ロードバイクのドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

冬に自転車に乗っていると、手の指先がジンジンしてきます。
そのため、防寒グッズとして防水防寒手袋などがあるのですが、防寒対策がバッチリな手袋はどうしても厚みがあります。
厚手の手袋をしていると、ブレーキやシフト操作がしにくくなります。

特にロードバイクなどのドロップハンドルに付いているデュアルコントロールレバー(ブレーキレバーとシフターが一体になったもの)の場合、厚い手袋をしていると、シフトアップするつもりが逆にシフトダウンしてしまったりと、なかなか上手くシフト操作できないことが多いです。
そのため、特にロードバイクでは手袋は薄いもののほうが良いです。
とは言っても、薄い手袋だと寒さで手がかじかんでどうしようもないので、仕方なく厚手の手袋をしているのが現状ではないでしょうか。

そこで、(地域やその日の気温によるかもしれませんが)正面からの冷たい風さえ防ぐことが出来れば、そこまで厚手の手袋をしなくて済むようにハンドルカバーというのが自転車グッズとしてあります。
いろいろハンドルカバーはあるのですが、ママチャリやフラットハンドル用のハンドルカバーが多く、ドロップハンドルに付けられそうなハンドルカバーはあっても高価だったりと、なかなか希望に添えるものはありませんでした。

じゃー、無ければ既存のものを加工して作っちゃおう♪
ということで、初めから作るのも大変なので、出来上がった製品を工夫して、ドロップハンドルに付けられるハンドルカバーを作ろうと思いました。

コミネ KOMINE ネオプレーン ハンドルウォーマー

そこで、私が選んだのが「コミネ KOMINE ネオプレーン ハンドルウォーマー」。
私が最近よく見に行くブログで見かけたのがきっかけでした。
なので、記事にしようかどうしようかとちょっと迷いましたが、安くて良さそうだったので紹介することにしました。(^^;

このハンドルウォーマー(ハンドルカバー)は、もともと原チャリなどのバイク用品のようです。
決め手となったのは、カットしやすそうで軽そうな素材だったのと、比較的安かったからです。
最初は、自転車用でもっと安くて良さそうなのがあるかと思って探しましたが、結局このハンドルカバーが一番良さそうでした。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

商品到着後確認してみると、素材はウエットスーツのような素材で伸縮性もあり、思っていた通りの軽いものでした。
また、文字の部分が反射素材になっていました。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

手を入れる穴以外に、大小1つずつ穴があります。
この大小の穴は、(ハンドルカバーは元々バイク用なので)バイクの場合は、大きいほうの穴にグリップを通して、小さな穴にはブレーキレバーを通すように思います。
そして、付属のヒモをバックミラーに結んでハンドルカバーを固定するようです。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

このハンドルカバーを加工など何もせずドロップハンドルに付けてみたところ、なんと!良い感じに取り付けることが出来ました。
最初は、ハンドルカバーを切ったり加工しなければいけないかも?と思っていましたが、加工することなく装着できました。
ハンドルカバーに手を入れてみると、手を入れる穴からハンドルも出ていますので、ハンドルカバー入口付近で多少の窮屈感はあるものの、中は広々としていて、ブレーキ操作やシフト操作に影響を与えにくいです。
ただ、ハンドルカバーの手の出し入れ時には多少もたつくため、ハンドサインを頻繁に出す集団走行時などには向いてなさそうです。

ドロップハンドル防寒対策 ハンドルカバー

最初は、もしロードバイクにこのハンドルカバーが付けられなかったら、通勤用のママチャリにこのハンドルカバーを付けようと思って無難なカラーのハンドルカバーにしました。
ロードバイクのドロップハンドルにも付けられるとわかっていたのなら、イエローやレッドなどカラフルなハンドルカバーにしとけば良かったかも・・・(^^;

もう少しお金に余裕があれば、充電式のヒーターグローブやヒーターシューズカバーが欲しいと思っているのですが・・・
ヒーターグローブを使っている人に聞くと、1度ヒーターグローブを使うと、もう普通のグローブには戻れないほど快適だそうです。
うらやましい・・・(^^;

サイズがいろいろありますので、購入する際は気をつけてくださいね。

タグ : 自転車 ロードバイク ドロップハンドル 防寒 対策 ハンドル カバー ウォーマー 素材 伸縮性 

コメントの投稿

貴志川店へ持っていって
感想を聞こう(笑)

No title

これ、確実に効果絶大でしょう♪
KOMINEといえばオートバイ用品では有名なメーカーですし、物に関しては間違いないです。
空気抵抗を考えれば、「どうなの?」とは思いますが(苦笑
まぁ、寒いより暖かい方が良いですもんね(^-^)b

yossan へ

貴志川店くらいがちょうどいい距離かも?
まぁ、貴志川店のM井さんには、「クロスバイクみたい」って言われてるし(^^;

輪人さんへ

直接冷たい風が当たらないのは素晴らしいです。
ちょっとでも快適に自転車に乗りたいですね。
空気抵抗は自分の体が一番の抵抗なので、私の場合微々たるもんだと思います。(^^;

No title

ハンドルカバーを使っている人を何回か見たことがあります。
少し興味はありましたが手の出し入れが大変そうなのでカンパの厚手のグローブをしています。
私が走る道では路駐が意外と多かったりするのでハンドサインが出しやすいグローブがいいんです。
難点が一つカンパの厚手は暑過ぎて・・・^^;

No title

こんばんは

素晴らしいですね。
僕はこのハンドルカバーをクロスバイクに使ってます。
今現在 2度くらいの環境で30分使っています。
100円ショップの手袋で走っているとちょっと冷たくなる程度ですが
自転車用の薄手のフルフィンガーのグローブで事足りそうです。
厚手のグローブが必要なくなると思います。

フラットバーでの手の出しいれば良好です。
手が暖かいというのはすごい正義です。

ということでちょっとこの方法試したくなってきました。
発想に感動しました。

mrboo3さんへ

先日の最高気温15度でオタフク手袋をしましたが、汗タップリかきました。
ハンドサインがもたつくのがネックです。
もうちょっと改良しようかと計画中です。
上手くいけば記事にしますが、上手くいかなければしれ~っとしてます。(^^;

まっくろくろすけ さんへ

このままだと、ドロップハンドルにはちょっと無理があります。
手の出し入れがやりにくいのと、ハンドルと腕の隙間から冷気が回り込んできます。
まぁ、直接の風は防げるのですが、もう少し改良が必要だと思っています。

まっくろくろすけさんのは、シフトレバーはハンドルカバーの中に入れてないように見えますが、シフト操作やりにくくないでしょうか?
それとも何か秘策があるのかも?などと思っていました。(^^;

まさかまっくろくろすけさんからコメントもらえるなんて思ってもなかったので嬉しいです。
今後ともよろしくお願いします。

No title

管理人さん

フラットバーはそのままスクーター用のハンドルにとても似ています。
シフターのどちらかのレバーをハンドルカバーの中に入れる形です。
入れなくても問題なく変速できます。
意外と操作性はよろしい感じです。

ハンドルカバーの自作はもう2年越しですがなかなか良いものはできておりません。(見た目などで)
これを使えば私がやってきたものよりも使い勝手は良さそうです。
何か工夫がいるのはわかるのですが
そこから先に進めるには試行錯誤が必要ですからね。
STIのシフトがやや難しそうですね。

とりあえず私もこれをロードバイクにつけて考えてみようかと思っております。

まっくろくろすけさんへ

私が今考えているのは、ハンドルカバーの透明ビニールの付け根付近を一部カットして、そこからハンドルを出せば、手首のところには隙間が出来ず、冷気の回り込みも最小限に抑えられて良い感じになるのかもしれないと思っています。

まぁ今のところ、ざっくりとこんな考えですが、他に良い案があればコロッっと考えを変えるかもしれません・・・(^^;
それにしても、まっくろくろすけさんに乗せられて、次回のネタバレしちゃいました。(笑

フラットハンドルでのシフトレバーの操作性もなかなかいいんですね。
それにシフトレバーの1本を中に入れてるんですね。
参考になります。
ありがとうございました♪

非公開コメント

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋