発見し、誰のオフィスプレスかわかりませんが、なんとなくカブるのが嫌だったのでした。

アサヒ オフィスプレス

そこでアサヒ紀ノ川店に電話で聞いてみると、ブルーとシルバーの2色があるということだったので、さっそくアサヒ紀ノ川店に行って来ました。
もちろん、狙いはシルバーのオフィスプレスでしたので、一番上に飾ってあったシルバーのオフィスプレスを店員さん(たまたま店長でした)降ろしてもらい、ジロジロ眺めていました。

アサヒ オフィスプレス

どうもサイトで見ていたシルバーのオフィスプレスと違ったのが、泥除けの色でした。
泥除けの色が違うだけで雰囲気が違って見えるのが不思議です。
しかしよく見ると、その泥除けの色だけでなく、形やサイズや泥除けステーなども違っていたので、店員さん(店長)に聞いてみると、泥除けが割れていたので別の泥除けを付けたとのことでした。

アサヒ オフィスプレス

標準で付いている泥除けよりも、幅が狭くてカラーもブラックでカッコイイと思いました。
唯一気になったのが、リヤの泥除けが、BB付近まで達していないということでした。
クランクにはフロントディレイラーが付いているので、それが汚れて動作不良の原因になったら嫌だなとは思いました。
しかし、柔らかくて加工のしやすいプロポリピレンなどで泥除けを延長すればいいと思い、店長さんはもう一台のオフィスプレスに付いている(純正の)泥除けと交換してもよいと言ってくれていましたが、ブラックの泥除けのほうが良いと言ってシルバーのオフィスプレスを購入しました。

アサヒ オフィスプレス

オフィスプレスを購入したら自分でハンドルを上下逆に付け替えようと思っていたのですが、横着心が出てきて店長に聞いてみると快く引き受けてくれましたので、やってもらうことにお願いしました。

アサヒ オフィスプレス

自転車を家まで運ぶのに軽トラを貸してくれるということでしたが、時間も無かったし、元々自分の車(ステーションワゴン)に積んで帰るつもりだったので、カゴを外してもらうようにも頼みました。
まぁ、カゴが無いほうがハンドルの向きを変えたり、ハンドル位置を変更するのに作業しやすいし。

アサヒ オフィスプレス

オフィスプレスDH700cA 34,800円
サイクルメイト    2,700円
合計         37,500円
でした。

アサヒ オフィスプレス

とりあえずオフィスプレスを車に積み込み、自宅に着いて乗ってみると、何か後輪に挟まっているような感触。
フロントをアウター(3速)やミドル(2速)にしてリアをトップ(7速)に入れると、フロントディレイラーから何か擦れているような音がする。。。
この日は仕事があったので、買ったばかりのオフィスプレスはとりあえず置いて、天気が悪そうだったので車で会社に行きました。

翌日、アサヒ和歌山店にオフィスプレスを持っていくと精悍な顔立ちの店員さんが対応してくれて自転車を見てくれました。
時々チーフのような職人気質的な人にも見てもらっていました。
私が気になっていた、フロントディレイラー付近の異音はフロントディレイラーの調整で直ったようです。
完璧に擦れが無くなった訳ではありませんが、後は好みの問題だと言われたので、おそらくこのフロントディレイラーの性能では仕方なかったのでしょう。

そして店員さんから、リアのチェーンカバーの取り付けステーがトップギアにした時に、少し擦れているということを告げられ、私の了承を得られればそのチェーンカバーのステーを外側に曲げるということだったので、即答でお願いしました。
ついでに、気になっていたリヤフレームの振れを言うと、それもきちんと見てくれて、製品上問題ないレベルだと言いつつもリムの振れ取りをしてくれて対応がとても親切で気持ちよかったです。

「オフィスプレスがやってきた」の続きを読む

タグ : 自転車 シティサイクル アサヒ ASAHI オフィスプレス OFFICE-PRESS インプレッション ダメージ クランク 走行距離 

ママチャリのリヤハブのグリスアップ

前回のママチャリのフロントハブのグリスアップに続いて、今回はリヤハブのグリスアップです。

ママチャリのリヤのグリスアップは、フロントと違って構造が複雑で、思っていたよりも時間がかかりました。
グリスアップに時間がかかるというより、リアの分解や組み立てに時間がかかり、半日(数時間)では終われませんでした。
特に今回は初めての作業(リヤの分解や組み立て)ということと、デジカメで撮影するということにも時間がかかりました。

自転車のメンテ作業中は、手が汚れやグリスなどで汚れているので、その手を綺麗に拭いてデジカメで撮影するというのが、意外に時間がかかります。
そして、最初は撮影ポイントがわからないので、いろんな工程でデジカメを撮るので、それも時間がかかる要因です。
ちなみに、このリヤハブのグリスアップでの撮影枚数は200枚を超えています。
ピンボケやアングルなどを考慮して1カット2枚以上撮ることが多いのですが、それにしても無駄な撮影が多いですね。。。(^^;

ママチャリのベルを緩める

まぁ、余談はさておき、ママチャリをひっくり返しての作業になるので、ママチャリをひっくり返しても安定性が良いように、ハンドルから少し飛び出しているベルを緩めてずらしておきます。

ママチャリをひっくり返す

そして、下にダンボールを敷き、ママチャリをひっくり返して、チェーンを外しやすいようにチェーンカバーの前と後ろの外しやすいところを外しました。

ブレーキ関連の計測

とりあえずママチャリにとって厄介なリヤブレーキを外す前に、チェーン引きの引き代やブレーキ関連の計測です。

ブレーキ関連の計測

これは組み立てる際の目安となるそうです。
が、結局は役立てることがありませんでした・・・(^^;

ブレーキを外す

ハブ軸のナットを緩める

ブレーキを留めているナットとブレーキワイヤーを外して、ハブ軸のナットを緩めれば、リヤホイールを動かすことができます。
ただこのままではチェーンが掛かっているので、リヤホイールを外すために、一旦リヤホイールを前に寄せてチェーンを弛ませます。
と言っても、自転車が傾斜しているので、また戻ってきましたが・・・(^^;

チェーンを落とす

まぁ気にせず、(ペダルの方の)チェーンリングをドライバーなどでチェーンを手前に外すようにします。
手でチェーンを外そうとすると(手前ではなく)奥にチェーンが落ちてしまいそうになり、奥にチェーンが落ちると、今度チェーンを掛ける時に苦労しそうです。

リヤホイールを外す

チェーンを外してしまえば、リヤホイールを外すことができました。
リヤホイールさえ外してしまえば、後はグリスアップするだけで楽勝です。。。

スパナのサイズが合わない

と、楽勝と思っていたら、厚さ4mmの極薄スパナでも厚すぎてハブ軸のナットに嵌めることができませんでした。
やっぱり、専用のハブスパナが必要なようです。

リヤハブのグリスアップは中断

ということで、リヤハブのグリスアップ作業は一旦中断です。
ママチャリはしばらく乗らなくても困らないので、せっかく外したホイールは外したままで、取り外したパーツは無くさないようにしておきました。

「ママチャリのリヤハブのグリスアップ」の続きを読む

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス ハブ グリス グリスアップ ボール ブレーキ 取り付け 取り外し 

最強のシティサイクル アサヒ オフィスプレス

クロスバイクとは、ロードバイクとマウンテンバイクを掛け合わせた自転車だと言われています。
ロードバイクとマウンテンバイクの良いところを取り入れた自転車とも言えるし、ロードバイクにもマウンテンバイクにもなれない中途半端な自転車とも言えますね。(^^;
私自身見た目には、ロードバイクよりはクロスバイクのほうが好きです。
と言うより、ドロップハンドルに抵抗があります。

まぁ、それはさておき、最近シティサイクルの最強版とも言える自転車を見つけました。
その前に、シティサイクルやママチャリの良いところ(特徴)と言えば、
・乗降しやすいフレーム形状
・泥除け装備
・前カゴ装備
・チェーンカバー装備
・安価な自転車
だと思っています。

そのシティサイクルやママチャリにロードバイクやクロスバイクのようなスピードを手に入れることができれば、それはもう最強のシティサイクルや最強のママチャリではないでしょうか。
シティサイクルとロードバイクを掛け合わせた「シティクロス」、ママチャリとロードバイクを掛け合わせた「ママチャリクロス」と私は勝手に名付けることにします。(^^;

まぁ、そんなことはさておき、購入した自転車は、CYCLE BASE ASAHI(サイクルベース あさひ)の「オフィスプレス」という自転車です。

アサヒ オフィスプレス

・フロントバスケットも、ビジネスバッグがそのまま入る横長のものを採用
 (バスケットサイズ:210mm×460mm×220mm)
・スーツや学生服で乗ってもズボンの裾が汚れない大型チェーンケース装備
・高さ・角度が調節可能なアジャスタブルステム
・暗くなったら自動で点灯するLEDオートライトも装備
・リング錠、スタンド標準装備
・クランク、変速機といった駆動系にはシマノ製を採用

と(アジャスタブルステムを除いては)ママチャリでの当たり前の宣伝文句ですが、このオフィスプレスの私から見た特筆すべきポイントは、
・フレーム:アルミ
・重量:16.5kg前後
・変速:21段変速(外装 前3段x後7段)
・Vブレーキ
・タイヤ:700x38c
・ライト:オートLEDライト(ハブダイナモ)
・価格:35,000円程度
です。

オートLEDライト、ハブダイナモ、前カゴ、フロントディレイラー、チェーンリング、泥除け、リング錠などをロードバイクやクロスバイクに付けるだけでも35,000円くらいは必要ではないでしょうか。
それを最初からすべて装備された状態で価格が35,000円程度のこのシティサイクルはコストパフォーマンスにも優れていると思います。

特に、シティサイクル(ママチャリ)形状のフレームにフロント外装3段のチェーンリングを装着した自転車は珍しいですし、私の欲しかった自転車の性能でもあります。

ちなみにこのオフィスプレスに装着されているギア系パーツは、
・クランクセット:シマノFC-M151(歯数構成:48-38-28T)
・スプロケット:シマノMF-TZ21(歯数構成:14-16-18-20-22-24-28T)
のようです。

ギア比は1.0~3.4
ペダル1回転で進む距離は2.19m~7.5m

DAHON Boardwalkと比べてタイヤの細さが巡航速度維持に貢献してくれそうで、おそらくスピード的にはロードバイクやクロスバイクにかなわないものの、頑張ればなんとかポタリング気分のクロスバイクに付いて行ける(かな?)という感じのスペックです。
それでいて近所のスーパーに買い物にも行ける万能スタイルの自転車。
まさに最強のシティサイクルだと思います。

アサヒ オフィスプレス

ちょっとママチャリと呼ぶには、スタイルが精悍なので、私的にはシティサイクルです。
アサヒのHPでは、クロスバイクに分類されていますが、私的にはクロスバイクと呼ぶには重たそうなスタイルなので、やっぱりシティサイクルがピッタリかな?

タグ : 自転車 シティサイクル 最強 ギア ママチャリ ロードバイク 通勤自転車 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集