大川峠のバリケード

期末や期初は仕事が忙しく、最近はなかなか自転車に乗る機会が少なくなっていました。
と言うことで、自転車に乗れる時間があるときは、ちょっとでも自転車に乗っておこうとママチャリで出動。
今回は、最近行かなくなった峠の坂道トレーニング。
なんで坂道を行かなくなったかと言うと、しんどいから・・・(^^;

猿坂峠

猿坂峠の登り口でクロスバイクに乗った人を発見。
そのクロスバイクの人も猿坂峠を登るようです。
遠目で自分より1周りほど年上のような感じの人でした。
猿坂峠を登り始めると、そのクロスバイクの人との距離は開くばかり。
やっぱり皆さん凄いです。

とっとパーク小島
とっとパーク小島
荒北ベプシ

レース終わったら一緒に飲もうぜ。
ベプシおごってやるよ、俺が。
強ぇよ、お前。

大川峠のバリケード

自転車は通行可能な大川峠の大阪側の入口。
これほどのバリケードが必要なのかな?
重たいママチャリ抱えてガリガリ擦りながらようやくバリケードを通過。
自転車は通行可能じゃないん?
そのくせ大川峠を登っているときに、対向して下ってくるバイクと遭遇するし、何なん?

大川峠
トマト坂(恐竜公園)

加太付近に来たときは外せないトマト坂。
坂道の終着点にわかりやすいモニュメント(恐竜)があることが、なんとなく達成感を満喫できてポイント高いです。
道は広くて綺麗で、斜度もそれほどキツイ訳でも無く、車の交通量も少ないので、坂道トレーニングには結構良い坂道です。

今回の走行ルートは町のじてんしゃ修理屋さん大浦街道店から引いてみました。
気候が良くなるこれからの季節、少しずつでも自転車に乗っていきたですね。

タグ : 自転車 ママチャリ 和歌山 猿坂峠 大川峠 トマト坂 バリケード 

コメントの投稿

箱学の荒北さんですね。

強くなったらペプシ奢って下さい(笑)

箱学の荒北さんです

麻生津峠から飯盛城に行く坂道を足を付かずに登れたら喜んでペプシ奢らせてもらいます。(^^;

非公開コメント

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ