ママチャリのフロントハブのグリスアップ

天気の悪い休日は自転車をメンテナンスするのが楽しくなってきました。(^^;

ママチャリ

ということでママチャリのフロントハブのグリスアップをしようと思いました。
本当は折りたたみ自転車DAHON Boardwalkのグリスアップをしたかったのですが、なにせ自転車のメンテナンスなどしたことがなかったので、まずはママチャリでグリスアップの予行演習です。

ママチャリのフロントハブ

フロントハブが脱輪しないように留めている重要なパーツです。
他のサイトには、この止め具が左右で形状が違うと書かれていましたが、このママチャリの止め具は左右同じでした。

パーツクリーナー

1缶数百円のパーツクリーナーです。
どういう成分のものなのか知りませんが、あっという間にフロントホイールハブの汚れが簡単に落とせました。

ママチャリのフロントハブ

フロントハブの内側のナットは薄型13mmのスパナがはまりました。
外側はモンキーレンチなどで比較的苦労せず合わせられます。

ママチャリのフロントホイール

グリスアップで注意しなければならないことは、ボール(金属球)を無くさないようにするのと、左右の球を混ぜてはいけないと、どこかのサイトに書いてました。
そのため、作業するホイールの下に不要になった食器受けを敷いて、ピックアップツールで左右片方ずつ鉄球を取り出しました。
古いグリスは、まるでボンドのように粘着質になっていて、初めてグリスを触った私には驚きでした。

ママチャリのフロントハブ

実際にはハブの下からポロッと反対側の球が落ちたり、ハブの受け側に球がくっついているのを知らずにホイールを持ち上げた際に受け皿の外に球を落としてしまったりと、いろいろハプニングがあり予定通りにはいきませんでした。
ちなみに、球は片側に9個ありましたが、自転車によってハブに入っている球の数は違うそうなので、あらかじめ球の数を調べておくといいそうです。

ベアリング球の洗浄

取り出した球を片側ずつフィルムケースに入れて、そこにパーツクリーナーを吹きかけて、蓋を閉めてシャカシャカすれば汚れや古いグリスが取れて、パーツクリーナーの消費も少なくて済みます。
フィルムケースに入れてパーツを洗浄するテクニックはYouTubeで発見しました。(^^;

ママチャリのボール
ママチャリのベアリング球

フィルムケースに入れて球を洗浄した後は、ボロ布で1球ずつパーツクリーナー液をふき取り、左右の球が混ざらないように分けておきます。

休憩

ちょっと休憩。
小さなイスは、あるのと無いのとでは疲労が全然違ってきますね。
蚊取り線香は必需品です。
タイに旅行に行ったときに、現地にあったキンチョーの蚊取り線香は、なかなか良い香りでしたが、日本の蚊取り線香の匂いは、ちょっと苦手です。
この物干し台を利用して、自転車スタンドを自作できないかと検討中。

ママチャリのハブ内洗浄

ハブ内や玉押しの洗浄もします。
素人目には、球にもハブにもムシ喰いはありませんでした。

セラミックグリス

ハブと球が綺麗になったところで、セラミックグリスを注入します。
グリス自体触るのが初めてなので、他のグリスはどうなのか知りませんが、グリスをチューブから出すのに結構力が要りましたし、セラミックグリスという割には思っていたより粘着質でした。
昔、工作などで使った水糊のような感触でした。

ハブにボールをセット

ハブに塗ったセラミックグリスに球をセットします。
この写真ではっきりとわかりますが、取り出した時には球は9個でしたが、球をセットした時は8個。。。
球を1個入れ忘れていました。
が、この時は1個少ないことに気付かずに、そのまま作業してました。(^^;

玉の上にもセラミックグリス

セットした球の上から、セラミックグリスを惜しみなくかけました。

ママチャリのフロントハブの球のサイズ

ちなみにこのママチャリのフロントハブの球は5mm弱でした。
おそらく、3/16インチ(4.76mm)でしょう。

ママチャリのハブに球をセット

反対側のハブにもセラミックグリスを塗り、球をセットします。
こっちはちゃんと球を9個セットしてました。

玉押し

玉押しと呼ばれる、重要な作業です。
ハブを持ったりしてもグラグラせず、ハブを回してゴリゴリしないポイントで締め付けるようなことを他のサイトで書いてましたが、初めてなのでこんなもんかな?と数回ナットの締め直しをやり直しただけで終わりました。

ハブ軸を両手で持って、地面に擦って車輪を回してみました。
実は、最初に(グリスアップする前に)同じことをしていたのですが、グリスアップする前は、平均して9秒ほど車輪が回っていましたが、グリスアップ後は60秒以上回るようになりました。

ママチャリのフロントホイールのセット

車輪を外した逆の手順で前輪をフロントホークにセットして、これでフロントハブのグリスアップは完了しました。

ママチャリのサビ取り

リヤハブのグリスアップをするのには時間的にキツかったので、かわりにサビ取りをすることにしました。
なんか消しゴムのようなサビ取りです。

ママチャリのサビ取り前

思っていた以上にサビが取れていきましたが、カーブのきつい場所はちょっと面倒でした。

ママチャリのサビ取り後
ママチャリのサビ取り後

少しずつ良くなっていくママチャリに、ちょっと満足です。
まぁ、今のところこのママチャリに乗る機会はなかなかありませんが・・・(^^;

グリスアップ後のママチャリ

タグ : 自転車 ママチャリ メンテナンス グリス グリスアップ クリーナー パーツクリーナー サビ取り 

コメントの投稿

グリスアップ前は9秒って、回ってるに値しませんよ。

修理後は雲泥の差では?

Re: タイトルなし

最初はとてもじゃありませんが回らないホイールでした。
って4年以上前の記事なので、この記事を書いたことさえ忘れていました。
今では、このママチャリは私の主力自転車になってます。

非公開コメント

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ