アンカー RL8 納車&試走インプレッション

ようやく2012年12月23日(日)にアンカー RL8 が納車になりました。
まぁ、数日前から組み上がってはいたものの、自転車屋(町のじてんしゃ修理屋さん)にロードバイクを取りに行く機会がなくてようやく引き取りに行きました。

アンカー RL8にバーテープを巻くスタッフGさん

その前日にフィッティングやバーテープを決めたりしました。
バーテープは元々赤色のバーテープを注文していたのですが、キャンディーイエローのオーダーカラーのフレームにはちょっと合わなかったので別途町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)にあったオレンジ色のバーテープを巻いてもらうことにしました。

フィッティングを済ませてバーテープを巻き終わったアンカー RL8

ここで、身長166cm 体重71kgくらいのポッチャリ系の私が注文したアンカー RL8 は、
フレームサイズ:450mm
ハンドルバー:400mm(外幅)
ハンドルステム:100mm
バーテープ:RED(結局使わず)
ホイール:FULCRUM RACING ZERO 2-WAY FIT
ギアクランク:コンパクト FC-9000 50-34T
サドル:FIZIK-ARIONE K:ium BLACK
シフト仕様:DURA-ACE 9000
シングルカラー:キャンディーイエロー(フロントフォーク同色塗装)
ロゴマーク:なし
オリジナルネーム:なし
です。

アンカー RL8 はいろいろなサイズから選べるのでいいですね。
セミオーダーシステムって言うのかな?
特に私が拘っていたクランク長ですが、フレームサイズ450mm以下であればクランク長165mmのクランクが付くので、ちょうど良かったです。

納車(自転車引取り)後、その足で前日に町ジテ大浦街道店に来て明日一緒に走ろうと誘ってくれたfeltf75さんと、当ブログを見て駆けつけてくれたyossanさんとで軽く走りに行くことになりました。

見せてもらおうか、新しいロードバイクの性能とやらを

ルートは直前まで決まってなくて、とりあえず雑賀崎を通ってポルトヨーロッパの近くのコンビニで行き先を決めようということで出発。
雑賀崎に行くまでの花王の工場前の数キロの道は信号も少なく、今日は風向きが良く嫌な臭いもしなくて快適に飛ばせました。
まだサイコンを取り付けてないためどのくらいのスピードが出ているのかわかりませんでしたが、あとから聞くと私が牽いた時の最高時速は35km/hくらいだったそうです。

どれくらいのスピードが出るのか知りたかったのと、競争ではないのでメチャクチャなスピードを出してはいけないという思いがあったので、もし私が1人で長距離を走った場合のちょっと頑張ったスピードでした。
ただ、普通に走っても30km/hくらいで走行できそうな感じがしました。
今まで乗っていたダホン ボードウォークと比べて、平地ではしんどさ半分、スピード1.5倍という感じです。

まぁ、初めてのロードバイク、初めてのドロップハンドル、初めてのカーボン自転車、と何もかも始めての状態ですし、比べる対象がミニベロのダホン ボードウォークしかなく、ちゃんとしたアンカー RL8 のインプレにはなりませんのでご了承ください。

雑賀崎の登りになると、やっぱり登り坂はしんどかったのは変わりありませんが、ただ登るスピードはミニベロの倍近くのスピードで登れたと思いました。
ロードバイクに不慣れな私(と言うかロードバイクに乗るのも今日が始めて)なので、ダンシング時はハンドルがフラフラして怖かったです。
また引き足が使えないフラットペダルと言うこともあり、上り坂ではみんなに付いて行くことができませんでしたが、ミニベロとは比べ物にならないくらいには坂道を登ることができました。

ローディが乗るロードバイクはバケモノか?

アンカー RL8 のフロントフォークはRL8の上位機種であるレースモデルのRIS9と同じだそうで、しかもテーパードヘッドチューブのおかげかどうか良く分かりませんが、フロントが弱いという印象はまったく無く、むしろガッチリし過ぎていると思えるほどでした。
初めてのロードバイクでハンドルを握る力が入り過ぎてふらつくこともありましたが、自分の思うようなラインで走行できて気持ち良かったです。

ポルトヨーロッパの近くのコンビニでしばらく休憩

ポルトヨーロッパの近くのコンビニでしばらく休憩しましたが、この後峠や高原の坂道をみんなに付いて行く体力も自信も無かったので、平地で貴志川を目指して、海南健康ロード(旧野上鉄道 線路跡)を行くことにしました。
この道は道路を横断する道の度にスピードダウンを余儀なくされストップ&ゴーを繰り返しますが、車は走行できないため比較的安全に走行できるので、去年はよく走行した道です。

ミニベロであれば、常に最適なギアでないとなかなか大変なのですが、アンカー RL8 は車重の軽さからか、多少の緩い坂道であれば変速をしなくても登っていけてしまうのが不思議でした。
走行して1時間以上も経つと、グリップを握る力も緩んできました。
というより、最初は力んでグリップを握っていたため、親指と人差し指の間が痛くなっていたので、力んでグリップを握り続けることが出来なくなっていました。

タマ駅長のいる貴志駅

昼食前にタマ駅長のいる貴志駅にちょっと寄り道。
今日(日曜日)はタマ駅長ではなくタマ駅長代理のニタマだと思いますが、頭からサンタの帽子を被って動きません。
まぁ、いつもみんなに見られていれば、そりゃ~嫌にもなるでしょう。

タマ駅長代理のニタマ
「丸巳」(まるみ)

昼食は貴志川方面にある魚料理で有名な「丸巳」(まるみ)に決定。
ここは、魚の卸をしていることもあって、新鮮でボリュームもあって値段も安いので有名だということです。
私もどこかのブログで見た記憶があります。

お造り定食

それなりに有名なので、客は多かったものの回転が早く10分くらい待って、注文した「お造り定食」が出てきました。
お造りの刺身は新鮮で、とても美味しかったです。

お造り定食

噂通りたくさんのお造りと焼き魚などがあって結構なボリュームがあるにも関わらず値段は750円くらいでした。
ちょっと正確な値段は忘れてしまいましたが・・・(^^;

「丸巳」(まるみ)の店の脇に駐輪

「丸巳」(まるみ)で昼食を食べて、ノンビリと町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)貴志川店に行きました。
最近では大浦街道店ばかり行って、その他の和歌山店や貴志川店にめったに行くことがなかったので、貴志川店は久しぶりの訪問です。
しばらくすると、いつも町ジテ走行会で会うローディさんがドドド・・・っとやってきました。
以前に高野山に連れて行ってくれた人達などでした。

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)貴志川店

昼食後ノンビリ過ごしたこともあり、ここでfelt75さんとはお別れしました。
私にはしんどかったですが、felt75さんには物足りなかったかもしれません。
私のアンカー RL8 の初ロードバイク試走に付き合ってくれてありがとうございました。

その後は私とyossanさんが、みんなに混じって町ジテ和歌山店に行くことにしました。
サイコンが付いていないのでスピードはわかりませんが、このメンバーだと私がミニベロで付いてゆける時速25km/hくらいでしょうか。
もちろん安全を考えてのスピードだと思います。
平地のアンカー RL8 ではちょっと物足りない・・・と言うか、さっきまでのfelt75さんとの走行ではしんどかったことを考えれば、felt75さんは凄いですね。

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)和歌山店も久しぶりなので、みんな笑顔で迎えてくれました。
まぁ、町ジテ奥さんは私のアンカー RL8 のキャンディーイエローの色もそうですが、バーテープの色が気になった様子でした。
もしかすると私のセンスを疑ってたのかもしれませんが・・・(^^;
町ジテ和歌山店でもノンビリ休憩して、ここでyossanさんやここまで連れて来てくれた人達とお別れして1人で町ジテ大浦街道店に行きました。

町ジテ(町のじてんしゃ修理屋さん)大浦街道店

町ジテ大浦街道店では、朝の開店10:00頃に私の出発を見送りに来てくれた和工電くんと日本各地を飛び回っているKモトくんがいました。
まぁ、最近はサイクリングの輪がどんどん広がって楽しいですね。

と言うことで、私のアンカー RL8 のインプレッションをまとめると、コンフォート系と呼ばれるアンカー RL8 だと思いますが、私にはコツコツとした固さを感じました。
これはホイールにFULCRUM RACING ZERO、サドルにFIZIK-ARIONE K:iumの影響が大きいかもしれませんが、ロードバイク初心者の私なのだからかもしれません。

アンカー RL8

慣れやセッティングの調整不足かもしれませんが、尾てい骨が痛くなり、このままではロングライドは無理があるように思いました。
まぁ、私がGパンだったからなのかもしれませんが・・・。(^^;

Gパンでロードバイクに乗ってはいけないのか?

とは言え、ミニベロのダホン ボードウォークに比べて、平地でしんどさ半分、速度1.5倍はあるように思いました。
価格は10倍ですが・・・。(^^;

ラグジュアリーだぜ~

アンカー RL8 の"L"はラグジュアリー(贅沢)のLだそうです。
まぁ、今日が始めてのロードバイク走行で60~70km程度しか走行してませんので、もっと走り込まないとアンカー RL8 の良さがわからないのかもしれませんが、「セッティングが決まればアンカー RL8は意外と悪くなさそう」というのが今の印象です。
また、ビンディングを付けないとアンカー RL8の性能が引き出しにくいとも思いました。

[追記 2013年2月]
アンカーRL8で何度かツーリングにも出掛けて、ポジションもほぼ決まりつつある状況です。
この段階で中間的なインプレッションです。

どうも固いと感じたロードバイクですが、どうやらホイールの影響が大きいことだと思うようになりました。
FULCRUM RACING ZERO 2-WAY FITは、平坦な道では素晴らしいホイールだと思います。
しかし、デコボコしている通常の一般道ではホイールの固さから脚に負担が掛かり、俗に言う「脚が売り切れる」状態になってしまうのではないかと思っています。
「早い段階で脚が売り切れ易くなる」と言うほうが正確かもしれません。

これは、ホビーライダーで貧脚の私だからだと思います。
そもそもFULCRUM RACING ZEROを履くということはレースなどを意識したスペックであり、私のようにロングライドをしたいと思う場合にレーシングZEROは趣旨の違うホイールのように感じました。

仮にFULCRUM RACING ZEROの推進力が100%として、別のホイールが80%の推進力だったとします。
自分の脚力が100%の時は、ZEROの場合はトータルで100%、別のホイールはトータルで80%です。
当たり前ですね。
ところが、サイクリングの途中で自分の脚力がZEROで50%、別のホイールで80%まで落ちた場合、トータルでZEROは50%(脚力50% x 推進力100%)、別のホイールでは64%(脚力80% x 推進力80%)になり、別のホイールのほうがトータルでは上回り、しかも脚力が残っている状態が長く続くことになります。

つまり、FULCRUM RACING ZEROは踏めば良く進むが、その踏む力が無くなれば踏み込むことが出来なくなるホイールではないでしょうか。
しかも、ホイールの高剛性のおかげで、走れば走るほど脚力がドンドン失われていくように感じます。
特に貧脚のホビーライダーの私としては、脚力が失われていくのが顕著に現れるのではないかと思います。

後悔と言うほどではありませんが、私が過去に戻って注文し直せるならば、ホイールはFULCRUM RACING3にしたほうが良かったと思います。
FULCRUM RACING3ならばZEROほど固くないということですし、金額的にも9万円安くなります。
そのままFULCRUM RACING3を履き続けたり、浮いた9万円でSHIMANO DURA-ACE WH-9000-C24-CLを買って、よりロングライドを快適にしたロードバイクにするのも良いかもしれません。

また、スプロケットは11スピードの11-25でしたが、私の貧脚で25丁しかないのは結構つらいものがあります。
今後、11-28Tのスプロケットにしたいと思っています。
それにしてもデュラエースのスプロケは高価で、アルテグラのスプロケの4倍します。
でも11速のスプロケは、現在デュラエースしか無いため、高価なデュラエースしか選択の余地がないのが現状です。

まぁ、スプロケットに限らず11速のデュラエースは現時点では汎用性に乏しく、10速のULTEGRAグレードのANCHOR RL8 ELITEや、105グレードのRL8 EQUIPEのほうが、いろいろと汎用性が高かったことだと思います。

アンカーRL8のインプレと言うよりは、ホイールやパーツのことになってしまいましたが、私のような本脚のホビーライダーにとってフレームの性能の差は少ないのではないかと思います。
しかし、そうであったとしても、サイズがいろいろと選べたり、オーダーカラーで自分好みのロードバイクに仕上げることができるアンカーRL8は、他の同じようなロードバイクと比較してもお買い得感があり、やっぱりRL8を買って良かったと思っています。

タグ : 自転車 ロードバイク ANCHOR アンカー RL8 納車 インプレッション インプレ 

コメントの投稿

納車おめでとうございます

お疲れ様でした。
ローディでも引いてしまう距離を
あのダホン ボードウォークで
走られてるんで、少し慣れてきて
調整すればロードでも楽勝じゃないですか。
あの色はキャンディーイエローって言うんですね。
明るい色なんで走行会でも目立ちそうですね。
どんどんロードの世界にのめり込んでくださいませ。
来年もfeltf75さんやヤシさんと遠征計画するんで
是非一緒に行きましょう!!

納車おめでとうございます。
僕も初走行にお付き合いしたかったです。
アリオネにジーパンはお尻に優しくないので、なによりもまずパッド付きのレーパンを履くことおすすめします。
この鮮やかな黄色のフレームなら、遠くからでもすぐに見つけられそうです。

yossanさんへ

yossanさんへ

私の試走ポタポタポタリングに付き合ってもらってありがとうございました。
私にはしんどかったですが、yossanさんには物足りなかったことだと思います。
ダホン ボードウォークでは速度こそ遅いものの漕ぎ続ければいいだけですので、マイペースなら誰でも出来ますヨ。(^^;

> 来年もfeltf75さんやヤシさんと遠征計画するんで
> 是非一緒に行きましょう!!

是非誘ってください!

ヤシさんへ

ヤシさんへ

ありがとうございます。
身の程知らずな物を勝っちゃいました。(^^;

> アリオネにジーパンはお尻に優しくないので、なによりもまずパッド付きのレーパンを履くことおすすめします。

今日、町ジテ店長にインナーパッド(と言うのかわかりませんが、パンツの中に履くパッド)を勧められ、なかなかいいな~と思いました。
あいにく私に合うサイズのものが無かったのですが、これならGパンでもいけそうな気がしてます。

> この鮮やかな黄色のフレームなら、遠くからでもすぐに見つけられそうです。

きっとヤシさんの有田からでも見つけられると思います。(^^;

新車納車おめでとう御座います。

私も5年ほど前に自転車通勤始めた頃には、
『ロードバイク?レーパン?アレは無いやろ~』でしたが
今ではすっかり馴染んでしまいました(笑

和歌山方面は未だ行けてませんので
あり~さんの記事、参考にさせて頂きます。

新車いい色ですね、これからタイヤとか黄色でコーディネートしていってください、それと服装もヘルメットは黄色はいってるからバッチリですね。

納車おめでとうございます。
11Sデュラ凄いですねぇ
今までの自転車とではフォームが違うので慣れれば凄そうですね。
幸せの黄色いロード。いいですね。
スキーウェアとジーンズの組み合わせから走りやすい格好に変わると尚速くなりそうです。

イエローアンカーいい!
初詣ツーリング宜しくです、チームステッカー大浦店に預けておきます。
来年の鈴鹿、強力馬力で宜しく(^O^)

kobashoさんへ

kobashoさんへ

レーパンは慣れみたいですね。
暖かくなったらレーパン買ってみようと思います。

奈良に行った帰りにでも和歌山に寄ってください。
紀ノ川(吉野川)の南側は比較的走りやすいですよ。

ktさんへ

ktさんへ

黄色やオレンジ色は好きな色なのでバッチリです♪
でも、タイヤはオレンジにはしないつもりです。
その代わりにホイールを・・・(^^;

mrboo3さんへ

mrboo3さんへ

おっ!スキーウェアってわかりました?
15年くらい前に友達にもらったスキーウェアです。
今のところギヤの枚数が多くなっただけで、DURAの性能はいまひとつよくわかりません。(^^;
もっとロードバイクに乗らないといけませんね。

強力馬力リーダー さんへ

強力馬力リーダー さんへ

初詣ツーリング了解しました!
ステッカーありがとうございます。
今度の休みに取りに行きます。

No title

柔らかいRL8にはR3よりもR0。

gdnさんへ

初めてのロードバイクの私ですが、RL8が柔らかいとは思えませんでした。
それに、私の脚力にはZEROは合いませんでした。

非公開コメント

最近のコメント
新着情報
プロフィール

あり~

管理者:あり~
ミニベロ(小径車)DAHON Boardwalkを購入して以来、ポタリングやいろいろ自転車に関することに興味を持つようになりました。
和歌山市を中心に気まぐれマイペースで(迷惑かけながら?)走っていて、自分ではオッサンとは微塵も思っていないオッサンです。
でも、ローディぢゃないよ。ポタラーだよ。
ローディのような体力も根性も無いし。(^^;

私を見かけたら気軽に声かけてやってください。
あまり喋りが上手くありませんが、内心喜んでますので。。。(^^;

当ブログはリンクフリーです。
私も勝手にリンク張ってます。

所属チーム:強力馬力自転車屋
強力馬力自転車屋

サイクリングチームに入るつもりは無かったのですが、強力馬力リーダーの巧みな話術にはまって、いつのまにかチームに入っているみたいです。(笑

サイクリング記録
月別記事
自転車・パーツ検索
楽天で探す
楽天市場
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSフィード
カテゴリ