DAHONハンドルの回り止め対策

DAHON Boardwalkのハンドルは折りたたみなので、ハンドルポストも容易に高さを調節することができるんです!

「そんなの誰でも知ってるヨ」

DAHON Boardwalkのハンドルポストは円ではなく一部が凹んでいて、そこに突起物が当たってハンドルが回らないような構造になっています。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

その設計は良いのですが、その突起物が溶接の出来損ないのようなお粗末なものなので、ハンドルポストの凹みと突起物の間に隙間があり、坂道や発進時のトルクのかかる時に、ハンドルが歪んでしまうことが度々ありました。

まぁそれでも、ハンドルポストの凹みと突起物のおかげで走行できなくなるくらいハンドルが回って歪んでしまうことはありませんが、それでも歪んだハンドルで走行するのは気持ちの良いものではありません。

歪んだハンドル

上の写真ではフレーム線上にタイヤがあり、これで真っ直ぐ走れる状態なのですが、ハンドルが歪んでしまっています。
いくらきつくハンドルポストのクランプを締めても、程度の差こそあれ発進時にハンドルが歪んでしまいます。
そこで、なんとかハンドルの回り止め(ハンドル歪み止め)の対策をしなければいけないと思っていました。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

いろいろ構想を練ったものの、最終的にはハンドルポストのクランプを留めているネジを長いものに換えて、ハンドルポストにはそのネジを差し込むネジ穴を開けることにしました。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

以前にホームセンターで買ってあった4mmステンレスボルト(長さ25mmくらい)を差し込むと良い感じではまりました。 ピッチもOKのようです。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

ボルトを取り、ハンドルポストをセットして、先の尖っているものでハンドルポストに目印を付けます。
ハンドルポストの素材が柔らかいアルミなので、簡単に目印をつけることが出来ました。
まぁ、マジックペンなどで印を付けても良かったですね。(^^;

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

その目印に、電気ドリルで穴を開けました。
最初は小さな穴を開け、最終的にボルトと同じ4mmの穴を開けました。

DAHON Boardwalkのハンドルポストの穴開け
DAHON Boardwalkのハンドルポスト

ハンドルポストをセットして、ボルトを締めれば出来上がり。
これでハンドルが歪むのを防止できると思います。
まぁ、実際長期間の経過を見ないことには何とも言えませんが、少なくとも以前とは比べ物にならないくらい改善されたと思います。

DAHON Boardwalkのハンドルポスト

タグ : 自転車 DAHON Boardwalk ミニベロ 改造 ハンドル ポスト 回り止め 対策 防止 

DAHONハンドルポストのカット

前傾姿勢をとるために、前からハンドルの高さを一番低くしていたのですが、ハンドルポストがつっかえて、それ以上(以下?)下げることが出来ませんでした。
ならば、ハンドルポストをカットしてやろうということになりました。

DAHON Boardwalk

まぁ、ハンドルポストのカットをするまでに、ナンチャッテアヘッド化などいろいろ考え抜いた結果、ハンドルポストのカットに決めました。
ナンチャッテアヘッド化にすると、いろいろ問題が出てくるので・・・。
・アヘッドステムやシュレッドレスコンバーターなどを別途購入しなければならない
・シュレッドレスコンバーターの重量が重い
・身長がそれほど高くないのでステムでこれ以上ハンドル位置が遠くなると運転に困る
・自転車をきちんと折りたたむことが出来なくなる(たぶん)
などなど・・・。

DAHON Boardwalk ハンドルポスト

6cmくらい下げられそうです。
まぁ、ハンドルポストクランプ部分だけでハンドルポストをホールドする構造なので、もっとカットしても良さそうですが、後述するハンドルポストの回り止め対策のため、ハンドルポストを底に着いた状態がベストなので、6cmカットすることにしました。

ハンドルポストのカット

ハンドルポストが真円ではないためパイプカッターでは無理そうなので、ノコギリでハンドルポストを切断しました。

カット断面をヤスリがけ

そのままでは手を怪我しそうなので、カットした断面を鉄工ヤスリで滑らかにしました。

クリアランスOK

自転車にハンドルポストをセットしてみました。
クリアランスも数ミリ程度を残して良い感じになりました。

アルミの削りカス

ハンドルポストの削りカスは、アルミなので風で飛び散らさないようガムテープで取って捨てました。

DAHON Boardwalk ハンドルポストカット前後

ハンドルの高さを6cm下げることができました。
これで以前より前傾姿勢で乗ることができます。

家の近所を数十メートルほど自転車に乗ってみましたが、前傾姿勢で以前よりハンドルで体重を支える比率が増え、元々クイックな小径車のハンドルですが、低速では更にクイックになった印象です。

DAHON Boardwalk

<おまけ>
ハンドルの位置を低くしたことで、前カゴがきちんと着けられなくなりました。

DAHON Boardwalkの前カゴ

原因は前カゴとハンドルポストのクランプがちょうど当たっているからでした。

DAHON Boardwalkの前カゴ

今度、前カゴの当たる部分をカットしよ~っと。
いつになるか、わかりませんが。。。(^^;

[追記]
前カゴをカットしなくても、カゴのステーを長いほうを使うように向きを変えるだけで解決しました。

タグ : 自転車 DAHON ダホン Boardwalk ボードウォーク ミニベロ 改造 ハンドル ポスト カット 

2012年2月 町ジテ走行会 + ピチピチビーチ

前回の町ジテ走行会の記事もそうなのですが、今回も早くアップせねばと思い、他の記事よりも優先して書いてます。
なので、急にDAHON Boardwalkのハンドルバーが短くなって、バーエンドバーが付いていたりするかもしれません。
まぁ、ハンドルバーはカットしただけなので、これだけでは記事にしないかもしれませんが・・・(^^;

出発前のdahonボードウォーク

今回は、我が家のDAHON Boardwalk最速、最軽量仕様です。

「最速、最軽量って、いつもより前カゴ外しただけじゃん。。。」

まぁ、前カゴを外した以外にも、シートポストに付けている工具をパンク修理に必要な道具のみに限定しました。

いつものように9時過ぎくらいに和歌山城砂の丸に行くと、前回と同じように多くのローディが集まっていました。
たぶん今回も前回と同様に25名くらいだったと思います。

↑結局、前回よりも多い30名ほどだったそうです。

和歌山城砂の丸に集合したローディのみなさん

ただ前回とは違って、私は緊張も萎縮もせず、町ジテで知り合った方と会話することができました。
みんなと違って、ローディの姿じゃないし、ミニベロですが、そんなの関係ないですね・・・(^^;

今日の走行会はポタリングということでしたが、やっぱり町ジテスタッフさんが説明したコースは覚えられませんでした。
物覚えの悪さは相変わらずです。。。

和歌川沿いを走行

家の近所の和歌川沿いの道を走行。
このすぐ隣に平行して遊歩道があるけど、そっち行かないのかな?
まぁ、みんなで走るには、こっちのほうが走りやすい。(^^;

ちなみに、前回と違って、今回は出来るだけ先頭集団で走行するようにしました。
前回の走行会の後、町ジテ店長から、先頭のほうが走りやすいという助言を受けていたのでした。
確かに先頭集団では、比較的ストレスもなく快調に走ることができました。
まぁ、この時点ではゆっくり過ぎるくらいのノンビリポタリングペースなので、どこにいても快調だったのかもしれませんが・・・。

和田川沿いの土手を走行

杭ノ瀬から和田川の土手を登っていきます。
交通センターの裏手を通るこの道は、以前から私が走ってみたいと思っていた道なのでラッキーでした。

伊太祁曽神社に到着

いつの間にか伊太祁曽神社に到着して、休憩タイムです。
町ジテ スタッフGさんが、私のカメラに気付いてピースサインでサービス精神旺盛です。
コッソリ撮ってたハズなのに・・・(笑

伊太祁曽神社で休憩タイム

その後はR13で町ジテ貴志川店を目指すのですが、ここから少しハイペースになっていきます。
まぁ、めちゃくちゃハイペースという訳ではないので、平地では付いて行くことができるのですが、大池遊園付近の坂道でバンバン抜かれました。

その結果、女性ローディの後ろになり、カメラは撮れなくなりました。
だって、女性ローディの後ろでカメラ構えたりしてると、変態っぽいので・・・(^^;

町ジテ貴志川店到着

そうこうしているうちに走行会終着点の町ジテ貴志川店に到着です。
大池遊園付近の坂道で燃え尽きて、灰になっちまったゼ・・・。

「あしたのジョーか?!カメラの撮影モードがズレて、それに気付かなかっただけじゃんか。」

今日の町ジテ走行会はポタリングという言葉通り、いろいろ景色などを楽しめた走行会でした。
ただ、いろんな人がいるので、全員を満足させられるのには難しいかもしれませんね。
そんな状況の中で、コースを考えてくれた町ジテには頭が下がります。
いろんなコースを体験できる町ジテ走行会は、やっぱり良いです。

2012年 2月19日(日)
町ジテ走行会
走行時間:1時間 20分
走行距離:23 km
平均速度:17.4 km/h

「2012年2月 町ジテ走行会 + ピチピチビーチ」の続きを読む

タグ : 町ジテ 町のじてんしゃ修理屋さん 走行会 ポタリング 風吹峠 猿坂峠 ピチピチビーチ せんなん里海公園 ダホン ボードウォーク 

町ジテ 2012年1月 走行会

いつものように町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)和歌山店に行くと、今度走行会があるということで誘われました。
まぁ、月1回の走行会があるのは知っていましたが、まさかシティサイクルと折りたたみ自転車とママチャリしか持っていない私が誘われるとは思ってもいませんでしたので、ちょっと躊躇しました。

だって、走行会=ロードバイクと思っていましたが、聞いてみるとクロスバイクでも参加する人がいるそうで少し安心したのですが、まぁ最初は様子見(出発の見送り)でもと思っていました。
町ジテはロードバイク一色でないところが好きで、町ジテによく顔を出している私なのでした。(^^;

町ジテ走行会当日、和歌山城の砂の丸に9時過ぎに行くと、ローディの方が数名いました。
軽く挨拶を交わしましたが、人見知りと緊張のため、ローディ同士の話に参加することなく、少し距離をおいて会話を聞いていました。

そのうちローディ同士の会話の流れで、大阪に行ったことがあるかと私に聞いてきたので、猿坂峠から大川峠に行くときに少しだけ大阪を走行するようなことを話しました。

おそらく、私がシティサイクルだったのと私の実力を見計らっていたのだと思います。
後から思ったのですが、もし私の実力を見計らっていたのならば誤解させたかもしれない。
なにせ、私は坂の途中で足付きは当たり前で、タバコ休憩しながら時速5キロ程度で登っていく貧脚なのだ。

その後、タバコとトイレでその場を離れ、再び砂の丸の集合場所に戻ってくると、いつの間にかたくさんのローディの方々が集まっていて、しかもドンドン増加中でした。
内心、やっぱりオイラは場違いかな~?という気持ちでいっぱいでした。

極めつけが、カッコイイ服装で颯爽と現れた人の顔を見て「うぁ!ブログで見たことある人やん。しかも、そのブログではレースの表彰台でガッツポーズしてた写真あったし。凄い人が来てもた。。。」とブルーな気持ちでいっぱいでした。
「しかもクロスバイクなんか1台もいてへんやん。みんなロードバイクで、オイラだけシティサイクルやん。。。」
みんなの見送りに徹しようかと思ったくらいでした。

しばらくして、町ジテの人が前に立って、今日のルートなどを説明していましたが、頭の中は場違い感満載のため全然頭に入ってこなかったです。
目的地も最初は覚えていましたが、すぐにどこだったか忘れてしまいました。
まぁ、天性の物覚えの悪さの持ち主です。(^^;

その後はみんな出発しだしたので、私も成り行きでシブシブと出発することに・・・(^^;
その時に、私が町ジテの人に「皆とちぎれるかもしれません。。。」と言うと、そんな私の不安を察したのか「楽しんでこい!」とにこやかに背中を押されたので、少し気分が晴れました。

和歌山城砂の丸広場出発

和歌山城から雑賀崎までは、いつも走り慣れたコースでしたが、私がいつも走るのは歩道ですが、今回は車道なので少し勝手が違います。
ただ、スピードは私が思っていた速度よりも全然早くなく、私が1人で走るスピードとそれほど変わらない速度でした。
そう言えば、和歌山城で町ジテの人が「速度は25キロまでで」と誰かに話していたのを思い出しました。

雑賀崎へ

私は隊列の真ん中より後ろのほうでしたが、この隊列は壮観でした。

雑賀崎に入ると、あっという間にみんなと引き離されました。
私の後ろを走行していたローディの方に申し訳なくて、先に行ってもらうようにしました。
女性ローディの姿も見る見る間に小さくなり、いつの間にか姿が見えなくなっていました。

雑賀崎程度の坂は、いつも走っている猿坂峠や大川峠と比べると、たいしたことのない坂ですが、スピードが皆と全然違うことにショックを受けました。
今までは、坂道を登れるか登れないかだったのですが、そんなのは登れて当たり前なのだ。
今まで坂道を登れて満足していた自分の考えの甘さに腹が立ってきました。

御手洗池でトイレ休憩

まぁ、それはさておき(^^;、雑賀崎を下った東照宮の近く(名前も御手洗池?の隣)でトイレ休憩があり、そこで私より2回りほどご年配の人もいることがわかりました。
しかもその方は、フラットペダルの自転車に乗っていたので、少し安心しました。(^^;

その後は黒江付近のコンビニまで走行。
(後から知ったのですが)総勢25名もの隊列なので、信号で途切れて待っていたりと、走りっぱなしではなかったので、思っていたより疲労は少なかったです。

コンビニで水分補給しようかどうしようか迷いました。
結局、水分補給すると持久力が激減するのは目に見えているし、数十キロとそれほどたいした距離ではないと判断して、水分補給しませんでした。

これが失敗でした。
喉がカラカラに渇いて、喉の粘膜がくっついて、咳き込んでしんどかったです。
水分補給とまでいかなくても、喉を潤すだけでも、何か飲んでおけば良かったと、ちょっと後悔しました。

走行会終着点の四季の郷公園

まぁ、そんなこんなで(笑 無事に四季の郷公園に到着。
みんなと離れてはいけないという思いで自転車を漕ぐのに一生懸命になって、走行ルートなんか全然覚えてません。(^^;
でも、比較的信号の少なく坂道も少ない素晴らしいルート選択だったと思います。
自分1人なら大きな道で信号に引っ掛かりまくっていたことでしょう。

四季の郷公園

四季の郷公園で町ジテ走行会は終了でした。
しかし、嫁さんにお昼はいらないと言ってきたので、昼食をどうしようかと思っていると、走行会に出席していた何名かの人が一緒に昼食をするということで、しかも以前に何度も町ジテで会話したことのある人が先頭だったので、一緒に付いて行くことにしました。

ハシゴ カフェ

そして、細い路地をクネクネと行って、「ハシゴ カフェ」という外見はまるで古びた工場や事務所のようなところで昼食を摂ることになりました。

ハシゴ カフェ

外見とは裏腹に、建物内部はちょっと昭和レトロっぽいコジャレタ喫茶&軽食店のようでした。

ハシゴ カフェ

私はカレーを注文。
普通のカレーとはちょっと違う味のカレーで、自然食品のカレーというような感じのマイルドなカレーでした。

カレーライス

その後は、町ジテ和歌山店までみんなと走行し、夕方早い目の帰宅となりました。
また次回の走行会にも参加してみたいと思います。
みんなの迷惑でなければ・・・(^^;

ハト

また、この初めての走行会が私にとってロードバイク購入意欲に拍車をかけたのは言うまでもありません。。。(^^;

タグ : 自転車 ロードバイク シティサイクル 和歌山城 雑賀崎 四季の里 走行会 カフェ カレーライス ルート 

お手軽チェーンクリーナー作戦

え~っと、「いつまで去年の記事で引っ張るんじゃい!」と言われそうですが、年末大掃除として折りたたみ自転車DAHON Boardwalkのチェーン掃除をしました。
2月は寒くてそれほど走ってないので、今まで溜め込んでいたブログ記事を暖かくした部屋の中でチマチマ書くのにちょうど良い時期なんです。
寒い時でも自分を鍛えるために北風を斬って走る崇高なローディとは違って、オイラは軟弱ポタラーなので・・・(^^;

ローディとは違うのだよ。ローディとは。

遠目には、それほど汚れて無さそうなBoardwalkですが、先日の霙(みぞれ)や雨の中を走行しのもあり、よく見ると砂や汚れが自転車にこびり付いてます。

DAHON Boardwalk

ダホン ボードウォーク

ダホン ボードウォーク

まぁ、砂などは湿らせた使い古しのタオルなどで拭けば落ちるのですが、問題はチェーンオイルの汚れです。

チェーンリングカバーのオイル汚れ

チェーンリングカバーの汚れは、汚れたチェーンオイルがズボンの裾に付き、その汚れたズボンの裾がチェーンリングカバーに付いたものなので、大元のチェーンを綺麗にしなければいけませんね。

チェーンのオイル汚れ

崇高なローディが見ると気絶しそうなくらい汚れたチェーンです。

チェーンクリーナー

以前の記事「チェーン清掃マジックリン作戦」ではマジックリンと歯ブラシによるチェーン清掃は書きましたが、今回は秘密兵器チェーンクリーナーの登場です!
フィニッシュラインTOS045というチェーンクリーナー を買ってきました。

チェーンクリーナーとマジックリン

ディグリーザー(清掃液)などが付いたタイプもあるのですが、専用のディグリーザーが無くてもマジックリンでなんとかなるだろうと思い、ディグリーザーは買いませんでした。

「お手軽チェーンクリーナー作戦」の続きを読む

タグ : 自転車 メンテナンス チェーン 掃除 清掃 チェーンクリーナー クリーナー マジックリン お手軽 汚れ 

ショートクランク導入

以前の記事「チェーン清掃マジックリン作戦」でチェーン清掃後の「なんだか変だよクイズ」の正解です。パンパカパ~ン♪

「そんなクイズ名誰も言ってないよ」

正解は、チェーン清掃前と清掃後ではクランクが変わっていたんです!
前回の記事の最後のほうの画像を見ると、ペダルが無かったり、プラスチックのチェーンリングカバーが写ってたりして、いかにも不自然でした。

クランク変更

以前にネットオークションでチェーンリング一体のショートクランク(クランク長160mm)を落札していました。
そこで、今回そのショートクランクに付け替えました。
実は今回のメインはチェーン清掃ではなく、このショートクランクを取り付けたかったのでした。
チェーン清掃はそのオマケでした。(^^;

ネットオークションで落札したショートクランク(チェーンリング付き)

アサヒのオフィスプレスは、元々フロント48-38-28Tのトリプルチェーンリングでしたが、今回のショートクランクのチェーンリングは42-34-24Tです。
ペダル1回転の進む距離は、最大7.5m最小2.2mから最大6.5m最小1.9mくらいになりました。
変更前のアウター・トップは下り坂くらいでしか使うことが無かったので、あまり必要性を感じていませんでした。
それよりもインナー・ローが2.2mから1.9mに短縮されることのほうが貧脚の私にとっては都合が良かったのでした。
もちろんクランクを換えた1番の目的は、160mmのショートクランクにしたかったので、このチェーンリング一体のクランクは一石二鳥でした。
とは言っても、160mmのショートクランクが自分にとって未知の領域で、このショートクランクで良いのか悪いのかは、いろんな所を走ってみないとわかりません。

160mmショートクランク

じゃじゃ~ん。
160mmショートクランクの登場で~す。

「CHILD USEって、子供用のクランクじゃん。プププ・・・」

そう私のような純粋な心の持ち主専用クランクなのです。

「オッサンが、何言うとんねん。」

そんなことはさておき、さっさとショートクランクとペダルを装着しました。
現在装着されているクランクの取り外しです。
クランクを外す前にペダルを外します。
クランクを外した後に、ペダルを外そうとしても外れないそうです。

クランク抜き(コッタレス抜き)

クランクを外すのには「クランク抜き」(コッタレス抜き)という専用工具でクランクを抜きます。
クランク抜きの使い方は簡単なのですが、実際にやってみないと頭だけではどういう仕組みの工具なのか理解できませんでした。(^^;
注意点はクランクを留めているボルト(クランクフィキシングボルト)を外してからクランク抜きをしないとクランクを痛めてしまいます。
ということで、クランク抜きを使って簡単にクランクを外すことが出来ました。

外したクランク

「ショートクランク導入」の続きを読む

タグ : 自転車 シティサイクル アサヒ ASAHI オフィスプレス クランク チェーンリング ショートクランク インプレッション ディレイラー 

チェーン清掃マジックリン作戦

最近めっきり寒くなってきたので、自転車で出掛けることも少なくなってきました。

だって寒いんだもん。。。

自転車チェーン清掃準備

ということで、天気も悪いことだしチェーン清掃をすることにしました。
まぁ、チェーン清掃するだけでも充分寒いのですが。。。(^^;

まず、チェーンカバーを外します。
この自転車はチェーンカバーとハブダイナモと前カゴが付いていたから買ったようなもので、チェーンカバーが無ければこのシティサイクルの魅力は無くなってしまうほど、大切なチェーンカバーなんです。

チェーンカバー

う。。。
買ってまだ数ヶ月しか経っていないのに、チェーンカバーの留めているネジがサビてる。。。

この1週間後、このネジがいつの間にか3つとも外れていて、走行中にチェーンカバーが危うく壊れかける目に遭うとは、この時は知る由もない。。。

フロントディレイラーの汚れ

まぁ、それはさておき、チェーンカバーをドライバーで外すと、フロントディレイラーにチェーンの汚れがへばり付いてました。
触るのも、ちょっと躊躇します。

チェーン清掃

チェーンカッターでチェーンを切る前に、せめてチェーンを切る所だけでもパーツクリーナーで綺麗にしておきます。

貧乏性の私はチェーンのピンを再利用しようと思い、ピンを完全に外さずになんとか上手くピンを残してチェーンを切ることが出来ました。

チェーンカッターでチェーン切断

コツというほどでは無いのですが、チェーンカッターでピンを押していると、最初は固く、次に軽くなって、その後また固くなってピンが抜けるので、この2回目の固くなったのを感じたら、45度くらいチェーンカッターのレバーを回しては、一旦チェーンカッターからチェーンを外してチェーンが切れているか確認して、またチェーンカッターのレバーを45度くらい回すのを、5,6回くらい繰り返せば、ピンを残してチェーンを切ることが出来ました。

「チェーン清掃マジックリン作戦」の続きを読む

タグ : 自転車 シティサイクル アサヒ ASAHI オフィスプレス メンテナンス チェーン 清掃 マジックリン 作戦 

迷走ポタリング

今日はいつもと違うルートで町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)貴志川店にいってみようと、ろくに地図も見ないまま家を出発しました。

安原八幡神社

ウロウロしていると歴史のありそうな鳥居を発見。

安原八幡神社

安原八幡神社という神社のようです。

安原八幡神社

霙(みぞれ)もポツポツ降り出してきたのですが、せっかくここまで来たのだからちょっと寄り道していくことにしました。

安原八幡神社

鳥居から少し坂を登ると神社に着きました。

安原八幡神社

なんとなく変わった造りの神社です。

安原八幡神社

なんかハンドルが変わっていますが、気にせずに・・・(笑

ブルホーンハンドル

「迷走ポタリング」の続きを読む

タグ : 自転車 DAHON ダホン Boardwalk ボードウォーク ミニベロ 和歌山 迷走 神社 ブルホーンハンドル 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集