生石高原 札立峠ツーリング

生石高原 札立峠ツーリング出発

前日の夕方に家のチャイムが鳴り、急遽ご近所さんツーリングが決定しました。(^^;
生石高原(おいしこうげん)と言うことでした。
生石高原は今まで1度も行ったことがありませんが、単語に「高原」とか「峠」とか「山」とかが出てくると私の苦手な坂道であることは間違い無さそうです。(笑

生石高原 札立峠ツーリング途中

朝6:45頃出発。
久しぶりの早起きでした。

生石高原 札立峠ツーリング山が迫ってくる

だいたい時速28km/hと前回よりは若干スロースピードで生石高原に向かいます。
2回のコンビニ休憩をして、ようやく目の前に山が迫ってきます。

生石高原 札立峠登り口

生石高原の登り口付近でも休憩。
ハイキングコースの入口でもあるためか、ブロックに杖(木の棒)が挿してありました。

ブロックに杖(木の棒)

道は良いけど車の多い道(「現在地」から左上に延びている黄色いルート)は避けて、少し道は悪いけど車がめったに来ない道(「現在地」から右上に延びている緑色のルート)で行くと言うことでした。

生石高原 札立峠ルート

最初は道が良かったものの、途中から道は若干悪くなり、道幅も狭くなり、車1台がやっと通れるくらいになりました。
カメラには撮っていませんが、木が覆い茂っているところは路面が湿っていて、ダンシングなどで急にトルクを掛けるとリヤタイヤがスリップして怖かったです。
何度かスリップしてコケそうになって怖い思いをしました。

生石高原 札立峠

おそらく、10~15%くらいの坂道で、汗がボタボタとヘルメットから滴り落ちてきます。
ちょうど、汗がステムあたりを直撃して、それが嫌で顔を少し斜めに向けて汗が落ちるタイミングを見計らって頭を振って、汗がステムをステムを直撃するのを避けていました。
しかし、途中からスリップと路面に注意しながらで、汗どころではなくなってきました。

生石高原 札立峠頂上

ようやく札立峠の頂上に辿り着きました。
坂道のしんどさとスリップの恐怖から開放されて、メタボがバンザイしてます。。。(^^;

生石高原 札立峠のあじさい

あじさいも綺麗に咲いてました。
サイコンを見ると、時間は表示されているのに、時速が表示されていないことに気付きました。
坂を登っている途中ではちゃんと表示されていたので、電池が切れたと思いました。

生石高原 札立峠の人懐っこい犬

札立峠頂上の自動販売機の近くにいた、ちょっと怖がりだけど人懐っこい犬です。
手を噛まれそうになりましたが・・・。

生石高原 札立峠ダウンヒル

札立峠頂上からは、道は良いけど車が多いルートを超スロースピードで下っていきました。
ブレーキをずっと握り締めていたため、下り終わる頃には手が痺れて指の感覚が無くなってました。

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店

そんなこんなで、みんなは帰宅しました。
私はその足で町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店に行き、サイコンを見てもらいましたが、ちゃんと表示されてる。。。
でも、サイコンの距離を見るとだいたい半分の距離しか表示されていませんでした。
汗で一時的に表示されなかったのか、もう1年半近く使っている電池が減ってきているのかは不明です。
その後はサドルの角度をもう少し前下がりになるように調整してもらって帰宅しました。

こんな調子で次回の高野山が心配ですが、ロードバイクで本格的(?)に坂道を登ったのが今回初めてだったので、良い経験になりました。
次回の高野山ツーリングでは汗対策も含めていろいろ対策しないといけないと思いました。
とりあえず、スピードプレイのビンディングの位置とクリートが外れる可動範囲を調整し、リュックをやめて少し大きめのサドルバッグなどに変更しようと思いました。

2013年 6月30日(日)
走行時間:4時間02分
走行距離:66km
平均速度:16.2km/h
※折り返しの峠の頂上でサイコンが表示されていないことを発見したので、平均速度以外を2倍にしました。

タグ : 自転車 ロードバイク 生石高原 札立峠 高原  坂道  スリップ 頂上 

コメントの投稿

No title

大きめのサドルバッグですとオルトリーブのLサイズを使っていました。
なかなか容量が多くオススメです。

mrboo3 さんへ

サドルバッグは中くらいのサイズでいいかなぁ~?って思ってます。
今はちょっと小さすぎて使い勝手がよくないです。
まぁ、見た目は小さいほうがいいのですが・・・(^^;

非公開コメント

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋