ママチャリメンテナンス その3 リヤハブのグリスアップと組み立て

前回、ママチャリを組み立てて試乗したところ、「ガガガガ・・・」と異音がして、リヤブレーキが効かなくなりました。
そのため、前回1度組み立てたママチャリのリヤホイールを再度取り外しました。

リヤハブ
ダストカバーリング

ブレーキが効かなくなった原因はコイツでした!
このダストカバーのようなリングがキッチリはまってなく、そのままホイールを取り付けてしまっていました。
そのため試走でダストカバーリングが嵌まり込んだので、そこに隙間が生じて、その隙間がホイールとローラーブレーキを離れさせて、ブレーキが効かなくなったのでした。

玉(ボール)

原因がわかって一安心です。
せっかくママチャリのリヤホイールを外したので、リヤハブのグリスアップをすることにしました。

玉の洗浄

先端に磁石の付いたピックアップツールでハブの玉(ボール)を取り出して、グリスをウエスで拭き取り、フィルムケースに入れ、パーツクリーナーで洗浄します。

玉(ボール)を取り出す場合は、下に「たらい」のようなもので、不意に玉が落ちても無くさないようにしておきます。

(左の画像をクリックすると拡大画像を表示します)

シャーレ

洗浄したボールなどのパーツを100円ショップで買ったステンレスのシャーレに置きます。
ボールは左右のボールが混ざらないように、別々のシャーレに置きます。

(左の画像をクリックすると拡大画像を表示します)

リヤハブ

汚れた部分は、ある程度ウエスで汚れやグリスを取り除きます。

リヤハブの洗浄

その後、パーツクリーナーで洗浄します。

リヤハブのグリスアップ

リヤハブのグリスアップをします。
グリスはお気に入りのセラミックグリスです。

リヤハブのグリスアップ

玉(ボール)がコロコロ動かないように最初にグリスを塗ります。

リヤハブにボールをセット

玉をセットします。
ピンセットなどでボールを並べていく人もいますが、私は手(指)でボールを並べて置いていきます。

リヤハブのグリスアップ

セラミックグリスをタップリと塗ります。
「過剰」なのが好きなので・・・(^^;

リヤハブにダストカバーリングをセット

問題のダストカバーリングを嵌めます。
きっちり嵌らなかったので、ドライバーでコツコツ叩いて押し込みました。

リヤハブに玉押しをセット

玉押しをセットします。

(左の画像をクリックすると拡大画像を表示します)

ハブレンチで玉押し調整

ハブレンチを使用して、納得のいくまで玉押し調整をします。
本当は途中であきらめて、適当な感じで玉押し調整をしましたが・・・(^^;

チェーンの洗浄

続いてチェーンの洗浄をしました。
不要になった歯ブラシとパーツクリーナーでチェーンを洗浄します。
チェーンを切れば作業が楽なのかもしれませんが、チェーンを切らずに洗浄しました。

ママチャリのチェーン洗浄

単にパーツクリーナーをチェーンに吹き付けていてはパーツクリーナーがもったいないので、チェーンをちょっとずつずらしながらフィルムケースでパーツクリーナーを受けて洗浄しました。
めちゃくちゃ綺麗になったとは言えませんが、まぁ、洗浄前のチェーンよりは綺麗になりました。

シャフトにチェーン引きをセット

チェーン引きの向きに注意してシャフトにチェーン引きをセットします。

ホイールを前に寄せる

チェーン引きをセットしたホイールを前に寄せます。

チェーンリングにチェーンを掛ける

フロントのチェーンリングにチェーンを掛けます。

チェーン引きをセット

チェーン引きを定位置にセットして、チェーン引きのナットを回してゆきます。
シャフトのナットを締めた時に更にチェーンが張るので、最初はチェーンがユルユルの状態にしておきます。

ドラムブレーキは軽く固定

チェーン引きの調整が完了していない状態なので、この段階でのドラムブレーキのセットは軽く留まっているだけの状態にしておきます。

スタンドなどをセット

スタンドや泥除けのステーをシャフトに取り付けていきます。
私はよくスタンドを取り付けるのを忘れてしまいます・・・(^^;

ギザギザは外向きにセット

このリングはギザギザになっているほうが外側だそうです。
どういう理屈でギザギザが外側なのかは知りませんが・・・。

今回はチェーンが伸びていたので、以前よりはチェーンを張り気味に調節します。
最初はチェーンをユルメにして、様子を見ながら徐々にチェーンを張っていきます。
と言うのは簡単なのですが、
1.シャフトのナットを緩める
2.チェーン引きを調整
3.シャフトのナットを締める
4.チェーンのタルミを確認
5.タイヤを回して確認
延々と1~5の繰り返しでいい加減嫌になります。(^^;
最後にリヤタイヤのセンターを確認します。

ブレーキワイヤーをきちんとセット

チェーン引きの調整が終われば、ブレーキに取り掛かります。
ひっくり返したママチャリを元に戻して、ブレーキレバー付近のブレーキワイヤー周りがきちんとセットされているか確認します。
写真のようにブレーキのアウターがきちんとはまっていない状態だと、ブレーキ調整がうまくいかずに苦労します。

ブレーキワイヤーのセット

ブレーキワイヤーは、ペンチで引っ張りながら、反対側のホイールの隙間から10mm工具(何て言う工具なのか知りません)でブレーキワイヤーを固定します。

ドラムブレーキの増し締め

軽く固定していたドラムブレーキを増し締めします。
共回りを防ぐために後からレンチで固定しながら締めます。
10mm工具とレンチは逆のほうが良かったのかも?

ダストカバーリングがちゃんとセットされていることを確認

今回はダストカバーリングの「浮き」はありません。(^^;

さっき洗浄したチェーンがもう汚れてますが見なかったことに・・・(笑

各所を増し締め

最後にもう一度、各所を増し締めして完成です。

でも、あまり強くシャフトのナットを締めると、シャフトが曲がってしまいますので、そこそこに締めます。

綺麗になったママチャリのリヤ

綺麗になって気持ちがいいですね。
それにしてもママチャリのメンテは大変でした。
だからこそ、やり甲斐があるのですが・・・。
ママチャリって思っていたよりも奥が深いです。

今回のママチャリのメンテ作業では、延べ3日かかっています。
慣れればもっと早く作業できることだとは思いますが、何が起こるかわかりませんので、時間に余裕があるときに自転車のメンテをおこなわなければいけないと実感しました。

[ 関連記事 ]
ママチャリメンテナンス その1 ママチャリの分解
ママチャリメンテナンス その2 パーツ洗浄とBBグリスアップ
ママチャリメンテナンス その3 リヤハブのグリスアップと組み立て

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス グリスアップ グリス セラミックグリス 玉押し  工具 ブレーキ 

コメントの投稿

No title

玉押しが写っている写真でちょっと引っ掛かったのですが、
心なしかその玉押しに少し銀色のかすったような部分が
見えますが、ハブの玉押しの調整が上手く行かないのは、
もしかするとその部分が何か関係しているのではと思いました。
虫食いとまではいかなくても、ちょっと表面が滑らかでなかったりすると、
デリケートな部分のせいか、細かい調整が上手く行かなかったりする
みたいです。組んでしまった後で恐縮ですが、もし気になるようでしたら
玉押しを磨いてみるという方法などどうでしょうか。

通りすがりさんへ

アドバイスありがとうございます。

ただ、指摘していただいた箇所がわからなかったので、この記事での玉押しが写った3枚の画像の拡大画像を、それぞれの写真をクリックすれば見れるようにしました。
もしよろしければ、どの画像のどの部分かなど教えていただければありがたいです。

また、現在は毎日のように通勤でママチャリを使っていますが、特に違和感を感じません。
私が不感症なのかもしれませんが・・・(^^;
まぁ、今のところ不具合は感じていませんので、また次回の機会に玉押しを確認したいと思います。
貴重なアドバイスありがとうございました。
また何かありましたら、今後ともよろしくお願いいたします。

No title

写真拡大してもらってありがとうございます。
見たところ・・玉押しにベアリング球が写りこんでいるだけで
ただの早とちりのようでしたすいません。
(折角塗ったセラミックグリスが勿体無いことに
なっていなければよいのですが)
月並みですが、体感的に違和感が無ければそのままで良いと思います。
(例えツルツルに磨いても、単速だと目に見える効果は
ほぼ無いでしょうし、実用車はメンテフリーで
長持ちで質実剛健が一番でしょうから)
こういったコメントに対応して頂いてありがとうございました。

通りすがりさんへ

コメントありがとうございました。

私も玉押しに問題がなくホッっとしました。
この記事でママチャリを組み立ててから、現在までまだ何もしていませんので、グリスもそのままです。

こちらこそ私のママチャリの心配をしていただいて嬉しかったです。
ありがとうございました。
また何かありましたら、よろしくお願いします。

No title

このママチャリは幸せですね。
実際快適なんでしょうね。

・・・としみじみ思いました( ´艸`)

mrboo3 さんへ

ストレスなく気軽に乗ることができるので快適です。
他のサイトで、ママチャリをメンテしていることってなかなか無いのが不思議なくらいです。
まぁ、ママチャリの値段を考えるとメンテは割りに合わない作業なのかもしれませんが・・・(^^;

ダストカバーリングについて

こんにちは。
ママチャリ後輪のチェーン側にはめる
ダストカバーリングについてお伺いしたいのですが、
ダストカバーリングをはめても浮いて
飛び出してくるんですがどうすれば飛び出さないでしょうか?
薄い六角のナットでダストカバーリングが外れはしませんが
別の自転車はしっかりとはまってるので苦労しています。
状態としては一番上の大きな画像のような感じに浮いて
飛び出しています。

ともぞう。さんへ

あくまで私の場合ですが、ダストカバーリングを軽く均等にコツコツ叩いてやるとはまりました。
最初は、なかなかはまりませんでしたが、何かのきっかけではまるようになりました。
もしかすると、ダストカバーリングの上に木片などを乗せて、その中心をハンマーなどで軽く叩くとうまくゆくかもしれません。
まぁ、あくまで素人の考えですので、自己責任でよろしくお願いします。

非公開コメント

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋