メンテナンス日和

いよいよ梅雨らしくなってきましたね。

午前中から昼にかけて、うちのパグ犬 銀次郎の爪切りなどで車で出掛けたり、銀次郎のシャンプーをしていました。

パグ犬 銀次郎のシャンプー姿

雨は午後になって更に激しさを増したようです。

こんな天気の日は、自転車のメンテナンス日和にうってつけです。

そこで、少し前から違和感を感じていていたミニベロ(ダホン ボードウォーク)のBB(ボトムブラケット)などのクランク周りをメンテナンスしようと思います。

なぜ違和感を感じていたのかと言えば、トルクを掛けて自転車を漕いだ時に、時々「ギコッ」とBB付近から音が鳴っていたのでした。

自転車メンテナンス作業場所

とりあえず持っている工具を総動員させ、初めてのBBの取り外しです。
雨が降り込んできて、駐車場の車の後ろの狭い作業場所が更に狭くなっている所での作業です。
まぁ、狭くても雨の日の作業場所があるだけマシなのかもしれませんが・・・(^^;

ペダルレンチでペダルを取り外し

クランクを抜いた後からペダルを外すのは大変なので、クランクを抜く前にペダルレンチを使ってペダルを外しておきます。
ペダルを外す際に注意しなければいけないのが、左右のペダルによってペダルレンチを回す向きが違うということです。
特に回転系のパーツは回転する方向によって緩みにくいような作りになっています。
と偉そうなことを言ってますが、どこかのサイトでそう書いてました。(^^;
まぁ、それはともかく、右側のペダル(チェーンリングがある方)は正ネジで反時計回りに回せばペダルを外すことができ、左側のペダルは逆ネジで時計回りに回せばペダルを外すことができます。

フィキシングボルトの取り外し

ペダルを外したら、8mmのアーレンキー(六角レンチ)を使ってペダルの軸にあるフィキシングボルトを外します。
このフィキシングボルトは左右どちらも正ネジで、反時計回りに回せば外れました。
(自転車によって違うのかもしれませんので注意が必要です)

コッタレスクランク抜き工具(自転車専用工具)でクランクを取り外し

フィキシングボルトを外したら、コッタレスクランク抜き工具(自転車専用工具)でクランクを外します。
必ずフィキシングボルトを外した状態で使用します。
フィキシングボルトが付いた状態で使用すると、クランクなどが壊れたり大変なことになるみたいです。(^^;

引掛スパナでBB左側ロックリングを取外す

いよいよここからが初めての作業になります。
BB左側は引掛スパナで正ネジ(反時計回り)でBBロックリングが外れました。

BB右ワン計測

BB右側を測ってみると36mm。
私の持っているモンキースパナはMAX30mmですので、今回BBの完全取り外しは諦めました。

BB左ワンの取り外し

BB左ワンはマイナスドライバーを溝に当てて、ハンマーで軽くマイナスドライバーを叩くと回りましたので外すことができました。

BBクランク軸の取り外し

これでようやくクランク軸を取り出すことができました。
クランク軸左側のリテーナーのグリスが銀色です。
これは金属が擦れた証でしょう。

リテーナーから球(ボール)が外れた

しかもリテーナーを持ってみると、リテーナーから球(ボール)がポロポロ外れました。
パーツクリーナーで綺麗にしてみると、どうやら球が破損して球の径が小さくなったから、リテーナーの隙間から球が外れたようです。
また、球の破損したものが粉々になってグリスが銀色になっていたようです。

こうなってはお手上げです。
次回何かの機会にBBを交換したいと思います。
余計な出費です・・・。

BB長:68mm
軸長:115mm

ホイールのハブもムシ喰いなので、ミニベロを購入してまだ1年経っていませんが、ムシ喰いは小径車の宿命なのでしょうか。
まぁ、酷使し過ぎなのかもしれませんが・・・(^^;

おそらく、これが原因でトルクを掛けて自転車を漕いだ時に「ギコッ」と鳴いていたのだと思います。
まぁ、不良箇所を発見できただけでも良しとしましょう。

パーツクリーナーで外したパーツを洗浄

外したパーツをパーツクリーナーで洗浄して、各所にグリスを塗りながら外した時と逆の手順で組み立てていきます。
BBのリテーナー部分にはセラミックグリス、それ以外はデュラグリスを塗りました。
ペダルはクルクルと良く回っていたので、特に何もせずにそのまま取り付けました。

グリスを塗ってパーツを組立て

自転車のメンテナンスは時間との勝負ですね。
特に自転車初心者の私のように、メンテナンスに時間がかかる場合は。。。
まぁそれでも、経験を積んで少しでも早くメンテナンスできるようにしたいです。

自転車メンテナンス完了

後日、自転車屋さんからBBリテーナーを買ってきました。

破損したBBベアリング(球)

これは前回カメラで撮り忘れた破損したBBのベアリング(球)です。
捨てるものとわかっていても、写真を撮るためにグリスを拭いて並べてみました。(^^;

ちなみに、グリスやオイル関連の写真を撮るのって、とっても大変なんです。
手はグリスやオイルでベトベトしているので、カメラは汚したくないし、写真を撮るためにいちいち手を綺麗に洗ってられないし。。。
なので私は、デジカメの電源スイッチやシャッターボタンなどの触る部分にサランラップを巻いて撮っています。
手の汚れはある程度タオルなどで拭けばいいので、何もしないよりは随分楽に写真を撮ることができるようになりました。

BBリテーナーよりもTANGEのBBが欲しかったのですが、DAHON BOARDWALKのBB軸長が115mmで、TANGEのBBで軸長115mmというのがありませんでした。
115mm近辺では、113mmか118mmならあるのですが、113mmだとチェーンリングがBBに当たってクランクが回らなくなるかもしれないし、118mmだとチェーンが脱落しやすくなるかもしれないということでした。

とりあえずリテーナーだと店にあるということだったので、リテーナーを購入しました。
値段は2つで500円くらいでした。

BBリテーナー

画像左側のリテーナーが元々DAHON BOARDWALKのBBに付いていたリテーナーです。
画像中央と右側のリテーナーは今回購入した「日本製」のリテーナーです。
なんとなく日本製のリテーナーのほうがしっかりした作りのように見えます。

BBリテーナー

リテーナーをひっくり返すと一目瞭然なのですが、ベアリング(球)の数が違うのがわかります。
さすが日本製ですね。(^^;

リテーナーにセラミックグリスをたっぷり塗る

リテーナーにセラミックグリスをたっぷり塗ってBBに装着しました。
BB外側からもセラミックグリスが少しはみ出してきましたが、まぁこんなもんでしょうか?
何がいいのかわかりませんが、過剰ぎみの私には満足です。(^^;

BB左ワンからはみ出たセラミックグリス

BB左ワン(コーン)は、外した時とは逆に、マイナスドライバーを当ててゴムハンマーで軽く叩いて止まるくらいにしました。
玉押し調整はいつも適当な私です。(^^;

BBリテーナー交換完了

ペダルは今回外さなかったので、クランクの取り付けも楽でした。
今度少し走ったら、「増し締め」(締め増し?)をしないといけませんね。

タグ : 自転車 メンテナンス BB ボトムブラケット 分解 クランク 取り外し グリスアップ セラミックグリス デュラグリス 

コメントの投稿

銀次郎君可愛いですねぇ。パグは表情が多くていいですね。
BB交換ですか。それだけ乗ってるってことかも知れないですね。私もいつかメンテするときは参考にさせていただきます。

わ、わんちゃんの毛がなくなったwww
やっぱり、わんちゃんかわいいな~


BB交換するついでに、クランクをSORA位に変えてみては?

mrboo3さんへ

mrboo3さんへ

ボードウォークでは2200kmくらい走っています。
まぁ、これが多いのか少ないのかよくわかりませんが、歩道とかもガンガン乗ってますので運転が荒いのかもしれません。(^^;

shinちゃんm,tさんへ

shinちゃんm,tさんへ

クランク交換もいいですね。
でもそうなると、BB、クランク、ペダル、チェーンリングなど一式交換したくなります。
ボードウォークが買えるくらいの金額になってしまいそう。。。(^^;

非公開コメント

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ