ママチャリ改造準備

ママチャリいじり(ママチャリ再生計画)の2回目です。

タイヤ空気漏れ

とりあえずタイヤの空気が減っていたので、空気を入れてる途中に「プシュー」と音がして、バルブを締めても空気の漏れが止まらなくなりました。
古いチューブなのでパンクさせてしまったかな?と一瞬思いましたが、バルブを抜いてみるとムシゴムに穴が開いていました。

ムシゴム

とは言っても、今までバルブなど抜いたことの無い私なので、正常なムシゴムがどのようなものか知りません。
ただ、そのムシゴムは、おそらく元々はこんな穴が開いていないだろうという思いはありましたので、とりあえずバルブを元に戻して空気入れを中断。

スカートガード

前回のママチャリ再生計画で取り外すパーツの第一候補としていたスカートガードを取り外します。
単なるプラスチックの部品で、工具なしで「パチン、パチン」と数箇所外せば取ることが出来ました。

スカートガード取外し

スカートガードを取り去ると、ちょっとだけスマートなママチャリに変身しました。(^^;
しかもママチャリの軽量化にも貢献しています!
なんて大げさですが、まぁ不要な部品を取り去るのはママチャリ改造の第一歩ですね。

リヤハブ軸のボルト

なんとなくリヤハブの軸のキャップを外してみました。
最初はネジって外そうと頑張ってみたものの外れず、最後の手段として思いっきり引っ張ったら抜けました。
軸に赤いマーキングがあります。
何の意味があるんでしょう?

クランク付近

次にクランク付近です。
マイナスドライバーでキャップをホジホジするとキャップが取れました。
ボトムブラケットの軸にも赤いマーキングがしてました。

クランクボルト

クランクボルト(?)は14mmみたいです。
クランク長は165mmでしょうか。

クランク長

あまり工具を持っていないので、持っている工具で外せるもので、外しても走行に支障がない前カゴやキャリアを外しました。
前カゴを取るとスッキリしますが、前カゴが無いとママチャリにはちょっと寂しいです。

ママチャリ
工具

昼過ぎにホームセンターに行ってきて、適当にいろいろ工具などを買ってきました。
ここで失敗しました。
クランクボルトは14mmと測ったにもかかわらず、15mmと16mmのレンチを買ってきてしまいました。(^^;
まぁ、クランクボルトを外して、どうこうしようと具体的なものもありませんし、「クランク抜き」という専用工具が無いとクランクが外れないということを後で知りました。

SHIMANO INTER-M(ブレーキ)

1万円もしないママチャリのリヤブレーキにSHIMANOのINTER-Mというブレーキが付いています。
まぁ、このブレーキが良いのか悪いのか知りませんが、安いママチャリにSHIMANOという文字を見かけると、なんか嬉しいです。

リヤキャリアの取り付けネジ

リヤキャリアの取り付けネジを、裏からモンキーレンチで押さえて、プラスドライバーで取ることができました。
まぁ、自転車を触り慣れている人からすれば、何のこともないことですが、自転車いじり初心者の私は、これだけでもかなり感動しました。(^^;

フロントハブ軸のボルト

フロントハブ軸のボルトは14mmでしたので、以前から持っていたメガネレンチでフロントキャリアを取り外しました。
これで、走行に支障が無い程度で、取り外せるものは取り外しました。
ママチャリがスッキリしました。

ただ、このママチャリは最終的に「ママチャリらしさを残したママチャリ」に仕上げたいと思っていますので、今後前カゴなどは再度取り付ける予定です。

新しいムシゴムを装着

先程ホームセンターに行ってきた時に、自転車コーナーでムシゴム(50円しなかった)を買ってきたので、古いムシゴムを剥ぎ取り、新しいムシゴムを装着しました。
ちなみに、ムシゴムはグッと奥まで差し込まないといけないらしいです。

タイヤ

新しいムシゴムを装着したムシピン(?)をセットして、空気入れでタイヤに空気を入れると、空気が漏れなくなりました。
ちょっと感動です。
まぁ、そのうちこの感動も無くなるのかもしれませんが・・・(^^;

フロントブレーキ

フロントブレーキの効きが弱く、走行するには危ないので、フロントブレーキの調整しました。
簡易工具では10mmのボルト穴があっても回せなくて使い物になりませんでした。
結局、ラジオペンチでブレーキワイヤーを引っ張りながら、モンキーレンチでボルトを緩めて調整しました。

フロントブレーキの調整

ハンドルの位置が高いので、ハンドルステムを留めているネジを8mm(だったかな?)の六角レンチ(アーレンキーと呼ぶらしい)で緩めてみるものの、ハンドルステムが全然動かない。
しまいにはハンドルステムを留めているネジを抜いても動きませんでした。
ハンドルの高さ変更はあきらめました。

ハンドルステム

後で自転車屋さんに聞くと、ハンドルステムを留めているネジを1cmほど浮かして、アーレンキーが付いている状態で、そのアーレンキーを上からハンマーなどで叩いてショックを与えると、ハンドルステムの「うす」が内部で外れてハンドルステムを取り出したりすことができるそうです。

ママチャリ

最後にママチャリを絞った濡れ雑巾で拭いて今日のところは、これで終了。
とりあえず近所であれば、このママチャリで乗れるようににはなりました。
まぁ、まともなことと言えば、ムシゴム入替えて、タイヤに空気入れて、ブレーキワイヤーを調整しただけですが・・・(^^;

ママチャリ

不思議なもので、自転車を掃除すると、益々愛着が沸いてきます。
タイヤの空気も入れて、ブレーキも調整して乗れる状態になったピカピカのママチャリは、今までと違って存在感が出てきました。
自分の気持ちが少し変わった程度で、他の人から見れば所詮ママチャリに違いないのかもしれませんが・・・(^^;

まぁ、ママチャリいじりは今後も、あせらずノンビリやっていこうと思います。

タグ : 自転車 ママチャリ 改造 準備 ムシゴム 空気 タイヤ ブレーキ 調整 

コメントの投稿

非公開コメント

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ