ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り

会社の方から貰った折りたたみ自転車2005年モデルのダホン ヘリオスですが、8年近く経過していることもあり、譲ってもらったそのままの状態では快適に乗れません。
そのためヘリオスのメンテナンスをしていこうと思いますが、その前に譲ってもらったままの状態を観察していきます。

DAHON HELIOS P8(2005)

タイトルにも「その1」と書いているように、いくつかの記事に分けて紹介していきたいと思います。
記事がいくつになるかは今のところ私にもわかりませんが、気長にお付き合いくださいませ。

DAHON HELIOS P8(2005)

フレームはキズや汚れはあるものの、アルミフレームのおかげか思ったより綺麗です。

折りたたみ自転車の心臓部の折りたたみ機構は外見は特に問題無さそうな感じです。

DAHON HELIOS リヤディレイラー付近
リヤディレイラー

リヤディレイラー付近です。

SRAMのリヤディレイラーも(表面的には)サビは見受けられず、なかなか優秀です。
シフトワイヤーも最近換えたような綺麗さです。
その割には、変速できずディレイラーがローギヤに張り付いた状態なのはなぜ?という疑問が浮かびますが・・・(^^;

リヤVブレーキ

リヤのVブレーキです。
ブレーキワイヤーを留めるネジ(正確にはネジとは言わないと思いますが名前がよくわかりません)が少し錆びています。
まぁ、この程度ならなんとかなりそうな錆です。

ブレーキの効き具合を調整するネジも錆びています。
ここもそれほど酷い錆ではなさそうです。

スタンド

ダホンヘリオのスタンドです。
軟弱なスタンドですが、とても軽いスタンドです。

スタンドのボルト

スタンドを取り付けているボルトも錆びていますが、これくらいなら六角レンチが掛かりそうです。

折りたたみ式ペダル

折りたたみ式のペダルです。
折りたたみ式のペダルは強度面でどうなのでしょうか?
私は基本的に折りたたまないので、そのうちペダルを交換しようと思います。

チェーンリング

チェーンリングです。

フィキシングボルトやチェーンリングを留めているボルト(5ピンと言うのかな?)の錆が結構進行していて、クランクからチェーンリングを外すのがちょっと厄介そうです。

8年間雨ざらしの割には足回りは比較的「マシ」と言ったところでしょうか。

これがホームセンターに売られているようなミニベロだったら、もっと酷い状態だったと思います。
これがダホンクォリティーかも?

まぁ、あんまり信頼しすぎるのも良くないですね。

[ ミニベロ再生計画 関連記事 ]
1.ダホン ヘリオス がやってきた♪
2.ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り
3.ミニベロ再生計画 観察編 その2 フロント回り・折りたたみ部分
4.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り
5.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その2 フロントフォーク錆取り&塗装
6.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その3 オイル汚れ洗浄
7.ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換
8.ミニベロ再生計画 問題点の洗い出し

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ヘリオス DAHON HELIOS Vブレーキ クランク ディレイラー チェーンリング 

ダホン ヘリオス がやってきた♪

DAHON HELIOS P8を会社の人から譲ってもらうことになりました♪
8年程は経っているということと、後からネットでいろいろ調べたところ、年式はおそらく2005年モデルだと思います。
あまり情報は少ないですが、フレームはアルミで、フォークはクロモリ、重量は11kgと折りたたみ自転車としては比較的軽い部類だと思います。
現在のViscの先代モデルと言ったところでしょうか。

DAHON HELIOS P8(2005)

少なくとも私のボードウォークよりは随分軽く感じました。
まぁ、私のボードウォークは泥除けや前カゴの付いた重装備なので比較になりませんが・・・(^^;

2006年モデルのヘリオスからチェーンリングからチェーンの脱落防止のための樹脂製のチェーンフォールプロテクターが付いていることと、シートポストから、このヘリオスは2005年モデルだと思います。
(シートポストについては後々別記事で記載する予定です)
まぁ、今さら正確に何年モデルかわかったところで、これと言って何のメリットも感じませんが、まぁ何も知らないよりはいいかな?っと思ってちょっと調べてみました。

DAHON HELIOS P8
サイズ20インチ フリー
カラーポリッシュ
重量11.0kg
折りたたみサイズ38x60x84cm
フレームALUMINUM
フォークCHROMOLY
ハンドルKALLOY ALUMINUM
ハンドルステムADJUSTABLE
サドルDAHON BIOLOGIC SPORT
シートポストSUPEROVERSIZE
ブレーキALLEGRO V BRAKE
フロントハブFOMURA
リアハブFOMURA
スポーク14G STAINLESS
リムALEX AERO
タイヤRITCHEY VECTOR COMP 20x1.5 65PSI
フリーホイール11-30t
クランクTRACER FORGED 52t
ディレーラーSHIMANO 2200 ROAD
シフターSHIMANO RS41-8
ペダルNEXT FOLDING

前オーナーは、晴れた日は通勤で使用。(おそらく片道6,7km)
普段は雨ざらし。
3回ほどコケたことがあるそうです。
2年ほど前にチェーンリングを53Tから小さいものに変更。(48Tだったかな?)
その変更前の53Tチェーンリングは、既に2年前に貰っていました。

会社でこのヘリオスを引き取って、そのまま乗って帰ろうとしたのが運の尽き。
会社の駐輪場から会社の門までの100mも無い間にチェーン外れが3回、会社の門を出て50mいかない間にチェーン外れ2回でした。
その後、なんとかチェーンが外れないように調整したものの、変速はロー以外には変速できず、いつもの倍の時間をかけて帰宅しました。

変速のワイヤーはノビノビだとしても、気になるところはハンドルポストの若干のガタツキとBB付近からギコギコという異音くらいで、フレームは雨ざらしで8年経った自転車とは思えないほど安心感のあるミニベロです。
さすが、かつて名機DAHON HELIOSと呼ばれたかどうか知りませんが・・・
まぁ、ローギヤでの低速だったからかもしれません。
とは言え、安心感があるからこそ前オーナーもこんな状態になるまで乗っていたのだと思います。

DAHON HELIOS P8(2005)

8年間雨ざらしのクロモリフォークと各所パーツのサビが気になるところです。
ハンドルバーやハンドルポストは、元々はブラックだったと思いますが、ハンドルポストは焼けてブロンド色に変色しています。
これから時間をかけてサビ取り&グリスアップなどのメンテやカスタマイズをしていきたいと思います。

[ ミニベロ再生計画 関連記事 ]
1.ダホン ヘリオス がやってきた♪
2.ミニベロ再生計画 観察編 その1 足回り
3.ミニベロ再生計画 観察編 その2 フロント回り・折りたたみ部分
4.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その1 花咲かGで自転車パーツのサビ取り
5.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その2 フロントフォーク錆取り&塗装
6.ミニベロ再生計画 メンテナンス編 その3 オイル汚れ洗浄
7.ミニベロ再生計画 カスタマイズ編 ハンドルカット&パーツ交換
8.ミニベロ再生計画 問題点の洗い出し

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ヘリオス DAHON HELIOS 2005 折りたたみ自転車 

ミニベロ パワーアップ企画 ボトルケージと手ぬぐい

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店に行くと、DAHONのミニベロが停めてありました。
手前のシルバーのDAHON Mu SLは、ハンドルバーとシートポストがカーボンのようでうらやましいです。
どうやら、町ジテ店長の奥さんのミニベロのようです。

待ちのじてんしゃ修理屋さん大浦街道店

店の奥には、綺麗なクリーム色のDAHONヘリオス(だったかな?)が組み立て待ちの状態で置いてありました。
これは町ジテ店長のミニベロのようです。
そろそろ町ジテのミニベロ活動開始かもしれません。

DAHONボードウォーク インパクトブルー

私のミニベロ DAHONボードウォークも、乗っていない割には多少パワーアップしています。
見ての通りボトルケージを、ハンドルポスト、トップチューブ、シートポストの3ヶ所に付けました。
元々DAHONのトップチューブにはボトルケージを取り付けるためのネジ穴があるのですが、ハンドルポストとシートポストにはネジ穴が無いので、「どこでもケージホルダー」というベルクロ(マジックテープ)で留められるものを使ってボトルケージを付けました。

まぁ、前カゴがあるので、ボトルケージは無くてもよいのですが、荷重の分散と低重心化を狙って付けてみました。
この「どこでもケージホルダー」は、その名前の通りチューブ(筒)のようなところにホルダーを取り付けることが出来て便利です。
ただし、振動の影響を受けてボルトが外れやすいかもしれませんので、ボルトが緩んでいないかコマメにチェックしたほうが良さそうです。

強力馬力リーダーのインパクトブルーに触発された訳ではありませんが、私のDAHONボードウォークも随所にブルーのアイテムが増えてきました。
まぁ、ブルーにしようと狙った訳ではありませんが、良さそうなボトルケージがたまたまブルーでした。

洗濯バサミ

洗濯バサミはあえてブルーにしましたが・・・(笑
えっ、なぜ洗濯バサミって?

私は頭に手ぬぐいを巻いているので、休憩中にその手ぬぐいを乾かす時に使おうかと思って、洗濯バサミを付けました。
以前に汗で濡れた手ぬぐいをサドルに掛けて乾かしていましたが、いつの間にかその手ぬぐいがずり落ちて、汚れたチェーンのオイルが手ぬぐいに付いたことがあったので、その対策です。

そう言えば、昔はヘルメットの下にインナーキャップを被っていましたが、手ぬぐいにしてからずっと手ぬぐいを使っています。
インナーキャップでは、汗がすぐに垂れてきて不快な思いをしていましたし、走行中に汗が目に入ると危険を感じることもありました。
そこで、手ぬぐいを頭に巻くようにしてからは、(顔にかいた汗は垂れてきますが)汗が目に入ることが極端に減りました。

おそらく、かいた汗が手ぬぐいに染み込み、後頭部の手ぬぐいを縛っているところより先の部分がヘルメットから出ているため、そこで汗が乾いているのだと思います。
タオルだと手ぬぐいより吸水性はあるものの、手ぬぐいに比べて乾きにくいので、タオルの吸水性の許容量を超えると汗が垂れてきます。
その点、手ぬぐいはタオルより乾燥が早いのでかいた汗をどんどん乾燥させるのだと思います。

そのため、手ぬぐいは長さの長い手ぬぐいが良いです。
短い手ぬぐいだと、手ぬぐいを縛っている部分から先が短くなり、あまり乾燥してくれなくなると思いますので。

DAHONボードウォーク

このDAHONボードウォークで、せめて今年中に1回はロングライドに出掛けたいですね。

タグ : 自転車 ミニベロ DAHON Boardwalk ダホン ボードウォーク 折りたたみ自転車 ボトル ホルダー 手ぬぐい 

朝の涼しいうちに黒沢牧場

今日は家のご近所さんと涼しいうちに黒沢牧場に行くことになりました。
前日は久しぶりに日が変わる前に寝たためか、目覚まし無しで5:00に目が覚めました。
集合は6:30だったので、いつものようにグダグダしていると、いつの間にか時間が経っていて、用意できたのが6:30ギリギリでした。

黒沢牧場サイクリング

いつもの阪井のローソンで休憩している間にロードバイクチェック♪

Rivendell Rambouillet(リーベンデール ランブレット)

Rivendell Rambouillet(リーベンデール ランブレット)
ランドナーのトリプルチェーンリングで登り坂も楽々です。
もちろん脚力もあってのことですが・・・(^^;

クロモリのデローサ

始めて見るクロモリのデローサです。
あまり詳しいことはわかりませんが、トップチューブにサインが書かれていて復刻版だそうです。
トータルコーディネートが素晴らしいクロモリロードです。

黒沢牧場までの坂道の途中

黒沢牧場までの坂道の途中、「もう無いんかよ・・・」っと、クロモリのデローサに乗った方がつぶやきました。
すぐにギヤだと分かりました。
見ると既にインナーローです。
まぁ、そのおかげでユックリといつもの私のスローペースくらいで登り坂を上がってゆくことができました。

黒沢牧場

黒沢牧場までの坂道は、多少の車の通行があるものの、前回このメンバーで行った生石高原 札立峠の時と比べて傾斜は緩やかで道も綺麗です。
少し前まで、道路工事で強烈な迂回路だったようですが、工事も終わって(?)普通に黒沢牧場まで登って行くことができました。
でも、いったいどこを工事したのかわかりませんでしたが・・・。

黒沢牧場サイクリング帰り道

今日は朝早く6:30から出発して、9:00頃に帰宅することができました。
天気も曇り空で陽射しもきつくなくて、ちょうどいいサイクリング日和になりました。

2013年 8月 4日(日)
走行時間:2時間11分
走行距離:44km
平均速度:20.5km/h

タグ : 自転車 ロードバイク クロモリ 黒沢 牧場  サイクリング 日和 

フラットペダルに適したサイクリングシューズ

今までフラットペダルのダホン ボードウォークに乗るときは、ホームセンターで買った安全靴でした。

ホームセンターの安全靴は、そこそこ軽くてなかなか使い勝手が良かったです。
しかし、2年近く使っていると、つま先の上の固い部分と柔らかい部分の落差が大きくなり、靴を履くと足が痛むようになってきました。
柔らかい部分が伸びてきたのだと思います。

そこで、近所の大型スポーツ店に行きました。
条件は、
・靴底がそこそこ固いもの
・マジックテープで留めるシューズ
・通気性の良いもの
・5000円くらいのシューズ
です。

ジョギングシューズは靴底が柔らかいものが多く、ゴルフシューズは靴底がフラットペダルに適さなそうなものが多く値段が高い。
など、いろいろ見てきましたが、なかなか条件に合いそうなものがありませんでした。
そこで見つけてきたのが、このベースボールシューズ(野球シューズ)です。

ちなみに、画像をクリックすると楽天のadidas(アディダス)関連に行けます。(^^;

野球シューズと言っても、靴底のブロックが小さくて、見た目も良さそうなものを選びました。
履き心地で言えば、もう一つ良いものがありましたが、デザイン(カラー)がいまひとつだったので、adidas(アディダス)野球トレーニングシューズJPTrainer5Colというものにしました。
通気性はあまり良く無さそうですが・・・(^^;

ついでにシューズ以外にも、カラフルなスポーツソックスとロングリストバンドも買ってきました。
これで、ダホン ボードウォークでのサイクリングも楽しくなることだと思います。

タグ : サイクリング シューズ ベースボールシューズ 野球シューズ 

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋
防寒対策
自作シリーズ
ロングライド
リンク

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。
相互リンクもありますが、私が気に入ったサイトを勝手にリンクしていることもあります。
ご了承ください。。。(^^;

リンク (お休み中?)
お役立ちリンク集