五条散策ポタリング

数日前まで琵琶湖1周(琵琶湖大橋折り返しの150km)しようかと思っていましたが、朝が弱いのと琵琶湖ルートなどいろいろ準備不足があったので、当日は9時30分頃からノンビリと24号線(大和街道)で和歌山から東向いてポタリングに出掛けました。

工具セット

準備は前日に急いで揃えました。

レインコート

それにしても工具が多過ぎてメチャクチャ重い。
工具以外にもサングラスは(レンズ交換可能な)1つだけでいいし、レインコートは100円ショップで売っているペラペラのポンチョにすれば、それだけでも重量が激減するとは思いつつも、前日の夜中では準備不足。

まぁ、重くても無いよりはマシだと思って、思いつくもの全部持っていくことにしました。

重装備のダホン ボードウォーク

その結果、こんな重装備で当日を迎えてしまった。
オマケに重たいカギも付けて行ったし。

晴天

重たいレインコートも持ったけど、空を見上げれば晴天。
飛行機雲もクッキリ写ってます。
ちなみに写っているビルは、最近新しくなった日赤病院。

和歌山城の内堀

和歌山城の内堀。
和歌山城の写真、撮り忘れた。。。
和歌山城から五条の大和街道って参勤交代ルートかな?

太田の高架下

線路を越える道をよく知らないので、仕方なく太田の高架下をくぐる。

紀州大橋

その延長で紀州大橋を渡ります。
インターから和佐にかけての道をなんとか広げて欲しいです。

紀の川市役所手前の賑やかなお店

ほどなくして紀の川市役所手前の賑やかなお店の前で信号待ちをしたついでに記念撮影。
クリスマスですね~。(^^;

コンビニでドーピング剤

途中のコンビニでドーピング剤投入。
ピンクのペプシはその場で飲み干しました。美味しかったです。
補助燃料のミネラルウォーターは安さに釣られて買ってしまったが、これが後で自転車のカゴから何度も飛んでいくことになるとは、この時は想像もしてなかった。

ドラッグの「かむかむ塩レモン」はネーミング通り(?)「ムカムカ塩レモン」となりました。
口の中が弱い私はザラザラが攻撃して口の中が痛くなりました。
しかも、マズければ捨てたのに美味しかったので、口の中が痛いにも関わらず次々と口の中に放り込んで更に口の中が痛くなる状態に。。。
やめたいのにやめられない、まさに麻薬ですね。(^^;

紀州万葉の里の道の駅の裏手の遊歩道

紀州万葉の里の道の駅の裏手の遊歩道。
こんな道路がずっと続けば自転車で走りやすいですが、あっという間に一般道に合流しました。

紀州万葉の里の道の駅の裏手の遊歩道

お腹が空いてきたので、笠田付近(だったかな?)のうどん屋で少し早めの昼食。
まぁ、後からもう1軒ラーメンを食べに行きたかったので、うどんだけにしました。

うどん屋

うどん屋

うどん屋

うどん

見た目は何の変哲も無いうどんでしたが、これが絶妙に美味しかった。
(山菜うどんを注文しました)
讃岐うどん以外のうどんはあまり好きでない私ですが、このうどんは「当たり」でした。
もしかして、運動してるから何でも美味しく感じるのかも?(^^;

ミゼット

ミゼット

うどん屋を出て途中、三輪自動車のミゼットを発見。
なんともレトロな車です。
ガラス越しなので写真写りが良くないですね。

紀ノ川

紀ノ川の川幅が狭くなってきました。
紀ノ川は奈良県に入ると、吉野川に名前が変わるのかな?

橋本手前の坂

橋本市の手前くらいになると、ようやく坂らしい坂となりました。
と、ノンキに言っている場合ではなく、自転車で走り続けた体には結構こたえます。

激坂

その坂から更に激坂がありました。
おばちゃんも一生懸命ママチャリを押してます。
私はその激坂にチャレンジすることもなく、見てただけですが・・・(^^;

自動販売機

自動販売機

坂の頂上付近にたくさんの自動販売機が並んでいたので、水分補給とタバコ休憩。
珍しくガムの自動販売機もあるな~と見えていたら、その隣の自動販売機には・・・家族計画・・・(言い方古!)
「ガム」と「ゴム」
駄洒落が好きな自動販売機のようです。

寺

寺

24号線沿いにあったお寺。
探せば結構お寺がありますが、お寺巡りをしていては時間が無いので、先を急ぎました。

道と線路

道と線路

道と線路の距離が近いです。
近いと言うより、線路をまたいで道路になっています。

五条

坂を3つ4つ越えたら、今日の目的地である五条に到着しました。

ただ五条も準備不足というか調査不足で、五条に何があるのか調べないまま出掛けたので、五条の町をウロウロしました。

足湯?

水が流れていて、こんなところに足湯でもあるのかな?と思って、よく見ると首の無いお地蔵さんがいました。。。

首の無いお地蔵さん

河崎なつ生家

河崎なつ生家

高級そうなお店の前に「河崎なつ生家」の石柱がありました。
そんな人、知らんがな。。。

寺

『河崎 なつ(かわさき なつ、1887年6月25日 - 1966年11月16日)は、奈良県五條市出身の第二次世界大戦後の議員、女性解放運動家、評論家、教師。
「母親がかわれば社会がかわる」を唱えて第二次世界大戦後の日本社会党の議員を務め、女性差別や働く母親の権利といった女性の問題と戦った。また教師も務めており、西村伊作、与謝野夫婦(与謝野鉄幹、与謝野晶子)らと共に文化学院を創立し、自らも国語の授業を行った。』
(ウィキペディアより)

醤油製造店

醤油製造店

趣のある醤油製造店。
それにしても店の前に並べられた醤油の空き瓶からかどうかわかりませんが、クサイねん。。。

吉野川

吉野川の日陰

紀ノ川(奈良県なので吉野川かな?)の橋の日陰で一休み。
仮設トイレなんかもあり、結構整備されています。

世界遺産の標識

五条の町をウロウロしたけど、あまり興味のそそられる場所が無かったので引き返そうとした時に、「世界遺産 吉野・大峯 この先500m」という標識が!
あと500mで世界遺産が見れるのかと思うとワクワクしてきます。

屋敷

屋敷前の立看板

しかし、(感覚的に)500mほど進んでもお寺以外に特に何と言うものが見当たらず(見つけられず?)、趣のある屋敷で写真を撮っていると、その屋敷から身なりのキッチリとしたご老人が出てきたので、「このあたりで、吉野・大峯はありますか?」と聞くと、「ここから川を遡って車で数時間ほど行ったところくらいにある」と言う返事。
まぁ、それ以外にも親切にいろいろ教えてくれましたが、私の知りたい「あと500mで見れる世界遺産」とは程遠いものでした。

五条の寺

五条の寺

仕方が無いので、そこらへんのお寺を記念撮影して引き返そうとしたら、何やら立派な建物がありました。
智辯学園でした。

智辯学園

智辯学園

引き返して、五条に来る途中に橋本で見つけた美味しそうなラーメン屋に行こうとした時に、ふと路地を見ると、なんとも趣がある建物があったので、その路地を行くことにしました。
路地の向きも、帰ろうとしている橋本向いてましたし。

五条の路地

五条の街並

レトロなお店

なかなか良い感じの路地です。
この雰囲気を一通り楽しんで、私の五条訪問ポタリングは満足しました。

五条の路地

五条の路地の橋

五条の路地

紀ノ川(吉野川)沿いの自転車で走りやすそうな道を行こうとも思いましたが、ラーメン屋は橋本なので来た道(24号線)を引き返すことにしました。

万葉古道の標識

万葉古道の標識

興味をそそられる「万葉古道 赤石氏砦跡。飛び越え石」という標識を発見。
赤石氏ってダレやねん?
それにしても、句読点の「。」がなんとも言えず、私の心をくすぐります。

線路の上の橋

しばらく線路の上の橋でタバコ休憩しながら考えましたが、やっぱり食欲には勝てず橋本向いて坂を行くことにしました。

ラーメン屋

ところが、いざラーメン屋に行ってみると「仕度中」(準備中)の看板が・・・。
こんなことなら、五条に来る途中に寄っておけば良かったし、しんどい坂を登らずに紀ノ川沿いの道を走ってくればよかったと後悔しました。

まぁ、時間も15時前だったので、仕方なく他のラーメン屋を探しながら大和街道(24号線)を和歌山向いて探すことにしました。

中華料理屋

中華料理「紀北飯店」

24号線と大きな道が交差しているところから少し入ったところに「紀北飯店」という中華料理屋を発見。
その中華料理屋の前のショーケースにはラーメンなどが並んでいるのとその値段を確認して店の中に入りました。

さすがに15時という時間帯なので、店内に客は1人しかいなく、店の人も昼食を採っていました。
ラーメンにしようと思っていたのですが、天津麺(てんしんめん)に惹かれたので急遽変更。
まぁ、似たようなものですけどね。。。

天津麺(てんしんめん)

ねっとりとしたスープが猫舌の私には少し熱かったですが、結構美味しかったです。
今日は、昼前に食べたうどん屋といい、この中華料理屋といい、美味しい料理に恵まれたポタリングでした。
特に、この中華料理屋の店員さんは気さくな人で、店を出るときに楽しくいろいろ会話させてもらいました。

万葉の里の道の駅

帰りも万葉の里の道の駅でタバコ休憩。
デカいバイクの横に負けじと駐輪。

タバコ休憩

帰りも所々でタバコ休憩。
五条への行きしなにも撮影した紀の川市役所への道の角に建っている目を引くお店も、夕方になってライトアップしてました。
ところで、いったい何の店?(^^;

紀の川市役所への道の角の店

夕焼けが綺麗でした。

夕焼け

夕焼け

しかし、紀州大橋を渡る頃には真っ暗になっていて、頼りないライトだけでは歩道を走るのが怖かったです。
走り心地は悪いですが、盲人用プレートの上をなぞるようにして帰ってきました。

紀州大橋

和歌山城

ようやく和歌山城が見えてきました。
時間は19時頃で、10時間くらいの丸一日のポタリングを満喫しました。

和歌山城

走行中は右膝と股関節と歯が痛かったのですが、翌日から数日間左膝の皿が痛くなりました。
左手に力が入らず指を揃えられない。
こんな経験は初めてでした。
膝の痛みは慣れかな?
でも、初めての丸一日ポタリングは楽しかったです。

2011年11月12日(土)
走行時間:6時間38分
走行距離:119km
平均速度:17.9km/h

タグ : 自転車 ミニベロ 小径車 ポタリング ラーメン うどん 和歌山城 五条市 レトロ 街並 

コメントの投稿

非公開コメント

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ