ダホン ヘリオス 始動 こっちが本当(笑

先日ダホン ヘリオスで走りに行けなかった峠に行ってきました。
ルートは、トマト坂 → 大川峠 → 猿坂峠 という町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)の走行会でもよく行くルートです。

紀ノ川 青岸橋

とりあえず紀ノ川を渡らなければいけないので、紀ノ川河口に一番近い橋「青岸橋」を渡りました。
天気が良いのは良いのですが、風がメチャクチャ強い。
そのため風向きを考えて自転車を留めて撮影したのですが、この後自転車が左側(手前側)に倒れてしまいました。
しかも、自転車が倒れた衝撃でチェーンが外れるというオマケ付きで。

ダホン ヘリオス

トマト坂手前のコンビニで一服&水分補給。
こうして見ると、ハンドルが結構低いですね。
まぁ、実際にはこの見た目ほど低くはありませんが。

トマト坂
恐竜公園

去年開催されたトマト坂4時間耐久エンデューロで、このトマト坂を何回も登った人には頭が上がりません。
私なんか1回登っただけで、もう勘弁して~って思います。(^^;

ローディとは違うのだよ。ローディとは。

今日は久しぶりに恐竜公園の西側の道を走ってみることにしました。
この道(四国山への道?)は結構な登り坂で、しかも登った後の下り坂も急で、オマケに道路はガタガタで、以前にこの坂道を下った際に前カゴのリュックの中に入れていたデジカメの液晶パネルが、ガタガタ道の振動で割れてしまったという苦い経験があります。
と言うことで、頂上付近の太陽の塔モドキで撮影して、また恐竜公園に引き返してきました。

太陽の塔モドキ

左に行けば坂道が待っている大川峠。
右に行けば平坦な大川トンネル。
いつもここで誘惑に負けてしまいます。
しかし、今日は1人だし、そもそもこの大川峠を登りに来たので、今回は左側の大川峠を登ります。

大川峠と大川トンネル

さすがギヤを替えたダホン ヘリオス、F50TxR34Tのギヤはユックリながらもそれほど蛇行もせず登ってゆくことができました。
まぁ、私のもう1台のミニベロ ダホン ボードウォークのF46TxR36Tほどではありませんが、その分ヘリオスのほうが軽量なので、それほど苦も無く坂道を登ることができました。
とは言っても、シンドイには変わりませんが・・・(^^;
と言うか、大川峠より、その前に登った太陽の塔モドキまでの坂道のほうがシンドイように感じました。

大川峠

大川峠を和歌山側から登った後に見える海の景色は、特に今日のような快晴の天気ではとても綺麗です。
今までが山の木々に囲まれながらシンドイ坂道を登りきって、その後に広がる海は気分的にも最高の景色です。

大川峠

前日に強力馬力自転車屋リーダーが撮影してた場所と同じ場所で撮影してみました。(^^;
ここの景色はいまひとつですが、ベンチもあるので休憩にはちょうどいいかもしれません。

大川八幡神社
小さな神社

大川峠を大阪側に下って、正月らしく大川八幡神社などの前で撮影と言う名の休憩。。。(^^;
ポタリングって、景色を見たいときに止まって、休憩したいときに休む。
そんなのでいいんですよ。

猿坂峠の溜め池

猿坂峠を大阪側から登ってきました。
頂上付近の溜め池です。
どうやら、ヨッシーさん情報によると、この溜め池の柵を揺すると、コイやフナが寄って来るそうなのですが、その揺するのに適した柵が見つけられず諦めました。
この溜め池じゃないのかも?(^^;

猿坂峠

その後は、いつものように町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店で、店にいた強力馬力の「はYし」さんやモンターニュのゴンちゃん達と喋っていました。

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店

そう言えば、年末近くにamazonで買った手袋「おたふく手袋 防水防寒手袋 ホットエースプロ(ダブルタイプ) 」ですが、フェイスマスクが必要なくらいキンキンに寒い時でないと、手袋が暑すぎて手袋の中で汗をかいて、その汗が冷えて寒くなるということがわかりました。

ホットエース ライト

そのため、今度はダブルタイプでない「ホットエース ライト」という手袋をまたamazonでポチりました。
今度は、カラフルなイエローで気に入ってますし、しかも反射素材が使われていて安全面でも理想的な手袋だと思っています。

前回「おたふく手袋」のホットエースプロ(ダブルタイプ)を購入した際に、商品パッケージは「3M」でしたので、どうやら「おたふく」の「ホットエース手袋」も、「3M」の「ホットエース手袋」も同じ製品のようです。

ちなみに、インナーグローブとして安い軍手をしましたが、これがなかなか良い感じです。
手が冷たい時は、軍手の荒い素材が、まるで乾布摩擦をしているかのように温かくなりますし、手が暑くなれば軍手が汗を吸ってくれます。

[追記]
軍手は汗を吸って手袋を脱ぐ時に手袋のインナーまで引っ張り出してしまうので、次回手袋装着する時は具合が悪くなりますのでご注意。

でも、もう少しお金に余裕があれば、充電式のヒーターグローブやヒーターシューズカバーが欲しいと思っているのですが・・・
ヒーターグローブを使っている人に聞くと、1度ヒーターグローブを使うと、もう普通のグローブには戻れないほど快適だそうです。
うらやましい・・・(^^;

今日はMTB乗りさんとよく出会いました。
いつものことながら、自転車乗りさんとすれ違う時、みんな挨拶してくれるのが嬉しいし気持ちいい。
白いGTのマウンテンバイクに乗った人なんかは満面の笑顔で挨拶してくれました。
こんな寒い正月に山の中で出会う自転車乗りの偶然の出逢いを喜んでいるのかも?
なにはともあれ、自転車に乗っているととにかく楽しい!

2014年 1月 5日(日)
走行時間:2時間43分
走行距離:44km
平均速度:16.4km/h

タグ : 自転車 ミニベロ ダホン ヘリオス  大川峠 大川トンネル 猿坂峠 マウンテンバイク グローブ 

コメントの投稿

こんにちは〜。
トマト坂から四国山へ登る坂登ったんですね〜!
あの坂キツかったでしょう?自分はこの辺りの坂で、あの坂が一番苦手です(^_^;)

池の件ですが、猿坂の上にある峠ではなくて、隣の木本峠の上にある池なんですよ、猿坂からだと、甲山を越えて、右に行くと警察学校の方に抜ける道があるんで、その峠の上にある池です〜!

ヨッシーさんへ

加太休暇村への坂や、多奈川駅近くの激坂など、どこかのブログでヨッシーさん推奨の坂ってことで見たことありますが、ヨッシーさんにも苦手な坂があったんですね。
私は全ての坂が苦手ですが。。。(^^;

やっぱりあの溜め池じゃなかったんですね。
そう言えば、甲山を左に大阪側に行ったことがありますが、右の警察学校に抜ける道を走ったことがありませんでした。
今度気力があれば行ってみようと思います。
ありがとうございました。

非公開コメント

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ
サイクリング仲間

強力馬力自転車屋