和歌山 加太 猿坂峠チャレンジ

なんか和歌山のローディの間では加太の猿坂峠が面白いらしい?という情報を得たので猿坂峠に行ってきました。

紀ノ川大橋を渡るのも面白味が無いので、紀ノ川大橋よりも1つ川上にある橋を渡りました。

橋の名前はわかりませんが、幅3mほどの自動車が進入できない小さな橋です。

地図で見ても、拡大しないと表示されませんでした。
まぁ、大きな画像で紹介するほどの橋でもありませんが・・・(^^;

橋

紀ノ川大橋とは違い、水面から近いのと、橋の欄干の隙間が大きいので、初めてこの橋を渡るときはちょっと怖いです。
特に風の強い時は、帽子を紀ノ川に飛ばされそうです。
またそこが面白いのですが・・・(^^;

橋

今日は河西緩衝緑地松江緑地を通らず、狐島の交差点から加太向いて7号線を走りました。
思っていたよりも道が綺麗で走りやすかったです。

7号線

7号線と粉川加太線の交わったところからしばらくするとパチンコ屋が見えてくるので、そのパチンコ屋の手前の信号を右折して、カクカクっと曲がって小さな路地の信号機を目印に、その信号を北向いて行くと猿坂峠の上り口のようです。

猿坂峠の上り口

猿坂峠を登り始めると、前方にマウンテンバイクに乗った白髪混じりの人を発見。

マウンテンバイクに乗った白髪混じりの人

しかし、追いつこうとしても全然自転車が進んでいきません。
というより、数回ほど自転車を降りて休憩しながら猿坂峠を登っていきました。

猿坂峠

和歌山の街並が眼下に見えて気持ちいいです。
これは、だいたい水平にカメラを持って撮ったアングルです。

猿坂峠

猿坂峠の途中に橋が掛かっていて、そこを過ぎれば斜度が緩やかになりました。

猿坂峠

猿坂峠の途中に古びた標識があり、なにやら記念碑があるようですが、草木がうっそうと生い茂っていて、ちょっと行く気にはなりませんでした。

猿坂峠

山頂付近に溜め池があり、こんな高いところに池があるのが不思議な感じです。

山頂付近の溜め池

分かれ道があり、右に行くと751号線と書かれています。

分かれ道

なんとなく、右の751号線に行くと、また山に行きそうな感じがしたので、左の道を行くことにしました。
後でわかりましたが、右の751号線に行っても全然問題無さそうでした。

緩やかなダウンヒルを楽しむことができましたが、これと言って写真に撮るような景色もありませんでした。

ダウンヒル

しばらくダウンヒルを楽しんだあと、突き当たりに小さな神社っぽいのがある楠木橋という橋に出てきました。

楠木橋

ここで一服していると、ダウンヒル中にすれ違った赤と黒のカッコイイローディが深日港方面から大川峠方面向いて疾走していきました。

大川峠方面へ

自分も大川峠で和歌山に帰ることにしました。
孝子峠は車が多く路肩が狭いので懲り懲りです。

カマキリ

大川峠の路上にいたカマキリ。
大川峠は自動車が来ないので、カマキリが路上にいても比較的安全です。

カエルの鈴

以前DAHON Boardwalkで、この大川峠を和歌山側から登った時は坂の傾斜に死にかけました。
今回はそれなりにしんどかったですが、以前よりはマシに思えました。
自転車も今回は21段変速だったからかもしれません。

大川峠

あっという間に大川峠を下ってきました。

森林公園

まだ少し余力があったので、紀州加太休暇村から森林公園に行って恐竜を撮ってきました。
このまま四国山に登るのには、体力を使い過ぎていたので、広くて走りやすい道を通って帰宅することにしました。

森林公園

2011年10月19日(水)
猿坂峠 ⇒ 大川峠 ⇒ 森林公園
走行時間:2時間39分
走行距離:44km
平均速度:16.8km/h

帰り道

タグ : 自転車 シティサイクル アサヒ ASAHI オフィスプレス OFFICE-PRESS 猿坂峠 大川峠 ダウンヒル 森林公園 

コメントの投稿

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開コメント

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ